2012年06月08日

ダイヤモンドブラックピラニアについて


仕事が休みなので、こんな時間からビールを飲みながらブログ更新しようかと思います。


2月に行った須磨海浜水族園、ナッテリーの大群以外に、ダイヤモンドブラックがいました。



よく太ってます。
サイズは25cmちょっとくらいでしょうか。
きっと何年も飼われているのでしょうが、あまり大きくないです。




横幅は90cm程度と、そんなに大きくない水槽で単独飼育されています。
餌は小赤をあげているようです^^;)


頭頂部の盛り上がりが、肥えてる証ですね。




右側面を見ると、目が傷付いていました。
以前は混泳していたりしたのでしょうか。

目に傷が入っても、角膜程度であれば綺麗に治りますが(マヌエリ4号ピラヤ5号を参考)
黒目まで傷が深く入ると、こんな感じになってしまいます。


ちなみに、この程度なら3週間で綺麗に治ります。

さすがにここまで真っ白な症状になっちゃったら焦っちゃいますけどね^^;)。



須磨水族園では、この個体を、このように、ダイヤモンドピラニア(Serrasalmus spilopleura)と紹介しています。



このダイヤモンドブラック。
日本においても呼び名に変遷があります。

少なくともアクアライフ1986年4月号1990年4月号1994年11月号で紹介されている「ダイヤモンドピラニア」は、側面全体がラメがかり、顎、鰓、腹部の一部にオレンジ色が色付いている個体(下の画像のタイプ)をダイヤモンドピラニアとしており、学名を「Serrasalmus spilopleura」と紹介しています。




上記の画像のような特徴を持つピラニアは、「Serrasalmus sanchezi」や、あまり明確でないSerrasalmus altispinisやSerrasalmus hollandiと紹介されることもあると思われますが、
いわゆるダイヤモンドブラックが、spilopleuraとは紹介されていません。



現在ダイヤモンドブラックと呼ばれている様態のピラニアは、アクアライフ1986年4月号では「最近輸入されたばかりの、ピラニアの新着魚である。」とし、名称を「ピラニアの一種」として紹介されています。まだ学名までは紹介されていません。
アクアマガジン18号で、初めて「ダイヤモンド・ブラックピラニア」(Serrasalmus.sp)として「ブラックピラニアの名がつけられてはいるが、いわゆる前述したブラックとは異なる。」と紹介されています。

しかし、アクアライフ1994年11月号で、spilopleuraの「色彩変異個体であろう」と紹介されたことから、現在に至るまでダイヤモンドブラックが「Serrasalmus spilopleura」と呼ばれるようになったと思われます。

この号からだったんですね。

とはいっても、決して筆者や編集者が怠けていたなどと否定するわけではなく、本文に記載されているとおり、当時としては最新の論文を訳して分類の整理に挑戦している本なので、筆者らの並々ならぬ努力はひしひしと感じます。
やっぱり、インターネットも無く、情報収集が困難だった時代、この辺りの号は影響力があるんだよなぁ。

ちなみに、アクアウェーブ1998年8月号アクアライフ2000年9月号においても、ダイヤモンドブラックを「ダイヤモンド・ピラニア(Serrasalmus spilopleura)」と紹介されています。




一方、海外では、ダイヤモンドブラックの学名は、ブラックピラニアと同じ「Serrasalmus rhombeus」と言われることが一般的です。(通称は、「Diamond Rhom」など。)
確かに10cm前後までのブラックピラニアとダイヤモンドブラックの見分けはとても困難です。
学術的なことは分かりませんが、成長後の姿は、一見して明らかに様態が異なることから、少なくとも同種・同学名で呼ぶのはいかがなものか、と個人的には思っています。


ダイヤモンドブラックと言えば、明るいシルバー一色で、ラメラメに光り輝き、真っ赤な目がアクセントとなっているアラグアイア川産のものが好みです。こんなタイプ


(※ちなみに上記はシングー産らしい。)



ペルー産のものは大型化し、成長後も頬が色付くことが多いのが特徴です。


(※これはナナイ川産)



きっとその他の産地でも同様な個体はいるでしょう。

とりあえず、日本以外では、ダイヤモンドブラックSerrasalmus spilopleuraなので、会話する機会があったら相手に通じないことを肝に銘じておきましょう。


何にせよ、観賞魚としては、自分の好きな個体に出会えれば良いと思います!
これが一番大事!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 11:52 | Comment(5) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

豪雨だけど屋外水槽水換え


「ゲリラ豪雨」という言葉も一般的になってきましたが、毎日スコールのようにザーッと降ってすぐ止む雨が関東地方を襲っています。

satoのピラニア生活には、雨は恵みそのものなので、大歓迎なんです。

というのも、縮小したピラニア飼育ではありますが、水槽自体はそのまま継続して置いてありまして、屋外水槽も地道に稼動中です。

この屋外水槽は、基本的に放置。雨による自然換水に任せていて、1〜2ヶ月に1回くらいしか水換えを行っていません。
ですので、降雨によるオーバーフローと蒸発を繰り返し、温度管理以外は自然任せなんですね。




で、本日出張帰りの電車の中で、久しぶりにピラニア飼育者の方々のブログなどを覗いていたら、◇版‐箱庭水槽のsuisouさんのブログを発見し、拝見していました。



見た記事の内容がとても濃くて、海外のサイトやお店まわり、ピラニアに関わる書籍を探しまくって自分なりに整理していた頃を思い出し、すごくモチベーションがあがってきました。

自らが情報を発信し、行動することによって、次の何かが生まれると思うんです。誰かが助言をしてくれたり、支援してくれたり、新たな価値を生み出したり。例えその言動が誤っていたとしても良いんです。

ただ自分の中だけで抑えていたり、何も行動しなかったら、新たな知と創造は生まれ難いんですよね。


ピラニア飼育の何に魅力や刺激を受け、価値を感じるかは人それぞれだと思います。

そんな中、私にとってはとても刺激を受け、モチベーションがあがるものでした。




この気持ちを大切にするため、帰宅後すぐにスーツ姿で屋外水槽の水換えを実行!

生き餌を常に泳がせていた水槽でしたが、最近は冷凍のモロコを与えています。
たまに覗いてみると、全く食われずドロドロで水カビだらけの残骸が浮かんでいます。。。
飼育水に大打撃を与えているのは間違いないでしょう。

しかし、飼育しているマヌエリ3号は生存しています。



ついでに久々にプラケースに掬ってみました。

完全にピントが合ってないし・・・(^^;)

結構頭部に丸みが出てきているように見えます。





サイズは18〜19cm。

広島から戻ってきたときは16.5cmだったので、2cmほど成長。
遅い成長だけど、少しは大きくなってるようです。
餌食いが悪いのは室内で飼育しているイリリ産マヌエリと同じ。がツーーんと食って欲しい。



もう1つの屋外水槽も水換え。
豪雨に備えて、こちらも注水は少なめに。


案の定、21時ころから大雨です!

最近は東京アメッシュを見て自分で短期予測しちゃいます。
便利なシステムです。



この個体も生き餌からの脱却を目指してみようかな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:54 | Comment(1) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

上水道洗浄のお知らせ


久々の更新!

satoは生きてますよ!

ピラニア飼育も細々と継続中。


やっぱり好きなものは好きだから、色々あるけど、がんばりまっしょい!


150cm水槽のレイアウトは変わらず、イリリ産マヌエリが単独で泳いでます。

上部フィルターからの落下水と、ブロワーからのエアレーションと、水中ポンプのディフューザーで、泡はたっぷり。



しかーし、食が細くて成長が鈍いんです。

冷凍モロコ1日1匹がやっと。2匹入れても残しちゃうし、アジも食べないし、生き餌なんて全然減らないんだから。

もっとガツガツ食ってほしいなぁ。



もう2〜3ヶ月同居しているけど、レッドファントム
(右下の群れ) も数は変わらず。





話は変わり、こんなお知らせが↓↓

この時間帯に水を出したら濁り水がでるらしいので、水は出さないで、だって。

新水垂れ流しってわけでもないのでピラニア飼育に影響はないんですけど、電気代が安い夜間にエコキュートに水が溜まる設定なので、エコキュートに問題があるなぁ。

忘れないようにしないと。


やっぱ洗浄後は少しは綺麗になるのかな?



上水道つながりで言えば、先日、利根川水系でのホルムアルデヒド騒ぎで断水の恐れもあったのですが、我が家の地区は回避されました。
水はライフラインの中心なので、止まるとそのありがたみが身にしみます。
綺麗な水に感謝しながら大切に使おう。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:43 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

須磨海浜水族園 ピラニア給餌の動画


ちびっこ達を押しのけて、最前列でアジの捕食シーンの動画撮影!

 


あっという間。

140匹ほどいて、アジ3匹だけ。


飼育員さんに日々の給餌量をたずねたところ、1日3回のライブショーで、アジを計9匹。あとはテッポウウオにもあげている人工飼料をカップ数杯ほど、と仰っていました。

ピラニアの数に対して、思ったよりも少ないと感じましたが、維持できるものなんですね。


その他、ナッテリーの大混泳の動画。






にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 11:16 | Comment(1) | 水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

須磨海浜水族園のピラニアナッテリー大混泳水槽


須磨海浜水族園続き

ナッテリーの大混泳水槽は、アマゾン館ではなく、さかなライブ劇場の建屋にありました。

テッポウウオとデンキウナギのステージの先に、通路を挟んで2つ、ナッテリーの大混泳水槽が!

こっちは左側の水槽。L字型になっています。


こちらは右側の水槽。


暇人のsatoは、ひたすらナッテリーの数を数えました。

んが!、1ヶ月半も経ってしまったので、もう忘れてしまいました^^;)

たしか2つの水槽併せて約350匹(約210匹+約140匹)。



しかしこの青い照明。

せっかくの野生的な・アマゾン的な雰囲気を壊す色だなぁ、と前からネット上の画像や動画を見て思っていたのですが、実際に確認すると、照明が青いわけではありませんでした。

これ。
天井がガラス張りになっていて、外側をブルーシートみたいなもので覆われており、日光が透けて青い光が降り注いでいるのです。

もっと別館のアナコンダ水槽みたいな雰囲気だったらいいのになぁ。



数が多いと、それだけ個体ごとに体形などが違ってきます。
同じ環境であっても、千差万別。

鰭を食われることが多いためか、ハートテイルの個体がほとんどでした。

サイズは13cmくらいから30cmちょっと位のサイズでしょうか。結構サイズ差があります。


片目を失った個体も、他に傷なく元気に泳いでいました。さすがピラニア。


これだけの奥行きがあると、奥が霞んでしまうくらいです。

我が家の水槽部屋も、目一杯奥行きと高さをとった設備にしたいものです。



30cmくらいのサイズのナッテリーの中で、まだ腹部に赤色が残っている個体がいました。


ナッテリーの腹部の赤色を飼育下で維持するのは難しそうです。
個人的には、植物プランクトンを含む水と、それを餌とした魚や甲殻類を取り込むことにより、生物濃縮が起きるため、赤色素が体表の色素細胞に集まるんじゃないかと仮説を立てています。

金魚と同じ原理ですね。


私にはもはや実証できる余裕がないので、誰か興味ある人に試していただきたいと願っています。


須磨海浜水族園のネタは、もうちょっとひっぱらせてね☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:18 | Comment(3) | 水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。