2011年03月14日

熱帯魚の計画停電(輪番停電)対策



予想どおり、計画停電がやってきます!
被災地の方々のことを考えれば、こんなもんどーにでもなる!

さぁみんな!乗り切るよ!!パンチぴかぴか(新しい)



・とりあえずピラニアの場合は、セパレータやプラケースを使ってでも単独飼育!大きい個体には衣装ケースも使えるよ!

・餌は控える。ピラニアの場合は1週間くらい余裕!

・室内が寒い場合はとにかく保温!水面が外気に触れないように蓋はしっかり閉める!タオルをかぶせる、発泡スチロール・新聞紙等で水槽を巻く。

・オーバーフロー水槽の方は、停電時には排水パイプからサイフォンの原理で水が逆流することもあります!溢れないよう今夜中に水量の調整を!

・漏電対策も!電源付近を再チェックしてください!

・酸素供給はしっかりと!上部式フィルター等だけで酸素供給を済ませている方も、最低、通電時にエアポンプを!
南米現地の乾季では、ピラニア達は酸欠で死んでいきます。乾電池式のエアポンプがある方は早速用意を!
熱帯魚店だけでなく、釣具屋さんにも売っています。


輪番停電の町名別詳細表は下記をご覧ください。(東京電力発表)
節電についても載っています。
http://setsuden.yahoo.co.jp/



あと、ビバリウムガイド 冨水明氏、アクアライフ ミストラル氏(奥津氏)からのメッセージを転載します。

-------------------------------
深刻な電力不足に起因する、輪番停電が決まりました。 
1日、最大6時間も停電するとなると、魚飼いにとってはかなりの大問題です。 

寒い地域なら温度の低下も問題ですが、水槽の周りに発泡スチロールを取り付けたり、新聞や段ボールなどで覆うなどすれば、極端な水温の低下は避けられると思います。 
3月という季節柄もあり、温度低下で死なせてしまう心配はそれほどしなくていいでしょう。 

温度以上に心配かつ大問題なのが、酸欠です。 

水の循環が6時間も止まってしまうと、酸欠に弱い魚には耐えられない可能性が高いです。特に、水量に対して魚の量が多い水槽、酸欠に弱い魚は要注意です。 
明日からの停電に対して、この時間からではどうしようもありませんが、飼っている魚によっては、電池式のエアーポンプ、または発電機を用意するしかないでしょう。 
発電機は安いものではありませんが、高額な魚を数多く飼っている人や、数多くの水槽でエビやディスカスのブリーディングをされている人なら、魚を死なせてしまうよりは安いですから、数多くの電池式エアーポンプを用意するよりも効率的かも知れません。 
また、電池式エアーポンプは出力がそれほど強くない場合が多いので、過密気味な水槽で飼っている場合、特に酸欠に弱い魚などの場合は、1つの水槽に対し、複数のエアーポンプを用意した方がいいでしょう。 
電池式エアーポンプは釣具店、発電機は大型のホームセンターなどで入手できます。 

以下の魚を飼育している人は、なるべく早いタイミングで電池式エアーポンプを入手することをおすすめします。 

サメ、エイ(海、淡水両方) 
海水魚全般(フグなど汽水魚含む) 
サケ、マス類 
シクリッド全般 
カラシン類全般 
コイ科全般(水温が上がってくるので、池の鯉も要注意) 
プレコ、ナマズ類全般 
チョウザメ 
ダトニオ、パーチ 
飼育個体数が多い場合のアロワナ 
エビ類 

魚に対して水量に余裕がある場合、魚種によっては対策が必要ない場合もあります。 
例:2mの水槽でアロワナを単独飼育している場合など 
ネオンテトラなどの小型テトラ類なら、60p水槽に10匹しかいないのなら酸欠対策は不要ですが、30匹以上いるなら必要です。 
エイやダトニオなど、特に酸欠に弱い魚では単独飼育でも酸欠対策が必要です。 

停電は4月いっぱい続くとのことなので、餌は死なない程度に抑えることをおすすめします。ろ過が止まる中で、食べ残しや糞の量が増えることは問題ですし、餌を消化、吸収する過程ではより多くの酸素を必要とするからです。大型ナマズなど絶食に強い魚については、同居魚がいない場合に限り、餌を極端に少なく抑えるのもアリです。 
温度を低めに設定することで、魚の活性を下げ、酸素要求量を抑えるのも手ですが、1ヶ月という時間はそれで乗り切るにはちょっと長すぎます。 
どうしても死なせたくない魚は、停電しないエリアのショップ、飼育者などに預かってもらうなどの方法も検討した方がいいかも知れません。 

魚飼いにとっては、きわめて困難な状況ですが、頑張って乗り切りましょう。

----------------------------------

こういった周知、募金、家族を守る、、
俺にできることはあとなんだろう。。

下手なボランティアや物資よりも、できることはやっぱり募金か。


みんな!負けるな!

がんばろう!!!手(グー)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



PS:西日本方面の皆様、、乾電池式エアーポンプと乾電池を、対象地域のピラニア飼育の知人・友人に送ってあげてください。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:11 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

テレビでやってたんですけど、計画停電やってないみたいですよ。          
間違ってたらすいません・・・。
Posted by グッピー at 2011年03月14日 13:38

需要と供給のバランス次第みたいですね!

我が家は、最小限のろ過器、エアレーション、サーモ22℃設定、蓋ぴっちり閉めてバスタオルかぶせてます!
ライト、換気扇、殺菌灯、パワーヘッドはOFF。
今日は暖かいため、ヒーターが稼動していないので良かったです。

ガソリン、食材、電池、ティッシュ、オムツ、その他日用品がだんだん手に入らなくなっています。交通事情や工場停止等で、お店にもあまり入荷されていないようです。

こんなもん、被災地の方々に比べたら申し訳ないことです。
自分の生活や家族を犠牲にしてまで育てていた魚たち、こんな恵まれた環境でこいつらを死なせません。
死んだらその日の食材にします。


Posted by sato@負けんぞ日本! at 2011年03月14日 15:19

こんにちは!

大変ためになる情報ありがとうございますm(_ _)m

私のブログの方にも転載させていただきたく思います。

この情報でかなりの節電につながると思います!
Posted by +*Oscar*+ at 2011年03月14日 16:40

こんにちは、計画停電はまだ自分の地域では行われていないようです。

自分も節電を心がけております、ヒーターオフにしましたけど今のところ大丈夫です。皆さんもがんばって乗り切って下さい!
Posted by 鬼龍 at 2011年03月15日 11:57


貴重な情報ありがとうございます。エアーポンプ、釣具屋にもあるのですね。盲点でした。。。

私もヒーターの温度を下げなるべく節電に心がけています。

非常に厳しい状況ですが
頑張って乗り越えて行きましょう。

Posted by のなめ at 2011年03月16日 12:20

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。