2010年03月31日

前回の続きです。

夜、仕事から帰ってきて、飯を食って、水槽をチェック。
いつもの日課です。


そーいや同じ言葉をちょっと前に書きましたな。


一昨日のできごと。。。








・・・ってことですよ、とどのつまり、前回の続きは。
まったく、ホント、しょーもない。
やる気が「ぱーーん」って無くなっちゃう。




彼はピラヤ6号(ダミアン)。


ってことで、衣装ケースに緊急避難。尾びれが無いもんだから、カンタンに掬えちゃいました。
場所が無いから、とりあえず衣装ケースの中でエアレーション。



あ〜〜〜〜、やられたなぁ〜〜〜。深いなぁ〜〜〜、傷。

新潟から帰ってきた日はなんとも無かったのになぁ。



犯人は、ピラヤ2号(35〜36cm)、たぶん。この記事を書いてる今も、ピラヤ2号はピラヤ4号(30〜31cm)を追いかけてるし。





・・・って、おい!!!

まじか!?

もー勘弁してよー・・・。





ちょっと衣装ケースで隔離とかしてる間に、衣装ケースの物音等にびびって、セパレータ突き抜けてラインノーズピラニアと混泳しちゃって、ものの数十分でこいつもボロボロじゃないの。。。
全然気づかなかった・・・。
 

セルラサルムス属で唯一混泳ができるって海外ではウワサの種類じゃなかったっけ??君は。
もー目が血走ってるよ。




そんで翌日。つまり昨日の様子。

結局、衣装ケースに隔離だと、水が滞留してろ過が全く効いていないので、ケース内の水が真っ白に白濁して腐敗臭出しちゃってました。

そこで、ヒュメラリス4号のスペースをセパレータで区切って隔離。

あ〜〜あ、全長が31cmに縮んじゃったじゃないの。


あ〜〜、きついなぁ。ピラヤ5号の怪我のときよりちょっと尾びれの付け根の傷が深いなぁ。
まぁ、ピラヤ5号の時の回復具合を考慮すると、全治2ヶ月〜3ヶ月ってとこかな。
感染症は勘弁してください。






そんで今日です。ってかさっきの写真です。



当たり前だけど、まだまだ全然変化なし。

こら!!フラフラ鼻上げっぽくするな!シャキッとせんかぃ!!






混泳って難しいね。
「混泳成功!」って、何を持って成功なんだろうね。
1ヶ月保ったら?1年保ったら?死ぬまで共食いが無かったら?
30cm超のピラヤ達の混泳はすごく魅力的だと思って続けていますが、へこむねぇ。

まぁここはポジティブに、命が助かったってことで喜びましょう!喜び組!


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっとメールで教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:59 | Comment(16) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

諏佐養鯉場(新潟)でピラニア探索

新潟3日間、暇な時間を見つけてまた諏佐養鯉場に行ってきました。

養鯉場だけど、ここ数年前から水草水槽にもかなり力を入れてきています。ADAの地元ってこともあって、きっとネイチャーアクアリウムを好きな人が多いんだろうと思います。自分も場所とお金があったら水草水槽を作ってみたいです。いや、水草水槽よりもテラリウム、ってかビバリウムをやりたいな。

でも、ここは新潟でも大変稀なお店で、ピラニアの他、クロコダイルステイングレーやポルカや、アジアアロワナやエンドリやフグや、各種ガーパイク、フラワーホーン等、肉食魚をはじめとする大型魚や多種にわたる小型熱帯魚を豊富に揃えているお店です。

錦鯉のお店なので、探しているアルマータス用の餌は無さそうでした。ハネられた鯉を安く買えないかなぁ〜。


とりあえずピラニアの在庫紹介。
例のごとく、サイズと値段は大体で。

ピラニアSPサンチェシー 13cm 12600円
サンチェシーって川か町があるのかな。なかなかホッペが赤いピラニアです。


ピラニアナッテリー 10cm 2680円
お店で見るナッテリーの混泳はやっぱ魅力的だね!


ブラックピラニア トカンチンス 18cm 24150円
体高は低めですが、青い光を反射させて綺麗でした。


ラインノーズピラニア 18cm 32800円
一番目立って見えたのは自分だけかな?ラインノーズを在庫しているお店はあまり見ない気がします。


ホワイトピラニア(セルラータス) 20cm 29400円
ストリオラータスって感じがするんですけど、これがセルラータスなのかな?プリストブリコン属はイマイチよく分からん。結構大きめ。


ピラニアSPネグロ川産 12cm 13440円
アマゾン系のダイヤモンドイエローってとこでしょうか。ダイヤモンドイエローピラニアに産地は、パンタナル以南が基本とされていますが、アマゾン系やサンフランシスコ系など、かなり広い範囲で生息しているようです。



ジャイアントイエローピラニア 12cm 16400円
流木の後ろに隠れてて写真撮りづらかったです。撮ってみると、結構黄色い!


レッドベリーダイヤモンドピラニア ペルー産 13cm 12800円
最初の「サンチェシー」とはまたちょっと別のタイプな感じがするピラニア。水槽環境の違いかな。


オニギリピラニア 14cm 26000円
よく見るタイプのオニギリピラニアです。よく見るって言っても、あまりお店に置いていない種類です。


ピラニアピラヤ 10cm 19000円
なかなか色が濃くて綺麗なピラヤです。


ダイヤモンドイエローピラニア 18cm 16600円
大きめのダイヤモンドイエローピラニアです。



新潟の1つのお店でこれだけピラニアの在庫が見られるのは他にたぶん無いと思われます。ピラニア好きには貴重な新潟のお店です。





帰ってきて、無事だったピラニア達。

なのに今日・・・、


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっとメールで教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 23:53 | Comment(2) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

3月にぷらっと寄った熱帯魚店ピラニア情報

次女の気管支炎→胃腸炎で先週の火曜からてんやわんやしてます。
熱も39℃〜40℃が途中1〜2日の間を空けてずっと続き、病院行きまくり。
単なる風邪の一種っぽいんだけど、ぐったり脱水気味が気になるところで、今夜病院に行って点滴うったらちょっと回復したっぽいです。


胃腸炎では、蛇からのサルモネラ菌感染の容疑をかけられ、蛇を手放すことを鬼嫁から迫られました・・・。

この1週間は蛇ケージを全くいじってないし、日頃から不必要な蛇のハンドリングはしないし、週1程度のメンテのとき以外はケージから出さないしメンテのときは戸や壁や蛇口に手を触れる前に、肘を使ったり、すぐ石鹸で手を洗うし、ゴミ箱に古い敷材は入れないで直接ゴミ収集直前の袋に入れるようにしているし、例えサルモネラ菌でも、何より猫や、鶏卵等の食材や屋外等の別の経路の方が濃厚な接触をしてるはず!

どこにそんな証拠があるんだ!

ただでさえロタウィルスやノロウィルスが流行ってるのに。
まったく、蛇というだけで全てが悪者にされる・・・。蛇が何の悪さをしたんだ。昔話のせいか!?冤罪だ!





と、言うことで、検便の結果がサルモネラじゃないことを祈りつつ、じゃなくて、次女の回復を祈りつつ、ひょんなことから、明日から嫁と次女を置いて新潟に出かけます!

そのため先ほど水換え完了!
生き餌入れられないけど共食いはダメよ!
ピラヤ6号(ダミアン)が心配だぁ〜〜。




そんで今日はネタとして、お店情報。。。
サイズと値段は記憶があいまいなので大体で。



3/9(火)時点、熱帯魚のチャイ ピラニア在庫情報

・サンフランシスコ ブラックピラニアSP 15cm 18000円
・ファイヤーベリーピラニア 6cm 9800円
・カタリーナピラニア 15cm 19800円 2匹在庫
・ダイヤモンドイエローピラニア 15cm 値段忘れた。

しながわ水族館に行こうとしたところ、定休日!!
ってことで、久々に水族館の近くにある熱帯魚のチャイに寄りました。
以前は仕事帰りに寄ったりもしてたんですけどね。東京にはほとんど出なくなりました。


そんで3/21(日)かねだい八千代店。satoは毎週のように生き餌を買いにここに出没します。

・ジャイアントイエロー15cm 14800円
・カリバ 15cm 6800円
・ダイヤモンドイエロー 15cm 10479円
・ナッテリー 複数のサイズ 数百円〜
・エロンガータも居た気がしたけどもう売れちゃったかな。

携帯からの撮影。

もうこのダイヤモンドイエローの扱いには慣れちゃった!連れて帰ろうか(笑)。
当日20%OFF券を手に入れたので、カリバも衝動買いしちゃいそうになりましたが、グッとこらえました〜。ヒュメラリス2号事件の教訓から、このサイズではピラヤたちに食われるリスクが高すぎる!と判断しました。


最近新しくできたB-Box松戸店はピラニアは居なかったなぁ〜。



先日ディズニーシーに行った帰りに東京ベイ熱帯魚に寄ろうとしたのですが、嫁に止められ断念・・・。


4月からモンスターアクアリウム松戸店が開店するので、楽しみ。
 

お店に行くのは楽しいですね!!


PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっとメールで教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:42 | Comment(2) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

ジャングル(セルバ)に憧れる

3連休、次女が熱を出して埼玉散策を断念。今年に入ってEastAfricaが入間市に移転、そしてかねだい久喜店が閉店と、いままで埼玉に行くときには頻繁に行っていたので、残念です。

長女は元気いっぱいなので、3日連続それぞれ別の広い公園に連れて行きました。日曜夜中の停電を起こした超強風が明けた昼、強風によってたくさん落ちてる枝。。。 思わず拾ってきました。


太めの木をもう少し拾ってくれば良かったと後悔しながら、この外での作業は、枝同士をドリルで接続する作業。枝は生木の本物なので、1日乾燥させてから、アースの網戸用虫除けスプレーを塗ったくっておきました。


結合した枝を水槽左側に垂らし、天井から追加した枝や、フェイクの葉やツタを垂らします。

これがなかなかバランスが難しい・・・。左に3、右に2、っていう感じのボリュームにしたいんですけどね。真ん中右側はあえてスペースを開け、遠い空をイメージ、、、って全然空っぽくないし。
過去のアクアジャーナルやアクアライフ、インターネットで見る現地の風景の特徴を頭に入れながら材料を用意しましたが、なかなか安物・近場の材料では難しいです。


水槽左側。もっと太くて真っ直ぐな木が欲しいなぁ。

インドネシアにあるATS社の淡水用バックウォールみたいなやつで、60cmの高さのものがあればいいんですけど。高さ40cmの商品を下の140cm水槽に入れるといい雰囲気になるかなぁ。
でも、お金とスペースはもったいないか。。


水槽部屋上部の様子。先日アップしたときよりもちょっと増強されたかな。。。壁や天井は石膏ボードなので、取り付けるのは結構大変。狭いスペースでエンヤコラと取り付け作業をしました。


夕飯を食ってる最中、嫁に無理やり、

「アマゾンの水没ジャングルをイメージしてるんだよ〜。アマゾンはね、水が濁っててね、水面より上の方が・・・、透明度の高いところでは入り組んだ木が・・・、流木はね、濁流で抜けてひっくり返った木だから、根っこの部分がもじゃもじゃ・・・」

と独り言のように説明してたところ、ビールに酔って珍しく水槽部屋を見てくれてたので、

「夕飯の片付けするから3つ感想を言って」とお願いしたところ・・・。




・アマゾンとかよく分からないし。

・左側の木がジャマ。

・右の手前の垂れた葉っぱは(あり得)ナクない?





・・・、という貴重な意見をもらえました(ノЛ;)゛。

3つ目の感想はしっかり糧にして、水槽部屋の右側面にも流木をどーーんと取り付けて、ツタを巻きつけたいです。
水槽左側の部分も、もっと太い木を追加したいです。


手作り餃子とビールとワインを飲みながら、リビングから見る水槽部屋。
癒されるぅ。。。

アルマータスまたちょっとでかくなったなぁ。



あ〜〜、アマゾン行きたい。




PS:10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっと左のメッセージボックスから教えてくださーい!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 21:31 | Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

アルマータス用の生き餌追加購入

ピンポーーン♪

「たっっきゅうびんの〜〜、やまとうんゆで〜す。」

と、いつもの調子で届きました。


中身はね・・・、


またフナ!

前回は120匹注文してたんですけど、10〜15cmのサイズを詰め込むのにはちょっと無理があったと反省し、半分の60匹を注文しました。死着保障分として3匹プラス。

バシャバシャ泳いで、とっても元気そう。
これで大食のアルマータスも満たされるかなぁ。


まずは水温合わせ。生き餌を長く扱ってきてる経験上、水温合わせは重要!どうしてもすぐあげたくなるんですけど、この時期でもすぐ落ちてしまいます。
セオリーどおり、水温を合わせ、その後水を合わせる。ルーチンとして癖をつけてないと大体失敗します。



1時間後・・・



・・・



みんなひっくり返っとる( ̄□||||!!




やっぱダメだ・・。自信をさらに無くしてしまいます。

家の屋外水槽から取り出してきたときも、バケツを水槽に浮かべてじっくり水温合わせをしても落ちちゃってて、ロスがすごく多かったんです。ロスの原因は、生き餌の体調が悪い(ギロダクチルギルス症っぽい)のも一因かなぁ、と思っていたのですが、元気なフナでもダメでした。

今回も上の画像を見て分かりますが、発砲スチロール無しで届いていましたので、水温は早朝の外気温と同じ5℃から10℃位だったと思います。
温度差15℃前後の場合、この基本的な水温合わせの手法では、イカンのです。分かりました・・・。




しかし、フナたちはひっくり返っているものの、痙攣しながら口はパクパクしてるので、もう一回水温を下げることに!

衣装ケースに開け、バケツで水を救い出し、カルキ抜きした水道水(冷水)を徐々に入れました。もちろんエアレーションもしながら。25℃から20℃まで下げました。

ハラハラしながら見ていると精神的に良くないので、とりあえずそのまま放置していたら、結構復活してる!

よっしゃ!この調子で水合わせに突入!生き餌でもこんなに気を使うんです。だってロスが続いたらホント気分が最悪なんですから。

2匹は完全に落ちてしまい、まだイマイチ痙攣が治らない別の2匹はピラニア水槽に投入。


ひっくり返ってた個体も普通に泳いでいます。ホッ。


で、ここまで何時間試行錯誤したのか・・・、全部のフナをアルマータス水槽に投入しました。屋外でストックすると、毎回時間をかけて水温合わせをしないといけないので、好きなだけ食えって感じにしました。

食べて無くなる方が、ロスするよりもいいですもんね。




そして投入から一日経ち・・・。

やっぱり落ちてる・・・。へこむ。。


4匹落ちてました。初日と合わせて計8匹のロス。この瞬間がホントに落ち込みます。。。
明日にはさらに何匹落ちるのでしょうか・・。


アルマータス1号。42〜45cm。

4月からは、今回買ったお店でもフナをストックしなくなるとのことで、今後手に入れづらいサイズの餌なります。10匹300円、梱包料無料で送料激安のお店だったので重宝していたのですが、アルマータスの維持が苦しくなってきます。


う〜〜〜ん、アルマータスは手放したくないからなぁ〜〜。
オークションに出してみようかなぁ〜。


10cm超の金魚やフナや鯉を安く取り寄せられるお店を知ってたら、こそっと左のメッセージボックスで教えてくださーい!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 05:03 | Comment(11) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

150cm混泳水槽の出来事。。。

夜、仕事から帰ってきて、飯を食って、水槽をチェック。
いつもの日課です。


「週末にヒュメラリスの残飯処理用に入れたザリガニは元気かなぁ〜。
お!脱皮してるねぇ。」

「アルマータス君は?ん〜、ちょっとスレ傷があるねぇ。
元気な餌は明日届くから待っててね〜。」

「朝あげたアジはみんな食べたかなぁ〜?
お!一回吐き出したブラック君もちゃんと食ったじゃないですか。ヨシヨシ。」

「120cm水槽のチビちゃん3匹(レッドルビー、ファイヤーベリー、エロンガータ)も残飯無いね。エライエライ。」

「150cm水槽は〜?
うげっ、週の半ばなのにもうこんなにウンコ君が溜まってるし!」




、、、ってとこまでは良かったんですが、


ありゃ、アジが残ってるがな。





・・・



アジか??



何ヶ月も生き延びてるモツゴがつつくもの。。。

ヒレだ。。。
でもアジがこんなでかいヒレなわけがない。


・・・


はい!点呼!!

1、2、3、4、5・・・、ちゃんと全員居ますね。ホっ。


んで、誰のヒレ??



・・・




あ、やっぱ君だったのね。
ダミアン君(ピラヤ6号)。

まぁ大事に至らなくて良かったけど、今後もちょい不安。
でもヒレだけ落ちてるってことは、食いにいったんじゃなくて、毎日のようにゴツゴツ争ってるうちに、思わず誰かの口に入っちゃって、条件反射的にサクっと噛み千切られたんだろうな、と想像しています。
右側面の傷もまだまだ治らないし、むしろ、やや深くやられてるんじゃないのかなぁ。




たぶんピラヤ4号か、

ピラヤ2号。こっちの方が有力だなぁ。

ピラヤ2号、目もアゴも穴あきも治らんねぇ。まぁ餌食い良いからいいんだけどね。

ダミアン(ピラヤ6号)、生き延びて自力で治ってくれ。
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 大型魚へ
posted by sato at 00:03 | Comment(5) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

生(なま)の餌・冷凍餌・生(活)き餌

今日は我が家の最近の餌について。

我が家のピラニア達の最近の主食は、アジ。普通のスーパーではちょうど良いサイズのアジが置いていない場合があるので、業務スーパーの宇和島産の小アジ1kg780円が主です。最近は節約のため、頭と尻尾も取らずにそのままあげています。

で、週末、強制的に子ども2人を公園に連れて行かされることになり、遊ばせていたところ、嫁から電話。


「スーパーで小アジが売ってるけど、どーするー??」


お!珍しく気が利くねぇ〜。
まだアジは半分くらい残っているからまだ緊急事態じゃないけど、小遣い節約できるので乗っかっちゃおう!(セコっ!!)


「いくら?」  (※まずは金額から確認☆)


「598円。」

「どのくらいの量?」

「3kg。」




・・・



安っ!!




さすがに3kgもあっても、水槽部屋の冷凍庫じゃ全部入らないから、

「1kg買えるか(お店の人に)聞いてみてー。」

と言ったのに、、、、



3kg箱買いしてきました(汗)


発泡スチロール1箱分だもんなぁ。すげー量。 地元新潟県産。
冷凍庫の中にはまだアジもあるし、ブラジルレインボーボア用のヒヨコもあるし、冷凍のラインノーズとブランドティとヒュメラリス5号の3匹がスペースを占めているので、やはり入らないです。


そこで、人間の自分達で食っちゃおう!ってことで、3枚におろしてから揚げにし、夕飯のおかずに!
ひたすら小さいアジをさばきまくる!!
さばいてもさばいても逆に増えてる気がするっ!!

ご近所にもおすそ分け。
愛猫の「かかりちょう」にもおすそ分け。

ピラニアにワカサギとアジをあげてから、食卓にまったく出てこなくなった食材。
アジうまっ!ぴかぴか(新しい)
ピラニアにはもったいないうまさだ!


結局、頭と尾を取り除いたので、購入した半分近くの重量を廃棄しました。贅沢!
残りを冷凍して、2週間はもつかなぁ。



ヒュメラリスの餌は小赤。
そして小赤や他の生き餌にあげている餌は、キョーリンの「咲ひかり金魚 育成用(沈下性)」で固定されています。

この餌は沈下性なので、屋外水槽の金魚やフナにあげるときでは、食べてる姿を上見で楽しむことができせんが、プロバイオティクス機能もあるし、ビタミン・ミネラルも配合されているので、いい餌だと信じています。


ただ、この餌に慣れていない購入したて小赤達は、さすがにすぐには餌付きません。
暇つぶしに、アジの残飯を小赤にあげてみると、面白いほど寄ってきたので動画を撮ってみました。
変な趣味(^-^;)



餌での問題は、フナ。

2月7日に120匹を購入した日記を載せましたが、あとストックが15匹程度。 2ヶ月もつ予定でしたが、結局、アルマータスに食われずにロスする量がかなり多かったです。

屋外の水温が低すぎるのか、温度あわせと水合わせを慎重にやってもかなり落ちてしまいます。 2時間かけて温度あわせをした後、エアチューブで水を垂らしながら水合わせしてもダメ。
アルマータスが投入後にすぐ食ってくれれば、多少の水温・水質ショックは問題ないはずなんですが、これがなかなかうまくいかないもので、アルマータスの食欲もなぜーか減退気味・・・。

コメットや金魚はすこぶる元気なのに、フナたちは水カビっぽい症状も。。。


あ〜うまくいかないと気分も乗らない。
餌代も馬鹿にならないし。
いつもアルマータスの餌には悩まされます。。。




そーいや、キョーリンから、ビッグカーニバルが発売されましたね。今までのカーニバルの約5倍の体積(※sato試算)、1粒で小赤1匹分のエネルギーがあるとのことです。
アルマータスもピラニアも人工飼料に餌付いてくれたらすごく楽なのになぁ〜。
posted by sato at 21:24 | Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

水槽で表現する仮想アマゾンの世界

いつものごとく水槽よりパソコンの前にいる方が時間が長いんじゃないか?と自問自答している自分がここにいます。パソコン(ネット)も趣味ってことなので、まぁ仕方ないのかな^^;)。

ネットを見るのが日課になっていますが、いつも見るサイトは同じサイトばかりになってきちゃいます。 何か検索のテーマを広げないと、新鮮な情報が得られないものです。


そんで、今日のテーマは、水槽風景ぴかぴか(新しい)


みんなの水槽や、水槽設備や、水槽部屋の画像を見ると、ワクワクしてしまうのは自分だけでしょうか。

ピラニア飼育をしていない人の水槽でも良いんです。海水魚でもOK。テラリウムなんてしびれちゃいます。世の中にはすごく羨む水槽設備を維持している人がたくさんいます。

特にバックシート(背景)、海外では水族館のように3Dの立体的な擬岩や擬木を用いて、凄く雰囲気がでている水槽を作り上げている人もいたりします。
さらに滝のようなものがあったり、しながわ水族館のようにタイマーでスコールを起したりする設備を作っちゃう人もいるようです。(以前自宅の部屋に巨大な水槽と植物をレイアウトして、ピラルクー等を飼育されていた方がYahoo!ブログをやっていたと思ったのですが、アドレス忘れちゃいました☆)。
 
水族館でいうと、栃木のなかがわ水族園のアマゾンコーナーはすごく良いようなので、今度行ってみたいです(ミストラルさんのブログこちらも参照)。
上野動物園の爬虫類館も自分にとってはとても刺激的でした。オープンな中で枝に止まっているエメラルドツリーボアなんて、アマゾンの雰囲気抜群でサイコーです。
 

(2年前に行った上野動物園にて。手が届きそう?)

他には、海遊館須磨海浜水族園や、他にも色々魅力的な水族館はあると思います。
水族館を出すと家庭での再現はそうそうできないのでキリがないですが、
とりあえず、他の人の水槽画像が見たいです。


自分の中で水槽をこういう風にしたいなぁ、とかいうのは、やはり少なからず皆さんも持っているとは思います。
自分の場合、憧れはしているんですが、やはり経験上、水槽の中に砂を敷いて、水草や流木を・・、というのができません。
最大の難点は、メンテナンス性です。

ピラニア達が大量の糞をするので、確実にその大量の糞や食いカスが底砂の隙間に入って、分解してくれればいいですけど、自分のメンテペースを考えると、底砂も詰まって酸素も行き届かず腐敗しちゃいそう。
実際、以前は底砂は必ず敷く、と志して実行していましたが、断念しました。
また、ろ過器の中はそうそうメンテナンスするもんじゃない、と思い、あまりいじらないようにしていたのですが、飼育数が多かったり給餌量が多いと、濾過槽の中は凄いことになっちゃいます。底砂も同じことだと思います。これが汚れだけで、飼育自体に問題なければよいのですが、特に生き餌は病気にかかりがちになって、長い間落ちまくる困った経験もしていました。


本当は、お気に入りの色と粒のサイズの砂利を敷いて、枯葉や小枝を敷き詰めて、岩を置いて、でかい流木を置きたいと思っています。


じゃぁ砂利や水草や岩や流木をあきらめるとしたら、雰囲気を作るために何ができるか。


そこで考えました。
自分の場合、「水槽の外で雰囲気をかもし出しちゃえ!」って思いました。

そうすれば、最大の懸念事項のメンテナンス性は今までと同じ。ピラニアたちの遊泳スペースを狭める必要もありません。 水草の育成に必要な照明にも、そしてコケにも気を使わなくて良い、という面倒臭がりの自分にぴったり。


そんなことを思っている中で、まさに自分があこがれる水槽画像を見つけました。
こちら↓

O2ファーム ブログ
O2ファーム ギャラリー


たまらんです。

水槽の中に居る魚がピラニアや南米のものじゃなくても、たまらない美しさを感じます。
以前も書きましたが、アマゾンの水没ジャングルでは水中に葉があるかもしれませんが、基本的には水上に葉があると思います。水中で陸上を表現しているようなADAのネイチャーアクアリウムは、それはそれで大変美しいし、芸術性があるし、いつかやってみたいとも思いますが、本当の水中の自然を表現してはいないように感じています。
まぁ本当の水中の自然を生で見たことはないですけどね(/v\)テヘ。


で、刺激を受けたので、水槽部屋をちょっと加工しました。
水の中に入れてた最近追加した流木を、やはり天井からぶら下げることにしました。そしてフェイクのツタやシダ系の葉などを追加して緑を増やしました。
これらの材料は、100円SHOPとホームセンターで買いました。


天井の左側がこんな感じ。
水槽部屋の背面はまだほとんど何もやっていませんが、この左側はこの程度で抑えておこうかと思います。


天井の右側はこんな感じ。
ブラジルレインボーボアのケージの回りを、爬虫類用の木と、ツタやシダで盛ってみました。このケージの中はガーデンツリーボアかエメラルドツリーボアを入れて飼いたいとは思っていますが、まだ金銭的にも気持ち的にも余裕と決心がないので、ブラジルレインボーボアのみで続けたいと思っています。


水槽の中の左側はこんな感じ。
水槽の後ろに、ツタの葉を3種類ほど垂らしてみました。思ったより雰囲気が出て、実際見た感じは立体感もあるので、もうちょっと増強したいと思っています。
使っている材料は、1mで200円〜300円のものです。そんな長く使わないので背面だけで400円くらいで収まっています。


水槽の中の右側はこんな感じ。
本当は細長い流木や、太いツタを垂らしたいのですが、なかなか安くていい素材がなかったので、ジョギングのときに外で拾ってきた枝を垂らしてみました。何の木の枝か分かりません^^;)。ちょっと細すぎですが、遠くから見た木の根っこ的な感じに見えなくもないかなぁ。


フラッシュを焚くとこんなイメージ。


材料を集めたときにはあまりイメージが沸かなかったのですが、作業をした直後は、お!結構イケてる!?と自画自賛 (〃∇〃) ☆

しかし見返すと、葉が少なくてさびしいところに目がいったり、背景をやはり太めでねじれ気味の木やツタで表現したい部分もあったり、水槽の中に岩を重ねて入れたいとか、部屋の壁紙自体が白で明るすぎ!?など、突き詰めると物足りなく感じるところが出てきちゃいます。

とりあえず少しずつレイアウトを変えながら、お財布に無理のないように、そしてメンテナンス性を崩さないよう、自分の満足する姿を見つけていきたいと思います。


(追記)
ボンバダアグアで現地の水中写真が紹介されています。
http://moon.ap.teacup.com/applet/teru/20100314/archive
・・・た、たまらん・・。
posted by sato at 22:41 | Comment(8) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ヒュメラリス3号を発送しました。(完結)

熱帯魚の輸送・ピラニア発送

今日、ヒュメラリス4号を発送しました。金曜日は関東地方では20℃を超える暑さでしたが、運悪くこの土日にかけて一気に気温が下がり、到着地の広島は、最低気温1℃の予報です。



梱包材料は自分で揃えました。外径62×36×28(H)cm(内径55×29×22(H)cm)の発泡スチロールに、厚手のビニール、プラケース、輪ゴム、新聞紙、カイロ4つ、ビニールテープ。


千葉からですと、19時までに営業所に届ければ、翌日の14時以降に広島に到着できるとのことを何回もヤマト運輸に確認しました。掬い上げたのは17:30ちょい前。
この姿を直接見れるのは最後かもしれない・・・。名残惜しい。 いや、またデカくなって会える日を楽しみにしよう!!
餌は一昨日小赤を1匹あげてから抜いておきました。 むき出しだった上顎やかじられていたヒレや体表も治っているようです。


やはりピラニアですから、プラケースにヒュメラリス3号を入れ、輪ゴムでも蓋を閉じます。ビニールを破られることを防ぐためにプラケース等を使うのは必須ですね!
以前魚を買ったときにとって置いた厚手のビニール袋2枚を用いました。水は15〜20リットル程度入れ、輪ゴムで留めます。袋の下の端の角はテープで留めます。ほんの気持ちとして、2〜3cmの珊瑚石も1個入れておきました。
隙間には40℃を20時間持続させるカイロ(10個入りで198円)を3つ入れ、新聞紙もビニール袋とカイロの隙間に詰めます。


そして念のため、カイロのもう1つは、40℃が36時間持つ熱帯魚用のカイロ(1個105円。)を用います。優れものですね!


そのカイロを蓋に開けた1cm位の穴のところに取り付けておきます。カイロは酸素がないと温まりません。これで例えビニールが破れても、そして日曜の14時を過ぎても大丈夫なようにしておきます。


さらに隙間に新聞紙を詰めておきます。


蓋をしてテープで固定。



実は、これらの梱包は、近所のお店でやってもらおうと先週から調整してたのですが、今日の夕方、その近所のお店にヒュメラリスと梱包材を持っていったら、「お休み」・・( ̄□ ̄;)!!。

いや〜〜〜ん、先々週直接相談をして、先週も店長に電話して土曜も11時からやってるって言ったじゃーん。ショック┏(|||`□´|||;;)┓
ま〜〜仕方ない!

ってことで、酸素は無し!部屋の空気を詰めときました^^;)
あー心配。



以前発送に失敗したときは、翌日中に届かなくて死着。事前にヤマトのセンターに確認して翌日の午後に届くって言われてたので、今回も超心配。
今回の発送先は、時間短縮を図るため、届け先の近所の営業所留めにしておきました。


南米現地から送られてくるときは大変だなぁ〜〜。
この時期でも南米からじゃカイロなんて使わないだろうし。
ちなみにいつも行くお店に、箱に入れるカイロの数を尋ねたところ、この時期は卸業者から熱帯魚が届く際、5〜6個カイロが入っているとのことでした。箱のサイズを聞かなかったのですが、たぶん今回使った発泡スチロールと同じサイズでしょう。結構多めに入れるんだなぁ、と思いました。逆に熱過ぎたりしないのかも心配。
発砲スチロールの箱はこの行きつけのお店でもらいました。、

あと、そのお店では、手数料を払えば45cmのアルマータスも発送できるとのことでした。
アルマータスを手放して新たなピラニアの導入を・・・

って、それはナイナイ!

たぶん・・・。


1:00現在の状況→「発送」。
また報告しまーす!

-----------------------------


そして、、、

無事にたどり着きました!!

イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイぴかぴか(新しい)

13:30に営業所に届いたとのことです。
水温は20.5℃まで下がっていましたが、水漏れもなく、カイロも4つともまだ温かかったとのことです。
今回はいい経験になりました。
このサイズだったら自分で送れそうだな。

今回の届け先は、広島に住んでいる実兄でした。
水草水槽→レッドビーシュリンプ→ピラヤ、と飼育を変遷している兄です。誰の影響だか・・・。




とりあえず、去年のリベンジができて良かった〜〜。 ホッ。


今回参考にしたサイトも紹介します。
AQUARIUM ドリーム・シアター
オークション、どうする!?動物輸送
郵船航空サービス株式会社
アクアフォレスト
posted by sato at 01:01 | Comment(5) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ヒュメラリス3号の今後について

混泳に挑戦していたヒュメラリスですが、旅立たせることにしました。

というのも、混泳してはヒュメラリス3号が4号に痛めつけられ、セパレータで区切って隔離し、傷が治癒してからまた混泳に挑戦することを繰り返しているうちに、、疲れちゃいました。

このまま隔離し続けると、遊泳スペースが2匹とも狭くなり、そして水槽のメンテをしづらくさせてしまうので、巨大化計画に大幅な遅れをとることになりそうな気がしていました。
さらに、上顎と下顎の骨や歯がむき出しになるほどセパレータに顔を擦りまくっているヒュメラリス3号が痛々しい。

引き受け先に近々送付する予定です。
また報告しまーす。



今はセパレータではなく、大きめのプラケースに隔離中。適宜小赤や雑魚は投入していて、決して餌食いは悪くないです。


うまく測定できないけど、サイズは13.5cm。ギリ14cmはないかなぁ。。
飼い始めてからほとんど大きくなっていません。


汚いプラケース越しに撮影。口の閉まりがイマイチな特徴があるヒュメラリスです。


撮影直前に小赤を1匹あげたらソッコーで食ってました。ちょっと腹が出てるヽ(´▽`)。




送付先で大きくしてもらってから、状況に応じてまた引き受ける計画でもあります。
ヒュメラリスは4号1匹だけになる予定。
寂しい。

posted by sato at 21:17 | Comment(10) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。