2010年04月08日

ピラニアピラヤ6号(ダミアン)の回復経過

ピラヤ6号(ダミアン)の経過を報告します!


2010/4/2  怪我から4日目





・・・

怪我したところが水カビに覆われちゃいましたっ。w( ̄▽ ̄;)w
もっはもはです!

壊死したと思われる部分だけなので、仕方ないとは思いますが、えぐいですなぁ。見ててえぐすぎなので、灯油ポンプで簡単に取れる部分だけ吸い取っておきました。。



2010/4/3  怪我から5日目




・・・

さらに水カビが侵食!
体側面の両面がビラビラになっちゃってきました。
昨日よりもえぐい。。。w( ̄▽ ̄;)w

水カビに栄養とられてぽっくり逝っちゃわないかな。。

と心配しつつ、試しにアジをあげてみる。→予想通り食わない。
、、っと思ったら頭だけひとかじりしてくれました。



2010/4/4  怪我から6日目





ついに水カビが皮と一緒にベロベロりんちょと剥けました。部分的には鱗も無く、肉がむき出しですな(^▽^;)。
背びれ等は、棘と棘の間から水かきみたいなものが再生し始めています。これから徐々に回復を見せてくれるでしょう!



2010/4/8  怪我から10日目

ザリガニに突かれそうになってるし(v`▽´)v



ぱっと見た感じはそんなに変化がなく感じております。でも剥げた傷は周囲から徐々に塞がってきてると思います。
尾びれの付け根の傷が結構深かったので、水カビの大発生の際は尾びれが腐ってしまうかちょっと心配でしたが、大丈夫のようです。
ちなみに4/5にアジの頭を食べた以外、今のところ全く餌を食べてくれません。まぁ焦らず、水を悪くしないように環境を維持していこうと思います。


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっと左のメッセージボックスから教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 13:10 | Comment(9) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

がんばれ! ダミアン
がんばれ! satoさん

肛門周辺をえぐりとられなかったのが
不幸中の幸いですね。

治ったあとは、
根性焼き入れられた痕みたいに
薄っすらケガ痕が、残ると思いますが、
生きてて、なんぼ!!

復活を願って〜。。。

Posted by みぼくう at 2010年04月08日 14:20

satoさん
こんばんは。


私のような素人目にも回復しているように思えます。
(峠は越えている様に見えます)

お大事に。


日々の経過を動画に収めているのは、変化がわかり易いですね。
マメですなァー。
(見習う努力をしたいです。)


さて、余談ですが、
学生時代、三重県出身の知り合いが、 〜ですなーって口癖でした。
例:良いですな〜。いやらしいですな〜。

その他、彼の表現。
1.セブンスター→セッタ
2.自転車→ケッタ

当初ph7は
1.は理解可能。
2.は意味不明でした。

「…ですな〜」が懐かしいです。
Posted by ph7 at 2010年04月08日 21:19

一枚目の写真見て最後まで読むのに
覚悟を決めましたが.....
最後の写真を見てホっとしました( ̄∇ ̄;ヨカリタ♪

マジ心臓に悪いです!にゃはは.....

短い期間だけどうちにいた子なんで
人一倍気になりますわ〜っ......

再生しても尻尾の形はイビツになっちゃう
でしょうが......それも復活の勲章になって
逆にカッコイイかも( ̄∇ ̄〃ガンバレ〜!
Posted by ナオキ at 2010年04月08日 21:57

>>みぼくうさん
こんばんは!
励ましメッセージありがとうございます!
内臓系と背骨をイかれなくて良かったです〜。
尾びれポロリや、カラムナリス病は避けたかったので、とりあえず一つの大きな山は越えたかなぁと思ってます。

治ったあとはどーなるのか、それはそれで楽しみだったりします。
案外何事もなかったかのように治るんじゃないかと予想しています。
いや、むしろそうなることを願っています(>人<*)。
Posted by sato at 2010年04月08日 23:29

>>ph7さん
こんばんは!
今後のネタにしたいので記録しておきました!

ちなみに私は新潟出身ですが、高校時代の友人は、
1.セブンスター→セッタ
2.自転車→ケッタ

両方言ってた気がします☆
Posted by sato at 2010年04月08日 23:31

こんばんは♪
ダミアン4日目よりも10日目と段々良くなってるし、その状態でも餌を食べてるので回復すると思いますよ^v^
ダミアンの底力を感じます!
綺麗に再生出来ないかも知れませんが、ダミアンの復活の証として♪
これからも目が離せないですが、治療頑張って下さいね♪
Posted by SHIN at 2010年04月08日 23:32

>>ナオキングさん
こんばんは!
どれも大切な個体ですが、他の人が飼われていたピラニアを亡くしたり傷付くのは、より気持ちが入ってしまいます。
ゴメンちゃい・・。

あと2ヶ月したら、きっと綺麗になっているはず!
(すでに隔離スペースが狭くてアゴにコブができちゃってますが・・。)
また回復経過を報告しまーす!
Posted by sato at 2010年04月08日 23:39

>>SHINさん
こんばんは!
一時はどーなることかと焦って、さらに凹んで脱力しちゃいましたが、ダミアンと飼育者共々立ち直ってきてます!(^∇^;)
また治癒経過を載せたいと思いまーす!
Posted by sato at 2010年04月09日 00:48

だいぶ良くなり、よかったですね。でも「水カビ」はべロンとはがれた時が「赤むけ状態」になり、見た目には一番痛々しいんですよね。「べロン」はきっと患部がそれ以上広がらなようにする自助回復手段なんでしょうね。
誰かが魚には「痛点がない」って言ってましたけど、こういう状況をみると「なるほどそうかな」と思いますね。人間なら痛くてのたうちまわりますよね。ところで回復したらまた混泳させるんでしょうか?「再発防止」はどうゆう「手」を打ちますか?一廻り大きくなるまで待つとか。
Posted by ひとりごと at 2010年04月09日 14:04

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。