2011年01月30日

カマリピラニア(マヌエリ) 右目の治癒経過


本日オトシンを5匹購入。150cmピラヤ混泳水槽へ投入しました。
これだけ小さいと、どこにいるかパッと見てもわかりません^^;)。たぶんピラヤたちにも食われないし、コケとり効果もないでしょう!笑





さらにザリガニを10匹だけ購入。2〜3cmくらいの小さいサイズ。
これは餌目的ではなく、残飯処理係としての役目として、カマリピラニアの水槽へ投入しました。

やけにオレンジ色の個体も混じっていましたが、そのうち赤と青が混ざったでかいハサミに化けるでしょう!





そしてザリガニを投入した水槽の主、カマリピラニア(マヌエリピラニア)。

18日前の2011/1/12に右目を真っ白にする外傷を生じていました。

よーーく見ると、目の中心付近がうっすら白く見えますが、もうかなり良くなっています。
遠目で見れば分からないくらいになっています。




怪我を発見した当日はこんな感じでした。治ると分かっていても、こんな真っ白だとちょっと引いちゃいます・・・。




このくらいになるまで10日〜2週間くらいかかりました。



おまけで左側面から撮影。



正面から見ても、左右の目に大きな違いは見えません。





とりあえず経過が順調でひと段落☆


実はこの水槽には、ヒーターを設置していません(@∇@)☆
ヒーターを設置していなくてもこの時期で24〜25℃という驚異的なエコ水槽なんです。
(ちなみにここは千葉県。)


先日、屋外水槽のヒーターが故障しているのを発見して(18〜19℃でしたがブラックピラニアは無事)、緊急対応でこの水槽のヒーターを移動させました。
その後、水温が思ったより下がらないので、購入したサーモ&ヒーターは予備用に保管。

水槽部屋の室温は20℃〜23℃位なので、外部フィルターの設置場所に熱を発する冷凍庫がある効果なんだと思います。





このカマリピラニア、ドジョウと小赤への餌食いはまぁまぁ良いのですが、全く大きくなる様子はありません。。。
大きくなって欲しい気持ちが強すぎて、毎日見てるとストレスを感じてきちゃいます。

そろそろ外に移動させて、この水槽はキングコロンビアモトロ♀の治癒・隔離水槽にしようかな。
posted by sato at 16:29 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

巨大ピラヤたちの近況

久しぶりに150cm混泳水槽の様子を。

まずは最近の主食の紹介。

ニジマス。
近所のスーパーでアジよりもコンスタントに買えるので、ニジマスが主食になっています。
1匹100円くらい。



頭と内臓を取って、5つにぶつ切りして冷凍保存しています。
これを2日に1回くらいあげています。
たまに1匹丸ごとあげることもありますが、水の汚れを極力避けたいので、大抵はブツ切り。

あとはアルマータスが惨殺した大きめのフナを不定期で入れています。フナの場合は頭が硬くて大きいためか、頭が残ります。

何とかこの量と頻度で混泳を保てています。





ピラヤ2号。

最近迫力が出てます。穴あきでブサイクな面ですが、体高や厚みはピラヤ1号を超えているように見えます。全長も40cmに達したでしょうか。

2007年2月に27cmのサイズで飼育し始めました。
もうすぐ満4年経ちます。
いつの間にか大きくなってるんですね。



ピラヤ1号。
色がくすみがちですが、色素細胞を広範囲にもつ潜在能力があるので、発色がいい時は驚くほど綺麗なやつです。
サイズは、あまり変わらず40cmキープって感じかなぁ。

2007年1月に35cmのサイズで飼育し始め、満4年経ちました。
ピラヤ2号にサイズが追いつかれてるし、もう何年も現状維持、って感じです。



ピラヤ6号(ダミアン)。

体色がオレンジ色から黄色に移行してきています。
餌の影響でしょうか。
アスタキサンチンなどのカロテンを含む甲殻類をあげたいところです。

怪我をした部分の色素は戻っていないです。
測ってないけど、サイズは導入時の32cmからあまり変わっていない気がします。




ジャイアントイエロー

こいつも現状維持、って感じです。
でもこの混泳の中、生きているだけで嬉しいです☆。
なんたって一番の古株ですし、ナッテリーを全滅させた犯人ですし、私の指を噛んだ愛しいピラニアですから!

サイズはどうでしょう、、、この1年で変わった感じはしないです。



ピラヤ4号

こいつはちょっと大きくなっている気がします。この1年で3cmくらい成長したかな?ジャイアントイエローを抜いたかどうか、って感じです。
ただ、体形は好みではありません。顎が小さく、尾びれの付け根がキュッとしてないので、胴長短足という印象です。足は無いけど。



レッドファントムテトラ。

うまく写真が撮れた!一眼デジカメじゃないデジカメで、この小魚の撮影は結構難しい!
導入して10ヶ月し、9匹残っています。当初15匹導入しましたが、いなくなった奴の大半は遺体を収集できているので、ピラヤ達に食われたものは1匹いるかどうか。

減りが少ないのは、小さいサイズということと、体色が周りに同化しているからでしょうか。


オス♂同士のフィンスプレッティングはすごく綺麗で、見とれてしまいます。
あと30匹ほど追加したい。。と思って数ヶ月、まだ実行できていません。






と、こんな感じで150cm水槽は事故なく混泳が継続できています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:37 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ピラニア飼育にも一般的な熱帯魚飼育知識を

ピラニア飼育をしていると、ピラニアが丈夫なだけに大雑把な飼い方をしがちで、熱帯魚飼育の基本的なことを見過ごしたまま何年も飼育しちゃうことってある気がします。
また、UFOキャッチャーで取ったナッテリーが初めての熱帯魚飼育なんです!という方も結構いるはず。

そういう方には、まずは復習の意味も込めて、AllAboutより、「熱帯魚の飼い方」をご覧ください。
初歩的なことは見る気がしない!という方にも、内容が体系的に幅広くまとめられているので、熱帯魚飼育初心者にアドバイスするときには役立つサイトだと思います。




しかしまぁそんな内容でこのサイトの記事が終わったらつまらないので、カーニバル、キャット等でお世話になっている、キョーリンのWebサイトよりちょっとしたネタを・・・




■.水道水を汲み置いていれば、カルキが抜けるってホント?


水道水に含まれるカルキ(塩素)処理をせずに、水換えのときは水道水をそのまま、どぼどぼ〜〜〜って入れまくってる人はいませんか??



いますよね☆☆笑

予想ではこの記事を見ている半数くらいの方は、水道水をそのまま入れているのではないでしょうか。


そんな中、中和剤なんて異物はヤダ!と、丁寧に汲み置きしちゃってる方は少ないと思いますが、汲み置きにもコツがあるようで、日光を当てないとなかなか塩素は抜けないようです。
汲み置き派の方がおられましたら、こういうデータもあることをぜひご注意ください。


しかしこれって、室内で汲み置きしているお店が結構あるんじゃないかなぁ。
浄水器通して、ジャーーの方が早いとは思うけれど、たぶん経験上大丈夫なんだろうね。


ただ、水道水の塩素については、ぜひ私から注意喚起しておきたい!
既存の飼育水がたくさんある場合は、飼育水中の不純物と塩素が結合されて中和されることはあると思いますが、塩素は、鰓の細胞自体にダメージを与えるだけでなく、魚の血液中のヘモグロビンと塩素が結合して、呼吸困難・遊泳困難となる危険があります。

ピラニア飼育ですと、既存の飼育水の半分(以上)を一気に換える方もいると思います(→自分^^;)。


しかし、夏場は特に注意してください!(マジで)
口を頻繁に大きく開け閉めして、呼吸が荒くなってるときは水道水の塩素が影響を与えているサインです。

私はこれまで塩素障害で、ラインノーズとカマリピラニア(旧ヒュメラリス)や、金魚を落としたことがあります。( ̄□ ̄;)ドヨーーン。
中和剤か浄水器の利用をおススメします。





■.活性炭はアンモニアを吸着しない!?時間がたつと一度吸着した汚れを放出する?

ピートの抽出液でブラックウォーター化している方には無縁かもしれませんが、黄ばみや白濁除去に活性炭製品を使用している方は多いのではないでしょうか。
これは私も勘違いしていましたが、活性炭はアンモニアを吸着しないようです。びっくり。
アンモニアのような無機物のイオンではなく、水の黄ばみや魚臭・カビ臭、 フェノールなどの比較的低分子の疎水的な(水になじみにくい)有機物と化学反応し、吸着するとのことです。

水槽立ち上げ時には、やはりきちんとバクテリアを定着させてから魚を入れるようにしないとダメですね!


あと、「活性炭は、時間が経つと吸着した汚れを吐き出す!」なんてことをお店で言われたり、製品の横に"1ヶ月で交換を!"みたいなコメントが書いてあるのを見たことは無いですか??
これはどんな根拠があるのだろう?と疑問に思いながら、私は無視して何年も同じ活性炭をろ材の一部として使っています(たまに汚れは落とします)が、やっぱりただ製品の回転を良くさせるための文句だったのですね。
これを商売方のカミハタさん(キョーリンさん)が言っちゃうところが気に入りました!





■.魚は小麦粉を消化できない?

"全ての魚が消化できない"わけではない、ということだそうです。
とりあえず、少なくともキョーリンでは、餌の対象魚による消化能力や水の汚れを総合的考慮して適切な配分をしているとのことです。

ピラニアの場合は、、、う〜〜〜ん・・、腸のつくりを観ると、やっぱり植物性の食べ物は向かないと思います。
未消化で排出されるのか、腐敗して体内にガスが溜まるのか、その辺が気になります。ガスが溜まることについては、植物性だからという要因というよりも、古すぎる新鮮ではない肉・魚・人工飼料等だったり、腸が詰まるようなものの方が、ガスを溜めてしまう要因だと予想してます。


私は個人的に、大手メーカーの人工飼料は、魚や甲殻類を中心的な原料に、ビタミン・ミネラルを添加し、商品によってはプロバイオティクス機能を持つ生菌剤が入っていることが多いので、とても有用な餌だと考えています。
特に生菌剤については、魚の養殖業の分野で研究が盛んであり、消化吸収力の向上や、水中での排泄物の分解の向上などの効果と、成長に有意な差があることが発表されていますので、人工飼料を選ぶ際は、プロバイオティクス機能があることも購入のポイントに加えると良いと思います。




という文章ばかりのネタでした。
いつかネタが集まったら、色揚げのうんちくネタを書いてみたいです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 17:00 | Comment(4) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

まっかちんのピラニア動画やアマゾンフィッシング動画


今日は満月!

今日のネタは、なかなか都内に来れないピラニア好きの方に、私が勝手に決めたピラニアの聖地の1つ、まっかちんの動画をアップします v(o ̄∇ ̄o)v




昨年末に行ったときに撮影したものです。

これで在庫の一部だからスゴイ。

サイズは結構適当(テキトー)に書いているので、現在の在庫状況等も含めて問い合わせはお店に確認してください。
感想だったらいくらでも受け付けます☆

でもやっぱり、ネットの動画や画像で見るより、お店で直接見る方が心が躍ります☆




そういやこの日、まっかちん爬虫類倶楽部→東京オペラシティで飯、って感じで、いーっぱい歩きました^^;)。
爬虫類倶楽部は、移転してからは初めての来訪だったのですが、以前にも増して店内がすごく綺麗でした。入り口の巨大テラリウム(90×90×120(H)cm)は必見!

将来、150cm水槽の劣化の時期にきたら、巨大アクアテラリウムを作ってみたいなぁ。







他の動画情報として、SIMANO TVより、グランデオガワさんが登場するアマゾンフィッシングも紹介します。これはFlash動画なので、i-phoneでは見れません。

ピラニア動画ではないですが、現地の風景と魚が見れるのはたまらないです!


#04 開高健が魅せられたアマゾンフィッシング
http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/fishing_cafe_04/



#05 オーパ ! 再び ! 〜世界最大淡水魚ピラルクを釣る〜
http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/fishing_cafe_05/





2011年はグランデ・オガワさんがシングー川フィッシングチームを企画しています。
http://amazonfishing.blog134.fc2.com/blog-entry-48.html
http://www.supermercardo.com/afft_006.htm

値引きされてる!



どーやったら行けるかなぁ、、、とりあえず4月に職場の異動がなかったら、上司(休暇)と嫁(資金)に土下座してでも頼み込もうかなぁ。
両方に捨てられたりして・・・それは困る…(/v\)。


釣り道具もない・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 17:59 | Comment(13) | ピラニア動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

うまくいかないときは、やっぱりうまくいかない。。

さて、新規導入したコロンビアモトロ♀の様子。


早速隔離━━━(TДT)━━━!!


140cm水槽の中に45×30×36(H)cm水槽・・・。


ちょこちょこ体盤の淵を齧られていたのを様子見していたのですが、3日(1/12時点)で混泳中止。。



顔がべろりんちょ。

傷の形状を見ると、これは多分他のエイに噛まれたんじゃなく、器具の隙間に入って傷付いたと思うんだけど、手遅れになる前に隔離。


ひえぇぇ。
美形のお顔が〜〜。。。



淵も腹ビレも齧られちゃった・・・。

倍のサイズ差があったモトロ1号とエクセルコロンビア♂の2匹の混泳のときは大丈夫だったので、いけるかなぁ〜、と思ってましたが失敗。

隔離した日は餌を食わなくてちょっと焦りましたが、翌日からはモシャモシャ食ってるのでダイジョブ。


傷が回復してから140cm水槽に戻すか、別の水槽に隔離して成長させてから戻すか・・・。


水槽に水槽を入れちゃったもんだから、環境の変化でアルマータス達の食欲が下がっちゃったし・・。
やっぱ別の水槽隔離案かなぁ。でもそんな水槽はどこにあるんだ??


うまくいかないもんだねぇ。











話は変わって、カマリピラニア。これも1/12時点。


仕事から帰ってきて、水槽の様子を確認。

焦ってエイを隔離した後、一息ついて横の水槽をチラ見。

ドジョウ残飯の放置すると水を結構痛めてしまうので、早めに除去しようかと思ってライトを点けて見ると・・・。



水がちょっと濁ってる。。。



水がちょっとだけ濁ってる。。。



でも濁りは水だけじゃなくて。。。




ひぇぇぇっぇぇぇ・・・。


まじか〜〜〜。


尖った障害物は水槽内に無いのに・・・、吸水ストレーナーに擦ったか??

朝は何も無かったのに、この10時間で何があったんだ・・・。


気を使って3日に1回の軽い水換えまでしてたのに。。



うまくいかないときはトコトンうまくいかないねぇ。。。





・・・ そしてついさっき撮影した画像。1/15日時点。

けがをしてから3日後か。



正面。



初日よりは治ってきてるけど、まだ雲ってる。
ピラヤ5号のときの記録と比較すると、ちょっと治りが遅いから、治るまでは、あと1週間〜10日くらいかな。



左目は無事。

泳ぎもしっかりしてるから大丈夫でしょう!

こっち向きはカッチョイイのに・・(TДT)...グスン。




いじりすぎてもダメ、放置しすぎてもダメ。

魚の様子を見ながら、ちょうどいいところでの維持。


混泳も、餌食いも、成長速度も、傷の治癒も・・・、気にしすぎず、無関心にならない。


うまくいってるときは簡単に思うんだけど、うまくいかないときは難しい・・・。


同日(1/12)にこのダブルパンチで、もうヘコヘコです 凹(´ヘ`;) (´ヘ`;)凹





こーゆーときは、ルビーレッドを眺めて癒さてもらいます。。



あぁ、、ありがとう、ルビーレッド・・・。

ちょっと気持ちが回復した。。もうやだ〜(悲しい顔)グッド(上向き矢印)
posted by sato at 23:58 | Comment(7) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

前回の続き あと2箱

前回のキングコロンビアモトロ♀の到着と一緒に届いた残りの2箱。

それぞれ結構デカイ。





まぁ、中身は大したものではなく、3〜4週間周期で定例のアルマータス用の生き餌です。
こんなのを頻繁に頼むから、ヤマト宅急便のおじさんも機転を利かせてくれるんだよねぇ(→前回の日記参照)。



この時期の生き餌の管理は楽です。
数ヶ月前はどーにも維持できなかったドジョウも、水換えと給餌なく1匹も落とさずにストックできてます。


屋外水槽の朝晩の水温は、3℃〜7℃と、手を入れるだけでしびれてしまう位冷たい温度で、先日はエアレーションをしているのに水面が一部凍ってるくらい冷たいです。室内の水槽の温度とは20℃前後の差があり、給餌のときは温度合わせが結構面倒くさいですが、もう慣れちゃいました。





ってことで、一応屋外水槽で温度合わせをします。日陰に設置してあるのでさらに寒く冷たい環境です。



今回は2袋あるので、90cm水槽の方でも温度合わせ。
外から見る限りは仮死状態のものもいなそうですが、温度合わせ後も大丈夫かな〜〜〜と中身を点検。




今回の餌は、、、






フナ!

今回は大きめ。
10〜15cm前後を注文しましたが、お店のご好意により18cmくらいのサイズも同額で入れてもらえました。死着保証分1割増しで計110匹。3000円+送料1280円。




90cm水槽にフナ110匹と金魚25匹。
超過密ストック。
この時期だからこそできる荒業!


水槽に投入しても大丈夫そうですが、フナはかなりスレ傷が多いですね。触った感触も金魚のようなヌメリがないので、すぐ感染症にかかりそうです。池から掬い上げられる金魚と、川や湖から採集されるフナとの扱われ方が違うんでしょうね。
ヘタる前にアルマータスに食わせてしまおう!





しかし18cmで、ヘラブナと思われる体高のあるフナも入っているので、アルマータスが食えるか心配・・・。
ピラニアと違って丸呑み派だからなぁ。




まぁ、大丈夫だろう。^^;)汗。



アルマータスの食べる餌のサイズは、体高がなければ体長の半分はいけると思われます。
この映像もヤバイ。




最近態度がふてぶてしい。
人を恐れることなんてないし、容赦なく蓋を突き上げてくる。
カショーロは"臆病"って定説はどこにいったんだ?


posted by sato at 17:00 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

新年早々新魚導入!

新年早々新魚を購入しましたぴかぴか(新しい)




お店側が指定日を間違えて、発送した日の3日後を到着日に指定しちゃってたのを、「これも生き物だと思ったので、今日じゃないとマズイですよね。」と、ヤマトの宅急便のおじさんが機転を利かせてくれて、無事指定日に届けてくれました。

頻繁にアルマータス用の生き餌を注文するので、以前宅急便のおじさんと品物について会話したことがあり、たまたまそのおじさんが担当だったから助かりました。

ありがとう おじさん (T∇T).。☆ぴかぴか(新しい)

何事もコミュニケーションは大事ですね。




さて、1度に箱が3つも届きました。
この梱包材の量、、ゴミ処理も結構大変ですよね。特に発泡スチロールとダンボール。・・・(^^;)




1つ目を開梱していきます。
午前中を指定し、11時57分に着いたものだから、この日の午前中はハラハラして仕方ありませんでした。生き餌じゃないときは、営業所に直接取りに行った方が安心するので、今後は直接取りに行こうっと。

しかし、上の画像ではホッカイロをまとめて撮影しちゃいましたが、実際は、新聞→ホッカイロ→新聞→ホッカイロ、って感じで、まるでミルフィーユみたいに満遍なくホッカイロを6個使用されていて、寒さ対策は万全でした。

これは自分で発送するときに参考になります。



さぁ、箱の中身は・・・、





キングコロンビアモトロ♀ 体盤14cm



はい、ピラニアでなくてスイマセン・・・。
ピラニアを追加で飼育するスペースが無いんです。

しかし、この個体の柄、私の好みで申し分ない。超極上お姉系モトロです。熱帯魚業界の言葉で言えば、「ごくび(極美)」。妥協なく探した甲斐がありました。


"キング"とは、販売名で、"クイーン"や"エクセル"同様、特に大きな意味は無く、柄が美しい、という意味だと思います。
メスなのにキングじゃちょっと変だしね。
しかし、このブログでは、個体を識別できるよう販売名のまま取り扱います。






水合わせ。
"エイ"は水質に敏感、と言われますが、我が家の生き餌と同じやり方で水合わせ。むしろ水温5℃から掬い上げた金魚やドジョウの方が、温度合わせが必要な分、時間を使います。


後ろのエクセルコロンビアモトロは♂。

サイズ差がかなりあるので、齧られちゃうこともあるかもしれませんが、様子を見ながら一緒に泳がせます。
このコロンビアモトロ同士のかけ合せは将来が楽しみだ〜。


お店ではおとひめ、冷凍エビ、小赤等を与えていたとのことなので、おとひめを与えたところ、バッチリ食ってくれました!人工飼料に慣れさせなくて済むのは楽で嬉しいです(>∀<人)♪♪ 。

この種は大体1年で体盤が30cm近くが成長の目安、とお店の方に聞いたので、うまく成長してくれれば再来年くらいが繁殖可能な時期になると予想しています。

未だにエイに対しては、どのくらいの量の餌を食べるのか分かっていないのですが、あげた分は全て食べる、量を目安に、おとひめ中心で育てていく予定です。





鬼嫁からは、



「うわっ、キモッ!」



と、褒めてもらえました☆

posted by sato at 10:00 | Comment(7) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

このピラニアはすごい!!

まっかちん情報が3回連続しちゃいました。まぁ、ここの訪問者の方々は、きっと我が家のピラニア達は見飽きちゃってると思うのでいいでしょ!


今日の記事は、気になるオークション情報です。
とはいっても、すでに終了しちゃった情報ですけどね!笑
入札はしなかったのですが、出品されたときからちょっと狙ってたので、終了直前に徐々に金額が上がる争いを ずーーーっと眺めていました。



24cm±のダイヤモンドブラックピラニア、との商品説明がありました。
(画像を見る限りは、ダイヤモンドブラック系ではなさそうな気がします。)

下の画像を見ても分かると思うのですが、この個体はすごく特長があります。
このサイズでここまでの斑点模様のセラサルムス系は初めて見ました。
小さい頃からこのような斑模様があったようです。





体色の薄さや、細かい斑点模様から、シングー川系かな??と思いつつ、こんなに斑がはっきりしている個体は、ネットの画像を含めても他に見たことがありません。


水槽スペースがあれば、自分が意地でも買おうとしてたかもしれません。
この個体の成長後の姿が気になります。

あ〜〜、後で後悔するかも。。


購入された方は、目の付け所がきっと自分と似てるなぁ。



今後も気になるオークション情報を記事にすることがありますが、自分が狙った商品の場合、余計な高騰を防ぐため、開催中の情報は載せない予定です^^;。
もしご訪問者の方で、自分のピラニアをオークションに出品して宣伝したい場合は、掲示板をご利用ください!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 08:00 | Comment(3) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

まっかちん情報 ピラニア編その1

それでは12/29に行ったまっかちん情報、ピラニア編です。


アラグアイア、ファイヤーベリーピラニア。15cm±。海外では、Red Ruby splio等と呼ばれています。やはりこの種は綺麗!大きな個体の情報を見たことがないですが、あまり大型になる種ではないのでしょうか。20cm前後でも黒くなる感じはない気がします。大型個体情報を知ってる方がいましたら情報ください!




スリナム産、デンティクラータピラニア。

15cmくらいで真っ黄色のタイプも見たことがありますが、このサイズでは大抵あまり色がついていないのが多いです。そのような中、この個体は各ヒレがオレンジに染まり、体表もオレンジが入っている珍しいタイプのデンティクラータです。

海外の情報では、私が飼っているようないわゆるオニギリピラニアは、このデンティクラータの雄という情報もありますが、体形、歯の形等を比べると、どうしてもデンティクラータとは思えません。
遺伝子的に検証してくれる人はいないかな??

「オニギリピラニア」として売られているピラニアも多種多様なので、デンティクラータの体形で班点模様のタイプがいるのかも知れないですね。



ダイヤモンドエイローピラニア。産地は不明。5000円。

安い。顔が尖ってなくて、ちょっと丸い感じのタイプです。




ピラヤ、32cm位。140000円

いかつい顔つきです。
上顎が縦に直線的で、四角って感じ。あまりみない顔です。

ピラヤだけみても、色々な表情の個体がいますね!
個人的には、我が家で飼っているピラヤ6号(ダミアン)みたいなイケメンが好きです。
あ、雌かも。





ナナイ川産、ブラックピラニア40cm、180000円。

綺麗な個体ですが、腹ビレが欠損のため値引きされています。とはいっても、腹ビレの場合、直接見ても全然気にならないものですね。

体高があって体形は整っていてかっこいいです。
こんなサイズのピラニアを間近で見れるなんて幸せ・・・。




パラナ川、ダイヤモンドイエロー22cm、16800円。

結構大きめのサイズで、口の横幅が広く、目と目が離れている感じがします。



バルビナダム、ブラックピラニア30cm〜くらい、50000円。

バルビナダムは、マナウスの北200kmくらいに位置してます。雨季でも大型個体が釣れるという話もあります。暗い水槽から"ぬーー"っと現れてきたこのブラック、このサイズにしてはかなり安いのではないでしょうか。



パンタナル、ダイヤモンドイエロー20cm、16900円。

これまた前述のダイヤモンドイエローとは体形がちょっと違う感じです。体高が感じられます。
こうやって同じピラニアでも色々なタイプを選ぶことができるのは、まっかちんならではですね。




アラグアイア川産、ラインノーズピラニア20cm位、39900円。

ベネズエラからパラナ川にまで広範囲な場所から輸入されてくるラインノーズ、これはアラグアイア川産。
正面向きっぱなしってことは、こっちを警戒してるのかな?それとも威嚇してるのかな?



トカンチンス川産、ブラックピラニア26cm、売約済み。

売約の札が貼ってありましたが、この記事を投稿する時点では、まっかちんWebショップでは売り切れになっていないようです。
他のブラックピラニアがたくさんいますが、ひときわ紫に反射していました。





ナナイ川産、ブラックピラニア37〜38cm?、180000円。

一番下の水槽にいて、なかなか顔をこっちに向けてくれなかったので、うまく撮影できませんでした(^^;)。
こっちを向いてくれ〜〜。


画像がいっぱいなので、他のピラニア紹介はまた後日☆
まだまだいるんだなぁ〜〜。

ネタが続いてラッキー☆





にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:20 | Comment(2) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

まっかちん情報 ピラニア以外編

あけましておめでとう2011!晴れ


昨年はピラヤ6号(ダミアン)の導入から始まり、大怪我を経験しました。そしてカマリピラニア3号を手放したり、ファイヤーベリーピラニアを亡くしたり、アルマータスの餌の調達などで苦労しましたが、他のピラニア達は順調に育ち、新たに淡水エイを導入したり屋外水槽を刷新するなど、それなりに変化があった年でした。

今年は1月1日からいきなり新魚購入となりました☆
正月から導入なんて、エロンガータピラニア以来です^^☆
そのお話はまた今度☆



それでは12/29に行ったまっかちん情報、ピラニア以外の情報から!サイズまでよく覚えてないので、お店に確認してください。



アルマータス・カショーロ!
15cm〜20cmくらいのサイズ。
コイツはおススメ!

大きくなりすぎる、と言われますが、ある程度水槽サイズに合わせた成長にはなると思います(たぶん…)。他の大型魚を飼われている方には、混泳魚としても扱いやすい魚だと思います。

混泳しているアルマータスは、サイズが小さくてもワクワクします。


ちなみに、後ろにいるゴールドエッジマグナムプレコのサイズは30cm!デカっ!





ポプリアス マクロフタルム種、サンフェリックス・ド・シングー産 リアルタライロン!

最近はめっきり入荷が減った魚です。
超高級魚になってしまっています。

以前、都内でこの種の70cm超の個体を見たことがあり、びびりながら持っていたビニール傘と体長を比べた思い出があります^^;)。90cm水槽いっぱいにタタズムあの迫力はすごかった。。。

お店で2匹在庫があったうち、この個体は大きい方。30cm以上あったかな??




今度も激珍、スリナムとフレンチギアナ国境を流れるタパナボニ川上流産のアイマラ種。

やっぱりタライロンは産地によって様態が違うんですね。





次はベネズエラ オリノコ産 アイマラ種 リアルタライロン


まっかちんはピラニア以外にもシクリッドがお得意ですが、他の珍魚・怪魚・大型魚、もちろん一般魚も充実しています。ピラニア以外の生き物も大好きですが、飼ったことがなく、直接じっくり見たことも少ないのでよく分かりません(≧V≦)。しかしそれぞれの魚に心を奪われる人がいることは理解できます。

このタライロンもまた前述のタライロンとは様態が違います。
在庫のタライロンの中ではもっとも気が荒らそうでした。
3枚目の画像は、カメラを近づけただけでエラを膨らませて「臨戦態勢」って感じでした^^;)。




これはスネークヘッド界の美種、チャンナ・アンフィビウス。
そーいや最近のアクアライフで、スネークヘッド特集をやってましたね!

私にとってこの種の思い出と言えば、25cmのマクリピンニスピラニアが置いてあったお店で、2つ右隣の水槽に居た記憶があります。そのとき水槽には「日本発入荷」との文字があった気がします。
珍しさもそうですが、模様と体表の輝き具合がすごく美しく、魅力的な魚だと感じました。

最近たま〜に入荷するみたいですが、やはり珍しい魚のようです。
ちなみにその当時から、ゴリアテタイガーとバトラクスキャットの値段は桁が1つ減っちゃいました・・・。




キクラSP、サンフランシスコブルー。

ブルー系では、アラグアイア川産のものも青が強いようですが、サンフランシスコ川産も美しいです。アイスポット系は産地により多種多様で、最近種類の整理、というか素人にも分かりやすく特徴等をアクアライフでまとめてくれていました。
(たしかその特集の執筆者だった)グランデオガワさんのブログでは、アイスポットシクリッドの種別に紹介してくれていますので紹介。




飼ったら絶対分かると思うんですけど、この種の捕食シーンもすごく迫力があるんですよね〜〜!
アルマータスの混泳魚として1匹くらい導入しちゃおうかな(●´艸`)*ププ




お店に行ったらいつもピラニアの話ばかりしてた私が、ピラニアコーナーじゃない水槽をじ〜〜っと見ているのを不思議そうに「何撮ってるんですか??」と店長さんに聞かれちゃいました^^;)

いや、プレコも好きなんです。
種類が豊富すぎてよく分からないんですけど、本やネット、お店に行くたびにプレコもチェックしちゃいます。
最近アグアプレコのベビーがいろんなお店でドッと入荷されてきているようですが、小さい頃のスポット模様が凄くかっこよく感じるのは自分だけでしょうか??

バカデカイ個体もたまに見ますが、スポットがなくなるまでの変化を楽しむのも良さそう。
150cmピラヤ水槽に入れたら食われちゃうかなぁ〜。
食われるのを覚悟で買ってみようかな・・。




いつかムブを飼ってみたいと思ったことがありますが、この淡水フグは記憶に無いフグです。
インド便 ゴールドスポットブラックパファー。32cm。デカっ。
背中の模様の気持ち悪さといったらも〜〜たまりません!!!




最後にマクロフタルム種、サンフェリックス・ド・シングー産 リアルタライロン。
上に載せた個体とは別個体です。

この種のバンドの濃淡はメリハリがありますね。
シングー川に釣りに行ったら広範囲な場所で釣れるのでしょうか、、それとも限られた場所にしかいない種なのでしょうか。

どちらにしろ自分でも扱ってみたい魚です。



さて、今日の記事は自分が興味を持ったピラニア以外の魚を取り上げてみました。
目の付け所の悪さはカンベンしてくださいね☆
また、魚の在庫状況やサイズ、値段はお店のHPや電話等で確認してください!

次回こそピラニアの画像を!?


こんな1年の始まりですが、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
posted by sato at 21:23 | Comment(9) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。