2011年03月31日

140cm水槽の近況




主(=アルマータス)がいなくなった140cm水槽。


シングー・ブラックピラニアの導入を期に、エイをこの水槽にまとめることにしました。
ただ、まだコロンビアモトロの雌のサイズが、体盤19cmと、雄よりかなり小さいので、水槽の中に水槽作戦で隔離しています。

ちょっと狭すぎるので、再び自作セパレータで分けようかと思っています。





キングコロンビアモトロ♀。
餌食いはかなり悪くなっちゃいました。
地震の日からおとひめを食いません(;_;)。




こちらエイとの新たな同居魚。

マンボウではありません(^^;)

オニギリピラニアです。



以前マヌエリを、このコロンビアモトロと混泳させたところ、あっさりエイが齧られてしまいました。

ピラニアとの混泳は向いてないなぁ、と思っていたのですが、フィンイーターっぽくない性質と歯のオニギリピラニアであれば、イケルカナ?と思い、混泳させてもうすぐ2週間が経ちます。
問題無いようです。




いつも狭いスペースで我慢していたオニギリピラニア。
結構早く泳ぐので新鮮です。

エイの主食のおとひめも食うので、ちょうどよいタンクメイトとなっています。
プリストブリコン属のピラニアであれば混泳できるかな??


あぁ、ブレーキかけないと危ないなぁ。。。






ちなみに、、、

水換えの際に気付いた、主のこの世への置き土産。。。




水を満たすと気にならないんだけどねぇ。

割り切ってはいたけど、凄いねこりゃ。



posted by sato at 08:00 | Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

『メガ・ピラニア』 予告編





う〜〜む。。。

動きが、、、すごいね・・。

体形と、群れ行動ってとこで、こりゃピゴ系だね。笑


モンスターパニック系は、やっぱジョーズ(Jaws)が好きだなぁ。

大人になっても、ドキドキする。

姿を現さない技法が、逆にスリルを感じる。



大きいマスクをした女性を見ると、ドキドキする。

これはちょっと違うか(^^;)。

posted by sato at 22:43 | Comment(5) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

アクアマリンふくしま。



そのまま撮影。


フラッシュ撮影。



水換えをしようと思ったのに、気分が乗らずそのまま放置中。。。


そして暗闇でビール。。。





元々マイナス思考の人間です。




ホームページを開設して数ヶ月で掲示板が荒れました。

そんな程度でサイトを閉鎖しようと思ったくらい小心者です。



そんな小さい心をペットや家族が癒してくれて、なんとかバランスを保ってるんだと思います。



こんな時勢がしばらく続くと、人の心はすさんでくる気がします。




例えば、計画停電、、、


関東地方以外の人には分からないとは思いますが、この停電、今のところ平等じゃないんですよね。

みんな、嫌というほど被災地の映像を見てたはずですから、被災地の苦労を考えると、なかなか声をあげて文句が言えないと思うんです。


停電になっていない地域があります。

それは経済の中心だったり、救急受け入れ可能な総合病院があったり、変電所の近くだったりするところです。仕方が無いんです。


しかし、この停電は、あくまで被災地への直接的な支援のためじゃないんですよ。

主な被災地は東北電力管内なんです。

しかし止まっている原発がある地域は、東北電力管内にも関わらず東京電力の電気を作っていたのです。

だから、まわりくどいですが、計画停電は、東京電力管内のためで、その比重は無停電地域に重きがあるんですよ。



我が家は、今のところかなり停電が実行されているグループに属しています。

それは天候だったり、曜日が関係したりするので、仕方が無いんです。それは分かってるんです。

節電に努力し、停電に耐えている。正直大したことはない、ちょっとしたお祭り程度です。


でもね、私みたいな個人の単なる家ならいいですよ。これが自営業だったり企業を営んでいたりしたら、死活問題です。きっと停電グループのそういった方々は苦しんでいると思います。


そんな中、無停電地域が一方に存在し、「いいじゃねぇか、電気が使えるんだから」と、節電の工夫を考えずにまずは野球を進めようとした人間もいるんです。あとになって大慌て。


苦しみを知らず、うちは停電にならなくてラッキー、と軽く言う都心の人間もいます。


それぞれに役目があり、その中で役目を果たすために頑張ってるんですよね、仕方が無いのはわかってるんです。別に悪気は無かったと思うんです。


いや、きっと自分だって、停電になってない地域だったとしたら、節電は大事だな、とは思いつつも、どこか他人事のようになっていると思います。




だって、被災地の人の気持ちだって、自分が被災してないんだから分からないでしょ。


「孫が2人流されたんです。」


こう言われて、なんて言い返せばいいんですか。


頑張ってください、といったら不謹慎なんですか。



今はピリピリしていて、何を言っても、何をやっても「不謹慎」だと言われる世の中になっています。


友人の花屋は大変です。


友人の居酒屋は大変です。


こんな時期に、送別会をし、花を贈って、乾杯をする。こんな当たり前のことさえ「不謹慎」なんです。





震災の当日、自分は偶然、災害対策支援に従事していました。


でも、屋外水槽のマヌエリが心配で仕方がありませんでした。

たかが魚。


手塩にかけて育てていたアルマータスが死にました。

たかが魚。





苦しんでいる人がいる、そんな中、電気を点け、ビールを飲んで、パソコンに向かって、暗い水槽を見てる。

これも不謹慎か。



世の中の情報が、事実と、推測と、意見とが混ざっていて、それを判断できずにいちいち騒ぐ他人がいることにイライラしています。

くだらない世の中になってきました。































でも、俺は負けません。

やりたいことは一生懸命やります。

ピラニアは殺しません。

節電は続けます。

復興を祈り、協力します。みんな頑張れ。



世の中はくだらないことばかりではないもんね。



今年の7月、親戚の結婚式で行った福島。
その親戚の相手方の実家は仙台市若林区。

無事が確認できました。




「無事で"良かったですね"。」


不謹慎な言葉ではありません。良かったです。









ただ、ここはピラニアサイト。単なる趣味の、時間つぶしの、慣れ合いの場所です。

またこれからもくだらないことばかり書いていきます。






アクアマリンふくしま。写真や動画の切り抜き。

すごく暑い日で、人が混雑していました。




























閉鎖する前にウミガメとマングローブを持って帰りたかったなぁ。


posted by sato at 23:59 | Comment(19) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

シングー・ブラック15cm


シングーブラックを導入してもうすぐ1週間。
小赤やドジョウを爆食!



そういえば、、40cmピラヤ1号を4年前に導入したとき、一緒に譲ってもらったブラックピラニアは、同じく15cmから飼育しました。ピラヤ達と150cm水槽で飼育し、4ヶ月で4cmUPの成長を見せてくれたのに、ブラックピラニア34cmとの無理な混泳に移してしまい、半分になって殺すことになってしまいました。。。

このときのブラックピラニアを今も継続して飼育していたら、今頃30cmを超えていたのでしょうか。。
目が真っ赤でかっこいいピラニアでした。



飼育水槽は、とりあえず60×45×45(H)cm水槽。底面を黒に戻してみました。


顎のこぶの切除跡を見てもわかりますが、結構臆病な性格のようです。
早めに大きい水槽に移してあげたいです。


まっかちんから選んでくるとき、下っ腹が出てて体高のあるものを選んできました。
この体形は、サイズが大きくなる気がするんですよね〜。


鰓の後ろに薄いスポットが見えますが、実際に直接見るとあまり目立ちません。
鰓の部分も薄いオレンジ色が付いています。
シングー・ブラックの幼魚期の特徴だと思います。

ちなみに、タパジョス・ブラックは、この頬の部分がかなり濃い色が多く、ある程度成長しても濃い色が残ります。




照明を点けてしばらくすると、目が真っ赤になってきます。
赤い目に夢中!






水槽を横から覗く次女。
最近言葉を3語続けてしゃべれるようになってきました。


「ピラ〜ニャ かっこいいねぇ。」



と言いながら、手をもぞもぞしてる。。。





「ピラ〜ニャ、りっぷ ぬりぬりする〜?」


と言ってリップクリームを水槽にぬりぬり・・・(ー ー;)


長女よりも生き物が大好きなようです☆

こどもを見てると元気がでます。
posted by sato at 09:24 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

急遽まっかちん



昨日は少々取り乱した文になってしまいました(^^;)。

アルマータスに費やしていた力が一気に抜けて、その分気持ちに余裕も出てきたように感じます。
飼育当初の夢だった60cmを超してくれていたことが幸いです。
しかし、アルマータスはそこらの水槽で活かせる魚ではないことを実感しました。
(※生かすことはもちろん可能ですよ!)

狭いテラスをつぶして3.8m水槽を置ける日まで、アルマータス飼育はお預け。







悶々とした連休、職場からは、停電状況によっては緊急出勤もあるので自宅待機指令が出ていました。


しかし、暖かな気候とみんなの節電が功を奏したためか、「出勤なし」との連絡が日曜の18時すぎにありました。




よし、今しかない!!手(グー)ぴかぴか(新しい)



普段は夜にコンビニへ行くのにも、いちいち文句を言われる肩身の狭い立場。

それでも、「急に何??」と不思議そうに見る嫁と子どもを置いて、片道1時間半、中野坂上へ電車でGO!





ってな感じで、急遽まっかちんに行ってきました!


今回は、ピンポイントでシングー産ブラックピラニアを狙いに!

残念ながら前回来店したときに見た個体は売り切れていましたが、それでもシングーブラックだけで4〜5匹いました。
購入した個体の紹介はまた別の機会に。




決算大セール中ってこともあり、色々紹介できればよかったのですが、今回はピンポイントで狙いに来たので、個体紹介は少なめ。




サイズ24cm、大きい個体で、あまり見た記憶がない特徴の個体です。
パラグアイ川、ノースコリエンテ産のセラサルムスSP。
写真では伝えられないのですが、ものすごいラメラメ。
反射する光は、真っ白なシルバー。そこに白い目と、薄く淡い黄色の地の体色。綺麗。

ちなみにこの個体は売約済み。



こちらもパラグアイ川、ノースコリエンテ産のジャイアントイエロー、25cm。
やっぱりこのサイズになってくるとゴツイ。
発色も良くて体形もばっちりな個体です。
このサイズからスタートだったら、1年で30cmに届くかな!?



こちらもパラグアイ川、ノースコリエンテ産のダイヤモンドイエロー。サイズは20cm超。ダイヤモンドエイローでこのサイズはデカイ。




ちなみに、ノースコリエンテってどこだ!?



たぶんパラグアイ川の中でも、アルゼンチン、コリエンテスの北を流れる辺りだと勝手に予想!
間違ってたらゴメン(>v<;)





こちらはアラグァイア川産のダイヤモンドブラック。ギラギラのラメはやっぱりアラグァイア産は秀でてる気がします。
こちらは20cm。
照明を点けて落ち着くと目がもっと赤くなるかな?


これは綺麗なナナイ川産のブラックピラニア。22cm。
ひときわ目に付きました。




この質感と色、綺麗だなぁ。

写真撮るのを忘れたのですが、トカンチンス川産のブラックピラニアも良かったです。
41cmのナナイ川産のブラックもなぁ〜、このサイズで今回のセール価格じゃ出会えないだろうなぁ〜。
色々誘惑が多い場所ですたらーっ(汗)

その他、年末に撮った画像動画の中にも、まだ在庫のピラニアがいると思います。

決算セールは今月末まで!
輸送が厳しいのが遠隔地の我々には残念ですね。。








ちょちょいと掬って手際よくシングー・ブラックのサイズ測定をしてくれるMr.タオラー氏(※非売品)。


飼育者だけでなく、お店も今回の地震で色々大変なようです。
でも、こんな時期だからこそ、お店に行って魚を見て話をして、欲しいピラニアを購入する。
そんな非日常が今の自分にはとても大切な時間になりました。


ちなみに、電池式のエアーポンプと電池の在庫もあるとのことです!
酸欠が心配な夏にも使えそうなので、一応抑えておくと良いと思います。
posted by sato at 23:59 | Comment(2) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

落ち込んだ空気を飛ばせ!



昨日、仙台にいるピラニア飼育者と連絡が取れました!


残念なニュースばかりの中、個人的にこんな嬉しいことはないです!



その方が仙台にいることは知っていましたが、まず、連絡手段が分からない。
例え連絡手段が分かっても、もしかして連絡がとれないかもしれない。

そんな状況で震災から1週間後、、「そういえば一度メールをしたことがある!」と思い出し、ケータイをあさってみたら、、登録名「ネベリエンシス」で、あった!

下手に連絡したら携帯の電池を消費させて迷惑になるかも、、と思い、時間を置いてメールしてみました。


水槽等は駄目になったようですが、とにかく、無事でよかったです。
歯がゆいことに自分は直接何の支援もできません。でも嬉しい。
まだまだ大変だと思いますが、乗り切って欲しいです。








電力会社、自衛隊、消防士・消防団、医療従事者、警察、行政、政治家、マスコミ、ボランティア、食品会社、石油会社、ガソリンスタンドのにーちゃん、運送屋さん、駅員さん、バス・タクシーの運転手さん、スーパーのおばちゃん・・・etc、


みんな必死で頑張ってる!!


熱帯魚屋さんももちろん耐えてる!





負けるな!



負けるな!



負けるな!



負けるな!



負けるな!







みんな負けるなーー!








ぐわ〜〜〜〜!!!



















シングーバイオレットブラック!!






買っちゃった。(/∇\)テヘ



嫁には内緒☆



年末に見た欲しかった個体とは別の個体と思われますが、体形がやや似てるものをまっかちんから奪ってきました!



低水温に負けるな!!耐えろ!!


落ち込んだ空気を飛ばせ!!





乾杯!!ビールぴかぴか(新しい)
posted by sato at 23:59 | Comment(12) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

停電による水温変化報告



こちら関東地方でも、ガソリン等の燃料に人々が殺到しています。
そのために渋滞も起きています。

こんなときは、車を使わなくても他に手段のある人は、車に乗らなきゃいいのです!
常に満タンにしなきゃ気が休まらない人は一旦ストップ!
給油するな!!


特に時間のあるじーさん、ばーさん、おばさん。

買いだめしてるのは年配の人が多い!(sato調べ)
混雑して圧迫死しそうな駅で、ゴリゴリ押してくるのもおばさんばかり。



少なくとも俺は車を使わない!



だからすでに朝から呑んでいる!パンチ






ってことで、どーにもできないやりきれない想いはありますが、今できることは節約・節電。さすがに暇なので、家のノートパソコンのバッテリーで省エネしながら日記更新。





我が家の地域の計画停電は、すでに4〜5回経験しています。
一昨日は、2回・延べ6時間停電を経験しました。
気温が低い日だったのでちょっと心配でしたが、仕事から帰宅後の温度変化を報告します。







(1)水槽サイズ:(上段) 150×90×60(H)cmアクリル水槽、(下段)140×105×45(H)cmアクリル水槽 (※連結)
(2)水量: 約1300L
(3)濾過: 150cm上部フィルター×2
(4)飼育魚: (上段)ピラニアピラヤ40cm:2匹、34cm:1匹、31cm:1匹、ジャイアントイエロー32cm:1匹、(下段)コロンビアモトロ:30cm:1匹、18cm:1匹、レッドルビーピラニア15cm:1匹
(5)ヒーター熱量: 1200W
(6)ヒーター設定温度: 23.5℃(※計画停電の影響を確認するため、22℃からやや高めに設定)
(7)停電時間: 9:40〜12:40、17:30〜20:30
(8)確認したときの室温: 約16℃
(9)復電直後の水温: 22.4℃
(10)温度変化: -1.1℃
(11)その他: 蓋をバスタオルで覆い、隙間を隠した。停電時のエアレーションはなし。
(12)感想:床下蓄熱器をOFFにしていたので、室温が普段より5℃程度下がっていましたが、生存には問題ないようです。






(1)水槽サイズ:60×45×45(H)cmガラス水槽
(2)水量: 約90L(※少なめにしてます)
(3)濾過: エーハイム2213+投げ込み式フィルター
(4)飼育魚: コロンビアモトロ:16cm:1匹
(5)ヒーター熱量: 150W
(6)ヒーター設定温度: 26℃(※オート)
(7)停電時間: 9:40〜12:40、17:30〜20:30
(8)確認したときの室温: 約16℃
(9)復電直後の水温: 23℃
(10)温度変化: -3℃
(11)その他: 蓋をバスタオルで覆い、隙間を隠した。停電時のエアレーションはなし。
(12)感想:普段はヒーターを設置していない水槽ですが、地震後、停電に備えてヒーターを設置しました。ガラス水槽ということもあり、水槽部屋とリビングとの隙間に接しているためか、結構下がりました。






(1)水槽サイズ: 120×60×45(H)cmアクリル水槽
(2)水量: 約300L
(3)濾過: 自作上部フィルター(発泡スチロール素材)
(4)飼育魚: ブラックピラニア34cm:1匹、マヌエリピラニア17cm:1匹、小赤・フナ3〜5cm:約100匹
(5)ヒーター熱量: 300W
(6)ヒーター設定温度: 25℃(※計画停電の影響を確認するため、22℃からやや高めに設定)
(7)停電時間: 9:40〜12:40、17:30〜20:30
(8)確認したときの気温: 約0℃
(9)復電直後の水温: 24.6℃
(10)温度変化: -0.4℃
(11)その他: 50mm厚スタイロフォームで6面囲み、上部式フィルターも30mm厚発泡スチロールで断熱性抜群。停電時のエアレーションはなし。
(12)感想:一番心配だった屋外水槽ですが、室内の水槽よりも保温性があって安心しました。




と、実績はこんな感じです。
電池式のポンプは、兄から送ってもらいましたが、このポンプの電池も貴重なので、予測していない大停電のときに使用しようと思っています。


そして、1日3時間×2回程度の停電であれば、屋外水槽の方が安心ということが分かりました。

地震翌日から3日間は、マヌエリを140cm水槽に入れ、コロンビアモトロと混泳させていました。
しかし、エイの体盤が齧られちゃいました^^;)
エイとマヌエリの混泳はダメだったようです(>_<)

ってことで、マヌエリは安心の屋外水槽の方に戻してあります。
温度設定も各水槽1℃ずつ下げて様子見。




今朝は、温度変化を気にしていない屋外生餌用水槽を、約1ヶ月ぶりに水換えしました。
アオコがかなり濃くなりすぎているので、8割ほど換えました。


元気いっぱいなフナと金魚。
アルマータス亡き後、このまま飼育しています。



このフナを定期的に買っていた石巻ペットセンターの代表の方が無事だという記事を見てホッとしています。従業員の方々も大丈夫だったのか気になります。


みなさんもここのコメント欄で、停電の影響の報告をしてくださーい!
posted by sato at 13:33 | Comment(6) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

アルマータス 地震で死亡その後・・


さて、東京電力が当初よりも細かく情報提供するようになったので、計画停電のペースや、停電による影響も若干つかめてきました。


今日は千葉県東方沖を震源とするマグニチュード6.0の地震もあり、長野・新潟、静岡等と、各地に今回の地震に関連がありそうな地震が短期間で集中してきています。
いつでも地震がくると思って行動した方が良さそうですね。
(※この日記を書いているときも、震度3の地震!)

私はとりあえず、当日スーツに革靴という格好で、永遠と職場から自宅まで歩いた苦い経験を踏まえ、職場までは運動靴で通うようにしました。あと、財布に現金を入れ、携帯電話の充電器を携帯!
とりあえず、というか、せめてなんとか体だけは動きやすいようにしておきたいです。




様々な災害を体験し、洗脳されそうなメディアを永遠と見て、直接的な被災者でない自分たちまで悲観的になりすぎてパニックになっていても問題なので、あくまでメディアの情報は、自分の行動を決めるための情報収集と位置づけて生活したいと考えています。
自分自信が冷静に、気持ちに余裕を持たないとね!

被災者の方々に迷惑になるような車の使用、ガソリンや生活物資の買い占めなんかせずに、とにかく省エネと必要最小限の買い物に済まし、自分にできることをしていきたいです。



そうは言いつつ、これから大事なのは、被災地以外の人はなるべく日常生活を取り戻し、通常の消費をすること。
で、やはりこのサイトは熱帯魚サイト&ブログですので、魚のネタを!!
これまで通り、時事的なことは一切とりあげないというコンセプトを貫き、あくまで熱帯魚に関連することを中心に書き込んでいきます!






とりあえず地震当日、アルマータス発見時の動画

終盤に思わず声が漏れちゃったので、そこは音声をナシに☆。

停電による屋外水槽のマヌエリを心配していたのに、まさかのアルマータス、2匹とも死亡。


死因は、水槽の蓋とバケツが水槽内に落ち、復電後には暗闇の中パワーヘッドでそれらが水槽内で回されたことにより、アルマータスたちがびびってジャンプしまくって頭部激突よる損傷が死因と予想しています。
当日夜21:00ころに嫁と電話できたときには、電話ごしで聞こえるくらい「バシャバシャ」と音がしていましたし、水温は23℃程度で、感電していたわけでもなかったからです。

もっと早く帰ってこれて、対処できれば助けられたのに・・・。
その前に、アルマータスを高さが45cmの水槽ではやっぱダメだわ^^;。









しかし、こんなことでは私は負けない!!

(いや、負けてたんだけどね・・)



愛魚が死んだら、徹底的に解剖して、知らなかった愛魚の中身を知るのだ!




※ここから画像はエグくなります。
縮小画像はぼかしますので、画像をクリックする方は自己責任で。
-------------------------------







余震もなんのその!
気分が滅入る中、愛魚を知り尽くすため、屋外に出て黙々と魚に集中しました。



しかしでかくなったもんだ。2008年7月に7cmから飼い始め、アルマータス1号は63cm(体高は16.5cm)と、60cm(体高は15.5cm)。
重さは計らなかったけれど、感覚的には4kg以上には感じました。






早速、アルマータス2号の腹を割いて中身を見ます。
ものすごく肉や皮が頑丈で、なかなかナイフが刺さらないので、これを貫くアルマータスやピラニアの牙は凄いもんです。

腸や胃、精巣、浮き袋、それらの位置、長さ、弾力性等を確かめました。
肝臓の一部と心臓は鰓の下付近なので、なかなか見ることができませんでした。


胃はかなり弾力性があり、大きく膨らみそうです。そりゃこんな中に10cm〜15cmくらいのフナをぼんぼん入れちゃうんだもんね。
前日に最期の給餌をたっぷりしていたので、まだ胃に消化終盤のものがありました。



アルマータス2号に引き続き、サイズの大きいアルマータスの腹の中を開けたら、なんと卵を持っていました。
やはりアルマータスも、雌の方が雄よりも大きくなりやすく、体高が出てくるようです。



のどの奥に指を入れてみました。入れてみると、抜きづらい!咽頭歯と言えるほどのものではないですが、喉の奥の皮膚はとてもざらざらしていて、吐き戻しできない・餌に逃げられないような仕組みになっているようです。


犬歯を収納する上顎の穴。狭く深いです。








歯のスペアを自分でも確かめてみました。歯のスペアは収納されていて、一見しても見えません、ナイフをグイっと刺して持ち上げると出てきました。すごいなぁ。



思う存分いじったあとは、肉をできるだけ取り除きます。



そして蛋白除去(パイプ洗浄剤)。



骨格標本にチャレンジ!



でも、上手くできる気はしないですが・・・。
ただいま放置中!
しばらくしたら除肉をして、さらに薬剤に漬けたいと思います。


とりあえずアルマータスの近況についてはこんな感じです。
エグかったね^^;)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:53 | Comment(8) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

熱帯魚の計画停電(輪番停電)対策



予想どおり、計画停電がやってきます!
被災地の方々のことを考えれば、こんなもんどーにでもなる!

さぁみんな!乗り切るよ!!パンチぴかぴか(新しい)



・とりあえずピラニアの場合は、セパレータやプラケースを使ってでも単独飼育!大きい個体には衣装ケースも使えるよ!

・餌は控える。ピラニアの場合は1週間くらい余裕!

・室内が寒い場合はとにかく保温!水面が外気に触れないように蓋はしっかり閉める!タオルをかぶせる、発泡スチロール・新聞紙等で水槽を巻く。

・オーバーフロー水槽の方は、停電時には排水パイプからサイフォンの原理で水が逆流することもあります!溢れないよう今夜中に水量の調整を!

・漏電対策も!電源付近を再チェックしてください!

・酸素供給はしっかりと!上部式フィルター等だけで酸素供給を済ませている方も、最低、通電時にエアポンプを!
南米現地の乾季では、ピラニア達は酸欠で死んでいきます。乾電池式のエアポンプがある方は早速用意を!
熱帯魚店だけでなく、釣具屋さんにも売っています。


輪番停電の町名別詳細表は下記をご覧ください。(東京電力発表)
節電についても載っています。
http://setsuden.yahoo.co.jp/



あと、ビバリウムガイド 冨水明氏、アクアライフ ミストラル氏(奥津氏)からのメッセージを転載します。

-------------------------------
深刻な電力不足に起因する、輪番停電が決まりました。 
1日、最大6時間も停電するとなると、魚飼いにとってはかなりの大問題です。 

寒い地域なら温度の低下も問題ですが、水槽の周りに発泡スチロールを取り付けたり、新聞や段ボールなどで覆うなどすれば、極端な水温の低下は避けられると思います。 
3月という季節柄もあり、温度低下で死なせてしまう心配はそれほどしなくていいでしょう。 

温度以上に心配かつ大問題なのが、酸欠です。 

水の循環が6時間も止まってしまうと、酸欠に弱い魚には耐えられない可能性が高いです。特に、水量に対して魚の量が多い水槽、酸欠に弱い魚は要注意です。 
明日からの停電に対して、この時間からではどうしようもありませんが、飼っている魚によっては、電池式のエアーポンプ、または発電機を用意するしかないでしょう。 
発電機は安いものではありませんが、高額な魚を数多く飼っている人や、数多くの水槽でエビやディスカスのブリーディングをされている人なら、魚を死なせてしまうよりは安いですから、数多くの電池式エアーポンプを用意するよりも効率的かも知れません。 
また、電池式エアーポンプは出力がそれほど強くない場合が多いので、過密気味な水槽で飼っている場合、特に酸欠に弱い魚などの場合は、1つの水槽に対し、複数のエアーポンプを用意した方がいいでしょう。 
電池式エアーポンプは釣具店、発電機は大型のホームセンターなどで入手できます。 

以下の魚を飼育している人は、なるべく早いタイミングで電池式エアーポンプを入手することをおすすめします。 

サメ、エイ(海、淡水両方) 
海水魚全般(フグなど汽水魚含む) 
サケ、マス類 
シクリッド全般 
カラシン類全般 
コイ科全般(水温が上がってくるので、池の鯉も要注意) 
プレコ、ナマズ類全般 
チョウザメ 
ダトニオ、パーチ 
飼育個体数が多い場合のアロワナ 
エビ類 

魚に対して水量に余裕がある場合、魚種によっては対策が必要ない場合もあります。 
例:2mの水槽でアロワナを単独飼育している場合など 
ネオンテトラなどの小型テトラ類なら、60p水槽に10匹しかいないのなら酸欠対策は不要ですが、30匹以上いるなら必要です。 
エイやダトニオなど、特に酸欠に弱い魚では単独飼育でも酸欠対策が必要です。 

停電は4月いっぱい続くとのことなので、餌は死なない程度に抑えることをおすすめします。ろ過が止まる中で、食べ残しや糞の量が増えることは問題ですし、餌を消化、吸収する過程ではより多くの酸素を必要とするからです。大型ナマズなど絶食に強い魚については、同居魚がいない場合に限り、餌を極端に少なく抑えるのもアリです。 
温度を低めに設定することで、魚の活性を下げ、酸素要求量を抑えるのも手ですが、1ヶ月という時間はそれで乗り切るにはちょっと長すぎます。 
どうしても死なせたくない魚は、停電しないエリアのショップ、飼育者などに預かってもらうなどの方法も検討した方がいいかも知れません。 

魚飼いにとっては、きわめて困難な状況ですが、頑張って乗り切りましょう。

----------------------------------

こういった周知、募金、家族を守る、、
俺にできることはあとなんだろう。。

下手なボランティアや物資よりも、できることはやっぱり募金か。


みんな!負けるな!

がんばろう!!!手(グー)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



PS:西日本方面の皆様、、乾電池式エアーポンプと乾電池を、対象地域のピラニア飼育の知人・友人に送ってあげてください。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:11 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

節電のお願い




みなさん、温かいお言葉ありがとうございます。

我が家の家族や家財、また、新潟の実家は大丈夫です。


アルマータスの餌は、、主に宮城県石巻市の石巻ペットセンターから仕入れていました。つい先週も仕入れたばかりでした。
お店の位置を見ると、心配で心配でなりません。
東北地方の方々には、お見舞いとお悔やみを申し上げます。



さて、まだ頻繁に余震が続いていますが、東日本方面にお住まいの皆様。


ビバリウムガイドの冨水明氏、アクアライフのミストラル氏から、以下のような周知が出ています。
私からもお願い致します。


-------------------------------------
魚の飼育について


魚(熱帯魚など保温を必要とするもの)を飼ってる皆さんにお願いです。 

電力不足が指摘されています。 
魚の飼育には多くの電力を必要としますが、それをすべてカットしてしまうと、大切な魚が死んでしまうことになります。 
流石に、すべての電源をオフにして欲しいとは言いません。 

でも、水槽のライトなど、なくても直接生死に関わらないものは使用を中断して下さい。また、サーモスタットの設定温度もいつもより低くして下さい。 
21〜22℃もあれば、死ぬことはありません。 
それだけでも、多少は電力使用量を抑えられるはずです。 
もちろん、白点病などが出るリスクはありますが、停電になってしまえば元も子もありませんから。 

それから、ヒーターが原因による出火にも十分注意して下さい。 

最近のヒーターは水から出た状態で通電すると、自動的に電源が切れるようになっていますが、少し前のものではそういう機能はありません。 
揺れの影響で水が溢れたり、ポンプが外れ、水槽の水が水槽外に吐出されてしまう可能性もあります。 
また、水槽自体が割れてしまったり、台などから落ちてしまうことも考えられます。 
その場合、ヒーターが原因で火災が起こる危険性があります。 
絶対に水から出ないような配慮、工夫をして下さい。もし、それが難しいと判断した場合は、厳しいことを言うようですが、ヒーターの電源を抜いて下さい。 

もし、魚の水槽を置いて避難されるような場合も、ヒーターの電源を必ず抜くようにして下さい。 
大切な魚を死なせてしまうことになりますが、現在の状況下で火災が出れば、さらに悲惨なことになってしまいます。 

よろしくお願いします。




----------
私からも、共感したことを含め、、、

・蓋をしっかりしましょう。水を露出させないようにすると保温が促されます。

・必要に応じて発砲スチロールなどの保温材を巻くと保温が促されます。

・ヒーターを縦に設置している方は、横に設置してください。

・水かさをやや下げて飼育すると、余震の際に水漏れをある程度防げます。

・魚は変温動物です。死なない程度に水温をさげることで、エネルギーを消費・消耗しなくなります。

・水温は20℃程度でもピラニアは死にません。ただし、計画停電もあり得るので、22℃程度に抑えると良いと思います。

・可能であれば、ピラニアを混泳させている人は、セパレータ等で単独飼育に切り替えると、共食いの危険は減ります。

・くだらないデマや変なチェーンメールに流されないようにしてください。いつも言っていますが、自分でその情報をよく考え、冷静に判断して行動してください。


こんなときに、高みの見物で、政治家がどうだの、国がどうだの、マスコミがどうだの言ってるクソ野郎にはならないでください。

みんな、やれることを一生懸命にやっているんです。

そんな批判してる暇があったら、各々が、自分に何ができるか考えて、できることをやろう!




追記
--------------------
http://biriba.ti-da.net/e3335367.html

Yahoo!緊急災害募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
(災害に便乗した募金詐欺が出る可能性があります!募金は信用できる機関で!)

posted by sato at 09:32 | Comment(5) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震のつめあと・・・




深夜、職場から歩いて+走って、家に到着したのは4:00前。



停電が復旧しており、マヌエリは何とか無事でした。












んが・・・


家に入ると、湿地になったリビングから見たものは、、想像をしていなかった事態に・・・。















アルマータス1号







アルマータス2号







アルマータス1号:63cm
アルマータス2号:60cm











立ち直れないです・・・。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 08:54 | Comment(14) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

大地震

我が家の地域一帯はずっと停電らしい・・・




 

そしてリビングが水浸しらしい・・・




 

割れた水槽もあるらしい。。。




 

でも全然見えないらしい。。。




 

 
そして嫁は、唯一繋がったメールでは、




「だいじょうぶ?」


という文もなく、




 

「家が水浸し。水槽は禁止です」




の一言。

 


そしてそのまま寝るらしい。

 
 
家族は無事のようです。









俺は帰宅難民。

 
 
 
(;_;)
 
 




屋外水槽のマヌエリが気になる・・・。



気になって気になって仕方が無い。


せめて室内に入れたい・・・。


 

 
 
ただいま停電から6時間経過・・・。
 
 


 

※被災地の方々にはお見舞い申し上げます。
posted by sato at 21:38 | Comment(8) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

ピラニアの分類って、よく分からないですね。


最近、魚類学には全くの素人である私が、ピラニアの種類ごとに、無責任かつ勝手な私見をまとめたページを作成しています。
本当に大した内容じゃないんだけどね^^;)。


きっかけは、自分のパソコンのWebブラウザを、IE6から他のものに変えてから、既存のピラニア分類ページのレイアウトが崩れまくってる(;゚д゚)!!....ってことが分かったからです。
また、4〜5年前に作成した当時の自分自身の考えと変わった点がちょこちょこでてきてましたし、出所がよく分からない画像も含め、個人的なキャッシュとしてメモがてら残しておこうと思ったからです。

こんなサイトを維持してるもんだから、種の判別を聞かれちゃうことも多々あるわけです^^;)。
いつも無責任に回答しているのですが、せっかくだから、なるべく海外の情報も含めて、自分なりの経験や見方で答えるようにしたいと思っています。
だって素人だもん☆


たとえば、同じブラックピラニアでも、産地によって、やっぱり様態が微妙に異なるんですよね。そういうのを蓄積すると、視覚的に特徴がつかめるんじゃないかなぁ、と思っています。



ってことで、今日の日記は、特に内容は無し!
画像もナシ!





ちなみに、、、

ダイヤモンドエイローピラニア。


この学名は、日本では、「Serrasalmus gibbus」ってされてるけど、これは日本だけっぽいんです。
こういうところがまだまだありそうで、当たり前だと思っていた情報だけを鵜呑みにできないのが、ピラニアの奥深さを感じるところでもあります。





サンプルとしては、こんな感じ。
Serrasalmus_irritans



内容が薄いのはご了承を☆。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:18 | Comment(3) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

衝撃・・・






























先週末・・・










アクアマガジン(No.18)を嫁に捨てられてた・・・・(T ^ T)





宝物だったのに・・・。。。






鬼。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:19 | Comment(10) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。