2011年12月03日

ピラニア好きは、グランデオガワさんの記事を要チェック!


家庭の事情で飼育ピンチに追い込まれているsato。

毎回負けそうなところで必死に食らいつくsato。

生き物を長期飼育することは易しいもんじゃないとつくづく思うsato。

今回ばかりはかなりキツいsato。

生活には優先順位がありますが、もう意地です。粘ってます。




レッドファントム達はピラニア達に食われずもう1年くらい経つかな?
元気です。


水槽部屋の扉を閉めると、扉がアクリル面に反射して写り込み(^^;)


最近給餌間隔を空けても残飯を残しがちなピラヤたち。


ん?残飯を残す?

頭が頭痛だ・・・。


ピラヤ6号

ピラヤ1号

2匹とも変化なし。

ちなみに上の写真はすべて10月末の写真。





ところで本題。
グランデ・オガワさんが、セラサルムス亜科(Serrasalminae)について記事を書いてくださっています。

ピラニア好きの方は基礎知識として要チェック。
こちら → 南米・鳥獣虫魚・探遊


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:59 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんばんは。
はじめまして、kingyoman13と申します。
いつも楽しく拝見しております。
冬場は電気代がかかるので、寒い土地での熱帯魚飼育は大変ですよね。
私も昔、ピラニアをやっていましたが、最近の飼育技術、混泳の挑戦など、昔からは考えられないことです。
ピラヤ、素晴らしいですね。飼育でもこんなに大きくなるんですね。
デンティクラタスの良いのがいれば、ぜひ再開したいと思っております。
また、コメントさせて頂きます。

kingyoman13

Posted by kingyoman13 at 2011年12月06日 19:32

最近、だいぶ落ち着いてきて......っと、2ミリ位の寄生虫。
何とか駆除......でも拒食<img src="http://blog.seesaa.jp/images_e/e/F0CE.gif" alt="あせあせ(飛び散る汗)" width="15" height="15" border="0" />
ピラニアは薬は.......どうでしょうか?
お手数ですがアドバイスお願いします。
Posted by どうも..... at 2011年12月09日 16:22

>>kingyoman13さん

こんばんは!

チェックを怠っていて、返信が送れてすいません。
同郷なのですね!私も同じ県内出身です!(下越ですが・・・)

妻からの飼育反対に苦慮してまして、、、(^^;)苦笑
デンティクラータは去年まっかちんにスリナム産の個体が入ってから全く見てないですね〜。
ブラジル便がめっきり減り、ペルー経由がピラニア出荷の中心になってるようなので、その辺の影響もあるんじゃないかと思います。
いい個体に出会えるとよいですね!
ではでは。。。
Posted by sato at 2011年12月09日 23:27

>>どうも.....さん

こんばんは。
寄生虫とは大変ですね。
どんな寄生虫に対する薬を使うのか分かりませんが、古代魚ほど敏感になることは無いと思いつつ、薬に書かれている処方より薄い濃度から試したら無難かもしれないです。

この辺は無知なので・・^^;)
Posted by sato at 2011年12月09日 23:30

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。