2010年05月29日

ピラニアピラヤ6号(ダミアン)の回復経過

ピラニアピラヤ6号(ダミアン)の前回の回復経過からかなり経ちましたので、経過をご報告。

う〜〜ん、前回の記事の様子を見ると、やっぱ結構ムゴイですね〜。



2010/4/12  怪我から14日目

 


べろりんちょと剥けた部分のピンク色が薄くなってきました。皮が再生されてきているのだと思います。
尾びれはまだ小さいですが、淵が再生されてきています。



2010/4/20  怪我から22日目

 


ピンク色もほぼなくなり、黒い皮膚が再生されてきました。ヒレの欠損部分もかなり再生し始めてきています。
餌もよく食べるようになってきました。



2010/5/1  怪我から33日目

 





ヒレの再生が進んでいます。発色もまぁまぁ良くなってきました。
尾びれの付け根部分の再生も進んでいます。



2010/5/9  怪我から41日目

 

体側面の変化は少ないですが、着実に再生が進んでいると思います。まだ傷跡部分はピラヤ特有の発色はできないようです。
 
なんだか尾びれの付け根から、変なヒレが発生しちゃいました。傷跡の細胞がヒレを構築する細胞になっちゃったようです。尾びれの形もいびつ。



2010/5/29  怪我から61日目

怪我をしてから2ヶ月経ちました。餌への食いつき方はますます良好です。
アジを入れたとたん、バシャっ と食いついてくれます。
 
最初と比べればかなり治りました。鱗の再生は時間がかかりそうです。
 
問題はここ。
新しいヒレができちゃいました。
ん〜、何ヒレと呼ぼうか・・・^^;)。

尾びれと尻びれの間だから、・・・チンビレ?マンビレ?

(ー_ー;)


教育上良くなさそうだから「腰びれ」とでも名づけましょうか。

これハサミで切っても再生しちゃうよなぁ。
切った後を火傷させて固定できるかな。

ん〜〜、まぁいいか!放置!

来週あたりに150cm水槽に合流させようと思います!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 11:39 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

パワーヘッド PH-2000

「お!安い!試しに入札しちゃえ!」


って勢いだけで色々な品に札を入れたら、ちょびちょび落としてしまった第2弾☆



マーフィードのオットーパワーヘッドPH-2000。新品。

ずーっと中古でRio2500あたりを狙っていましたが、モンスターアクアリウムでもなかなか出会えず、オークションで見つけても、中古にも関わらず結構値段が高く上がってばかりいて困っていました。

そんな感じでモジモジしてたら、同等程度の金額で新品のPH-2000が出てる!
試しに札を入れてみたら、、、見事に落札!


ん〜〜、しかし送料と考えると、お得か微妙なんだよね〜〜。まぁ新品だからいいか。

さっそく取り付けてみました。


以前の水槽でRio2100をつけていましたが、これもすごいパワー!




んごごごご〜〜〜。


って、この音・・。エアレーションしたら嫁に怒られるな・・・。

指で軽く押さえたくらいのエアーでいいのになぁ。



さて、アルマータスに何か良い効果はあるかな?。



ちなみにこれは2700円でした。

モトロは4100円。安い割りに綺麗な柄でしょ☆



昨日はブログ更新後、早速エイのお相手(雌)を探しにワイルドドリームファクトリーに、そして掘り出し物を見にモンスター松戸店に足を運びました。

ワイルドドリームファクトリーには、プレコがいっぱい居ました。あとモトロのベビーもたくさん居て、安いものは6980円。エクセルタイプのコロンビアモトロの雌も居て、こちらには思わずよだれが出てしまいました。ピラニアの在庫はなし。

モンスター松戸店では、15cm位の体高のあるダイヤモンドイエローが5000円で売ってましたよ!あとナッテリーの10cm未満のサイズが複数いました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:57 | Comment(7) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

アルマータスの幼魚が入荷されて着てますね!

ネット人間・・・。
休みなのにパソコンの前から動かず・・。

いや、もともとスポーツ少年ですよ!
今日もバスケの試合があったのに、次女の高熱で自粛です。



さてさて、暇だからネット等で仕入れたお店情報〜〜。

アルマータスの幼魚7〜8cmがまとまって入荷されて来てますね〜。
かねだい草加店
かねだい戸田店
キングコブラ
まっかちん



我が家のアルマータスも7cmから飼育開始してました。
毎週1cm大きくなりますから、飼う人は設備と餌代に気合を入れて欲しいものです。

破産を覚悟に自分ももう1匹買うか!?
って、育てる場所がないっ!!

あ、外のベランダストッカーがあるか(^^;)。



あと、横浜のウォーターハウスでピラニアのセールをやってるみたいです。

ウォーターハウス ピラニア1
ウォーターハウス ピラニア2

みんな安っ!!
ゴマゴマなセルラータスも複数居るのは珍しい!


そーいやうちのオニギリピラニアは、ここのお店で買いました。
購入当時は11cmくらいでした。
過去にお尻を齧られ、最近もラインノーズにズタズタにされつつも、サイズは18cm位になり、そして成長が止まっています。
お尻を齧ったチビピラヤ4号は、もう30cm弱まで成長。
当たり前だけど、種類や環境による成長の差は大きいね。




あと、みぼくうさん情報!
まっかちんにヒュメラリス入荷!

ヒュメラリス巨大化計画に参画する人はいませんか〜〜!?
ヒュメラリスを巨大化した経験のある方の情報をお待ちしてまーす!
今日は昨日の暖かさと打って変わって寒い!
だけど昨日の日中でも25℃、今はヒーターで23.5℃をキープ!
雨で自然換水☆

なぜか小赤が落ち気味なので、気分は下降気味。



そんで松坂氏のブログで、すんごい馬鹿でかいタライロンの画像が。。。
ここまでいくとバケモノですな(汗。。
なんだかピラルクみたいなデカさだ。

タパジョス川の上流、マットグロッソ州を流れるRio Juruena(ジュルエナ川)の位置はこちら


あ〜〜、暇だとまたオークション入札しちゃいそうだ〜〜。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 12:39 | Comment(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

新魚追加!

アルマータスには2週間大姉をあげず、ハツやアジを試しましたが、全く反応せず。。。
放り投げてみたり、水面をぴちゃぴちゃさせてみたり、ゆらゆら揺さぶってみたり、放置してみたり、、、やっぱ難しいですね。

ピラニアもそうですけど、あるとき突然パクッと食べるようになったりするんですよね〜。
まだまだ餌として認識されてないのかな。


残飯処理も面倒なので、タンクメイトを追加しちゃえば、餌の争奪もするかな?なんて軽く思い、南米の映像を色々見て、ふわ〜〜〜としてます。


そんで、毎週のように風邪をひく子どもを寝せながら、ケータイでネットオークションを見てたら、


「お!安い!試しに入札しちゃえ!」


って勢いだけで色々な品に札を入れたら、、、
ちょびちょび落としてしまいました☆
そのうち1つは生体。



今朝、その生体をヤマトの営業所に取りに行きました。

最近は日中と夜の気温差が微妙なので、保冷材を入れるべきかカイロを入れるべきか迷いますね。
ちなみに、今回は何も温度調節材は入っていませんでした。
 

水合わせ。

勢いだろうが何だろうが、飼う事になった以上はもう家族同然!
落ちないように丁寧に扱いますよ〜。



んで、今回の新魚は〜、これ!




Potamotrygon motoro 。モトロ!


正直、エイのことはよく分からん!(笑)
ただ、昔から嫌いではない。

いろんな柄がある中で、コロンビア産のモトロで、エクセルって名前がついてるやつ、あれカッチョイイなぁ、なんて思ってましたが、如何せん値段が高い(−_−;)。

あと、エイのハイブリット系をイマイチ好きになれないのは何でだろう。自然界でもエイ同士で交雑を繰り返していろんな柄があるとは思うんだけどね。グッピーとか、それこそ金魚もそうだけど、色々な魚や爬虫類や他の生き物で、いろんな種類を掛け合わせ新たな品種を作成する文化・芸術は、それはそれで興味もあるんですけど、エイはあんまり変な組み合わせはやだなぁ。
まぁ水槽の中での趣味だし、好みは人それぞれですよね。


そんで、最近は南米の映像に映る、砂を巻き上げてぶわ〜〜〜と泳ぎ舞うモトロがカッチョイイなぁと思っていました。


ピラニア以外の魚に大金を出す気はまだないのですが、安くてもカッチョイイのはたくさん居るじゃないですか!

しかも、淵の周りの細かいスポットが3重になっていて、なかなかイインジャナイ?
とオークションでこのモトロを見てたら、遊び心で入札してしまい、→そしてそのまま、まさかの落札。

昔、仕事で徹夜してたとき、虚ろ虚ろになりながら、投げやりにオークションに入札して、思わぬ高額家電品を落札していた人が周りにいました。

こーいう出会いもアリか〜〜^^;)。


クラスパーがあるので雄。
こりゃ彼女役も仕入れないと!


長女に怒られている音が入っちゃってますね・・・(^^;)。

さっそく小赤を食っていました。主食はとりあえずキャット等の人工飼料に餌付かせる予定です。
そんでそのうちアジの切り身やワカサギやハツに慣れさせて、アルマータスに刺激を与える作戦!




あ〜〜、新魚を追加したら燃えてきた〜〜!

アツいな〜〜〜!

アツいな〜〜〜!



・・・
 


次女、41.1℃の高熱・・・(:▽;)。


アツいわけだ。。。

燃えるといったら、アラグアイア河産ファイヤーベリーピラニア。
日中(明るい時)に発色します。


こんな終わり方!?


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 22:51 | Comment(6) | エイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

シマノさん、最高だ!




昔から覗いている大森町水族館のブログで紹介されていて、表紙にビビッときました。

釣具メーカーで有名なSHIMANOが年3〜4回発行している季刊誌です。

すぐ公式サイトをみたら、バックナンバーを送料込みで600円で買えちゃうことが分かったので、2009年秋号(vol.33)をすぐ注文しちゃいました。
南米大陸の中で、コロンビア(オリノコ川)、パタゴニア(ティエラ・デル・フエゴ)、アルゼンチン&ウルグアイ(パラナ川、バラグアイ川、ウルグアイ川)、ペルー・アマゾン(→松坂氏の記事)と特集があり、さらに南米歯牙魚図鑑として、ピーコックバス、ピラニア、アロワナ、ドラード、ピラルク等の釣り方の紹介があります。

コロンビアの特集のホーリーの小さな写真のところで、「牙ナマズ」と紹介されてたのはチェックしましたよ★



そして土曜日の17:30〜18:30の時間帯、千葉では、テレビ東京で2番組続けての釣り番組がやっています。

子どもの頃、新潟に居たときはテレビ東京が映らないので、他局が日曜の早朝5:30から放映していたのを兄が録画していて、一緒に見ていました。
今は毎週この時間帯は、私の長女とテレビのチャンネル争いをしていますが、今日は勝ちました!

そこで、その番組を見ていたら、SHIMANOのCMが流れ、Webで無料で釣り番組を流しているというので、さっそくパソコンあけて覗いてみました。



そしたら、色々番組がある中で、たまらない映像が30分超・・・。

番組での1匹目はジャイアントイエロー。
ってか、でかいっしょこれ。35cmくらいあるんじゃない?

やべぇ。よだれが出た。
 

そして黄金に輝くドラード。12ポンド。

かっちょいい。。。

気になった人は直接公式サイトを見てくださいな!


そういや買った本の表紙をよく見たら、前歯の生え変わり用のものと思われる歯が見えますね。若しくは2〜3番目あたりの場所の生え変わりの歯。
先日の記事でカショーロの歯の生え変わり映像の記事を載せましたが、カショーロ飼いの人の中では常識だったのかな??


あ〜〜、釣りたいなぁ〜。
お金と時間と勇気が欲しい。。。

あ、そーいや俺のリール、、、リョービだ。。。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 01:01 | Comment(15) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

140cm水槽のセパレータを取替え!

ヒュメラリスを屋外水槽に移動し、140cm水槽に少し余裕ができました。

140cm水槽では、自作セパレータを使ってアルマータス、ヒュメラリス、ピラヤ6号(ダミアン)を分けていましたので、空いたスペースを有効活用し、なるべく遊泳スペースを確保したいところです。


ちなみに、アルマータス2匹と仕切っていた自作セパレータには穴が開いています。たぶんピラヤ6号(ダミアン)が金魚を追いかけたとき歯に引っかかったためだと思われます。
セパレータのネットを噛み千切っちゃうなんて、、、
アルマータスとピラヤが混泳したらどうなるのかな・・・、試さないけどネ★

また、寸法がイマイチ合っていなくて、ボヨンと曲がっていまたので、取り外して新たなセパレータを自作することにしました。





いきなり完成^^;)。
 
2面を接続して90度に。


吸盤だと、水中ではすぐ硬くなって吸い付く力がなくなってしまう経験を活かし、突っ張り棒をかますことにしました。網の淵は、100円ショップでも6本100円で売っていたB4サイズのバインダーの部材。これらを結束バンドで固定しました。

右側はステンレス製の既成品のセパレータを再利用しています。


バインダーにドリルで穴を開けて網と結束バンドでしっかり接続しました。水槽のアクリル面に接する底面と前面のところには、100円ショップで購入した吸盤をつけました。吸盤は熱帯魚店で買うより100円ショップの方が安いですね!100円ショップは使えます(^^)。


これをピラヤ6号だけ仕切るように40(W)×45cm(D)×45cm(H)のスペースを作成。
L字型にはなりましたが、今までヒュメラリスが居た奥の部分もアルマータスの遊泳スペースにしました。

前から見るとこんな感じです。
見えにくいけど、ピラヤ6号の奥は60cmの奥行きを開けています。
アルマータスには決して広いとは言えませんが、ピラヤ6号が治るまで我慢してもらいます。


取り外した以前のセパレータは、幅を補正し、開いた穴を修復して塞ぎました。これはヒュメラリスの屋外飼育が終了した後に利用するので、捨てずに物置に取っておきます。


・・・で、


セパレータを外したり付けたりの繰り返しをしていたら・・・、



ボンバダアグア爆弾


アルマータスがビビって暴れまくり、手の付けられない状態に・・・。
 

頭の皮がベロりんちょ。

体も傷だらけになっちゃいましたよ・・。

この作業をした日曜日から餌を食わなくなっちゃいました(_ _;)。

もーいい加減に機嫌を直してくれ!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:27 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

暖かくなってきたら!?ピラニア屋外飼育!!

暖かくなってきた5月連休最終日。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

外は26℃を超える暖かさです。直射日光の下では夏を感じます。

こんなに暖かいときは、これ!!


ピラニア屋外飼育!!



3匹混泳していた中で一番小さかったけど、他のヒュメラリスに対して一番強気だったヒュメラリス4号。13cmからの飼育で、14.5cmに成長。体高が出てきているせいか、見た目は数字以上に大きくなっていると実感しています。今は亡きヒュメラリス1号の16cmは確実に超えそうです。


上からも撮影。上見の方がサイズが大きく感じます。





そして屋外水槽へ!

屋外水槽は今日の正午で21℃。この屋外水槽には直射日光がほとんど当たらないので、真夏は大変良いのですが、こういう時期はデメリットの方が大きいです。
事前に鍋2杯分の熱湯を入れて、水温を24℃に上げておき、200Wのヒーターを設置しておきました。

投入風景はこちら↓




金魚にとってはなかなかちょうどよい青水状態です。コメットは隔離(そのうち誰かの腹の中に入るかな((>v<;))。タニシは売る予定。稚貝がガンガン産まれてます。

ヒーターは23〜24℃に設定してあります。夜間はフル稼動かもしれません。室内のヒーターの稼動がなくなったからきっと目立たないでしょ!
また、SEIO M820(SEIO 3200相当)で緩やかな流れをつけておきました。蓋はプラダンで厳重に隙間をなくしておきました。

あ〜〜、明日からまた気温が下がるらしい。。25℃前後を維持したい。



さぁ、この屋外水槽(120×60×45(H)cm)でどこまでデカクなるか!?予定は9月末までの5ヶ月弱。
ワクワク☆



ちなみに、この屋外水槽の電気系統ですが、使わなくなったラックをプラダンと結束バンドで囲って風雨を防ぎ、その中に電源タップをつるして、揚水ポンプ、サーモ&ヒーター、エアポンプ、流水用ポンプを点けるようにしてあります。

超簡易的すぎ! ┌(。Д。)┐ あはは♪

3匹の子豚でいうと、一番上のお兄ちゃんの家くらいハリボテだ。。^ ^;)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:00 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

アルマータス ペーシュカショーロの歯の仕組み

今週の水換えで150cm水槽からピラヤのものと思われる4本の歯を拾いました。
これを片付けるついでに、これまで貯めてきた歯の量を確認してみました。

こんな量です↓
 
見つけたらなるべく拾うようにはしてますが、ピラヤとブラックの歯以外はほとんど拾ってないし、排水と合わせて吸い込んでるものもかなり多いので、この量で今まで抜けた歯の3分の1から半分程度でしょうか。それでも数百個の歯になりました。小瓶を満タンにするまであと20年くらいかな^^;)


そんで、アルマータスの歯を並べてみました。こうやって見ると歯の成長具合が分かりそうですが、抜けた時期まで記録はしてないので雰囲気だけ。


大きいものだと、1.7〜1.8cm。思ったより小さいなぁ。


ピラニアもアルマータスも歯が抜けては再び生えてきます。
実はこの再生の仕方がイマイチ分かっていませんでした。

サメのように歯の後ろにまた歯が並んでるのか?といえば、解剖した結果を見ると、ピラニアはサメの仕組みとは違うのは確実ではあります。
でもどういうタイミングでどのように生えてくるの?
人間の乳歯から永久歯に生え変わるように歯の下から準備されている次の歯が出てくるのか、はたまた準備はされてなくて、いきなり折れちゃってから準備されるのか、、、ぜんぜん分かりませ〜ん。
ちなみに、骨格標本にしたピラヤ3号の顎の骨格をいじった際、歯を取り除いて覗いて見ても次の歯はありませんでした。


ではアルマータス等のカショーロ類は?
 
まだアルマータスを亡くしたことがないので、生え変わりの仕組みどころか、骨格をじっくり見たことがありません。
 
ピラニアもそうですが、アルマータスの抜けた歯の真ん中は空洞になってるんですよね。ってことは、下から新しい次の歯に押し出されるように抜けてくるのかなぁ。。。




そんな感じで、イマイチ分からなかった仕組みが、先日明快に分かりました!!



4月18日の日曜日、予告CMで「パヤラ」という言葉を耳にしたので、ソッコーで録画予約。「世界の果てまでイッテQ!」で、「珍獣ハンターイモトワールドツアーinベネズエラ」という特集がありました。


舞台は、ベネズエラのオリノコ川。
パヤラ(payara)とは、スペイン語で呼ぶアルマータスや、カショーロ類を英語で呼ぶときの一般名称(Common name)です(fish baseより)。

この歯の抜け替わりの仕組みの検証のため、画像は引用させていただきます。


現地は船もなかなか進めない超激流。やっぱYoutubeで見るシングー川の風景にも似てますね。カショーロの歯は、この激流でも餌を逃さない効果があるとか。確かに!

う〜〜ん、この激流、やっぱ我が家のアルマータス+ヒュメラリス水槽も、もっと水流をアップさせたくなります。


そんで途中端折りまして、パヤラ(アルマータス)の登場。たぶん60cm位のサイズだったなぁ。

ここから注目!
「キバは折れても、何度でも生えてくる」というナレーションと共に、その歯の生え変わりの仕組みが明らかに!!



漁師かガイドが、アルマータスの口の中にナイフを入れます。

テコの原理で、ぐいっと持ち上げると、、、


あわわわわぁ、新しい歯が出てきた!すでにデカイ!

1歳の次女も注目です(^^;)


こんな風に新しい歯が後ろに折りたたまれていたんですね〜〜〜。

よく抜けかけて口が閉まってないアルマータスを見るのですが、これは抜けかけてるんじゃなくて、生える途中だったんですね〜〜。いや〜〜、仕組みが分かってスッキリ!


ピラニア好きでアルマータスに興味がない皆サマ、、失礼しました。。自己満足でした。



アルマータス1号。照明の加減で青色に。

アルマータス2号。

2匹とも、大姉を遊び食いするのはやめてくれ!財布が持たん!

う〜〜ん、45cmの高さじゃかなり低く感じてきました。






3mの水槽が欲しいです・・・。

井戸掘って・・・。

使われていないテラスに3.8m×1.5m×1.5mの巨大な水槽を置く妄想をしています。




ぐはっ!!


これは現実的ではないので奥さん内緒計画にはしません。単なる妄想です。


結局ピラニアの歯の生え変わり方はどうなってるんだ〜???


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっと左のメッセージボックスから教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:33 | Comment(9) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

モンスターアクアリウム3店舗(大宮店・川口店・松戸店)制覇!

今日は埼玉に行って、義祖父家の田植えを子どもと一緒に見学してました。
いい天気で気持ちよかった〜。

ザリガニとかいるかなぁ〜、と思いましたが、全然見当たらず。。。用水路がコンクリートになってるから、魚やザリガニはいないのね・・・。

足元にタニシがいっぱい居たので獲ってきました。100匹弱くらい。これはカイマントカゲを飼われている方へのプレゼントにしようと思います。


そして所用があるので家族を置いて一人だけ千葉に帰宅。


1人でスーパーフリーのときは、もちろん熱帯魚屋に行きます!

今回は、モンスターアクアリウム3店舗制覇することに!


まず一店舗目。大宮店。

すでに夕方18:15過ぎ、、松戸店まで間に合うか心配になりつつ、掘り出し物を物色。ごちゃごちゃしてる中から色々探すのが楽しいんですよね〜〜。
狙いはRio2500クラスのパワーヘッド。しかしそんな都合が良いわけはなく・・。Rio1700(1500円)はありましたが、悩んだ結果、購入はしないことにしました。ピラニアの在庫はなかったけど、状態が良さそうなテトラのコンパクトなサーモ&ヒーター200Wを500円で購入!これは夏場の屋外水槽で使おーっと!

パワーヘッド悩んでたら、フナ(10匹100円)を買うの忘れちゃった。アルマータス向きな大きいサイズも居たのになぁ〜。



2店舗目は川口店。
川口店は久々!でも店員さんに顔を覚えてもらっていて嬉しかった〜!

入るとすぐにその店員さんと目が合ったら、「まだ居ますよ〜」と声をかけてもらいましたが、「何(?_?)」とわけが分からず・・・


と、思ったのもつかの間、、、


でかいピラニアたちが目の前に!!

すでに売約済みだったピラヤ、20〜25cm。値段は15000円だったかな。


これはデカイ! もうすぐ30cmになりそうなピラヤ。
これも売約済み。みんな早いね〜。値段は25000円だった気が。



このブラックはデカイ!!!37cm±。
このサイズで35000円!!モンスター、最高!!!

しかし、売約済み。。。
一昨日買取して、その場で売約でしたとさ。

でも、こういう発見がたまらんです。宝探しみたいな感じです。
こんなに早く売約になっちゃうんじゃ、モンスターに張り付いてないと買えないね^^;)。



これはまだ売れてなかったピラヤ。2枚目のピラヤよりはやや小さいけど、25〜28cmくらいはありそうな大きいサイズ。 20000円。思わず手が出そうになっちゃいますが、ダメダメ。うちにはダミアンという名の治療中のピラヤがいるんですから。

川口店では爬虫類用のツタと、小赤100匹を購入。



最後は松戸店。ギリギリ閉店までに間に合った〜〜。
ここでもパワーヘッドを探索。Rio1400があったのですが、諸事情で断念。ピラニアは居ませんでした。

とりあえず何か買おうと思い、松戸店でも小赤100匹を購入。そして4mのホースを無料でもらっちゃいました!大磯砂も無料!無料ってどーいうこと!?^^;)


モンスターアクアリウム3店舗は無事制覇!
タイムは2時間!世界記録か!?
わざわざ時間をかけてこんなことする人居ないよね ..f^v^;)。

いや〜、でも川口店でいいもの見れたなぁ。





PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっと左のメッセージボックスから教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:09 | Comment(7) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。