2008年09月05日

15年分以上のハイポを購入

過去に水道水を直接入れた直後にラインノーズを失った経験から、水換えの際はカルキ抜きの水質調整剤を入れるようにしています。昔の水槽規模のときは、エーハイムの4in1など、カルキ抜き以外の要素が入ったちょっと高級品(?)を使っていました。最近では、2in1やテトラ社のコントラコロラインに格下げしていました。

しかし、1回の水換えが500L〜600Lになり、しかも大雑把に入れているので、これらの水質調整剤の消費ペースが結構早いです。


そこで、そもそもピラニアはちょっとした量であれば水道水程度でそんな簡単に死ぬ魚ではないので、もっと低コストにしようと考え、ハイポを買うことにしました。

ハイポ

この量で200g。200円で購入。

水の中のカルキの濃度は地域差や季節により差があると思いますが、おおよそ1mg/Lの濃度らしいです。
塩素とハイポは重量で一対一で中和できるらしいので、
ハイポ1gに対し、1,000Lの水換えに対応できると言うことです。

ってことは、我が家の場合、2週間に1回水換えで換水量が500Lとしたら、200gだと、200,000Lの量の換水が可能なので、400回水換えが可能ということになります。

400回ということは、、、2週間×400回=5,600日



15年4ヶ月分の量!!




かなり節約ですね。 ^ ^;)
 



水槽計画話は変わり、「奥さん内緒計画10」の水槽増設の件、とりあえずフィルターとろ過材等は用意できました。

また、ホームセンターで調査した結果、水槽台は、SPF材を使用することによりかなり安く自作できそうなので、自分で自作することとしました。

設計はかなり詳細まで詰めたので、明日材料を買ってきます!

しかし今日、組み立てのための電動ドリルを職場の人から借りたのに、職場に忘れてきてしまいました。> <)
なので、実際の組み立ては再来週末になりますね。


さて、水槽をどこで調達しようかな・・・。

水槽の素材は、オールガラスの方向で心は決めました。
そこで、マーフィードのプレミアムフレームレスタンク(8mm厚)、コトブキのレグラスフラットF-600L(6mm厚)、アクアシステムのキューブ600L(8mm厚、クリスタルエッジ)でちょっと悩んでいます。

まぁいい中古も出るかもしれないし、もうちょっと悩もうと思います。




posted by sato at 21:31 | Comment(1) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

奥さん内緒計画10 続き1

新たに水槽を追加すると決めましたが、まだ実行には移していません。お金を払えば簡単に入れられるでしょうが、それではつまらないです。なんとか費用を安く抑えつつ、かつ満足いく設備にしたいと思います。なのでよく考えて、色々妄想しています。この考えている時期が一番楽しいですね!

水槽は、アクリル水槽にしようと思っていましたが、ガラス水槽(ふちなしオールガラス)を含め、何とか中古で良くて安いものがないか探しています。


水槽計画
フィルターは上部式にしようと考えていましたが、外部フィルターであれば、水槽の上がすっきりして、上からピラニアを眺める楽しみもできそうというメリットも考えられたので、再度検討していました。
 
そんな中、兄がエーハイム500のフルセットが余っているとのことで、それを自分がもらうことに!当初想定よりややパワー不足ですが、飼育には問題ないでしょう!超ラッキー!!



ヒーターは200Wのものを選ぼうと思います。サーモ付で安売りの時に仕入れようと思います。 ここは新品にしたいですね。

エアレーションはブロアポンプから一本分岐させようと思います。



一番の悩みは水槽台です。基本的には、以前作成した120cm水槽用の木製水槽台の手順と同様な形で自作しようと設計していました。

水槽自作手順


しかし、材料費だけでも結構な金額になってしまいます。これに穴あけや切断の加工作業と塗装などを考えると、手間とお金がかかってしまいます。家に電動ドリルがあればいいんですけどね。
奥行き30cm用の水槽台は、新品でも安いものがたくさん出ているのですが、45cmの奥行きとなると、金額が跳ね上がってしまいます。
週末にホームセンターに行って、木材を中心に価格調査しようと思います。




話は変わり、、モンスターアクアリウムの40cmブラックピラニア(画像)、、、7万円、、手が出せない価格ですが、欲しい・・・。 もう売れてるかな。



そしてアルマータス・・・。成長ヤバイです。もうエロンガータくらいのサイズ。週に1cm大きくなっている気が・・。今日も小赤を100匹追加しました。
そして初めて捕食シーンを見ることができました。

posted by sato at 22:28 | Comment(6) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

120cm水槽が広々



ピラヤ5号を混泳水槽に入れて2日目、やはり結構ダメージはあるようですが、まだ取り出さなくても大丈夫な範囲でしょう。オーバーフロー濾過槽からの揚水ポンプの下がお気に入りのようですが、ピラヤ1号の縄張りとバッティングしていて、どうもかなり攻められていたようです。

しかし、今日様子を見ていたら、逆にピラヤ5号が他のピラニアを寄せ付けないような威嚇行動をとっていました。
平和に過ごしてほしいです。。。




ブラックピラニア1

ブラックピラニア2

広くなった120*60*45(H)cm水槽。
セパレータは今後も使うかもしれないので、ヒーターや自作水中ろ過器がある右端に寄せておきました。

このブラック(33cm)は、もう大きくならないかな・・・。



1年4ヶ月前から一緒にいるアカヒレも、残り1匹となりました・・・。
次はここにネオンテトラを泳がせてみたいと思います。




posted by sato at 23:24 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

事件

更新が滞ってます。すいません・・・
掲示板への返信もできず申し訳ないです。


ここ3週間水換えをしていなく、観賞もせず、餌だけ入れて放置の日々が続いていました。
先週末に入り、ブラックの背鰭の付け根が、白く潰瘍っぽくなっていたのに気付きました。そして一昨日には、ブラックの左目が真っ白、体表も擦れたような傷ができているのを発見しました。ピラヤ5号の体表も同様に擦れたような傷がありました。

原因を考え、パッと思いついたのは、残飯処理(餌はアジ)をせず放置していたことによる水質悪化。


衝突による傷かとも思いましたが、セパレーターの位置が動いている様子は全く無く、流木等も全く移動していないこと、そしていつもジッとしているのですが、ジッとしている様子が明らかに弱々しい感じ。
そしてブラックの目の白濁。。。


今日(昨夜)仕事から帰ってきたら、さらに症状が悪くなっていたので、phを測ってみたら、なんと・・・

「2.3」



ひぇぇぇ ・・・


それはさすがにあり得ないでしょう。
そう思い、他の水を測ってみると、


150cm水槽の方を測ると、「4.8」。
水道水を測ると、「5.7」。。。


ということで、約1.5くらい狂っていることが判明。
それでもphは3台というのはマズ過ぎ!!

とりあえず水換えをしましたが、弱っているので大量水換えは逆効果と思い、1/4程度のみの水換えに留めました。

先月フィルター掃除をした際に、ほとんどサンゴ砂が残っていなかったのは確認してました。やはり私の飼い方では、濾過槽にサンゴ砂を入れて中和をさせる必要がありそうです。





そしてまた事件。。




120cm水槽の水換えをしているうちに事件が起こりました。



落下パイプ

150cm水槽のオ−バ−フロ−の落下パイプが突然はずれました。


はい、大洪水。。。


サイアクです。

最悪です。。

超さいあくです。。。。


ボーぜん。呆然。唖然。




しかも冷静になってタオルで拭き取ろうとしつつも、変な行動をしてしまい、揚水ポンプを止めたことにより、揚水パイプから水が逆流し、濾過槽が溢れ再び大洪水。。


先ほど大洪水の拭き取り、濡れた電源タップの交換と落下パイプの応急処置をしておきました。
接着剤が乾く明方までは、揚水ポンプを止めておこうと思います。
寝てるときにまた外れたら取り返しがつかないので。。。

ヒ−タ−が濾過槽にあるので、温度低下を少しでも和らげようと、照明点けっぱなしで寝ます。



もう、ホント最悪でした。。



日ごろの管理は怠けたらダメですね。
posted by sato at 01:21 | Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

外部フィルター掃除

今日は久々に水換え。
今週は、餌金が病気にかかり全滅したり、ワカサギが食い残されて酷いことになったりした最悪の週でした。




フィルター
120x60x45(H)cm水槽のフィルターの1つは、テトラ社のEX120を使っています。前回の日記にも書いたとおり、こいつが最近エア噛み音を発するので、数ヶ月ぶりに中をメンテしてみました。

予想通り中は汚く、スポンジにはウィローモスなども詰まっていました。そしてサンゴ砂のほとんどが溶けていました。替えのサンゴが家にもう無かったので、今度買ってこようと思います。



そして一通りメンテして再セットアップしてみたものの、異音が直らず。。。
水こぼしまくるし。。



あまりにイライラしちゃって、結局150cm水槽の水換えを怠ってしまいました。
原因は、何かが詰まっていたわけではなく、設置場所の悪さ(水槽と平行の高さに設置とかね・・・^^;)や、それに付随して送水側のホースのねじれにより流量が減ってバランスが悪くなっていることだろうと予想しています。

フィルター

蓋をはずして空回しさせて見ても、普通にインペラーは回っていましたし、まだ壊れるには早いと思うので、ホースを換えたり設置場所を何度か移動させたりして試行錯誤しているうちに、気にならないくらいにはなりました。


もっとメンテナンスが楽な設備が欲しいなぁ。

posted by sato at 00:21 | Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

オーバーフロー水槽 ウールボックス



ウールボックス
我が家の150cmオーバーフロー水槽のウールBOX(交換前)。
ホームセンターで買った密閉できるタイプの衣装ケースを改造して作ったものです。今日はウールマットを全て交換しました。

冷凍ワカサギをあげてから特に汚れが酷くなってきていました。アカヒレとかネオンテトラとかがそのままウールボックスに流れ込んだこともあります。
ウール同士の間にある程度隙間があるので、水が溢れることはありませんでした。しかし、ウール自体は目詰まりしていて、水が横に流れる感じだったので、設置から9ヶ月経って初めて交換。



水槽部屋が狭く、濾過槽の前に120cm水槽を2段に重ねていることから、メンテが大変になるのは予想してはおりました。まぁちょくちょく交換するほどのものでもないので割り切ってはいましたが、いざメンテをしようとするとちょっと後悔。


で、やってみると、思ったより手間がかからず、そして水も漏れず交換ができました。



ウールボックスちなみに、今まで使っていたウールの量。。。
今回用意していたウールが左の画像の半分くらいだったので、後日追加しておこうと思います。




自作ウールボックス作成の流れ↓
ウールボックスウールボックス


ウールボックス

ウールボックス

ウールボックス

posted by sato at 23:32 | Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

水槽底面を白くしてみる。


120cm水槽

120cm水槽

今日は気分転換に120x60x45(H)cm水槽のピラヤ5号側の底面を白くしてみました。

ホームセンターで購入した2mm厚の白の塩ビ板(60x45cm、約500円)の角をちょっと丸くして敷いただけです。比重が1.4なのでそのまま沈みます。
奥行きが60cmの水槽のため、15cmくらい面積が足りませんがご愛嬌・・・^^;。今後検討します。


黒い環境だと、ブラックピラニア等は特に魅力が発揮されると感じるのですが、色鮮やかなピラニアにはちょっと向きません。
底面が明るくて、背面・側面が黒いと色が映えるような気がします。


塩ビ板の面積が足りないせいか、実際水槽を見ると、なんだかすごくバランスが悪い景色なのですが、水槽環境にちょっとした変化を与えるだけで、飼育が新鮮な気がする効果もちょっとありますね。
材料を手に入れられれば簡単にできますので、明暗の変化を与えてみたい方は試してみてください。


ピラヤ5号

posted by sato at 22:13 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

ピラヤ1号・2号


ピラニア混泳
カメラを新しくしても、やっぱり撮影が下手です f^ ^;)。暗い環境でも撮り易くなりましたが、撮りたい個体にピシャっとピントが合いません。ジッとしているピラニアならまだ楽なんだけど、難しいなぁ。


ピラニアピラヤ2匹

ピラヤ1号ピラヤ2号。2号の方が後ろにいるため小さく見えるかもしれませんが、飼育当初よりもかなり大きくなってきている気がします。実際35cmのピラヤ1号と比べても、体高は余りありませんが、全長は30〜32cm位ありそうな感じがします。前回載せた 動画を見てもなんとなく雰囲気は分かると思います。

2号は4匹のピラヤの中でも一番餌食いが良いです。ジャイアントイエローに匹敵するくらい。餌食いの良さは、やはり混泳の効果だと思います。
まだ特に大きな傷を負うものもいないので、このまま事故がなく混泳が続くことを祈ります。


ブラックピラニア
ついでにブラックピラニア。33cmくらいと見ていますが、こいつの正確なサイズが知りたいです。飼育してもうすぐ2年経ちますが、大きくなっていないような気がします。
餌はまぁまぁ食べています。黒い色もいい感じではあるのですが、、、デカくなって欲しい。。。


40cm以上のサイズのブラックやピラヤを飼いたいなぁ。

posted by sato at 22:59 | Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ピラニアピラヤ捕食シーン


ピラヤ混泳水槽。毎日ワカサギを10匹程度あげています。ピラニア1匹あたり2〜3匹渡れば十分かな、と考えています。
臆病とされるピラニアですが、水槽をとりまく環境(水槽サイズや混泳の有無も含む環境)に慣れれば、目の前でも餌を食べてくれます。毎日捕食シーンが見れるので動画を撮ってみました。

カメラを向けると、やっぱり少し勢いがなくなりますが、水面に浮かぶ餌に対し「バシュッ!」という音を立てて食べる様は、何回見ても迫力があります。



最近はこの水槽以外の住人であるブラックオニギリラインノーズエロンガータちびピラヤ4号もワカサギを食べてくれるようになっています。特にラインノーズは今まで生き餌以外を何回試してもダメだったのに、この5月のGWからワカサギを食べてくれるようになりました。食べてくれたときは嬉しかったです。
これでとうとう生き餌が必要不可欠なものではなくなりました!
ヤッタ!!


新規に入れたピラヤ21cmは、今まで金魚中心生活だったとのことですが、ワカサギに対する餌食いもよく、成長が望めるかもしれませんね。楽しみです。



ちなみに、この日記のメインサイトであるピラニア援助交遊トップページのコメント欄で、浜松市在住の方から30〜35cmのピラヤを無償で譲るというコメントが残されていましたよ。
興味がある方は返信してあげてください。
posted by sato at 23:22 | Comment(7) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

奥さん内緒計画の経過


今日は仕事をお休み。午後は水換え。水換え後はとても気持ちがいいですね!!
暗いですが水換え後の動画。もっと良いカメラだったらもう少し見やすいのですが、、、。150cm混泳水槽は、GWのお出かけ中も無事うまくいっていました。




で、本題の奥さん内緒計画7奥さん内緒計画9、前者は計画から1年8か月、後者は7ヶ月、何もしていません・・・ ^^;)


内緒計画9の骨格標本については、まだブランドティとラインノーズは冷凍中です。あれやこれやと何もしていなかったらアクアライフ2007年3月号にまで出てしまいました。この計画は、まずアジで試してから本番のピラニアに移りたいと思っています。
いつでもできるっちゃできるんですけど、いつでもできるものって、何か後回しになっちゃいがちですよね。


内緒計画7について。これは結構スケールがデカイ計画です。何しろ混泳が難しく雄雌の判断が非常に難しいピラニアを、人為的に繁殖させる計画なのですから。しかも今の私の飼育環境(基本的にベアタンクで単独飼育)のままでは無理です。


やるとしたらこの150cm水槽。
20070507_1.jpg

ピラヤ35cmと、最近大きくなってきているピラヤ28cm超。予想では、体形の違いから、35cmが雌で28cmが雄のような気がしています。しかし、もし実際繁殖をさせるのであれば、ピラヤを最低4匹は必要だと思います。4匹であれば、雄と雌が必ず1匹いる確率が14/16(87.5%)になります。ちなみに5匹なら30/32(93.75%)。

しかしこいつらと同居できるサイズのピラヤを2〜3匹追加なんて、お金が持ちません!!!そうなると、最近安く出回っているピラヤを購入して、1〜2年別水槽で育ててから混泳する!という方法が金銭的には現実的です。
その際は、ジャイアントイエローとホワイトピラニアを別水槽に移す必要もあります。


また、画像をご覧の通り、今はベアタンクです。今まで得た繁殖情報からは、底砂は絶対不可欠な要素です。しかし150*90cmの底面に底砂を敷くということは、、、いったい何kg必要になることやら。。。

ブラック底面によりピラニアたちが黒化していて、今の照明ではイマイチ発色が悪く見えてしまいますので、明るい底砂で試してみたいです。石材屋さんの天然ゼオライトが金銭的にも現実的かな。。。


メンテナンスに手間と時間がかかるのが最大の難点。・・・いや、、ピラヤを2〜3匹増やすことによる奥さんの機嫌の悪化の方が最大の難点でしょうか…。



まぁこんな感じで、結局重い腰が上がらないまま、イメージだけはしておきたいと思います。


繁殖も良いけど、でっかいピラヤが欲しいです。

posted by sato at 17:18 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

餌専用の冷凍庫購入

レインボーボアとその“餌”が家の冷凍庫に保管していたのが奥さんにバレてしまい、ピラニアの餌であるワカサギとマウスが水槽部屋ぶちまけられていたのが先日の日曜日。。。
さすがにマウスが恒常的に食品と一緒の冷凍庫に入っているのには、私も後ろめたさがあり、ペット餌専用の冷凍庫を購入することにしました。


20070412_1.jpg
ロッテアイスの30周年記念の景品。容量は7.2リットル。なにせ水槽部屋が狭いため、極力小さいサイズの冷凍庫という条件で探したところ、これが最も私のニーズに答えてくれるものでした。
オークションで購入。特に稼動音も気にならないし、冷却力もあるので、商品自体は良いと思います。


20070412_2.jpg
しかし水槽部屋に置くのは大変不本意…。水槽を右横から観賞することも多いので、水槽部屋の左側に設置。水換えの時なんかは特に邪魔です。2階の納戸を整理してそこに設置しようかな。

ますます設備が充実してきているのはちょっと嬉しいですが、想定外の痛い出費でした。

posted by sato at 22:26 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

週末の器具お買い物

う〜ん、土日を挟んだのですが、思ったより滋賀県の指定外来種問題が盛り上がらりませんでしたね。お二人にしかご意見をもらえず、自分だけ盛り上がっていたみたいでした。当事者意識を持つことって大事かなぁ、と思った次第です。
条例が施行されたら申請方法だけ紹介することにし、あーだこーだ声かけするのはやめます。(ちょっと残念。。。)




週末は器具のお買い物。いい中古品も見つかりました。

20070305_2.jpg20070305_1.jpg
NISSOの120cm蛍光灯(20W×4)の中古品。ちょっと表面が汚かったですが、錆びは無し!酢でカルシウム痕を掃除して仕上げに水拭きしたら綺麗です。
蛍光管はすべてPG-Uにして150cm水槽に置きました。これで150cm水槽のライトは120cm4灯(80W)+ADAソーラーU(72W)+60cm2灯×2本(80W)の、合計232Wになり、手前から奥までまぁまぁ光が満遍なく届くようにました。
しかしこのライト、カバーが金属(ステンレス?)素材のため、熱がありすぎて塩ビ板が曲がりそうです。使うの控えようかな・・^ ^;)。

あとカミハタのRio2100、これはセールで10%OFFの\3600。120×60×45(H)cm水槽に設置しようと思っています。


20070305_3.jpgリオフィルターセット5にしようと思ったのですが、値段の差から、ペットボトルでさらに強力な物理ろ過を兼ねたパワーヘッドを自作できないかな〜、と思ってポンプ単体にしました。
どうやって設置しようか試行錯誤中…。縦がいいかな、横がいいかな。



予定としては今設置している自作底面濾過水中フィルターの代わりに設置しようと思います。これは相当ろ過能力が大きく、物理ろ過と生物ろ過という両方の視点でも、とても効果が高いとは思いますが、やっぱ場所をとるのが難点でした。

水流によってブラックが泳いでくれるように願っています。

posted by sato at 23:23 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

Rio1400で水流作り

年末年始の休暇に入り、ピラニア探索隊を実行したいのですが、どうもあまり新着ピラニア情報がなく、新たな購入品も予定がないため、家の水槽いじりに時間を割いています。


20061229_2.jpg
150cm水槽にはRio1400を水流生成用のパワーヘッドとして取り付けました。今までの試運転中に水槽の様子を見ていると、水槽底に金魚の糞が溜まり、コーナーパイプまで落ちていく気配がありません。コーナーカバー内では強力なエアレーションをしていますが、その前に糞がコーナーまで行きません。
ですので、いままで自作濾過槽を循環するのに使っていて、今は休んでいたRio1400を導入することに。

ちょっと排水口を下に向けています。揚水パイプからの排水が↓方向の流れで、パワーヘッドによる水流の流れが→方向の流れとなり、縦方向と横方向の流れが一応できました。

この2つの水流の位置と方向的には、少なくとも水槽の奥には糞が溜まらないので、ピラニア導入の際には水槽手前に糞や食べ残しが溜まると思うので、以前よりは排水しやすいと思います。


お金に余裕があったら、RioシリーズではなくSEIOシリーズのポンプを試してみたいです。



20061229_1.jpg
そしてなぜかピラヤ画像。


posted by sato at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

年末ピラニア水槽

最近日記のペースが衰えていますが、ピラニア熱は上昇中!実際の水槽いじりに時間をかけたり、このサイトを通じて知り合うことができた方とのメールなどをしていて、暇があれば水槽のことを妄想しています。皆さんは水槽の年末大掃除とかしますか?私はたぶんしないで現状維持のメンテナンスで終わると思います。


20061227_1.jpg
150cm水槽は今無加温ですが、21〜22℃はあります。今日は関東地方がとても暖かかったため24℃でした。水量に対して思ったよりもヒータ代がかからないかもしれないので嬉しいです。
その無加温の水槽には姉金30匹投入中。濾過槽にあった100〜150リットル分の水が4ヶ月以上循環されていて、種水は十分あったのですが、プラス700リットル追加になったので、水づくりと生き餌水槽の数量調節を兼ねて泳がせています。ちょっと白点病になっているものがいるので嫌な感じです。

以前買ってから3ヶ月半放置されていた流木も入れてみました。沈まず浮いていますが、これもまた自分好みな雰囲気です。本当は私の考える“アマゾン”を表現したいのですが、維持の労力が惜しく実行できていません。次回は空論かもしれませんが、私の考える“アマゾン”について語ってみたいと思います。

みなさんの考える“アマゾン”とはどんな雰囲気ですか??


20061227_2.jpg
そして全体の雰囲気。妄想ピラヤは後のお楽しみ。現実になることをサンタさんに祈っています。



あ、いつの間にかクリスマス終わってる・・・

posted by sato at 22:17 | Comment(2) | TrackBack(6) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

150cm水槽水入れ


20061219_1.jpg
150cm水槽に水を入れてみました。すでに自作濾過槽への接続パイプ等は設置済みで、揚水ポンプの設置も完了しての試運転。

なぜ「試運転」かというと、音の確認をしたかったからです。ホースから直接落下パイプに水を挿入しても、本当に稼動しているときの音は分からないので、いったん満水にして試してみる必要があると思ったからです。また、ポンプを停止した際の影響とかも見てみようというのもありました。
なにせオーバーフロー水槽初めてですから。しかも自作部分が多々あり。。



20061219_2.jpg
で、結果はどうだったかというと、

1.水の落下音がうるさい。
2.水を入れると暗い。
3.ポンプを止めると揚水パイプにサイフォンの原理が働き、逆流!
  危うく濾過槽から水が溢れそうだった。
4.パイプの接続部分にちょっと水が滴ってる。


2.〜4.は大した問題ではなくすぐに解決できましたが、結局一番心配していた水の落下音はかなりすることが判明。問題は写真の手前のエルボ部分で、ウールBOXへの落下音はしませんでした。


うちの奥さんに絶対に文句言われる音量・・・


困ったのでどうにかしようと通勤時間の間に考え今夜対策を実行。目の粗い洗濯ネットを加工し、その中に全く使われていなかったテトラEX120フィルターに付属していたドライボールを入れ、ビニール紐で吊り下げながら落下パイプに入れてみました。

たぶんかなりバチャバチャしていた音は結構減ったと思います。ただ昨日から中耳炎を発症していて、常に耳鳴りがしているのであまりあてにならないかも。。。^ ^;)

posted by sato at 23:41 | Comment(1) | TrackBack(7) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

想定水槽


20061216.gif
今考えている将来の飼育魚イメージです。

■150(W)×90(D)×60(H)cm水槽
  大型ピラヤ 40cmオーバー 1匹(新規)
  ネオンテトラ 3cm 150匹(新規)

■120(W)×60(D)×45(H)cm水槽
 (左)ブラックピラニア 32cm 1匹
 (右)ジャイアントイエロー 20cm 1匹

■120(W)×30(D)×25(H)cm水槽
 (左)オニギリ(セルラータス)15cm 1匹
 (中)スポット系のピラニア 10〜20cm 1匹(新規)
 (右)ラインノーズ 20cm 1匹

■120(W)×45(D)×45(H)cm水槽
(濾過槽右スペース)和金または何らかのピラニア


こんなイメージです。大型ピラヤはかなり難しいと考えていますが、中段にある120(W)×30(D)×25(H)cm水槽の真ん中のスペースに入れるピラニアは、今からでも現実的に入れられるピラニアだと思っています。エロンガータやブランドティ、ダイヤモンドイエロー、ウィンプルの混泳も考えたのですが、エラの後ろにスポットがあって、エラ下がオレンジ色のピラニアって、複数の種類にある特徴なので、1匹くらいそういった特徴のピラニアを飼ってみたいです。ヒュメラリス、エイゲンマニィ、メディナイ(シングー) etc..。

そしてオーバーフローの濾過槽となる120(W)×45(D)×45(H)cm水槽には、実は今も飼育可能なスペースがあります。今は10cm強の和金がいますが、ここにもピラニアを入れられます。ただしここはブロワーポンプや外部フィルターが横に置いてあるため、側面から観賞することはできません。なので、他の飼育スペースから漏れてしまったピラニアを新たに入れたいな〜、と考えています。

これでさらに飼いたいピラニアが出てしまった場合は、150(W)×90(D)×60(H)cm水槽の中に飼育スペースを新たに確保するか、150(W)×90(D)×60(H)cm水槽の上部に新たに水槽を設置するしかないですね(上部フィルターみたいな形を想定)。



また、このサイトを見てくださっている方へ。上記のようなイメージを現在持っていますが、ピラニア買取も考えていますので、もしイメージに合うようなピラニアの引き取り希望がありましたら、遠慮なくメールしてくださいね。
よろしくお願いします。



追記:なんだか気付いたら横幅が120cm以上の水槽しか置いてないな...。こんなにはまってしまうとは。。。
posted by sato at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(5) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

強制沈殿濾過方式フィッシュレット

最近は水換え頻度が2週間に1回となっております・・・。あまり照明をつける時間が多くないため、茶ゴケ等はあまりついていませんが、食べ残しと糞がすごいです。
食べ残しはゴミ捨ての日に合わせて適宜取っているのですが、糞はそのまま。水流の関係で、いつも水槽の隅に溜まります。

そこで120*60*45cm水槽に、アクア工房のフィッシュレットを取り付けました。


20061210_1.jpg
大型魚やピラニアなどの肉食魚を飼っている方であればメジャーな道具ですね。今まで自作の底面&水中フィルターで水槽内の物理濾過をやっていましたが、ピラニアのウ◎コは重く、浮かないものは溜まる一方。さらに120cm逆側では普通に溜まっていました。


20061210_2.jpg
どの程度効果があるか分かりませんが、フィッシュレットを置いたために今までと水流が変わって違う場所に糞が溜まっているようです
・・・^_^;)。

とりあえずしばらく使ってみたいと思います。


posted by sato at 21:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

150*90*60cmアクリル水槽(宝来屋製)到着!

昨日、ついに150cm*90cm*60cm水槽が来ました!その一部始終を日記に載せたいと思います。


20061126_0.jpg金曜日は荻窪で飲み。終電で千葉に帰り、新水槽を迎える準備ができておらず、朝早く起きて準備!
しかし朝から家事を押し付ける奥さんとケンカしながら、150cm水槽が載るスペースを確保するために、水槽台の上に置いてあった120*30*25cm水槽からピラニアをどかし、下段に移動させます。


20061126_1.jpgピラニアを移動させて水を抜いて急げ急げ!とせっぱつまっているのに、甘える子どもと怒る奥さんと格闘しながら作業していたら、

ピーンポーン!


間に合いませんでした・・・;_;)。しかしアクリルは軽いから1人でも大丈夫だろうと踏んでいたら、超大間違い!運送会社の人と2人で何とか家まで運び込みましたが、このサイズに唖然・・・

20061126_2.jpg何とか毛布を引きずりながら水槽部屋の前まで入れたはいいが、これはさすがに自分ではどうにもできない!
と、ケータイで都内に住む兄を呼ぶことに。運よく1時間程度で来れるとのことで、その間に120*30*25cm水槽を下段に下ろしたり、フィルターのセッティングをしようとしていたら、また問題!120cm水槽の上にコトブキの120cm上部フィルターを置こうと思っていたら、高さが足りなくてポンプが入らない!計画ではそれを考慮して水槽台の高さを105cmと高めに設定したのに・・・。仕方なく売れるように水洗いなどもしながら待ちます。


20061126_3.jpgしばらくして助っ人が来て、準備します。梱包材を解くと中から出てきました。デカイ。風呂よりデカイ。小さなアザラシが入りそうなくらいです。

2人で悩みます。これをどうやって水槽台の上にあげるか・・・。120*45*45cmのガラス水槽をアパートの2階まで1人で運んだ経験(奥さん内緒計画1)はありますが、今回は傷がつく恐れもあり、値段も自分には取り返しのつかないくらいの額です。大の大人2人が空中でああだこうだ言いながらシミュレーションします。とても異様な光景です。


20061126_4.jpg20061126_5.jpg


何とか持ち上げ、下段のアクリル水槽にも傷つけることなく載せることができました。
空の水槽の中に入り、エアーパッキンやアクリル保護シートを剥ぎながら、今後この水槽に入る魚の気分になって水槽から外を見たりします。

今回はコーナー型のオーバーフローにし、コーナーカバーは白。5mm塩ビの蓋には餌投入口や、吸水用パイプの穴もあけてもらいました。照明はADAのソーラーU。


20061126_6.jpg
とりあえずの風景。ここに飼うピラニアにはまだ出会えていませんが、この透明な状態を眺めているだけで、妄想が広がりワクワクします。


いやー疲れました。ちなみに送り状に記載されていた重量、

226kg


・・・


教訓:楽に運ぶなら4人は必要。
posted by sato at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(8) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

150*90*60cm水槽注文@宝来屋


20060925_1.jpg
宝来屋さんHPより)

ついに勢い余って150*90*60cm水槽を注文してしまいましたー!!
製作はアクリル工房 宝来屋。5月に納入したスチール製水槽台と、120*30*25cmのアクリル水槽も宝来屋さんに注文しました。関東建鉄の120*60*45cm水槽も使っていますが、やっぱり接着面やリブの厚みなどを見ても出来に差がある気がします。もちろん関鉄の水槽も十分綺麗な出来ではあると思いますし、量販されているサイズなので値段も安いです。原油高騰のため、アクリル水槽の値段が上がってきていますので、この機会に買いました。

私にとっては大きな買い物なので、何度も絵を描いて案を練り、色々調べたり見積りを取ったり想像・妄想して検討しました。来月中には届くでしょうか。

配管等は例のごとく"自作"します。これが楽しいので。濾過槽は120*45*45cmのガラス水槽。すでに4ヶ月近く水を回しています。


今後はこの水槽に入れるピラニアを探していきます。(お金無いけど・・・。)大型ピラヤ情報、他の大型ピラニア情報お待ちしています!m(_ _)m。


もちろん奥さんには内緒です。
テヘ(/v\)★
posted by sato at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

朝から水換え


20060916_1.jpg今日は朝から水換え★平日は早く起きられないのに、休日は早く起きることができちゃいます。ちなみに左は今日みつけたブラックの歯。子どもの乳歯より大きいです。

最近は水換えの際に、一応phを測っています。2週間前に120*30*25cm水槽のphが3.8という驚異的な数字を記録したので、サンゴ砂を150mlほどろ材に追加したところ、先週から6.7〜6.9をキープしています。

もともとこの水槽にはラインノーズとセパレータで分けて餌金がたくさん(70〜80匹程度)住んでいる水槽で、コトブキの120cm上部式フィルターを使っています。エアレーションも水作の水中フィルターを使い常に行っていました。サンゴは入れていなかったものの、通常なら十分なろ過能力をもつフィルターを動かしていました。水換えは週1回20リットルほど、行ってはいたのですが、このph降下の原因は金魚に対し餌を毎日2回、かなりの量をあげていたためだと思われます。
過密飼育だったり、餌の量が多かったり、肉食魚を中心に飼われていて、phの降下が気になる方はぜひサンゴ砂を試してみてください。少量でも結構効果はあります。


20060916_2.jpg
そして水換え作業時のため道具が散乱して汚いですが、最近の水槽部屋の風景。下に120*60*45cm水槽と120*45*45cm水槽、上に120*30*25cm水槽と60*30*36cm水槽。今月のアクアライフでは『インテリアとしてのアクアリウム』という特集でした。皆さんとても綺麗で美しい部屋となっています。それに比べてうちの水槽は、決してお世辞でもインテリアとマッチしているとはいえません・・・_ _;)。

そろそろこの水槽台の上に150*90*60cm水槽を設置しようと思います。昨日軽く見積りもしました。水槽がきたらちゃんと整理して、人に見せられる位にはしたいですね。
posted by sato at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。