2011年12月23日

須磨海浜水族園ピラニア水槽も年末大掃除か〜。


年末大掃除、ピラニアも一緒 神戸の須磨海浜水族園
http://www.asahi.com/national/update/1221/OSK201112210051.html

神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で21日、年末恒例の水槽の大掃除があった。水槽の水を減らし、飼育員が中に入って一年の汚れを落として回った。

 ピラニア約200匹を展示する水槽でも清掃があった。鋭い歯を持つピラニアが泳ぐ中、飼育員がデッキブラシやスポンジを手にガラスを磨いた。担当した飼育員の加納千絵美さん(23)は「歯が当たったこともありますが、手袋もしていますし、怖くはありません」と話していた。

 同園では12月から2月にかけ、毎週水曜日が休園日となる(12月28日、1月4日は除く)。

asahi.com 2011年12月21日13時24分の記事より




年末掃除、いいですね〜〜。


我が家は特に大掃除の予定は無く、水換え+底砂メンテ+フィルターマット交換という、毎週の作業を行います。

あ、せめて流木をタワシで擦ろうかな。
ついでに餌用冷凍庫の霜も取るか〜。



2月に神戸に行く予定があるのですが、大阪途中下車で海遊館(+ついでにアクアキャット)に行くか、須磨水族園に行くか迷ってます。
日程上、両方の水族館に寄るのは厳しいので、須磨水族園の方にしようかな、と思っています。

西の方々、あえて言うならどちらがおススメですか?








エロンガータピラニア。
成長に変化なし。


この120cm水槽はアクリル面を掃除していないので、かなり汚いです(>v<;)

餌は冷凍モロコを食っています。
大きいサイズだとぐちゃぐちゃにしちゃうので、なるべく小さいサイズのモロコをあげるように心がけています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 08:06 | Comment(4) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

淡水エイ3枚の近況写真


全く気を使っていないエイたちの近況です。

餌はおとひめEP-6。
もう3匹とも完全に餌付いてから最近の餌はこれだけ。

サイズが大きくなってきたのでEP-10も試したこともありますが、EP-10だと大きすぎ。噛み砕かれたカスがフィルターにダイレクトに吸われるため、フィルターマットが1週間で真っ黒になっちゃいます(^^;)。

しかし人工餌で育てられているので飼育が楽です。




エクセルコロンビアモトロ♂。
いつかこの柄も真っ黒になるのか、、と思いながら1年以上経ちました。まだイケてます。







販売名クイーンコロンビアモトロ♀。

ちょっと柄が複雑になってきました。エクセルコロンビアモトロ♂とはまた違った半端な柄です。
サイズはまぁまぁ大きくなってきましたが、体盤はまだ30cmにはなっていません。




ペルー系モトロ♂。同じモトロとは思えない柄ですね。



私の携帯の待ち受け画面はエクセルコロンビアモトロなんですが、知り合いに携帯画面を見られたときは、「何コレ!?」と、いつも気持ち悪がられます。

淡水のエイだと言うと、いつも「エイヒレっておいしいよね。」とか、とりあえず“エイ”で思い浮かぶイマイチ繋がらない話に飛びます。


淡水エイは旨いのかな??


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 16:05 | Comment(1) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

鮪(マグロ)への給餌シーン@葛西臨海水族館


念願の一眼デジカメを手に入れ、何か撮りたくて、次女(2才)と2人で水族館デートしてきました☆





この暗さで被写体のブレがこんな程度なんて、、、


スバラシイ・・・。


コンパクトデジカメじゃぁここまで撮れないよね。




鮮やかな水槽も気持ちよく撮れます!



サメやエイを触れる水槽もあったので触ってきました(@v@;)。
こんなタッチ水槽は初めて!

エイはアカエイ。毒針は除かれてるようです。

我が家のコロンビアモトロはざらざらした感触ですが、アカエイはぬるぬる系です。


マグロ水槽

葛西臨海水族館では自分のお気に入りの水槽。


ここなら、ずーっと眺めていられます。




しかし良い所で次女が「帰りたい」と急に言い出すので、ゆっくり見れませんでした(;v;)。

何とかマグロの餌付けショーまで粘って、マグロの給餌シーンを少し撮れました。


スマやカツオの給餌シーン

餌は、オキアミ、アジ、イワシ、イカ、キビナゴなどです。




クロマグロの捕食シーン。




やはり動物の捕食シーンは、その生き物の「命」を感じますね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 08:40 | Comment(0) | 水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

初一眼デジカメ α NEX-5NDで試し撮り!

つ、ついに、

ついに!

念願の一眼デジカメを手に入れました〜〜!!


Sonyのα NEX-5ND。やっほーー!!

子どもの運動会等のイベントを考え、ズームレンズ(E55-210mm)セットのNEX-5NYを狙ってたんですが、タイの洪水の影響があって未だに販売時期が未定。

動画のクリック音(カチカチ音)も気になってましたが、修理(調整?)に出すことも可能というクチコミを見て、クリスマスや正月も近いので、買っちゃうことにしました。



ムフフふふ。。



とりあえず試し撮りってことで、眠っていたピラニア達のいる水槽部屋の照明を点けて撮影!


ブログ掲載サイズじゃ、今までとそんなに変わらないか^^;)。
でも撮影していると、当たり前ですがコンデジと全然違いますね。



レッドファントム!

ピントが合うなんて、sato感激☆

小型テトラの撮影はすごく難しいんです。こんな暗い環境でも撮れるなんて凄いなぁ。





ピラヤ6号(34cm)


ピラヤ1号(40cm)




ピラヤ2号(41cm)

ぶさいく!!コワ顔!!

ドリル処理をした部分は、結局こんな感じ。

初期症状の段階でやらないとダメですね。。。


ピラヤ4号(32cm)

こいつの穴あきの場合は、チクチク処理が甘く、外科手術前と変わらず・・。




ジャイアントイエロー(32cm)

先日左側面に、誰かから齧られた跡がありましたが、治ってきてる模様。



最近は150cm水槽ばかりが被写体で、ブラックピラニアの状態もちょっと撮りたいところです。

常時観れないのは、屋外水槽ストックのデメリットです。



あ〜それにしてもカメラ嬉しい!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:41 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ピラニア好きは、グランデオガワさんの記事を要チェック!


家庭の事情で飼育ピンチに追い込まれているsato。

毎回負けそうなところで必死に食らいつくsato。

生き物を長期飼育することは易しいもんじゃないとつくづく思うsato。

今回ばかりはかなりキツいsato。

生活には優先順位がありますが、もう意地です。粘ってます。




レッドファントム達はピラニア達に食われずもう1年くらい経つかな?
元気です。


水槽部屋の扉を閉めると、扉がアクリル面に反射して写り込み(^^;)


最近給餌間隔を空けても残飯を残しがちなピラヤたち。


ん?残飯を残す?

頭が頭痛だ・・・。


ピラヤ6号

ピラヤ1号

2匹とも変化なし。

ちなみに上の写真はすべて10月末の写真。





ところで本題。
グランデ・オガワさんが、セラサルムス亜科(Serrasalminae)について記事を書いてくださっています。

ピラニア好きの方は基礎知識として要チェック。
こちら → 南米・鳥獣虫魚・探遊


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:59 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

寒い時期の屋外水槽水換え


寒くなってきました。

もう12月ですものね。


寒い時期の熱帯魚飼育といえば「ヒーター」です。

なんとかこの稼働率を減らしたいところです。


で、私個人として面倒だと感じているのが、外に置いてある3つの水槽の水換えです。



ポリカ蓋等をしていますが、外気温の影響は受けます。

サーモのランプが点いているのを見るようになって来ました。



水を抜くのはコックをひねって放置したり、10リットルバケツ2つを駆使して排水するので、これは大した時間や労力も掛からないんですが、新水を入れるときの温度合わせが面倒なんです。


屋外の水道は冷水しかでませんので、風呂でバケツにお湯を入れます。
一応冬でもカルキ中和剤は入れています。


これを冷水注入中の水槽に入れ、少しでも温度変化を少なくするようにせっせと往復します。


120×60×45(H)cm水槽は2つあるので、基本的には同じようにやります。



ちょっと疲れてきたので、台所の横の窓からヤカンでお湯を注入に切り替えたり!

そんなこんなで、水換え時間を伸ばさないようにしつつ温度変化を小さくするために、結構力を使ってます。(^^;)




90×45×45(H)cm水槽は、雨水による自然換水のみ!

地震前の石巻産のフナがまだ10数匹入っています。

そろそろ通販可能なのかな?
注文してもいいのか、まだ注文しない方がいいのか、電話すりゃいいんだけど、迷う。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ

posted by sato at 23:47 | Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。