2006年08月14日

救命救急ブランドティ その2

13日のつづき・・・


画像処理とか記事を書いていて30分が過ぎていました。やはり気になるので水槽部屋に行きました。


そうしたら・・・、
20060814_1.jpg



また残念な姿が目に入ってきました。


力なく水槽の底に横たわっていたので、再度プラケースに入れました。さっきとは違い、口は開いていますし、まだ若干息はありましたが、もう体勢を立て直すことができませんでした。


息が止まったあと、悔しいので排気量を抑えたエアチューブを口の中に入れ、強制的に空気を通してみましたが、エラからはきちんと空気が漏れ、何も詰まった様子はありませんでした。

ショックのせいか(普通はエラに大ダメージ)一時的に弱々しく息をしましたが、それも5分もしないうちになくなりました。


20060814_2.jpg


すごく残念です。いつも生き餌をあげていて、生き餌もピラニアも、同じ魚の、同じ1つの命のはずですが、人間の感情は勝手で、特定のものに特別な感情を注いでしまいます。

原因は不明です。私が予想するには、大きな衝突音があったので、ドジョウを捕食する際に何らかの引き金で、水面から3cmほど離れた上部フィルターに頭部をぶつけたためではないかと思います。衝突なんてしょっちゅうのことで本当はあまり考えられないのですが、ドジョウを詰まらせた様子もないですし、浮き袋も特に異常ないし、餌も前日にちゃんと食べていました。水換えは前日したばかりで、同居するラインノーズやタナゴ、ドジョウには変化がありません。他に予想できません。

何か考えられることはありますでしょうか・・・?



本当は昨日、続編など無く、復活したことを最後に報告しようとして準備した、一時的に回復したときの写真です。

20060814_3.jpg

非常に綺麗です。小さいながらもとても綺麗で魅力的なピラニアでした。新しいベアタンクの水槽で、ADAのソーラーUの照明を反射させ、微妙な金色をとても美しく見せてくれていました。


posted by sato at 23:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

satoさん、こんにちは!

ブランドティ、残念でした…
satoさんの仰るように頭部をぶつけた事が原因なのではないでしょうか。そういう話は何度か聞いた事がありますし。

残念な結果となりましたが、このブランドティもsatoさんのもとで沢山の愛情を貰い飼われたことで幸せだったと思います!
Posted by ピラピラ at 2006年08月16日 14:03

こんばんは!

本当に残念でした・・・ピラピラさんには先に伝えようと思って・・・

ここ最近連続で共食いor輸送によらない死亡事故があってちょっとヘコみました。


いつかピラピラさんの最近の水槽とピラニアの画像をブログとかで見せてくださいね!
Posted by sato at 2006年08月16日 20:24

satoさん、こんばんは!
了解です!近々ブログに載せますね!
Posted by ピラピラ at 2006年08月24日 19:13

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。