2009年06月30日

ピラニアの祖先「メガピラニャ・パラネンシス」

ピラニアの祖先「メガピラーニャ」の記事がありましたので紹介。


「南米の川に生息する肉食魚、ピラニアの祖先は、1000万〜800万年前に生息した体長が最長1メートルもある巨大雑食魚「メガピラニア」である可能性が高いと、米国立進化総合センター(NESCent)などの国際研究チームが27日までに米古脊椎(せきつい)動物学会誌に発表した。アルゼンチン北東部の川岸で見つかった化石の歯を分析した。(時事通信)」
(※記事抜粋)

学名は、「メガピラニャ・パラネンシス」とのことです。


以前、NHKの「ダーウィンが来た!」の第1回の放送で、南米の魚の多くは、太古の時代に、海に住んでいた魚たちばかりで、アロワナはそれらの魚が入ってくる前から住んでいた生き残りであると言っていた記憶があります。大陸に入ってきた魚の多くと餌の取り合いになり、生存競争に敗れていった魚たちが多かったが、アロワナは、ジャンプすることで水上の餌を獲ることができ、生き残ることができた、みたいな説を語っていました(確か・・・)。だから、淡水エイや淡水フグは、海に戻らず淡水に残ったものたちだということでした(って言っていたよなぁ・・・)。


ブラックコロソマでも1m超のサイズが今でもいますので、もちろんありうるサイズだと思いますが、1m級のピラニアを想像すると、、もし臆病でなかったら・・・、鮫並みに恐ろしいですね!!


ちなみに記事の想像図(キャッシュ3)を見ると、ナッテリーみたいですね。



posted by sato at 21:29 | Comment(2) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは!
自分もこの記事、興味深く読みました

ほんと、1メートルのナッテリーみたいな感じですね
satoさんがおっしゃる通り、もしかしたら淡水の鮫みたいなモノだったのかもしれません

ピラニアの祖先が解明されてくると、ピラニアの分類についても影響が出てくるかもしれませんね
それもまた楽しみです

Posted by 鬼眼 at 2009年07月01日 08:48


>>鬼眼さん
こんばんは!
ニュースでピラニアネタがでると飛びついてしまいます!
化石ですから色までは分からないとは思いますが、進化の過程は興味深いですね!
Posted by sato at 2009年07月01日 22:24

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。