2014年05月06日

42cmナナイ産ブラックピラニア

IMG_4098.jpg

ワイルドドリームファクトリーという、我が家から近場のお店で42cmのブラックピラニアが出ててます。

http://www.wilddreamshop.jp/item_detail/itemId,3207/


顎がスゴい。

この位のピラニアだったら、一匹飼いでも充分存在感があるなぁ。


手は出せないけど…^_^;)
posted by sato at 00:14 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

フィルター取付け

IMG_5534.jpg

夜な夜なエーハイム2217と2215を取り付ける。

2215は新品状態。

水槽も他の器具も、たった8ヶ月の使用品とのことだったので、傷も少ない★


ホースも切らずに取付けられましたが、
タップとかもバラバラだったので、
ジャストフィット!って感じじゃないかも…。


あー、器具の中では唯一、水槽用の蓋がないんだな〜
posted by sato at 00:40 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

そして結局、水槽部屋には水槽

IMG_7128.jpg


IMG_7329.jpg


IMG_3544.jpg

そんなこんなで、

勢い余って買ってしまったもの。






水槽セット。


内容は、、

・90×60×60(H)のアクリル10mmオールクリア重合接着

・スチールアングル

・テトラ90cmLEDライト

・エーハイム2217

・エーハイム2215

・エーハイム1048


締めて3万円!

近かったから送料無し。

ポチっと押しちゃよね〜〜。



やっちまったな〜。

今管理できないのになぁ〜。

立ち上げようと思えば、機材や消耗品はまだ前使ってたのが物置にあるから、

買い足さなくても大抵のものは飼えたりする…。




手放した150cm水槽に比べてかなり小さくなりましたが、

世間から見たら大きい方。


娘達が空っぽの水槽に入りたがります!ひぇ〜〜。


産まれた時から水槽があることが当たり前だったので、

1年半ぶりの水槽に、娘達の方がすごく嬉しそうでした。




とりあえずスチールアングルの中を隠すため、黒のプラスチックダンボールとマグネットで覆っておきました。


さて、どうしようかな…。

しばらくは間接照明として放置かな…。
posted by sato at 11:24 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

空っぽの水槽部屋

IMG_7670.jpg

水槽部屋なのに空っぽ。

忙しくて愛猫の餌置き場となっています。


忙しすぎると、たまにネットで衝動買いしちゃうことがありますよね…。


特にオークション!


この値段じゃ落とせないだろう〜、

と思って、ポチっと押して、

忘れた頃に…



『おめでとうございます!落札しました』


のメール。


参ったね〓
posted by sato at 18:56 | Comment(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

50cm・4kgのピラニア・カマリ!シングー川急流より


ひさびさの更新です。

みなさんのピラニアライフはいかがでしょうか。

今回、とびっきりすごい画像をグランデオガワさんから送っていただいたので、紹介します!


ピラニア・カマリ



02.JPG
どどーーん!

すごいですね!すごいですね!
鼻ぢがでちゃいますね!
画像を拝見したとたん、電気が体中に走っちゃうくらいすごい刺激でした★
オガワさんの笑顔もサイコーです!!



01.JPG
サイズは50cm弱、4kg弱とのことです。
いや、もう画像を見るだけですごいことはわかります!
体の特徴を隅々まで見て、感じて、堪能してください。



03.JPG
頭部アップ
肉厚なアゴ、迫力満点。
何年生きてきたのでしょうか、飼育下では味わえない一品ですね。



04.JPG
ロケーションは、シングー河のこんな急流にいるそうです。
水槽内でもこんな環境を再現したいですね。水流・岩。

あぁ、ロマンがあふれてる・・・。
自分は何をくすぶってるんだろう・・・、そんな気持ちにさせてくれます。



05.JPG

06.JPG
ちなみにグランデ・オガワさんは、牙魚中心に頭骨標本の製作販売もやっています。


●アマゾン猛魚・頭骨博物館
http://amazonfishing.blog134.fc2.com/blog-entry-81.html


このカマリは、格好いいので即売約になりました(笑)、とのことでした。
ピラヤやアルマータスの骨格標本に失敗した経験者として、素人ではうまく作れないことを重々承知してます。
大型個体は特に手に入らないし。

インテリアとして備えておきたいなぁ。
雰囲気だけでもアマゾンを感じたい。

という方は、上記のページからグランデ・オガワさんに頼んでみてくださいね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 10:02 | Comment(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

豪雨だけど屋外水槽水換え


「ゲリラ豪雨」という言葉も一般的になってきましたが、毎日スコールのようにザーッと降ってすぐ止む雨が関東地方を襲っています。

satoのピラニア生活には、雨は恵みそのものなので、大歓迎なんです。

というのも、縮小したピラニア飼育ではありますが、水槽自体はそのまま継続して置いてありまして、屋外水槽も地道に稼動中です。

この屋外水槽は、基本的に放置。雨による自然換水に任せていて、1〜2ヶ月に1回くらいしか水換えを行っていません。
ですので、降雨によるオーバーフローと蒸発を繰り返し、温度管理以外は自然任せなんですね。




で、本日出張帰りの電車の中で、久しぶりにピラニア飼育者の方々のブログなどを覗いていたら、◇版‐箱庭水槽のsuisouさんのブログを発見し、拝見していました。



見た記事の内容がとても濃くて、海外のサイトやお店まわり、ピラニアに関わる書籍を探しまくって自分なりに整理していた頃を思い出し、すごくモチベーションがあがってきました。

自らが情報を発信し、行動することによって、次の何かが生まれると思うんです。誰かが助言をしてくれたり、支援してくれたり、新たな価値を生み出したり。例えその言動が誤っていたとしても良いんです。

ただ自分の中だけで抑えていたり、何も行動しなかったら、新たな知と創造は生まれ難いんですよね。


ピラニア飼育の何に魅力や刺激を受け、価値を感じるかは人それぞれだと思います。

そんな中、私にとってはとても刺激を受け、モチベーションがあがるものでした。




この気持ちを大切にするため、帰宅後すぐにスーツ姿で屋外水槽の水換えを実行!

生き餌を常に泳がせていた水槽でしたが、最近は冷凍のモロコを与えています。
たまに覗いてみると、全く食われずドロドロで水カビだらけの残骸が浮かんでいます。。。
飼育水に大打撃を与えているのは間違いないでしょう。

しかし、飼育しているマヌエリ3号は生存しています。



ついでに久々にプラケースに掬ってみました。

完全にピントが合ってないし・・・(^^;)

結構頭部に丸みが出てきているように見えます。





サイズは18〜19cm。

広島から戻ってきたときは16.5cmだったので、2cmほど成長。
遅い成長だけど、少しは大きくなってるようです。
餌食いが悪いのは室内で飼育しているイリリ産マヌエリと同じ。がツーーんと食って欲しい。



もう1つの屋外水槽も水換え。
豪雨に備えて、こちらも注水は少なめに。


案の定、21時ころから大雨です!

最近は東京アメッシュを見て自分で短期予測しちゃいます。
便利なシステムです。



この個体も生き餌からの脱却を目指してみようかな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:54 | Comment(1) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

上水道洗浄のお知らせ


久々の更新!

satoは生きてますよ!

ピラニア飼育も細々と継続中。


やっぱり好きなものは好きだから、色々あるけど、がんばりまっしょい!


150cm水槽のレイアウトは変わらず、イリリ産マヌエリが単独で泳いでます。

上部フィルターからの落下水と、ブロワーからのエアレーションと、水中ポンプのディフューザーで、泡はたっぷり。



しかーし、食が細くて成長が鈍いんです。

冷凍モロコ1日1匹がやっと。2匹入れても残しちゃうし、アジも食べないし、生き餌なんて全然減らないんだから。

もっとガツガツ食ってほしいなぁ。



もう2〜3ヶ月同居しているけど、レッドファントム
(右下の群れ) も数は変わらず。





話は変わり、こんなお知らせが↓↓

この時間帯に水を出したら濁り水がでるらしいので、水は出さないで、だって。

新水垂れ流しってわけでもないのでピラニア飼育に影響はないんですけど、電気代が安い夜間にエコキュートに水が溜まる設定なので、エコキュートに問題があるなぁ。

忘れないようにしないと。


やっぱ洗浄後は少しは綺麗になるのかな?



上水道つながりで言えば、先日、利根川水系でのホルムアルデヒド騒ぎで断水の恐れもあったのですが、我が家の地区は回避されました。
水はライフラインの中心なので、止まるとそのありがたみが身にしみます。
綺麗な水に感謝しながら大切に使おう。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:43 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

超ペットロス進行中。。。







本日、大切にしていた愛猫が亡くなりました。

何歳か分からない成猫から飼い始めて12年。 

イスやソファーに座ればいつのまにか膝の上に乗ってる、そんな当たり前だったことがもう無くなってしまったのですね。

命あるものにはいつか終わりがある、分かっていても情が強いから心苦しい。 


たくさんの幸せな時間をありがとう。 




現在、ピラヤ1号は元気です。 

単独になって水質悪化も著しく遅くなり、発色も好調。 

餌はアジ。24℃。水換え後5日経過でph7.22。伝導率・・・電池切れで測定不可(^^;)。
posted by sato at 00:08 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

初一眼デジカメ α NEX-5NDで試し撮り!

つ、ついに、

ついに!

念願の一眼デジカメを手に入れました〜〜!!


Sonyのα NEX-5ND。やっほーー!!

子どもの運動会等のイベントを考え、ズームレンズ(E55-210mm)セットのNEX-5NYを狙ってたんですが、タイの洪水の影響があって未だに販売時期が未定。

動画のクリック音(カチカチ音)も気になってましたが、修理(調整?)に出すことも可能というクチコミを見て、クリスマスや正月も近いので、買っちゃうことにしました。



ムフフふふ。。



とりあえず試し撮りってことで、眠っていたピラニア達のいる水槽部屋の照明を点けて撮影!


ブログ掲載サイズじゃ、今までとそんなに変わらないか^^;)。
でも撮影していると、当たり前ですがコンデジと全然違いますね。



レッドファントム!

ピントが合うなんて、sato感激☆

小型テトラの撮影はすごく難しいんです。こんな暗い環境でも撮れるなんて凄いなぁ。





ピラヤ6号(34cm)


ピラヤ1号(40cm)




ピラヤ2号(41cm)

ぶさいく!!コワ顔!!

ドリル処理をした部分は、結局こんな感じ。

初期症状の段階でやらないとダメですね。。。


ピラヤ4号(32cm)

こいつの穴あきの場合は、チクチク処理が甘く、外科手術前と変わらず・・。




ジャイアントイエロー(32cm)

先日左側面に、誰かから齧られた跡がありましたが、治ってきてる模様。



最近は150cm水槽ばかりが被写体で、ブラックピラニアの状態もちょっと撮りたいところです。

常時観れないのは、屋外水槽ストックのデメリットです。



あ〜それにしてもカメラ嬉しい!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:41 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ピラニア好きは、グランデオガワさんの記事を要チェック!


家庭の事情で飼育ピンチに追い込まれているsato。

毎回負けそうなところで必死に食らいつくsato。

生き物を長期飼育することは易しいもんじゃないとつくづく思うsato。

今回ばかりはかなりキツいsato。

生活には優先順位がありますが、もう意地です。粘ってます。




レッドファントム達はピラニア達に食われずもう1年くらい経つかな?
元気です。


水槽部屋の扉を閉めると、扉がアクリル面に反射して写り込み(^^;)


最近給餌間隔を空けても残飯を残しがちなピラヤたち。


ん?残飯を残す?

頭が頭痛だ・・・。


ピラヤ6号

ピラヤ1号

2匹とも変化なし。

ちなみに上の写真はすべて10月末の写真。





ところで本題。
グランデ・オガワさんが、セラサルムス亜科(Serrasalminae)について記事を書いてくださっています。

ピラニア好きの方は基礎知識として要チェック。
こちら → 南米・鳥獣虫魚・探遊


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:59 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

久々の釣り

IMG_7342.jpgIMG_8559.jpg

ちょっと日記の更新をしようと思ってたのですが、急遽実家の新潟に帰省することになったので、暇な新幹線の中でケータイから更新なのだ!

ちなみに既に酔ってたりする\(//∇//)\


----
10月の三連休にも帰ったのですが、久々に防波堤で釣りをしました。


道具なんて大したものはないので、イソメと針を買ったくらいで、足下やテトラポッドの間を狙う程度。


釣れる釣りが大好きで、大物狙いなんてできないので、とにかく見える奴らを釣ろう!と、何年ぶりか分からない久々の竿振り!



釣果は、、、


マダイ8匹、クロダイ1匹、シマダイ4匹、キス1匹、ベラ5匹、アイナメ1匹、ハゼ1匹、カニ、フグ、


ってな感じで、コンビニ行くような感じで思い立ったように普段着で出かけちゃいましたが、久々に釣りを楽しめました。


----
まぁみんな手のひらサイズなんですけどね(=´∀`)人(´∀`=)

あのビクビクって感じは、やっぱり楽しいですね!

アマゾン行ってもピラニアだけで釣りを楽しめそうな気がしました!笑



あぁ、急遽職場から出たから、ピラニア達に餌やってないなぁ。。。
posted by sato at 20:47 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

記事数も700になり、久々にラインノーズピラニアの写真でも。。



今月は日記のペースが大変少なくなってしまいました。


環境や飼育魚に変化がないと、自分が後で見返すような内容の記事が書けないんですよね。

熱帯魚屋さんにも全く行かなくなりました。


しかしマイペースでやっていきます。


そんなこんなでサイトを立ち上げて7年。

ブログの記事数も700。


だからって何をするわけでもなく、趣味のバスケで汗をかいて、飯を食って、風呂に入って、水槽を見ながらビールを飲む。

これがサイコーなんです。



ってことで、テキトー日記更新。


久々に照明点けて撮影しました。蛍光灯が黄色っぽいのと紫色っぽいのば混ざってるので、なんか実物と違う色な気がします。

このラインノーズとも長い付き合いになってきました。

照明を点けてからしばらくすると、もうちょっと目が赤くなります。



くるっと回った瞬間。体高が一際目立ちます。



冷凍モロコへの食い付きがイマイチ悪く、気付いたらほぼ溶けた状態で浮かんでいることがよくあります-_-;)。

照明を点けなければあまり暴れないので、顎を擦ることが少ない個体です。

ラインノーズは、やっぱり上品な感じがするなぁ〜。




来月はもうちょい日記更新できるといいなぁ〜。


あ、あと1日あったか。(^^;)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:50 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

ピラニアピラヤ41cm vs 34cm 静かな戦い

ご無沙汰日記。


7月末に撮った動画。

水槽を眺めていると、たまにいつもと違う行動をするときがあります。
こういう動きを眺めているのも楽しいです。


この動画のときは、最後の一瞬で勝敗が決まりました。
ピラヤ2号の右側面が少し傷付いたくらい。


この後は、再び争うことはなく、みんないつもと同じように泳いでいました。


この争いは縄張り争いでしょうか、強さや大きさを競っているだけでしょうか。
他のピラヤがちょっかい出さないところも興味深いです。
繁殖行動ではないことは確信しています。
何かの意味があるんでしょう。


うんうん、想像するだけで楽しい☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 17:36 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

9月なのに暑い〜。


9月も下旬になってきたのに、クソ暑い!!
今日は夕方になってから少し涼しくなってきたかな?

家を1日空けていたら、換気扇回していても水槽部屋の熱気がこもってまいっちゃいます。
ブロアポンプと冷凍庫の排熱が要因ですが、冬は逆に助かるんですよね。


150cm+140cm連結水槽は33℃。


60*45*45(H)cm水槽も33℃!
お盆の時期は34〜35℃も記録。



この60cm水槽は、みぼくうさんのススメで、先月から外部式フィルターにプラスして、上部式フィルターも併用しています。

この上部式フィルターは中古で180円!ろ材はみぼくうさんからのもらい物でセッティング!


こんなに暑いんで定例の水換えも張り切ってやります。

この水槽の住人は8月頭に新規導入した魚です。



ウンコ具合から見ると、まぁまぁ食べてくれています。

餌は冷凍のフナかモロコ。
死魚に餌付かせることに成功しています。
死魚だと餌の管理が楽で、量も調節できます。

たまに姉金や小赤も。
姉金は頭を残しがちです。




おっと、肝心の新魚の紹介を忘れてました。

導入当初より状態が良くなってきたので、そろそろ登場!




イリリ川産のマヌエリ、18cmです。
どうぞよろしく☆m(_ _)m


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 16:03 | Comment(12) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

ピラニアピラヤ41cm ドリルで穴あき手術!


ピラヤ4号の穴あき手術の結果も出ていないうちに、ピラヤ2号の穴あき手術をしました。
手術をしたのは8/9。





何度も日記は書いてますが、まぁーひどいんですわこの穴。

穴が開いているのは5匹のうち2匹。

特にピラヤ2号はいつか貫通するかな?と思うほど穴が深く、そして広くなっています。
(過去の経過はこちら


薬とかも試したんですけどね、何ら目に見える効果がなく今に至るんですけど、思い切って削ることにしてみました。



水槽から掬い出し、部屋がびちょびちょの中、ついでに全長測定。右端がめくれてますが、41cmを確認。

測定しながらの撮影は困難を極まります。カンパニー松尾くらいの技術か、2人体制の必要があります。




今回の道具はこれ!
金属タワシ?素人なので何ていうのか分かりませんが、良く削れそうな素材です。


そして動画。





見てのとおりYoutubeにアップしてるのですが、いちいち海外から文句のコメントが来るのがウザイ!英語のネット用語はさらに読解困難!この動画もさっそく低評価をつけられています^^;)笑。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 13:00 | Comment(12) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

さらば!マヌエリ4号!


ちょっと日記の更新ペースが落ちていますが、色々いじくってます。


とりあえず本日、シングー・マヌエリ4号を発送しました。


屋外120cm水槽。
7月中旬以降は朝晩かなり冷えて、20℃くらいになることもあったので、ヒーターは常にセットしていましたが、8月に入ってからの猛暑で、30℃弱まで上昇しています。
前日1/3ほど水換えをし、29.5℃、ph7.9、TDS155ppmの状態。phはちょっと高め。


掬い上げます。
発色がスバラシイ!
生き餌(ドジョウ、金魚、モツゴ等)を常に泳がせ、食べてはいましたが、17cm弱止まりでした。私の飼育法の課題を糧にぜひ大きくして欲しいです。



最後の思い出作りに一通り撮影してからケースに移動。



丸2日要する遠方への発送に耐えられるよう、お店に持って行き、航空便を考慮しつつ酸素多めってことで、大きめの箱(高さ70〜80cm)に入れてもらい、秘薬を添加。



無事に届け・・・!!

オ( ̄人 ̄)ネ(−人−)ガ(*_ _)人イ







そんでもって、空いた屋外120cm水槽にシングー・ロンベウス「バイオレットブラックピラニア」を移すことに。


取り出したついでに全長測定→16.5cm。
手放すマヌエリと同じくらいのサイズ。

ハメ撮・・・じゃなくて、測定しながらの撮影はムズイ!
口パクパクさせて飛び跳ねて、、もう危ないったら!!(゚д゚lll) !






頭部が小さめで体高がある個体。
決して体型はものすごい好みってわけじゃないけど、目が赤くて綺麗!
こいつも大きくなったら斑点rhomになるのかな??シングー上流なのか下流なのか、まっかちんで購入したときに聞いたけど、そこまで分からなかったので育ててみるっきゃないね!

冷凍魚にも餌付いているので、生き餌と併用して餌を絶やさぬように育てようと思います。



そしてトカンチンス・ルビーレッドピラニアも掬い出して水槽移動。
この子は14cmからサイズ変更なし!餌の制限+狭い環境!飼育が下手!

そして150cm水槽の上部フィルターのポンプ室にちょっと隔離。








なんでこんなちょいちょい水槽移動をしてるかっていうとね、、、





ってことなんです。(´・ω・`)


とどのつまり。。


ぷぅ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:58 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

穴あき外科手術チャレンジ1

何回もナオキングさんのブログを読み返して、自分も穴あき手術にチャレンジしてみました。


しかしワタシゃこんなもんしか持っとらんのです。
1秒間に10回転くらい?という非力なドリル
ドライバ。
BB弾サイズの砥石もないし・・。

仕方ない、手持ちの砥石をつけて、やってみますか。




まずは小さい穴があるピラヤ2号から。


って、、、。
ちっ、ピラヤ達みんなケツ向けやがる^^;)。



水換えに合わせ、水かさを減らした後、買い物カゴでピラヤ4号を掬い出し、発泡スチロールへ。
ピラヤ4号の穴あきは、以前よりそんなに大きくなってない感じです。


バッコンバッコン飛び跳ねてめっちゃ怖し(;゚д゚)!!



バスタオルで押さえ、ついでに全長測定→32cm。

今回は麻酔なし。


数年前に呂夢さんにもらった麻酔、使ってみたいんだけどね。
麻酔をかけること自体が未経験で不安ということと、復帰の際、"混泳水槽"に戻すというリスクがあるので、思い切って麻酔なしチャレンジしてみました。
何事も経験なんだけどなぁ。




そんで、



きゅるきゅるきゅるるる〜〜〜



とやってみたものの、皮膚が柔らかく、削れてる感触なし!あせあせ(飛び散る汗)



ってことで、お次はこんなやつをつけて再チャレンジ!




ぎゅるぎゅるぎゅるるる〜〜〜


ひえぇぇぇぇ!

暴れる〜〜〜〜!!!



ってことも無く^^;)。バスタオルで押さえれば、案外おとなしいもんですね。



左側3箇所。
鰓上部にも。硬いところの方がまだ削ってる感触がありました。
頭頂部は流木に当たって削れてしまいました^^;;)。



右側は4箇所。
鰓2箇所。
あ、鰓の真上の穴1コ、削るの忘れた!


イソジンも塗らずに150cm水槽に戻しました。


とりあえず治癒経過を見て、本番のピラヤ2号(40cm)にチャレンジしてみますか。




しかしねぇ、これが一筋縄じゃいかんのです。

見て、この面積。
500円玉くらいの面積ですよ、まったくもぅ。

以前の紹介した穴の経過はこちらです。このときよりもさらに拡大しています。


何で削ろうか。チクチクしてる金属のタワシみたいなやつでやってみるか〜。

水槽から出すの怖いなぁ。

みなさん、こんな風にならないように飼いましょう!




----------------------------------------
シングー・マヌエリ4号、biddersに出品中。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 02:09 | Comment(10) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ピラニア マヌエリ17cm±(スーパーノタートゥス,ヒュメラリス)売ります。



突然ですが、、


シングー・マヌエリ4号(17cm弱)、欲しい方はいますか?


biddersに出品しています。


こちら



まだ期間もありますので、もし興味がある方はご検討ください。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:03 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

シングー・ブラックピラニア3ヶ月で1cm成長


シングー産ロンベウス。16cmを超えました。


3月に飼育してから3ヶ月で1cmの成長。
小赤やドジョウ、冷凍フナをあげ、結構食べてるんですけど、こんなもんでしょうか。

気を使って水換えも早めにしてるんだけどなぁ。





4ヶ月で4cmアップしたブラックピラニア。

この赤い目を見るとやっぱり思い出すなぁ・・。








ってことで、水換えついでにサイズを測定したあと、150cm水槽に混ぜてみました。


このサイズ差・・ヤバイか!?








なんだかんだ距離をとりながらうまく泳いでいるみたいです。

まだ混ぜて半日ですけど・・。



フナを追いかけるピラヤ、焦るブラック。

ちなみにフナは12cmほど。




動画。フナを入れたところから。




ピラヤを中心に見ると、40cmの個体の迫力を感じますが、シングー・ブラックを中心に見るとハラハラします。


さて、うまくいくかな?


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 17:05 | Comment(18) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

ジャイアントイエローピラニアのスープ





「ブラジル・パンタナール便り・・・・」の湯川さんより。




ピラニアを食ってみたい爆弾




と思っている人は自分だけではないはず!


天然のバイ(;゚д゚)グラ!?なんて話を聞いちゃうと、鈍った下半身に栄養を与えたくもなっちゃいます。





我が家のジャイアントイエロー、32cm。

こう見えて結構プリプリ。

水槽の中で"養殖"状態で成長していますから、コラーゲンだけでなく脂も乗ってるでしょう!


ムフフ・・・(=ΦωΦ=)ヨダレ☆



こんなジャイアントイエローですが、飼い始めはもちろん小さく、こんなに痩せていました。


特に頭頂部は薄かったのですが、何匹かいた在庫の中でも特に顔が大きく、あごもごつくて、目と目が離れていて、バランスが悪い顔。


第一印象は「ブサイク」。
でもこの個体を選びました。



この写真を撮った数分後に噛まれちゃうんですけどね(;_;)



そういえば、このパンタナル地方の魚の特徴といったら、「黄色」の体色ですよね。

これは何なんでしょ。

ピラニアだけでも、このジャイアントエイローの他に、ダイヤモンドイエローも有名ですよね。
その他、イエローコロソマ、ピラプタンガ、ドラードといい、何だか黄色い魚が多くいます。


そしてそれらの魚が水槽下で成長すると、あまり黄色が発色しないのは日光が当たらないから!?なんてウワサもあります。

養殖の真鯛は、日焼けして黒ずむのを防ぐため、生簀にシートをかぶせるくらいですけど、どうなんでしょうね。


何にしろ、この体色が、この湿地を中心とした環境で生き抜くための重要な要因の1つではあるんだとは思います。

私の好みとしては、ジャイアントイエローは明るい環境がおススメです。



ちなみに、ジャイアントイエローには、産地によって微妙に体色が違うものもいるようです。私自身、未だに勉強不足で、産地による傾向が分かっていません。

同じ個体でも周りの環境や生体の状態によってメラニン色素の面積を変えますので、一概に黒の濃淡での判断ができないのがさらに難しいところです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ


posted by sato at 23:22 | Comment(8) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。