2011年02月26日

水槽部屋の装飾 〜仮想アマゾン

相変わらず自分のペースで日記を書いてます^^;)。
今日は、最近の水槽部屋の天井を中心に晒しま〜〜す。


リビングから見た水槽部屋の様子


天井がだんだん賑やかになってきてます^^;)


色々いじってみて感じたのは、本物の枯れたツタの束に、フェイクのツタを巻き付けると、いい感じの雰囲気になる気がします。
枯れたツタは自然のものなので、変な虫を避けるため、網戸用虫除けスプレーをして乾かしてから使用しています。







幅60cm水槽群の上部にもツタが侵食!
写真だとあまり立体的に見えないのですが、実際は結構ごちゃごちゃしてます。
ここはもうちょっと工夫する予定です。



左側は以前と変わらず。。

150cm水槽が狭く感じるのは装飾のせい?ピラニア達のサイズと数のせい??

この植物がぜーんぶ本物で、飼育水から水分と養分を吸収してくれたら嬉しいのになぁ。


夜、20w×2の蛍光灯1機のみを点灯したときの様子。

これはこれで雰囲気があって好き☆
底面にピラニアの影が映るといい感じに見えちゃいます。
水の揺らぎや木漏れ日までメタハラで表現できたらいいんですけど、課題がたくさんあってまだできません!(>_<;)

この装飾に、ツリーフロッグやハチドリ等のフィギュアを取り付けてみたいし、150cm水槽の裏ももっと工夫したいなぁ。
posted by sato at 13:20 | Comment(4) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

2月の電気代と、屋外水槽の様子


今年の冬はラニーニャ現象により、北半球では寒さが厳しく、南半球では洪水が多発しました。
今月は千葉にも雪が積もったりもして、例年よりも寒かった気がします。




そこで気になる2月の電気料金の明細。
みぼくうさんの日記を見て、我が家の状況が気になりチェックしてみました!


家はオール電化で、床下蓄熱器を夜間に通電しているため、使用量は多いと思います。ビンボーなので太陽光発電までは取り付けられませんでしたが(;_;)、、、それでもガス代と灯油代がゼロなので、トータルで考えるとまぁまぁ安く抑えている方なのかなぁ〜と思います。


少なくとも自分が賃貸アパート(プロパンガス)に住んでいた時代と比較しても、確実に光熱費は安くなってるようです!嬉しい☆



気になるのは今季から稼動した屋外水槽による影響。
明細を見ると、、今年が1932kwh、昨年が1880kwh。





昨年とそんなに大きく変わっていない!!



ヒーターの本数は昨年と変えていないので、これは断熱効果が顕著に現れているんだと思います!
良かった!!スタイロフォーム50mmバンザイ(≧V≦)ノノ
嫁になにか言われても堂々と言い返しちゃる!!!



その屋外水槽。

夜は真っ暗。

プラダンとスタイロフォームの蓋をとると、またプラダン。

水中ライトで光を照らしてチェックします。


この中は、自作セパレータで半分に仕切って、カマリピラニアと、ブラックピラニアがいます。




餌の小赤投入ついでに中をチェック。

カマリピラニアは無事に生きています☆

ホッ。。。


自作のセパレータの向こうはブラックピラニア

先日、ブラックピラニアが暴れた拍子に揚水ポンプの塩ビ管をぶっ飛ばしていて、自作上部フィルターの中が1週間カラッカラでした(ー ー;)。

フィルターマット交換しようとチェックしたのが幸いでした。。
日頃のチェックは大事ですね!


暗いのでフラッシュ撮影。

10匹いたザリガニはすべて食べられちゃったようです。
この前まではザリガニに目もくれなかったのに。。



完全にバックヤード化していますが、とりあえず成長には飼育の維持が大事だと思っているので、この鑑賞(干渉)されない環境でのびのび泳いで、少しでも大きくなって欲しいです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 17:00 | Comment(14) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

キングコロンビアモトロ♀の近況


キングコロンビアモトロ♀の様子です。
導入してから1ヶ月半が経ちました。

飼育している水槽は、カマリピラニアがいた60×45×45(H)cm水槽。底面は白の塩ビ板を敷いています。
フィルターはエーハイム2213と、水作の水中フィルターミニ。ヒーターを設置せず、24℃を維持できています。



傷はかなり治りました。
怪我をしたときの日記はこちら

しかし柄がちょっと乱れちゃいました。淵もまだ完治とはいえないレベルです。

体盤(横)は16cm。1ヵ月半で2cmの成長。
隔離してきちんと餌が届いているので、まぁまぁでしょうか。
餌はおとひめEP-6を中心に、たまに小赤。1日1〜2回の頻度で給餌。
うんこーがすごい。^^;)


餌の影響で、この水槽水だけちょっと黄ばみます。
うんこ君除去のため、少しずつこまめに水換えしてます。


毒針のチューブは、購入時から付けたままです。鑑賞上はとても目障りなので取ろうかと思いましたが、このままだとどうなるのか気になって、放置。チューブの根元がムニュっとなってきてます。

下に次の毒針が生えてきているので、そのうちポロリと取れるでしょう。



この写真だけ2週間ほど前の写真で、この60cm水槽に移した直後くらいの様子です。
笑って見える口が、やっぱりカワイイ☆

水槽移動直前に、隔離水槽から140cm水槽本体に飛び出して、ヒーターにちょっと火傷して淵が欠けちゃいました。
今は徐々に治ってきています。

140cm水槽は、エイを飼育している水槽なのに、ヒーター4本中、むきだしが2本。
モンスターアクアリウムでカバーを買おうと思って放置してたら、なかなかヒーターカバー単品に出会えず、案の定。。。



導入当時のあの状態がもったいないですが、きっとスバラシイ柄になる素質は十分あるはず!
繁殖できるサイズまで、とはいかなくても、混泳できるサイズまで早く大きくなって欲しいです。




この水槽でどこまで大きくなれるのかな??

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:29 | Comment(3) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ピラニアピラヤたちを水槽から出して測定


前回の日記で紹介したピラヤたちの混泳動画を眺めていて、自分で言うのもなんですが、改めてピラヤって魅力的だなぁ〜〜、と思いました。


最近、ピラヤ2号はピラヤ1号と大差ないサイズに成長してきたと感じていましたが、その他のピラヤたちは変化を全く感じません(>_<)。しかし経験上、広い水槽できちんと餌をあげていれば、気付けば少しずつ大きくなっているものです。

この確実に大きくなっているピラヤ2号も、4年前の2月に27cmのサイズで飼育し始めたピラニアです。
成長の経過をずーーっと見ているはずなんですけど、単体で見ると、このときから大きくなっている気がしないんですよね〜。でも昔の画像を見ると、やっぱり大きくなっているんですね〜。




そーいやピラヤ6号(ダミアン)も、ちょうど1年前の2月から飼育し始めたんでした。

ってことで、勇気を持ってピラヤ6号(ダミアン)を水槽から掬い上げて、1年間の成長具合を測ってみることにしました!!






すっごく怖いです!

ハンパなく怖いです!!

必死!ひっし!!

カゴに体を擦って傷付けたくないので、濡れたTシャツをカゴの底面に敷き、濡れたバスタオルをかぶせて、なるべく跳ねないように抑えてから測定をしました。


自分はダメなんですよね〜〜。
水中から出したピラニアの扱いは…( ;谷)



もの凄いパワーと熱気とともに、Tシャツが水浸しになりながらカゴに掬い上げることができたピラヤ6号(ダミアン)。

サイズは、、




34cm!!




ほぇぇ〜、変わってないと思っていたけど、やっぱ少しは大きくなっているんですね〜。

34cmっていったら、ピラヤ1号導入時のサイズに近づいてます。
嬉しいです☆



どうせびちょびちょになっちゃったし、心臓バクバクのまま、がんばって他のピラニア達も測定することにしました!!


ジャイアントイエロー!

こいつも凄いパワー!!

5年半前は15cm、手の平サイズだったことが嘘のような肉厚!プリップリ!
水槽の外から眺める感覚とは違って、水槽の外に出したときはいつも新鮮。

サイズは、、




32cm!!


この1cmの成長の積み重ねが大事!
スバラシイ!




そしてピラヤ4号。

こいつも最近大きく感じていました。プリプリ感はやはりすごい。

サイズは、、




32cm!!


ジャイアントイエローに追いつきました。
体形は好みじゃないけど、小さい頃から飼育してきた愛着があります。
ブサイクでも40cmを目指してデカクなってほしい!



次は、ピラヤ1号。ボス。





あー、あのね。

これは私みたいな素人が水槽から出しちゃダメな代物ですね。^^;)


これまでのピラヤたちとは次元が違う恐怖!

ってか、すっごく重い!
3kg近くあるんじゃないか?と思うくらい重く感じました。
モワ〜〜〜と感じる熱気。


カゴにギュウギュウ、ってところまではさすがに無かったですけど、サイズは、、


40cm! ◎^∇^◎






次は、期待のピラヤ2号。








・・・





この画像で想像してもらえましたでしょうか。

この水槽の住人を測定するときの怖さが。

縦に跳ねたら完全に手が当たるので、まじでヤバイです。





ピラヤ2号だけじゃないんですけど、みんなドッカンドッカン跳ねちゃうので、カメラ持ちながらの撮影は無理でした。
ホントに怖かった・・。


ピラヤ2号のサイズは、40cmを若干超えてるくらいでした・・・。

もう疲れちゃって疲れちゃって・・、
文字のサイズも小さくなっちゃいました^^;。




いや〜〜〜、神経を使った気がします。
次に測るのは来年でいいや^^;)。



今日の結果をまとめると、


  • ピラヤ1号→40cm
  • ピラヤ2号→40cm
  • ピラヤ4号→32cm
  • ピラヤ6号→34cm
  • ジャイアントイエロー→32cm


平均35.6cm。
でした。メモ(´ω`)φ


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:34 | Comment(13) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

Big Piranha Piraya Mix, Feeding



無理な混泳は嫌いでした。
なぜ、わざわざ傷付け合うことが分かっているのに大切なものを危険な状態におくの??
手に入れたくてもなかなか手に入れられないピラニア達。


傷付いた痛々しいピラニア・・・、ヒレが変形し、目を傷付け、鱗が飛び、発色が戻らない体表。頭だけ残った姿、跡形も無くなることも。

誰もが容易に予想できる結果。




でも、やはり混泳は単独飼育には無い魅力がふんだんに詰まってると思います!

この魅力に取り付かれると、なかなかやめることができません!


ピラヤ1号、40cm±。
ピラヤ2号、40cm±。
ピラヤ3号、28cm±で死亡。
ピラヤ4号、31cm±→32cm。
ピラヤ5号、35cm±で譲渡。
ピラヤ6号、32cm±→34cm。
ジャイアントイエロー、31cm±→32cm。
(※細かいけど後日測定したので修正)


野生か水槽かは別にして、この混泳の魅力が少しは伝わるかな。

相変わらず照明を点けると餌の食いつき方はイマイチですが、食べる姿を観ると目が爛々としてしまいます。



ピラニア飼育は簡単です。
でも難しくて大変な飼育方法もあります。

飼育方法を変えることによって様々な魅力を見せてくれると思います。


この水槽は、まだまだ観る価値があるかな。
posted by sato at 18:00 | Comment(4) | ピラニア動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

この1週間は何も無かったなぁ〜




いや〜、今週は特にネタはなかったです。
カマリピラニアを屋外水槽(120×60×45(H)cm)に移し、キングコロンビアモトロ♀を60×45×45(H)cmに移したことくらいかな。

買い物では、モンスターアクアリウム松戸店で小赤100匹とタイマーを買ったくらい。

結局カマリピラニアは生き餌生活。
水槽移動の際にサイズ測定したら、、、
17cm継続。。。写真も撮らずに水槽へぽちゃん。
もーー力をかけるのはヤメ!
テキトーに生き餌を入れて、定期的に水換えするだけにしよ!。放置!



ついでに、先週追加したばかりのオトシン、、、
見当たらないなぁ〜と思ったら、、、
水換えのときに発見!

ウールBOXで溶けてました・・・。
まさかコーナーボックスの隙間を通れるとは・・・ゴメン。。





ってことで、今日のネタはアルマータス・カショーロ。



がんばってフナを食ってるシーンを撮影しようと試みたのですが、たまたま(?)水槽が汚い上に、シャッタースピードを上げるため、フラッシュを焚いたら、色々反射してよく写らんっ(-_-#;)!!

アルマータス達のサイズは、1号が58〜60cm、2号が56〜58cmって感じです。
水槽の外からの何となくの計測ですが、1号の方は60cmに達してる気もします。
餌は、15cm〜18cmのフナがちょうど良いようです。

春以降の餌の仕入れに悩むなぁ・・・。




餌取りが若干下手なアルマータス2号は、フナの頭付近に牙を刺したのか、刺さりどころが悪くて、下のようになっちゃいました。

↓↓↓





翌日には抜けました。



牙のサイズは2.4cm。
写真では2.3cmに見えるなぁ。
指を簡単に貫通できる長さです。


この日記を書いてるときも、蓋の上に置いたティッシュめがけて「バコっ!」って突き上げてますw


おぉぉ、怖っ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:36 | Comment(2) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。