2006年08月29日

生き物地球紀行『ピラニアを襲うワニ カイマン』

ちょっと前のNHKの自然番組で、生き物地球紀行という番組がありました。その番組で、『アルゼンチン大湿地 ピラニアを襲うワニ カイマン』という回がありました。


20060829_1.jpg
その録画ビデオを久々に見て、再度思ったのですが、パンタナル系のダイヤモンドイエロー(maculatus?gibbus?)の映像って、いつも群れているんですよね。セルラサルムス属のピラニアは単独で生存するという先入観があるのですが、一概に言えない気が・・・

この回にでてくるダイヤモンドイエローは、決してサイズが小さいわけではありません。確かに群れからはぐれてワニに食われていたピラニアは、メガネカイマンの成体の口の長さ以上のサイズがあったので、30cmは超えるだろうという個体ではありましたが、他のシーンで出てくる個体もかなり大きそうです。
また、雨季の際の映像でも、水量があるにもかかわらず群れています。


撮影のために餌を撒いたかどうかはわかりませんが、現地での実際はどうなのでしょうね。とても興味があります。
さらに“興味”で言ったら、ピラヤの生息地、サンフランシスコ川の映像を見たことがありません。アマゾンやラプラタ、オリノコ水系といった巨大河川と独立しているためか、あまり情報が無い気がします。
古いアクアライフやアクアマガジン等を探せばあるのでしょうか。そういう情報も大変興味があります!


昔録画した映像を久々に見るのも新鮮ですね!


posted by sato at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。