2007年06月17日

熱帯魚繁殖入門 (東博司著) を買ってみました。


熱帯魚繁殖入門

魚(というか生き物全般)を飼育していたら、やはり目指したい所は繁殖。普通の一般的な熱帯魚でしたら、その種類により飼育下での難易度はあるでしょうが、「ピラニア」はひと際難しい。。。

いや、放っておいたらボコボコ産みまくったよ!簡単!!
という人もいるかと思います。しかーし、やっぱこれを意図的に実行するのは難しいですよ!!なにせ同種類でも混泳自体が難しいのですから。やろうと思ってなかなかできるものではありません。


と、言うことで、コツは分かっているつもりですが、とりあえず有名な東氏の著書ぐらいは読んで、一般的な知識くらいは頭に入れておこうと思い、中古で買ってみました。
発行は1995年もの。出版社は緑書房。

東熱帯魚研究所のサイトはこちら。1975年にはナッテリー(S.natterei)、1990年にはダイヤモンドイエロー(S.gibbus)の繁殖についてアメリカT.F.H.に論文を発表しています。その辺の論文も手に入れたいし、直接お店に行って話をしてみたいなぁ。


まぁ繁殖計画は気長に実行したいと思いますが、とにかく砂利を入れないとね。ピラヤ4号が大きくなってからかな。

posted by sato at 23:44 | Comment(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。