2010年06月21日

やっと一息、、悩み10歩前進

日曜日、でかいダンボールが届きました。

「上にものをのせないで」
「6/20(日) 大至急!!」

すばらしいコメント!
自分が運ぶ立場だったら、こういう面倒な注文をする客に真っ先に運んじゃうなぁ。

最近暑くなってきてますが、発泡スチロールなし、クール便でもなく通常のヤマト便で到着。



子ども2人分入れる大きさの箱です。箱も袋も大きいけど、結構軽め。水量は思ったより少なくても大丈夫なんですね〜。水より酸素か〜。

まー大体中身は想像つくでしょう。
大したものは買ってません。


先週設置したベランダストッカーの屋外水槽に浮かべます。
水温は26℃。念のため水温合わせから。



はい、中身は・・・、







金魚! 

小和金〜和金の名でのサイズで、12cmちょっとのサイズを、今回は80匹注文しました!
送料1000円とコレクト手数料315円を除くと、1匹あたり37.5円の単価で買うことができました!

探してみるもんだなぁ〜〜。
これからこのお店にはお世話になりそうです。
アルマータスを手放す気持ちが10歩ほど後退しました。


死着は3匹、キツイ症状の穴あき病が1匹、転覆病が1匹居た以外は無事でした。
とりあえず20匹ちょっとを140cm水槽に入れておいて、50匹ちょっとを屋外でストックしておきます。

この50匹をいかに殺さずにストックできるかが勝負です。
何しろエアレーションが無い環境という頼りなさ。自作上部式濾過槽からの落下水が頼みの綱です。鼻上げしていいから生き延びてくれ!
こりゃ毎朝バケツ1杯(10L)水換え実行でのりきるしかないな。


沈むタイプの転覆病の金魚。ピラヤたちが腹いっぱいだったので、半日この状態。呼吸は荒いけどすぐ死ぬ様子はなさそうです。
転覆病どうやって治すのでしょうか。。。

まぁ今回の場合、餌として無駄にはせず、今は跡形も無く役目を果たしてくれました。 




ついでに残飯処理係のザリガニ。植物性の食い物は一切あげていないので、色が少しまだらな青紫色になっています。

140cm水槽には2匹入っていますが、小赤サイズから3倍以上のかなり大きいサイズになり、愛着も湧いてきちゃってます。
残飯よりも、金魚+モトロ用の餌のキャットにむさぼりついています^ー^;)
このサイズだと、もはやアルマータスもエイも餌にはできません。



あ〜〜〜、屋外水槽大丈夫かな〜〜〜。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:20 | Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ジャイアントイエロー31cmの様子

生き物を飼うって、生き物を育てるというよりも、その生育環境を作り上げ、維持することなんだと思います。ピラニアのように魚であれば、グルーミングするわけでも、散歩させるわけにもいかず、とにかく餌をあげたら残飯と糞を取り除き、定期的に水換えをし、水温を保ち、酸素を送り、環境を整えていく。
これの繰り返しですよね。


そんな中で、ピラニアに直接愛を注げることができるのが、餌やりのとき。

私自身、正直餌にあまりこだわりはなく、安く保存しやすく、ピラニアが良く食べ元気に育つものであれば、基本的に何でもいいかな、と思っています。

そんでやっとスーパーに入ってきたアジ。我が家のヒュメラリスを除く11匹のピラニアの主食。

100g39円。6パック2kg買っても700円弱!
ここぞとばかりに買い占めときました。

餌がなくて苦労するのはアルマータスだけで十分じゃ 凸( ̄皿 ̄)!!


やや小さすぎかもしれませんが、頭も尾も丸ごと食べてくれるいいサイズ!
1匹だけマアジじゃない種類の魚も入ってました。

これで2〜3週間は持たせられるな。



ピラニア11匹で700円、2〜3週間分。


アルマータス2匹で700円、2〜3日分。





・・・    ぎゃふん (×_×;) 





話を変えまして、ジャイアントイエロー(31cm)の様子。

アジもハツもニジマスも鮎も、良く食ってくれます。

底砂を敷いてから体色が薄くなり、綺麗な姿に変身してくれました。
(8本の20W蛍光灯のうち、7本がPG-U。)



この水槽に居ると大きく見えないけど、30cmオーバー!アジへの食いつきもグッ(≧∇≦)b

気長にじっくり飼えば、ジャイアントイエローも30cmを超えてくれます。
ピラニア飼育に過度な期待は禁物☆
今のピラニアを楽しみましょう!そのうちでかくなります(v^ー゚)!!


ちなみに底砂を敷く前のジャイアントイエロー(今年の2月)の写真↓↓↓



見比べると個体そのものも違いますが、周りの色の方が激変しちゃってますね。


ジャイアントイエローの体色には、周りに緑があると似合う気がします。
パンタナルの湿原を想像させてくれるような。。。

しかし、どうせ活着系のやつでも噛み千切られちゃうし、照明は鑑賞時以外は点けないので、水草は入れられません。
そんな環境で飼える人はいいなぁ。。('ε'*)



22日に低気圧!
明日と22日に水換えしよーっと!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:00 | Comment(9) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

2つの悩み

みなさんは水槽にエアレーションは施してますか?? 

パワーヘッドやフィルターの落下水等でまかなっている方も多いでしょうか。
なんだかんだそんなに気を使わなくても生存に問題ないと感じてる人も多いと思います。

我が家のブラックピラニアは、34cmというサイズなのに60×45×45cm水槽という狭い環境で、外部フィルターのみで飼っています。
エアレーションを止めて一日もすると、呼吸が大変荒くなります。エラめくれするんじゃないかってくらいパクパクします。

机上でも、ピラニアや生き餌、生物ろ過をがんばってくれるバクテリアたちにも酸素は必要だし、個人的にはエアレーションは大事なものだと信じています。



そんな中、水槽部屋のエアレーションを担ってくれていたエアポンプが、、、



ぶぶぶぶぶぶーーーーーーー 



と空気を出さず音だけ出すようになって壊れてしまいましたバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

このブロワポンプを買ったのは引っ越す前だから4年ちょっと前か。。。
中古で買って、何もメンテせず、熱が篭る環境で4年ももってくれたのだから元は取ったかな。

ダイヤフラム?とかいうのを交換すると直るかもしれないらしいけど、その部品代と取り替える手間を考えると大変そう。しかもたぶんこのブロワポンプは廃盤だし。



ってことで、また中古でブロワポンプを買っちゃいました晴れ



ん!!?
どこが変わったの??

と思うほど、汚れ具合も型番も同じブロワポンプ。オークションでまた1000円で購入しました。排気量は30L/min。うちの水槽の本数だとこの程度で十分!動作もOK!

壊れてから2週間ほど、パワーヘッドのディフューザーでしのいでいましたが、これでリビングまで響く轟音からおさらばできます。
嫁の目を気にしなくてよくて、、ホッ ε=( ̄。 ̄;) 






そんでもう一個悩みが。。。眠い(睡眠)

生き餌の調達。


もー、金はかかるし、お店まで毎週買いにいくのに時間がかかるし、嫁に文句は言われるし、せっかく行っても在庫がないときも多いし、小赤とともに大姉(10cm〜15cm)も値上がりしてるし、ドジョウはすぐ死ぬしで、


超めんどくせーし!むかっ(怒り) 


必要な生き餌は、アルマータス用とヒュメラリス用の大小の金魚。計15匹いるうちの3匹のためだけにどんだけ手間とストレスかけてんだか。。。

小赤はまだしも、大姉。ちまたでは和金との名でも呼ばれるサイズ。これの調達が、んまーーーめんどい。やっとこ買えても、アルマータスの牙から中途半端に生き逃げて、重傷のまま食われずに無駄死にする、みたいなやつも出てきます爆弾


週末、店で大姉を買うときには、1匹あたりの単価を考えると、ネットで大量購入した方が送料を考えても半額から4割ほど安いので、いつも悩んでしまいます。

でも、大量ストックって、これはこれでめんどくさいし場所はないし、大量死っていうリスクもあるし(何回も経験済みでトラウマ)、これもなかなか踏み切れないんですよね〜。
最近暑くなってきてるし〜〜。


どーにかならんもんか。
いっそアルマータスを手放して、140×105×45(H)cm水槽はヒュメラリス水槽にしちまうか。


という悪の声が再び聞こえて出してきてる今日この頃です。





そこで!ひらめき
ぐじぐじ考えてもしょーがないので、いつでも生き餌大量購入に踏み切れるよう、ありものでストック水槽を立ち上げました。 


かつての屋外水槽用に使用していたベランダストッカー。この1年捨てずにとっておいたので、無駄にならずよかったです^v^)。


ベランダストッカーだけでなく、塩ビ管もホースもろ過材も物置に置いてあったありもの。揚水ポンプだけは24L/minくらいの海外製のポンプを新たに購入しました。1900円くらい。


なんといってもこの自作濾過槽、超簡易的☆。捨てずに取っておいていた発泡スチロールに塩ビ管をグリグリ回して穴を開けました。揚水は13A、排水は40Aの塩ビ管です。のこぎり等は一切使用せず、ホースをハサミで切っただけ。保温効果もバッチリ?


ヤマトさん、今日も遅くにブロワを届けてくれてアリガト!(´▽`)。
そしてこんな日記を読んでくれてる皆様アリガト!(´▽`)。




悩みの種のアルマータスを見つめる愛猫13才ハートたち(複数ハート)

アルマータスのサイズは、50cmまではまだ数cm足りない気がします。もっとこのスペースのままたくさん餌をあげられていればなぁ〜〜。

こんなに悩んでも、大姉の捕食シーンをこの写真を撮る前に見てしまうと、やっぱりそばに居て欲しい魚なんですよね〜。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:39 | Comment(9) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

底砂クリーナー自作

水槽部屋を仮想アマゾンにしようといろいろデコレーションしてますが、、、

この前やっちまいました...。

夜に水換えして、翌朝、嫁にたたき起こされましたパンチ




水換え後、蛇口をきっちり閉めてなくて、


たらーっ(汗)雨 水没 雨 たらーっ(汗)


そのエビデンス。

この濡れたところのちょっと下まで浸かっちゃってました〜〜もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

水槽部屋に排水溝があるので、なんとかリビングまでは水がいかなかったのが幸いでした。 

バスタオルで必死にふきふき。。。

水没ジャングルは雰囲気だけでいいや。
気をつけよう・・たらーっ(汗)




話は変わり、底砂を仕入れる何ヶ月か前に、底砂手入れ用に、クリーナーを自作してました。
さっそく試してみたので、せっかくだから製作過程も載せておきます。
大した自作じゃないけどね。。^^;) 


材料は500mlペットボトルとホース。蓋にドリルで穴を開けておきます。


 ホースにビニールテープをぐるぐるっと巻いて、穴の内径に合わせるようにします。


ホースと蓋ごとかぶせるようにビニールテープをぐるぐるっと巻きます。


これで底を切り取ったペットボトルに取り付ければほぼ完成!蓋だけを別にすれば2リットルペットボトル版としても使えます。


このままでは砂を吸い込んでしまうので、砂を濾すための素材として、使っていなかった上部フィルターのストレーナをつけました。


メンテナンス写真。
うまいこと砂利を混ぜて吸い込んでくれました☆


ただ、、、
  
めんどくさい!!!ヽ(`Д´)ノ



150*90cmのスペースをいちいち毎回細かく全部ゴミを取るまではやってられない!!

ってことで、底砂のゴミはあまり気にせず、空気を混ぜる程度の気持ちにとどめておこうと思います。



毎週風邪を引いてる次女。
金魚を「パパー、パパー」と呼んでます。
しかも語尾上げで。変な発音・・・。


ピラヤ6号(ダミアン)を混ぜてから1週間経ちましたが、とりあえず大きな問題は起きず過ごせました。

餌の小アジが近所のスーパーにおいておらず、ちょっと困ッちんぐ。
半額に値引きされた鮎を丸ごとあげたり、豚ハツでしのいでおります。

ピラヤ1号だけ、照明を点けて何時間か経っても色がくすんでしまいます。
年齢?サイズ?調子が悪い?
餌の食いつきはいいから問題はないんだけどな〜。
綺麗な色が出て欲しいです。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:23 | Comment(4) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

シングー河からの贈り物

ついに仕入れました。

ずっと悩んでいたものを。。

ホントにずーーーっと悩んでたんですよ、買おうかどうか。

これは管理も大変なやつですし、でもきっと飼育を楽しくさせてくれるはず。



ってことで、南米はブラジル、シングー河からの贈り物。


ヤマト便で到着。

重い!!



中は、、、厳重に梱包されております。


これだけ梱包がきっちりとされてたら、中は絶対無事!


さぁ〜〜、梱包をどかすと・・・・






















ADA フォレストサンド シングー(24kg)。送料込みで5240円。


はい、この程度でもったいぶってすいません(〃▽〃)

改行多すぎ・・

でも、自分にとってはかなりの一大決心なんですよ。

かつては必ず底砂を敷く、と志していたものの、メンテの大変さ、メンテ不足からくる生き餌の大量死等を経験し、ベアタンクの楽さに浸りきっていました。

かなりこだわりのある砂っぽくなっていまいましたが、当初はシングーじゃなく、安く仕入れられるよう、ホームセンターやネットで1分〜1.5分の硅砂を探し、すでに目星はつけていました。
しかし、購入の決心をする前に、鬼眼さんのフォレストサンド ブランコを探しているうちに、シングーの入手先も見つけてしまったため、せっかくなら☆・・・と思い、この砂に決めました。 


実物はお店で何度も見たことはありますが、再度じっくり見てみました。
粒は1mm〜7mmくらいで、結構ばらばらなサイズ。

ネットで硅砂を探していたとき、やはり実物の見た目が分からないのが難点でした。
もしアルマータス水槽に砂を敷くときがあれば、そのときは別の砂を考えています。


一応衣装ケースを使い、2回に分けて水洗いをします。
結構乳白色に濁ります。でも2回ほどすすいで終わらせました。 


濡れた様子。風呂場の照明なので、照明の具合でも見た目が変わるので何ともいえませんが、こうやって見ると、茶色系にも見えます。 


さ〜〜〜、ここでピラヤ6号(ダミアン)の登場!!

水槽環境を一変させると同時に2ヶ月ぶりに150cm水槽に合流させます!

暴れまくり!w( ̄▽ ̄;)w!! 



水換えと合わせて砂利とピラヤ6号を投入。
最初は濁っていますが、数時間で綺麗になりました。


ピラヤ1号 39cm


ピラヤ2号 37cm


ピラヤ4号 29cm


ピラヤ6号(ダミアン) 32cm

ジャイアントイエロー 31cm


レッドファントムテトラ 2cm


全体風景


写真では伝わらないかもしれませんが、体色が見違えるほど濃く美しく見えます。


sato、感激ッ (o≧∀≦)o♪ 



やっぱピラヤとジャイアントイエローは底が明るい方がいいですね!


久々に照明を何時間も点けて眺めてしまいました・・・。


何年か前、昨年のアクアライフで2mオーバーのアリゲーターガーを紹介してくれた山中さんに、サンフランシスコ河ってどんな風景かを尋ねたことがありました。もちろん広いですから、色々な場所があるのは分かってるんですけどね、なかなかネットでも見たことがないんですもの。
そのときの回答が、シングー河っぽい岩場が多かったという話を聞き、んじゃピラヤ水槽もシングー河の砂利なら、素材だけはそれっぽさがでる?なんて考えてたことがありました。


自己満足ですが、綺麗な体色が出てくれただけでも嬉しいなぁ。

久々にいい買い物をしたぁ〜〜。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 20:11 | Comment(20) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

屋外水槽 ヒュメラリスの様子


平日。昼間っから酒を呑んでおります。

仕事をクビになってしまいました。 













ってことではないですっ☆

1歳の次女がまた発熱。
もう毎週のように熱を出していて、保育園を休むことに。。。
じーちゃんばーちゃんは両家ともまだ現役な上、千葉から離れた場所に住んでいるので、頼ることもできず、こーゆーときは専らわたくしが面倒を見ることになります(´へ`;)。


ってことで、やっと泣きわめいていた次女を寝かせたので、ホッっといっぷく(*´Д`)y−~~~!

っととと、タバコは吸えないんですにゃ。
15年ほど前に止めております。

代わりにお酒をグイ!!o (。´∀`)ノ

プハぁ〜 =33




ついでに雨で自然換水していた屋外水槽を、人為的に水換えすることに。

 
タニシを500匹くらい入れていたときは水が透き通ってたのに、売ってしまったらまた水が濁ってきました。タニシは呼吸をしながら水を浄化してくれる作用もあるようです。スバラシイ。しかし青水という環境は金魚にとっては良い環境!その金魚をたべるヒュメラリスにとっても良い環境!かな??
換水は、以前取り付けたコックをひねるだけ。面倒だったので金魚の糞はそのままにしときました。



いや〜〜、金魚を見てるだけで癒されるわ〜〜〜。 


私が水槽を覗こうとすると、ヒュメラリスは揚水ポンプの陰に隠れてしまいます。あまり泳ぎを見せてくれません。

でも、蓋を開けたときに半分になった金魚を見ると、ちゃんと食べてるんだなぁと嬉しくなります☆



で、とくにヤマもオチもない動画。
スポット状のコケが生えちゃって、良く見えませんっヽ(´A`)ノ
アクリルだから無理に取ろうとすると傷がつきそうだから放置!!





そーいえば、わたくしもヒュメラリス巨大化計画参画中です!!
日本ではなかなかビッグなヒュメラリスを見る機会は無いと思います。ひとりで悶々とするよりも、みんなで情報を共有すると、飼育が長続きするのではないでしょうか。

水槽サイズは?餌は?水流は?温度は?ろ過は?成長具合はどーなの?? 

なーんて気になる情報を共有していこーぢゃありませんかっ!


ちなみに、ヒュメラリス3号の飼育を委託した兄に、90cm水槽に拡大するようネチネチと囁いています(*´∀`)♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 16:42 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

衝動買い第3弾

「お!安い!試しに入札しちゃえ!」 

って勢いだけで色々な品に札を入れたら、ちょびちょび落としてしまった第3弾☆

コルクの外皮。
45cm×30cmが3枚。

色々な素材を考えたんだけど、やっぱ本物には敵わないかな〜と思いつつ、水槽の裏15cmのスペースに本物の木を入れることもなかなか難しいので、悶々としてたら見つけました。

3枚で600円。
こりゃ安い!



しかし!!


150cm水槽の高さは60cm。15cm足りないわけですな。そんで3枚とも色合いや模様のパターンが違うわけで、つなげようにもつなげられない。無理に繋いだとしても横に切れ目が入ってしまうので、見た目がよろしくない。

っつーことで、試行錯誤した結果、屋外物置に直行(>v<)。
ブラジルレインボーボアのケージや、他の水槽に活用できそうなアイデアが浮かぶまで眠ってもらいましょう。

ちなみに、洋ランの活着素材にこのコルクの外皮が良く使われるようです。しかもサイズが大きいものは結構なお値段。
計画的に購入しないとだめだね〜〜。(;ω;)



今日はそんなにネタを用意してないので、150cm水槽でピラヤ達と同居している小型カラシンの動画を・・・。

レッドファントムが15匹、カージナルテトラが34匹。
ピラヤたちに食われることはなく、カージナルテトラの一部がコーナーカバーの中に入り、オーバーフロー管の中へ落下してしまうものが・・・。(´-ω-`)…

何のコンセプトもなく混ぜてるけど、、、
やっぱ綺麗だね〜〜。。.:*・゜∬n´▽`∬


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:36 | Comment(0) | 熱帯魚一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。