2009年12月06日

ドタバタパニック

(※最初に一言、、、この記事長い独り言なので注意!)


結局、オニギリピラニアがヒュメラリスたちへの威嚇が収まりそうになかったので、ラインノーズ20cmと自作セパレータで分けて収監しました。狭くて、また顎にコブができちゃうかな。

代わりにヒュメラリス5号を140cm水槽に戻す事に。


まぁそーしたらそーしたで、ヒュメラリス内でのテリトリー争いが始まったりしちゃいます^^;)。序盤はサイズが一番大きいわけではないヒュメラリス4号が押しています。ヒレが食われることもなさそうなので、とりあえずそのまま様子を見よーとしました。






が、


んがっ、


12/5(土)19時35分、家政夫は見た!


横たわっているヒュメラリス5号!!!


ぐわ〜〜〜〜、エライこっちゃエライこっちゃ!

も〜〜パニパニパニっく!!



でも息があるぅ!!


掬い上げるぅ!!!


鼻上げるぅ!!!!


立てなおすぅ!!!!!




尻ビレと尾ビレの付け根に追加ダメージを受けている様子。でもこの程度だったら、過去のピラヤ5号やオニギリピラニアの方がよっぽど重症だったはず。




とりあえず隔離!140cm水槽よりも水温がちょい高め(23℃→25℃)の120cm水槽へプラケースごと移動。






12/5(土)20時50分、家政夫は再び見た!

横たわってるしーーーーー!!!(2回目)



蛍光灯を点けてみると、、、


立てなおすぅーーー!!!(2回目)

どーゆーこっちゃ、もー弱々しすぎだ。


水槽の底面側だった目も白濁してるじゃん!体も細菌感染しちゃうじゃん!


照明を消すと横たわる→点けるとフラフラ泳ぎだす→定位置に留まれない。



照明を点け続けるのか?、でも体力消耗が・・・、横たわったら呼吸が弱すぎの方がヤバイか!?薬なんて用意してないぞ!satoどうする!!?


だ====、かずっぺさーーん、助けてーーー!! 叫んでみる。。。




ってことで、照明を点け続けることに。。



12/5(土)22時45分、子どもを寝かせたのち、様子を確認。。

フラフラだけど生きてる!!でも死にそう!死にながら泳いでる感じだ。
死泳ぎ!(意味不明)




う〜〜〜んどーしよかーーー。

体力の消耗の方がやばそうだ、、、照明消すか〜〜、

ジっと見るしかできないし。




・・・


じっと見る。


じーーーっと、あるスポットを見る。

Gスポットに、、、じゃなくて、


尾ビレに、、、特徴的な症状が。。。







(こちらは19:45時点の尾びれ)

カラムナリスっちゃってるし。。パッサパサ。
写真を見返すと、最初からパサパサじゃん!
ただの混泳による外傷だけじゃなかったのかーー。


やばーーーい、息も荒すぎ!!
エラとかもやばいじゃん!
ぐぁ〜〜、まじかっ!!マジなのか!?俺はヒュメラリス運がなさすぎるのか!!



ヘタな水温上昇や塩による浸透圧の変化など、魚にかえってダメージを与えることはしたくないけど、こりゃ対応しなきゃダメな病気だし。

昔買った薬は残ってないか床下収納をあさってみると・・・、


あった!

開封済みのニューグリーンF!4〜5年位前のかな。。

ほとんど空っぽなので、開いて袋ごとプラケースに入れて、さらに10円玉を3つ入れてみる。塩も少々。エアレーションも強すぎず弱すぎずに。。。

そして既存水槽の水と混ざらないようにしつつ、水温低下防止を兼ねてこんな感じに・・・。







12/6(日) 0時30分
1時間半経過しても一応生きているのは確認。

もーーダメだ、今やれることはやった。もー最後の隠し玉は「鷹の爪」しかない!

もう寝る!





12/6(日) 7時45分
朝だ。最悪の目覚め。

だぁーーーー、回復の兆しなし!もはやエラしか動いていない!





こうなったら最後の隠し玉、怪しい秘儀「鷹の爪」!
あと塩をプラス。


12/6(日) 10時00分、死亡確認。
死後硬直の前の画像です。
 





あー、あっという間だったなぁ・・・。
あー、融けてるな〜。エラも血液が全然回っていない色だし。



水槽の中の他のヒュメラリスや、アルマータス、金魚、モツゴは病気発症の兆候がないので、既存の飼育魚については、このまま様子を見ることとします。



疲れた・・・。
posted by sato at 00:30 | Comment(11) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

satoさん
こんにちは。
ヒュメラリス5号残念です。お悔やみ申し上げます。
これからヒュメラリス3匹の混泳の経過が楽しみだっただけに残念に思います。
残った3号、4号の経過にご注意下さい。

ところで質問なのですが、10円玉3枚入れていますが、どういう効果を期待して入れていたのでしょうか?
素人なので、分からないので教えて下さい。
Posted by ph7 at 2009年12月06日 13:31

>>ph7さん
こんにちは。
早くも残念な結果がでてしまいました。
古株のヒュメラリス3号の尾びれがバラケてるので、先ほどプラケースに隔離しました。
こっちは呼吸が普通に見えるので大丈夫だとは思いますが念のため。

10円玉は銅イオンが発生するかな〜っと思って入れました。銅イオンは細菌に効くという噂を目にしたことがあるので・・・。効果があるかは•••??
Posted by sato at 2009年12月06日 17:06

ヒュメラリス5号残念でしたね。。。
自分もヒュメラリスの混泳を考えていただけに残念です。。。

やはりSerrasarmusの混泳は難しいですね。
自分も先ほどルビーブラックとSPを混泳させてみましたが2分で断念しました。。。
SPがルビーを襲うんで
((((;゜д゜)))
Posted by みざりぃ at 2009年12月06日 18:14

satoさん
こんばんは。
10円玉 殺菌 で検索してみました。

結果は驚くべき能力。10円玉。
靴の消臭から大腸菌、レジオネラ菌の殺菌まで。

逆に、○林製薬の銀イオン消臭の不当性まで。
こちらは、銅ではありませんが…。

今回の件、飼育槽の活魚に対して、10円玉の効果が判ればN〇Kためして〇ッテンには取り上げられたかもしれませんね。

出演したく無いかもしれませんが。
Posted by ph7 at 2009年12月06日 20:04

うわ〜っ.....
ダメでしたかぁ〜ヾ( ̄o ̄;残念でしたね.....

昼休みに6日の7:45分までの更新時に一度読んだんですが......
仕事してたんですけどその後が気になって
仕方ありませんでした.......

う〜ん.... 残念っ!!


P.S.家政婦さん!?大変見ごたえのある素晴しい記事でした( ̄∇ ̄;
Posted by ナオキ at 2009年12月06日 23:22

最近この病気について話していただけに
残念ですね。症状はやはり近いものがあります。

自分もできるだけの努力はしたのですが
駄目でした。。。難しいですね><

Posted by スライム at 2009年12月07日 00:19

>>みざりぃさん
こんにちは!
残念でした。
混泳自体はまだ続けてみようとは思ってます。
元々エラに難があったので、免疫力が低下してたのかもしれません。
混泳は飼育者にストレスがかかりますね、、。
みざりぃさんのピラニアが無事で良かったです!
Posted by sato at 2009年12月07日 17:37

>>ph7さん
こんにちは!
効果が目に見えないと実感が湧かないですよね。
薬の残量がわずかだったので、塩と銅イオンを併用してみました。
鷹の爪はトドメになったかな^ ^;)
Posted by sato at 2009年12月07日 17:41

>>ナオキングさん
こんにちは!
せめてWebに病気にかかり難いピラニアの経過を載せて、自分とみんなのナレッジになれば、、と思って焦りながら家政夫は記事にしました^ ^;)
傷自体が致命傷じゃないだけに、残念です。
うまくいかないものですね。。

Posted by sato at 2009年12月07日 17:49

>>スライムさん
こんにちは!
同じような症状がありましたか〜。
殺菌灯をつけた水槽でしたが、ダメなときはダメですね。

でもまだヒュメラリスの混泳にはチャレンジしていきたいと思っています。あわよくば数を増やして。。
なかなかヒュメラリスが売ってないので、来年かな〜。
Posted by sato at 2009年12月07日 17:57

satoさん、こんばんは!

まさかこんな事態になっていたとは!
先月は忙しかったため、この記事を見逃してしまっていました、、残念です。。
このヒュメラリスの姿を見て、一昨年亡くなったジャイアンを思い出しました。読んでて、あの時のドタバタ劇とこのヒュメラリス事件が凄くダブって見えました(・・; )

satoさんにヒュメラリス運が無い、ということはないはずです(^_^;A 次こそは!!

Posted by kazun aka かずっぺ at 2010年01月04日 22:22

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。