2011年06月30日

暑い・・・。6月最後の日の水温状況。


ダメ!

いい気分(温泉)いい気分(温泉) 暑い!いい気分(温泉)いい気分(温泉)

無理!!o(゚Д゚)o 


水槽手入れしたときなんかは、背中まで濡れ濡れです。
趣味のバスケをやった後は汗が引かないので、汗だくのまま手入れしちゃいます。

こんなに暑いとあと2〜3ヶ月の間、ピラニア達が耐えられるか心配です。


そんな水槽部屋の水温。
夜の時点でメイン水槽は31℃。
水量があるからちょっとの水換えでは下がりませんっ。汗


60x45cm水槽は32℃。

こっちは水槽台の下に冷凍庫があるので、その排熱が水温を上げちゃっていますっ。


屋外水槽は、網の蓋にして、日除け用途で簾を置いています。
こっちは昨年までの経験から安心しています。



マヌエリ4号+ブラックピラニア120cm水槽の水温は27.8℃。


広島マヌエリ3号120cm水槽の水温は28℃。


しかしこの水槽、、、
昨日の早朝は、なんと35〜36℃ありました!

水流を作るために設置したRio3100が異常加熱したようです。
餌用の金魚とドジョウは全て逝っちゃいましたが、マヌエリ3号とザリガニは無事でした〜〜。


始めは、触った瞬間、


「あ、お湯だわ ・・・。(T∇T )。。」


と諦めていたのですが、金魚を凌ぐピラニアとザリガニの生命力の強さに感激しました。



そういやシングー産ブラックピラニアは、ピラヤ混泳水槽から再び隔離しました。

この体格差でも長期混泳はできそうなことが再認識できました。

しかし、ピラヤたちの尾びれを齧りまくり、挙句の果て、ピラヤ2号(40cm)の体表まで一部齧っちいました。
ピラヤ達をこれ以上汚く育てるのは忍びないので、結局元に。


じっとしていられない性格(臆病系)で、写真を撮るのが大変!
顎のコブは残念。
20cmになったら広い水槽に移そうかな。


ちなみに、最近うまく維持できているドジョウ。マヌエリとブラックピラニアの主食です。
この量で200g。
この暑さで、さらに塩を入れずに維持できてるのは、少しストックの腕があがった証拠かな。

土曜日に市場で大量買いしてきます。
ドジョウのストックも、夏の暑さも、ここからが本番。

みんなで乗り切りましょう!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:24 | Comment(8) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

水温問題はなんとかエアコン設置という荒業で乗り切れそうです。

ブラック戻ったのですね・・・。ブラックの混泳はやはり難しそうですね。

ピラヤが全然餌を食べないのでどちらかを投入しようかと思いましたがやめておきます。悩みが尽きませんがそこが楽しいですね。


Posted by 団長 at 2011年07月01日 01:14

>>団長さん
こんにちは!

近いサイズのピラヤとブラックの混泳だと、ピラヤがやられちゃう気がします。
色々いじって体験して悩んでみて、そこで何かを新たに感じることができるっていうのは楽しいですね!
Posted by sato at 2011年07月01日 12:33

satoさん、こんばんは!

いつも勉強させてもらってます ペコリ。


ここからが本番…

怖い響きですね(涙)

初めての経験なので、全部の生き物、計7匹
☆こんな事にならないように、覚悟決めて頑張ります!
Posted by 3児のパパ at 2011年07月02日 00:44

こんばんは、お久しぶりです!

さすがに難しかったみたいですねぇ〜ブラックは。むしろピラヤ水槽が安定してるのがすごいです。またがんばって下さい!
Posted by 鬼龍 at 2011年07月02日 23:25

>>3児のパパさん
こんにちは!

なんだかんだ毎年乗り切るもので、換気をしておけばなっています。
どんなに上がっても、35℃未満には抑えたいですね!
Posted by sato at 2011年07月03日 07:03

>>鬼龍さん
こんにちは!
ピラヤたちの混泳も結構長く、5年目(満4年5ヶ月)に入っています。
このままうまく維持して、ゆっくりでいいから少しでも大きくなって欲しいです。
Posted by sato at 2011年07月03日 07:06

satoさん、こんにちは。
うちのゼンスイのクーラーが壊れてしまい(今年に入って2台目)、やむなくファンで対応しています。
なんとか29℃に抑えてはいますが、まだまだ暑くなるので心配です。
ただ、マヌエリの前飼育者の家では水温35℃の夏を乗り切ったそうなので、なんとなくイケそうな気がしています。
マヌエリは一般的に急流に生息していると言われているので、低水温飼育を心掛けようと考えていたのですが、satoさんのとこでも35℃に耐えたとのことなので、案外耐熱性の強いピラニアなのかもしれませんね。
Posted by ラグランジュ・ポイント at 2011年07月05日 14:51

>>ラグランジュ・ポイントさん
こんにちは!
シングー川の水温はどうなんでしょうね。乾季の時期や止水域はどこでも高そうですが、アンデス山脈を水源としていないので、思ったより低くないのかも!?
しかし35℃ではないでしょうね(^^;;。
この水温の飼育水を触るとハラハラしますよ!
Posted by sato at 2011年07月07日 08:24

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。