2011年12月17日

淡水エイ3枚の近況写真


全く気を使っていないエイたちの近況です。

餌はおとひめEP-6。
もう3匹とも完全に餌付いてから最近の餌はこれだけ。

サイズが大きくなってきたのでEP-10も試したこともありますが、EP-10だと大きすぎ。噛み砕かれたカスがフィルターにダイレクトに吸われるため、フィルターマットが1週間で真っ黒になっちゃいます(^^;)。

しかし人工餌で育てられているので飼育が楽です。




エクセルコロンビアモトロ♂。
いつかこの柄も真っ黒になるのか、、と思いながら1年以上経ちました。まだイケてます。







販売名クイーンコロンビアモトロ♀。

ちょっと柄が複雑になってきました。エクセルコロンビアモトロ♂とはまた違った半端な柄です。
サイズはまぁまぁ大きくなってきましたが、体盤はまだ30cmにはなっていません。




ペルー系モトロ♂。同じモトロとは思えない柄ですね。



私の携帯の待ち受け画面はエクセルコロンビアモトロなんですが、知り合いに携帯画面を見られたときは、「何コレ!?」と、いつも気持ち悪がられます。

淡水のエイだと言うと、いつも「エイヒレっておいしいよね。」とか、とりあえず“エイ”で思い浮かぶイマイチ繋がらない話に飛びます。


淡水エイは旨いのかな??


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 16:05 | Comment(1) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

淡水エイも少しずつ大きくなってきました。


久しぶりにエイの日記。

左から、ペルーモトロ♂、エクセルコロンビアモトロ♂、キングコロンビアモトロ♀。
「エクセル」とか「キング」とかは、熱帯魚でありがちな接頭語ね。

魅力的な(?)模様の個体の販売名につけられてます。

エイ飼育を断念して140cm水槽をピラニア水槽にしたいと思いつつ、出産も経験してないのに飼育中断することはエイ飼育当初のポリシーに反するので、ちょっと葛藤しています。


そんなこんなで♀も大きくなってきたなぁ。
体盤24cmってところかな。

3/11の震災の日からはおとひめを食わなくなりました。
餌をなかなか食べてくれなくて、エビの剥き身をちょっとずつ与えて何とか維持してきました。
冷凍のモロコやフナに移行したら徐々に食べてくれるようになってきて、7月くらいからおとひめを食べてくれるようになりました。

先日セパレータを外し、♂♀混泳させています。


おとひめEP-6をストックしているステンレス製のケース。モノコムサ(MONO COMME CA)で半額のときに購入。
密閉式なので管理がすごく楽。

オニギリピラニアもこのおとひめをよく食べてくれています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:50 | Comment(1) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

エクセル コロンビアモトロ近況

140cm水槽の住人。


エクセルコロンビアモトロ♂

体盤は目測30〜32cm。ゆっくり成長しています。
この柄はたまらない美しさ。
オニギリピラニアに齧られた傷が回復中です。

おとひめをあげると、あげただけ爆食します。
給餌量がイマイチわかっていません(^^;)
たぶん控えめだと思います。





こちらのコロンビアモトロは雌♀。18〜19cm。

3/11震災の日の朝からおとひめを食わなくなっちゃいました。
先週は10粒くらい食べたのを目撃したのですが、また食べなくなっちゃいました。主にスーパーで買ってきたエビを剥いてあげています。
成長が遅くなっちゃうのは困ります・・。

この個体が成長したら、ものすごく綺麗な柄になると予想しているのですが、ここ数ヶ月伸び悩んでいます。



早く雄♂と一緒に混ぜたいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 18:00 | Comment(6) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

キングコロンビアモトロ♀の近況


キングコロンビアモトロ♀の様子です。
導入してから1ヶ月半が経ちました。

飼育している水槽は、カマリピラニアがいた60×45×45(H)cm水槽。底面は白の塩ビ板を敷いています。
フィルターはエーハイム2213と、水作の水中フィルターミニ。ヒーターを設置せず、24℃を維持できています。



傷はかなり治りました。
怪我をしたときの日記はこちら

しかし柄がちょっと乱れちゃいました。淵もまだ完治とはいえないレベルです。

体盤(横)は16cm。1ヵ月半で2cmの成長。
隔離してきちんと餌が届いているので、まぁまぁでしょうか。
餌はおとひめEP-6を中心に、たまに小赤。1日1〜2回の頻度で給餌。
うんこーがすごい。^^;)


餌の影響で、この水槽水だけちょっと黄ばみます。
うんこ君除去のため、少しずつこまめに水換えしてます。


毒針のチューブは、購入時から付けたままです。鑑賞上はとても目障りなので取ろうかと思いましたが、このままだとどうなるのか気になって、放置。チューブの根元がムニュっとなってきてます。

下に次の毒針が生えてきているので、そのうちポロリと取れるでしょう。



この写真だけ2週間ほど前の写真で、この60cm水槽に移した直後くらいの様子です。
笑って見える口が、やっぱりカワイイ☆

水槽移動直前に、隔離水槽から140cm水槽本体に飛び出して、ヒーターにちょっと火傷して淵が欠けちゃいました。
今は徐々に治ってきています。

140cm水槽は、エイを飼育している水槽なのに、ヒーター4本中、むきだしが2本。
モンスターアクアリウムでカバーを買おうと思って放置してたら、なかなかヒーターカバー単品に出会えず、案の定。。。



導入当時のあの状態がもったいないですが、きっとスバラシイ柄になる素質は十分あるはず!
繁殖できるサイズまで、とはいかなくても、混泳できるサイズまで早く大きくなって欲しいです。




この水槽でどこまで大きくなれるのかな??

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:29 | Comment(3) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

新年早々新魚導入!

新年早々新魚を購入しましたぴかぴか(新しい)




お店側が指定日を間違えて、発送した日の3日後を到着日に指定しちゃってたのを、「これも生き物だと思ったので、今日じゃないとマズイですよね。」と、ヤマトの宅急便のおじさんが機転を利かせてくれて、無事指定日に届けてくれました。

頻繁にアルマータス用の生き餌を注文するので、以前宅急便のおじさんと品物について会話したことがあり、たまたまそのおじさんが担当だったから助かりました。

ありがとう おじさん (T∇T).。☆ぴかぴか(新しい)

何事もコミュニケーションは大事ですね。




さて、1度に箱が3つも届きました。
この梱包材の量、、ゴミ処理も結構大変ですよね。特に発泡スチロールとダンボール。・・・(^^;)




1つ目を開梱していきます。
午前中を指定し、11時57分に着いたものだから、この日の午前中はハラハラして仕方ありませんでした。生き餌じゃないときは、営業所に直接取りに行った方が安心するので、今後は直接取りに行こうっと。

しかし、上の画像ではホッカイロをまとめて撮影しちゃいましたが、実際は、新聞→ホッカイロ→新聞→ホッカイロ、って感じで、まるでミルフィーユみたいに満遍なくホッカイロを6個使用されていて、寒さ対策は万全でした。

これは自分で発送するときに参考になります。



さぁ、箱の中身は・・・、





キングコロンビアモトロ♀ 体盤14cm



はい、ピラニアでなくてスイマセン・・・。
ピラニアを追加で飼育するスペースが無いんです。

しかし、この個体の柄、私の好みで申し分ない。超極上お姉系モトロです。熱帯魚業界の言葉で言えば、「ごくび(極美)」。妥協なく探した甲斐がありました。


"キング"とは、販売名で、"クイーン"や"エクセル"同様、特に大きな意味は無く、柄が美しい、という意味だと思います。
メスなのにキングじゃちょっと変だしね。
しかし、このブログでは、個体を識別できるよう販売名のまま取り扱います。






水合わせ。
"エイ"は水質に敏感、と言われますが、我が家の生き餌と同じやり方で水合わせ。むしろ水温5℃から掬い上げた金魚やドジョウの方が、温度合わせが必要な分、時間を使います。


後ろのエクセルコロンビアモトロは♂。

サイズ差がかなりあるので、齧られちゃうこともあるかもしれませんが、様子を見ながら一緒に泳がせます。
このコロンビアモトロ同士のかけ合せは将来が楽しみだ〜。


お店ではおとひめ、冷凍エビ、小赤等を与えていたとのことなので、おとひめを与えたところ、バッチリ食ってくれました!人工飼料に慣れさせなくて済むのは楽で嬉しいです(>∀<人)♪♪ 。

この種は大体1年で体盤が30cm近くが成長の目安、とお店の方に聞いたので、うまく成長してくれれば再来年くらいが繁殖可能な時期になると予想しています。

未だにエイに対しては、どのくらいの量の餌を食べるのか分かっていないのですが、あげた分は全て食べる、量を目安に、おとひめ中心で育てていく予定です。





鬼嫁からは、



「うわっ、キモッ!」



と、褒めてもらえました☆

posted by sato at 10:00 | Comment(7) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

淡水エイ エクセルコロンビアモトロたち。

ピラニア専門サイトでありながら、アルマータス飼育に心を奪われている今日この頃、、、たまには気分転換に淡水エイにスポットを当てた記事を書いてみます。

興味がない人はゴメンね☆



正直、自分もエイの飼育は初めてで、全く詳しくないのですが、ちょっと前から飼いたい魚の候補には入っていました。

世間の流れが分からない分、それこそ他人の論評など気にせず、自分の好みだけ好き勝手に言えるのは、初心者ならではの特権かな??


クロコダイルステイングレー、ポルカ(特にスモールスポット・ギャラクシー系)、フラワータイガー。やっぱこの3種はカッチョイイね!好き!!
なかなかお店で頻繁に実物は見れないけれど、ネットの画像で心を満たしています。


ハイブリット系は、、、ゴメンなさい。個人的にちょっと好みではないです(好みの柄が少ないです。)。ってことで、お金の問題は別にして、多種飼育をする予定はないです。




んで、我が家の宝、エクセルコロンビアモトロ♂。

自分の飼育魚ながら、かっちょええ〜〜ぴかぴか(新しい)。こいつと出会えてよかった〜〜〜ムード、と思うくらい好き☆


なのに、家族や親戚から


「キモイ!!爆弾


の一言しか言われていません・・・ー_ ー;)。。全員ね。



ちなみに、
・ブラックピラニア → 「フナじゃん」
・アルマータス → 「鮭じゃん」


完全に理解は無いです。いや、別に理解してもらわなくてもいいもんね!



この夏に飼い始めてから、大きくなってるのか・柄が変わってきているのか、なにか変化してきているのかまだよく分かりません。

体盤は28cmちょっとくらい?もうちょっとあるかな?


このくらいの柄のエクセルコロンビアモトロの雌♀を探しています。
なかなか予算の範囲で出会えません。
いい個体♀売ってないかな〜〜〜。



アルマータスの餌用に入れた和金(8cm位)3匹は、アルマータスにも食われず、エイにも食われず、もっぱらエイの食いカスを掃除してくれる役となっています。
この和金のサイズではエクセルコロンビアモトロも食べることができません。

きっとそのうち、油断して水槽の真ん中くらいまでエイの餌カスを食いに来たところで、アルマータスにパクッと食われるでしょう。



画像の右側にチラッと写っていますが、餌は「おとひめEP-6」オンリーです。餌付かせるまで2週間ほどかかりましたが、もうダイジョブ!
一般的な給餌量が分からないのですが、成長に力を入れているわけではないので、給餌量はきっと控えめだと思います。

アルマータスと違って、コストがかからないので非常に大助かりです。
リビングの扉を開けると、エクセルコロンビアはアルマータス1号と一緒に水槽の前面に寄ってくるので嬉しいです。





水槽サイズは140*105*45(H)cm。エイにぴったりの底面広々水槽です。

底砂は、明るめのものを敷きたいのですが、メンテナンス性を考えて敷いておらず・・・。
底面が明るいほうが黒化を防止できるかも、っていう情報もあるので、底面を白くしたいのですが、水と魚を入れた状態のこの底面積をカバーできる手法が思い当たりません。。

黒くなっちゃったときは、そんときゃそんときかな!





しかし見慣れると忘れがちですが、このエイって魚は、他の魚と同じ生き物とは思えないほど異質な体形をしてますよね。
どこのサイトでダウンロードしたか忘れちゃったのですが、透明標本の画像をダウンロードしたことがあるので、ついでに紹介。
すごく参考になるので見入ってしまいます。。。



そして同居魚のモトロ♂(手前)。
国内ブリードものですが、親の産地はどこなのか不明。スポットのバランスはまぁまぁ良く、シンプルでスタンダードなモトロって感じですが、エクセルコロンビアと同居すると見劣りしちゃいますネ。。


オークションで、安いから試しに入札してみたら落としちゃった!という勢いだけで手に入れた個体ということもあってか、正直、強い思い入れが無いですっ(;・∀・)反省…。


人工飼料に餌付かせるまでかなり時間を要し、キャットとおとひめを食べるようになっても、エクセルコロンビアにほとんど餌を取られ、成長が遅めでかわいそうなことをしています・・。

しかしエクセルコロンビアに噛まれることなく過ごしています。


おとひめをがんばって食ってます^^)


たまにピラニアと混泳させちゃおうかなぁ〜、と悪の心がチラ見するときがあるのですが、何ら良い結果が出る気がしないので、思いとどまっています。



このモトロを欲しい方がいましたらメールを送ってくださ〜い

「人工飼料OK!おとひめバンバン食います!極美!」(笑


俺の友だちを売り飛ばすな〜〜〜!むかっ(怒り)



・・・ゴメンよ。。((^ω^;))
でも買い手がいれば売ります。


彼女も募集中です!美人なエクセルコロンビア情報があったら提供お願いします!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 09:00 | Comment(5) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

コロンビアの彼氏


今日は自分にとっては楽しみにしていた日。


ピラニアと共に我が家のペットの中心であるアルマータス。
このアルマータスは2年前に入荷されたもので、産地はオリノコ川のもの。3年前に急にどっと入荷がある前は、他のカショーロの交じりとしてたまに手に入れられる位、入手が困難だったと聞いています。

このアルマータスは、ベネズエラ産とのことで購入しましたが、このアルマータスの卸に携わった方から聞いた話では、ベネズエラとコロンビアとの間付近で採集したもので、コロンビア側からシッパーが入り、コロンビアから発送されたものだと聞きました。

自然界の世界で国境など関係ありませんが、どちらにしろオリノコ川産ということには違いは無い形です。

オリノコ川のピラニアって言えば、カリバが有名ですが、自分の中ではマクリピンニス!ブラジルからの輸入が難しくなった今、ペルーやコロンビアからの輸入が増えているので、マクリピンニスに出会えるときもそんなに遠くないかも。。。 と信じています。


で、本日、オリノコ川産のアルマータス水槽に、同郷のタンクメイトを購入!!
ピラニアのように気を使わなくて混泳ができるって、なんて楽なんだ・・・。



今日の夜、都内まで車で直接引き取りに行きました!
見るからに熟練の匂いがプンプンする前飼育者の方のドデカ水槽を眺め、わずかな時間ですが熱帯魚談議。このすばらしい時間がとても楽しかったなぁ。


で、1時間ほどかけて帰宅。
嫁には内緒☆



中身はね、、、








エクセルコロンビアモトロ(Potamotrygon motoro)!

あー、1ヶ月以上悩んだ甲斐があったなぁ〜〜。カッチョイイいなぁ〜〜〜この虫食い模様。

体盤は横幅24cm、縦幅26cm、尾を含めると40cmほどの雄♂個体です。餌はキャットが中心とのことでした。
こりゃコロンビアモトロの雌を連れてこなきゃダメにゃ。




発砲スチロール内の水温が33〜34℃、かなり温い温度でしたが無事でした。
ちなみに我が家の水温は30.3℃。

エイに関わらず、子どもと嫁が寝静まった時間帯での導入では、ゆっくり水合わせ☆
自分の熱帯魚飼育にはゆとりが必要だな〜〜。
いつもせかせか水換えしたり餌をあげたりして、ゆっくり鑑賞してないもんなぁ〜。

それでは入水までの動画も・・・。







なんとか無事(?)入水!アングルと水槽との隙間に余裕が無くて発泡スチロールが入らず、エイをなかなか移しだせなくて焦ったっ!!!
カメラがびしょ濡れだぜぃ!!

コロンビア産同士のアルマータスとエクセルコロンビア。このサイズだとなかなか見ごたえがある。

エクセル(Excel)とは、優越した・卓越した、という意味らしく、簡単に言うと、柄が綺麗でカッチョイイってことだそうです。販売名にそういう接頭語がつくことはピラニアの世界でも多々ありますね。


とりあえずこいつの呼び名は「エクセルコロンビアモトロ♂」で。

ちょっと長いなっ(;・∀・)

なにやらコロンビアモトロは、胎盤30cmくらいに成長すると、どんどん体色が黒くなってくるらしい。
前飼育者の水槽には、40〜50cmの体色が黒いコロンビアモトロが複数居ましたが、以前は同じように複雑な柄だったとのことでした。

まぁそれはそれでイイでしょう。子が産まれたら、その子どもきっともいい柄をしてくれるはず。




あ、雌を連れてくる金がないにゃぁ〜〜。゚・(ノД`)。


雌エイの前に、冬季のヒュメラリス水槽をどうにかしなきゃなぁ〜〜。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:38 | Comment(6) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

新魚追加!

アルマータスには2週間大姉をあげず、ハツやアジを試しましたが、全く反応せず。。。
放り投げてみたり、水面をぴちゃぴちゃさせてみたり、ゆらゆら揺さぶってみたり、放置してみたり、、、やっぱ難しいですね。

ピラニアもそうですけど、あるとき突然パクッと食べるようになったりするんですよね〜。
まだまだ餌として認識されてないのかな。


残飯処理も面倒なので、タンクメイトを追加しちゃえば、餌の争奪もするかな?なんて軽く思い、南米の映像を色々見て、ふわ〜〜〜としてます。


そんで、毎週のように風邪をひく子どもを寝せながら、ケータイでネットオークションを見てたら、


「お!安い!試しに入札しちゃえ!」


って勢いだけで色々な品に札を入れたら、、、
ちょびちょび落としてしまいました☆
そのうち1つは生体。



今朝、その生体をヤマトの営業所に取りに行きました。

最近は日中と夜の気温差が微妙なので、保冷材を入れるべきかカイロを入れるべきか迷いますね。
ちなみに、今回は何も温度調節材は入っていませんでした。
 

水合わせ。

勢いだろうが何だろうが、飼う事になった以上はもう家族同然!
落ちないように丁寧に扱いますよ〜。



んで、今回の新魚は〜、これ!




Potamotrygon motoro 。モトロ!


正直、エイのことはよく分からん!(笑)
ただ、昔から嫌いではない。

いろんな柄がある中で、コロンビア産のモトロで、エクセルって名前がついてるやつ、あれカッチョイイなぁ、なんて思ってましたが、如何せん値段が高い(−_−;)。

あと、エイのハイブリット系をイマイチ好きになれないのは何でだろう。自然界でもエイ同士で交雑を繰り返していろんな柄があるとは思うんだけどね。グッピーとか、それこそ金魚もそうだけど、色々な魚や爬虫類や他の生き物で、いろんな種類を掛け合わせ新たな品種を作成する文化・芸術は、それはそれで興味もあるんですけど、エイはあんまり変な組み合わせはやだなぁ。
まぁ水槽の中での趣味だし、好みは人それぞれですよね。


そんで、最近は南米の映像に映る、砂を巻き上げてぶわ〜〜〜と泳ぎ舞うモトロがカッチョイイなぁと思っていました。


ピラニア以外の魚に大金を出す気はまだないのですが、安くてもカッチョイイのはたくさん居るじゃないですか!

しかも、淵の周りの細かいスポットが3重になっていて、なかなかイインジャナイ?
とオークションでこのモトロを見てたら、遊び心で入札してしまい、→そしてそのまま、まさかの落札。

昔、仕事で徹夜してたとき、虚ろ虚ろになりながら、投げやりにオークションに入札して、思わぬ高額家電品を落札していた人が周りにいました。

こーいう出会いもアリか〜〜^^;)。


クラスパーがあるので雄。
こりゃ彼女役も仕入れないと!


長女に怒られている音が入っちゃってますね・・・(^^;)。

さっそく小赤を食っていました。主食はとりあえずキャット等の人工飼料に餌付かせる予定です。
そんでそのうちアジの切り身やワカサギやハツに慣れさせて、アルマータスに刺激を与える作戦!




あ〜〜、新魚を追加したら燃えてきた〜〜!

アツいな〜〜〜!

アツいな〜〜〜!



・・・
 


次女、41.1℃の高熱・・・(:▽;)。


アツいわけだ。。。

燃えるといったら、アラグアイア河産ファイヤーベリーピラニア。
日中(明るい時)に発色します。


こんな終わり方!?


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:51 | Comment(6) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。