2010年03月31日

前回の続きです。

夜、仕事から帰ってきて、飯を食って、水槽をチェック。
いつもの日課です。


そーいや同じ言葉をちょっと前に書きましたな。


一昨日のできごと。。。








・・・ってことですよ、とどのつまり、前回の続きは。
まったく、ホント、しょーもない。
やる気が「ぱーーん」って無くなっちゃう。




彼はピラヤ6号(ダミアン)。


ってことで、衣装ケースに緊急避難。尾びれが無いもんだから、カンタンに掬えちゃいました。
場所が無いから、とりあえず衣装ケースの中でエアレーション。



あ〜〜〜〜、やられたなぁ〜〜〜。深いなぁ〜〜〜、傷。

新潟から帰ってきた日はなんとも無かったのになぁ。



犯人は、ピラヤ2号(35〜36cm)、たぶん。この記事を書いてる今も、ピラヤ2号はピラヤ4号(30〜31cm)を追いかけてるし。





・・・って、おい!!!

まじか!?

もー勘弁してよー・・・。





ちょっと衣装ケースで隔離とかしてる間に、衣装ケースの物音等にびびって、セパレータ突き抜けてラインノーズピラニアと混泳しちゃって、ものの数十分でこいつもボロボロじゃないの。。。
全然気づかなかった・・・。
 

セルラサルムス属で唯一混泳ができるって海外ではウワサの種類じゃなかったっけ??君は。
もー目が血走ってるよ。




そんで翌日。つまり昨日の様子。

結局、衣装ケースに隔離だと、水が滞留してろ過が全く効いていないので、ケース内の水が真っ白に白濁して腐敗臭出しちゃってました。

そこで、ヒュメラリス4号のスペースをセパレータで区切って隔離。

あ〜〜あ、全長が31cmに縮んじゃったじゃないの。


あ〜〜、きついなぁ。ピラヤ5号の怪我のときよりちょっと尾びれの付け根の傷が深いなぁ。
まぁ、ピラヤ5号の時の回復具合を考慮すると、全治2ヶ月〜3ヶ月ってとこかな。
感染症は勘弁してください。






そんで今日です。ってかさっきの写真です。



当たり前だけど、まだまだ全然変化なし。

こら!!フラフラ鼻上げっぽくするな!シャキッとせんかぃ!!






混泳って難しいね。
「混泳成功!」って、何を持って成功なんだろうね。
1ヶ月保ったら?1年保ったら?死ぬまで共食いが無かったら?
30cm超のピラヤ達の混泳はすごく魅力的だと思って続けていますが、へこむねぇ。

まぁここはポジティブに、命が助かったってことで喜びましょう!喜び組!


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっとメールで教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:59 | Comment(16) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お久しぶりです。


日記見て最初に放った一言が
『あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛』
しかも大分大声でww
家族いたらヤバかったなww


やはり長い間同じ個体を混泳させてると、新入りがヤられるようになりますよね……
家も後から入れたダイヤモンドレッドが食われ、マディラ産ナッテリーが追いかけ回されで……


ダミアン早く回復すると良いですね
(● ・ ω ・ ●)
Posted by みざりぃ at 2010年04月01日 00:34

>>みざりぃさん
こんばんは!
早速のコメントありがとうございます!

ほんとに、あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛って感じです^^;)
でも回復が可能な傷だと思うので、そう思うとまだ良かったのかなぁ、と思いました。

既存のピラヤたちは、長い間うまいことバランスが取れてたんだなぁ。
新たなピラニア追加後の混泳をうまく維持するって、難しいですね。
Posted by sato at 2010年04月01日 00:59

ダミアンくん、早く治ると良いですね^^
混泳頑張ってください^^
応援してますよっ(^0^)
Posted by t・i at 2010年04月01日 09:42

イタイタしいですね。
ピラニアってなんで仲間を攻撃しちゃうんでしょうか?
もっと仲間を大切にしろー!って感じです
Posted by 田んぼ at 2010年04月01日 14:44

>「混泳成功!」って、何を持って成功なんだろうね。

難しいですね。自分自身開始当初からわざと
ハードルをあげていて威嚇でも許せません^^;
間髪入れずに威嚇をしている固体をどうしても
見過ごす事は出来ませんしそういう固体には
何かしら対策を立てています。

長期間無事に保つ方法。。。
生き餌を物凄く入れておくとか。。。それも
有りとは思いますがやはり餌代がかかります。
なので自分は行っていません^^;

自分の理想は先日の記事にも書きましたが
数日間餌を抜いても他の固体に危害を加えない
と言う事なのですがどうしても悪さを加える
のが出てきたりします(経験上)
そういう固体にどう共存意識をうえつけるかに
苦労している所です^^;
到底無理なのかも知れませんが落とすにしても
対策をして落とすのであればショックは小さいかなと。

既存のピラニア達にやられる。。。
新規だからやられるのか? それは経験上固体次第と
思います。単独で長期間飼育されていた個体を
一緒にする場合は自分的には要注意かな。
そういう固体ってサイズに関係なく結構テリトリー意識
が強い様な感じを受けるんですよね。
また種類が違うピラニアを混泳させる時も要注意でしょうか。
経験上ダイヤ系と他種類を一緒にする事は今後有りません。

GYを4匹一緒に混泳開始させた事に意味は無かったかも
と記事に書きましたが現状を見ると少しは良かったの
かも知れないと思いますが判断は難しい所です。

見た感じ傷はかなりある見たいですが無事だったと言う
点が救いでしょうか^^;
既存のGYTがそんな感じに攻撃されたら自分は立ち直れ
そうにも有りません。。。混泳は魅力的なのですが
日々ハラハラドキドキです。ましてやsatoさんの所は
固体サイズが大きいので余計に神経を使いそうですね^^;
Posted by スライム at 2010年04月01日 15:53

派手にヤラれましたねぇヾ( ̄o ̄;)
まぁ〜極端に低いPHでない限りこれ位で
死ぬことはないでしょうけど.....

治っても綺麗なイコライザー模様には
戻らないかもしれませんねぇ・・・

治療頑張ってください!!
Posted by ナオキ at 2010年04月01日 21:42

こんばんは!

派手にやられちゃいましたね・・・。
しかも関係ないオニギリまで・・・。

あとから混泳水槽に追加するのって、気を遣うし「大丈夫かな・・・」と心配になりますよね。

うちも24cmのピラヤと12cmのナッテリーを混泳させてるので、毎日帰ってきて水槽覗く瞬間はちょードキドキです。
でもヒレ欠けも全くなく上手くいってるので、やっぱり個体差なんでしょうかね。

スライムさんも書いてますが、単独飼育されてた個体は混泳は難しいとも思います。

回復経過を注目してます。
Posted by 鬼眼 at 2010年04月01日 22:03

今晩は。やはりこんな風になっちゃう事があるんですね。小生は今まで、ピラニアで混泳出来るのはナッテリ−だけだと思っておりましたところ、貴兄のプログを拝見し、初めてピラヤが混泳可能なことを知り、そしてそのピラヤゆえの迫力に魅了され、昨年暮れから貴兄のマネ事を始めた次第です。我がピラヤたちはまだ小さい(12〜20センチ)ので、餌金を切らさないようにするのもそれほど経済的負担はなく、今のところ混泳はうまく行っております。
しかし、こういうことが起こると、本来「癒し」のための魚が逆に「ストレス」になりますね、「経験済み」とはいえ、貴兄には早く立ち直られることを祈ります。
いずれ「我が水槽」でもこれが起こるとしたら、貴兄のよう事後色々と手が尽くせるか疑問です。「事」が起こらないように努力はしますが、起こってしまったら、可哀想だけれども「自然淘汰」になるかもです。
Posted by ひとりごと at 2010年04月01日 22:23

はじめましてTiggerといいます。このブログに書き込むのははじめてですがよろしくお願いします。               やはりダミアンがやられてしまいましたね、見てるでけでかわいそうになってきます;;ダミアンとオニギリピラニアの無事を祈っています。これからもどんどん書き込んでいくと思いますのでよろしくお願いします。
Posted by Tigger at 2010年04月02日 22:22

>>t・iさん
ありがとうございます。
早く治って欲しいです!(/_<) 泣
Posted by sato at 2010年04月03日 00:40

>>田んぼ さん
いつ見ても痛々しいです。(T△T)
なんで攻撃しちゃうんでしょうね〜。
他種の魚でもテリトリー争いやメスを争ったりすると思いますが、やはりピラニアの牙がここまで痛々しくさせてしまうんだと思います。
ふぇ〜〜。
Posted by sato at 2010年04月03日 00:40

>> スライムさん
スライムさんも魅力的なジャイアントイエローの混泳をしているんですよね!
自分も同種での混泳水槽大好きです!

単独飼育を長く続けていたピラニアは、たしかにテリトリー意識が強いかもしれませんね。

全部お気に入りですが、特にお気に入りのピラニアが傷ついたときの心的ショックはたまらんです(;へ:)。
じゃぁ混泳やめりゃーいいのに、それでも混泳している水槽風景には魅力があるんですよね〜。

傷が治って体力も回復したら、様子を見て混ぜようと思います!
Posted by sato at 2010年04月03日 00:41

>>ナオキさん
やられちゃいましたぁ〜〜〜・゚・(ノД`;)・゚・
ぐぁ〜〜〜。
体表も綺麗に治って欲しいです。ダミアンの魅力ですもんね〜。
餌金にまで皮膚をつつかれてます。。。ヽ(__ __ヽ;)
ドクターフィッシュ!?(~∇~;) 。

死ななくて良かったですー・・。
Posted by sato at 2010年04月03日 00:41

>>鬼眼さん
こんばんは!
もー、まったく関係ないところでオニギリ君がやられちゃってましたよ(; ̄ー ̄A 汗
混泳して2ヶ月経ってからのこの事故。
満月でも関係してるのか疑っちゃいましたよ。
ダミアンのサイズだから致命傷を免れたかもしれません。半分のサイズのピラニアだったら、きっとペロリんちょですね。
ピラヤたちについては混泳の平和ボケしちゃってたので、なんだか自信が無くなってきちゃいます(TдT)==33
Posted by sato at 2010年04月03日 00:42

>>ひとりごとさん
混泳の中での事故は、飼育者の心的ストレスが
でも死に至らなかっただけ比較にならないほどマシです。
ちょっとした争いは、今まで何年も毎日当たり前のように繰り返されていたので全く気にしていなかったのですが、ここまで傷が深いとショックです。
Posted by sato at 2010年04月03日 00:42

>>Tiggerさん
はじめまして!
また2匹の治癒の過程も載せていきたいと思いまーす!
Posted by sato at 2010年04月03日 00:42

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。