2010年02月25日

ピラヤ1号 38cm±

我が家のドン、ピラヤ1号38cm±。この水槽という狭い領域では、なかなかすばやい泳ぎは見れませんが、驚いて突進したときは、凄い音を出して流木を吹っ飛ばす破壊力があります。
ピラヤ2号、4号、6号、ジャイアントイエローの争いを中和してくれる役割も担っています。


フラッシュを焚くとこんな感じ。
水槽環境が違えば、ホントはもっといい色を出してくれる素質はあると思います。


前面から。
餌食いは悪くはありません。アジが中心。餌が残らない程度にあげていますが、今までややセーブ気味だったかもしれません。


ピラヤ3号ヒュメラリス2号の容疑者でもあります。ヒュメラリスに対しては犯人確実だな〜。



posted by sato at 23:55 | Comment(8) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ピラヤ6号(ダミアン)導入後3週間経過

ピラヤ6号(ダミアン)32cm±。

そういえば、みなさんは自分の飼っている魚に名前を付けていますか??

常連さんなら知っていると思いますが、自分の場合は名前をつけずに、種名に連番を振る形と決めています。一応理由がいくつかあったりしますが、簡単に言うと、これは完全に自分の趣向であり、好みだったりするだけです。機械的で味気ないかもしれませんが、初めてサイトを見た人も、何の種類か分かりやすいからいいかな〜とも思っています。
でも、愛着が湧く名前を付けるのももちろん良いと思います!呼び方はそれぞれの趣向で!

でも、このピラヤ6号だけは、自分が飼う前から呼び慣れた「ダミアン」という名で呼んでしまいます。

そんなダミアンですが、我が家に来て3週間が経ちました。その様子をご報告。


手前に2匹写っていますが、左が我が家の最大ピラニア、ピラヤ1号と、右がダミアン。
混泳メンバーは、ダミアンとほぼ同サイズのジャイアントイエロー、ピラヤ4号、そして画像を見ても一目瞭然、何回りもでかいピラヤ1号(約38cm)と、ピラヤ1号より2〜3cm小さいピラヤ2号(約35cm)という全て30cmオーバーのサイズのメンバー。



導入当初は思ったより静かに混泳スタートしましたが、1週間ほど経ってから、争いが激しくなりました。3年近く落ち着いていた混泳バランスが崩れ、ダミアンが他のピラニアにちょっかいを出すように。。そして返り討ち!


(ダミアン):オラオラ〜、フィルター排水場所は俺のテリトリーだ!ドケドケ〜凸(`Д´メ)

(ピラヤ4号):痛!?なに〜この新入りめっ!この水槽で一番小さいからってナメンな!もう30cm超だぞ!ヽ(`ε´#)ノ !!

(ダミアン):イテテテテ!逃げろ!。。゛(ノ><)ゝ

(ピラヤ4号):待て〜〜っ!εε≡(ノ▼皿▼)ノ

(ピラヤ2号):こラ!新入りとチビ!俺の前に出るな!(;`皿´)!!

ドカむかっ(怒り)!バシャンあせあせ(飛び散る汗)!ガコンどんっ(衝撃)

(ピラヤ1号):のぼ〜〜〜ん、のぼ〜〜〜ん (_д_)。o0○



こんな感じかどうかは分かりませんが^v^;)、ピラヤ1号、2号、4号もちょーっと鱗がはげています。しかし、ダミアンが一番傷が多いです。画像じゃ良く分からないけど、照明を消して見ると結構鱗が飛んでヒレが裂けてヒドイ傷。頭頂部もちょっと剥げています。
ジャイアントイエローは知らん顔 (^▽^;)。


左下がピラヤ4号。真ん中奥がピラヤ6号(ダミアン)、右の正面顔がジャイアントイエロー。この3匹はホント同じ位のサイズ。
右下手前の岩みたいな頭はピラヤ1号。


餌食いもかなり勢いが良くなっています。ダミアンはアジが好みのようです。この1年で3cm成長が目標です!


posted by sato at 16:32 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ブラックピラニアの動画を編集してみる。


先日、今年に入ってパソコンを買い換えた記事を載せました。性能も以前のパソコンより良くなったので、初めて動画編集にチャレンジ!

といっても、まずは無料のWindows Live ムービーメーカーで動画をつなぎ合わせただけ (`∇´)。この程度なら思ったより超カンタン!


元の動画が暗すぎて見えづらい・・・。ちょっと私の寝癖頭の顔が映りこんでるのは愛嬌ってことで☆。
このブラックピラニアは、カメラを向けないときは牙を向けてガラス面に「ガコっ!」ってぶつかってきたのに、いざカメラを向けると控えめヽ(´▽`;)/。
まぁ思ったとおりにいかないところもピラニアっぽくていいのではないでしょうか。
毎日アジを1匹食ってます。単独飼育もあって、超順調。

150cm混泳水槽は、ピラヤ6号(ダミアン)を混ぜてから、ちょっとハラハラしてます(汗。

posted by sato at 23:28 | Comment(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

穴あき病(鞭毛虫タイプ)にメトロニダゾールを試す

さて、穴あき拡大中のピラヤ2号や4号のために買った薬が2週間ほど前に届きましたので、ご報告。

個人輸入代行業者を通じて仕入れたため、厚労省の未承認薬になります。表現を気をつけないと薬事法に引っかかるかなぁと思って事前に調べたら、第68条中に「その名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告をしてはならない。」ってありました。この"広告"って、単に一般に紹介することって言う意味と、販売促進って意味があると思うので、この辺の解釈はどうかなぁ、と思い調べてみると、


■1.顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昴進させる)意図が明確であること
■2.特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
■3.一般人が認知できる状態であること
薬事法における医薬品等の広告の該当性について(平成10年9月29日 医薬監第148号)

が禁止されているようです。第68条の規定に違反したら、「2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」って第85条第5項にありました。( ̄ー ̄;)・・・。

1.は別にそんな意図はないことはここで主張しておきますが、2.で商品名は出しちゃだめで、3.では商品の写真もダメっぽいので、念のため、この辺に気をつけて掲載します。
こんな熱帯魚用途の個人的な経過報告程度で逮捕されちゃった人はいるのかなぁ??


香港からの輸入。90錠で送料あわせて2,420円。熱帯魚用途としては高いのか?それとも安いのか?


成分:メトロニダゾール200mg。製品名:ちょめちょめ。
一般的には、トリコモナス原虫を死滅させるお薬だそうです。トリコモナス腟炎の治療に用います。しかし男性もトリコモナスにかかります(トリコモナス110番)。
・尿道からの膿のような分泌物が出る
・軽い排尿痛や頻尿が起こる
・性器の痒み、灼熱感、違和感を感じる
この辺の症状が男性には出てくるらしいです。女性を守るためコンドームをつけましょう!

って脱線!!

今回はピラヤの穴あき病の原因と思われる鞭毛虫の駆除を目的として実験します。自分用ではありません(〃∇〃)。


錠剤はこんな感じです、、って見せたいんだけど、商品名も錠剤自体に書かれているので、薬事法68条によりお見せできません。。。雰囲気だけ。直径1cmくらい。


処方量ですが、参考にしたサイトで、「魚病学的に有効とされる分量は魚体重1kgにフラジール30mgくらい」との記載があり、さらに、ナオキング@どエロ医師の場合、「鼻糞よりもちょっと大きい位」との助言もあったので、全長30cm前後のピラニアの体重は1kg前後を考慮して、錠剤をラップに包み、適当にスプーンの腹で軽く叩いて粉砕しました。


で、小アジの口を広げて薬を奥に詰めます。実際は画像よりもっと奥に入れておきました。


他のピラヤも感染している前提、又は予防目的として、毎回小アジ5匹分には錠剤を入れてあげ続け、すでに1週間経ちますが、当たり前のように目に見える効果はないです!(*ノ∇)ゝ。そりゃそーだ。若干餌食いが鈍くなったように感じますが、ピラヤ6号(ダミアン)導入も重なって環境も変わっているので、基本的にはそんなに副作用的な変化はないです。ろ過バクテリアにもダメージがあるといいますが、内服していることもありますし、phを見る限り、水質もいつもと変わらない感じです。

2月中は餌に入れ続けてみようと思います。



去年の2月のピラヤ4号。凝視すると鰓付近に穴が開いています。1年後の現在は、ピラヤ2号ほどではないですがもっと広がっています。症状がわかる写真が撮れたらここに追記しておきます。


(※2/20撮りました!)
最近、ピラヤ6号との争いにより目とその先も怪我していますが、そこを除いて穴の経過を見てください。

また経過を何ヵ月後かに報告しまーす。

posted by sato at 01:56 | Comment(4) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

久々に流木を購入


アルマータス用の餌をまとめ買いしたので、しばらくは熱帯魚屋さんに行かないと思ってたら、結局今日も行ってました☆

で、買ったのはこれ。


流木。久々に買いました。
サイズは大体50cm(W)×40cm(D)×25cm(H)。細いから隙間も大きいけど、結構場所を必要とする大きめサイズ。水の中では浮かびそうな感じです。
これをどこに設置しようかなぁ〜。


150cm水槽に縦。ん〜〜。ピラニアに刺さりそうな尖りぐあい。


横。ん〜〜〜。色々角度によりパターンが増えそうな感じ。奥行きもあるから、実際の見た目は立体感が出てきそう。


水槽の外に設置するのもありかなぁ。これはこれでもっと木をぶら下げたくなるなぁ。


とりあえず沈ませるのじゃなくてぶら下げる感じになりそうです。。
衝動買いの割にはまずまずの流木を手に入れることができました。

吸盤を買ってから、実際に水槽の中に入れて、もうちょっと色々試したいと思います。
大したことじゃないけど、ベアタンクの水槽が中心なので、ちょっとレイアウトを換えるだけで気持ちも変わります(≧∇≦)b
posted by sato at 21:15 | Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ピラニア以外の水槽部屋の住人


今日もピラニア以外の話題で。。。でも南米系だから!


ホントは爬虫類飼育者として表立って出したくない話なんですけどね、、こうやって晒すことによって自分を戒めようかと。。

去年の11月。みぼくうさんと鬼眼さんが来られた日の一週間前、ブラジルレインボーボアが脱走しました。今までも扉を開けっ放しにしちゃったなど、明らかな不注意で脱走させたことがあるのですが、今回はしっかり扉を閉めていました。
そして、濾過槽の中や、ブロワーポンプや冷凍庫の上、冷蔵庫の下など、思い当たるところを徹底的に探したのですが、このときばかりは見つかりませんでした。

しかし我が家は窓を開放することはない上に、どう考えても寒い外よりも、暖かくて湿度がある水槽部屋の方が過ごしやすいから、水槽部屋以外には出ることがないだろうという自信はありました。



2ヶ月経ち、、、



正月休み、嫁の実家から帰ってきて、混泳させているピラニア達の様子を見ようと水槽部屋を覗いたところ、、、

フィルターの上に何気なくぴょこんといる虹ボア。
 

絶食には強いので、餓死は心配してませんでしたが、淵が鋭利な塩ビ板の隙間からの脱走に伴う外傷がありました。そしてやや乾燥気味でしたが、湿度を一気に上げて餌をあげたらしっかり食ってくれました。

そんで、「ちゃんとボルトで止めよう」と思って電動ドリルを使おうとしたら、電池切れ。透明のボルトは用意してあったんですけどね。

まー餌も食ったばかりだし、気持ちよさそうに水没してるから、とりあえずそっとしておいて、ドリルを充電して次の日に、、と思ったら。


ものけのから。
いや、脱けがら。・・・。




そしてまぁ、今回も発見できず。。。
蛇は居心地がいいところにしかいかないはず、、しかし如何せんこの狭い空間でも見つけられないのが悔しい!

そこで色々ポイントを探した結果、、、見落としていたポイントをついに発見。。

140cm水槽の後ろ側の下。流し台の横に小さな洞窟が。。。
水槽台は奥行きが90cmなので、15cm隙間があります。その板と板の空間はチェックしてませんでした。
 

せまーいところを腕を伸ばして写真を撮ってみる。どう考えても手が届くわけがない隙間。完全に盲点でした。



まぁそんなこんなで、腹が減ってきたら出てくるだろうとたかをくくっていたら、、1ヵ月後、やっぱり出てきました。

流し台にトグロを巻いたうんこちゃん。 お帰り☆

餌をねだるようにウロウロします。ちょっと痩せた。


そろそろ脱皮しそう。。


で、脱皮前なのにしっかり餌は食っちゃいました。
そして食ったら次の日やっぱり脱皮。


またドリルの充電が切れているので、充電しなきゃいけないんですけど、ケージ自体の作りを変えてみようかと思ってます。安くて見栄えのいいアイディアが浮かぶまで、扉はテープで固定させていただきますよ!

蛇には比較的過ごしやすい小部屋で放し飼い状態にはなってましたが、爬虫類を飼育するものとして、いや、動物を飼育するものとして、脱走は絶対ダメ。脱走させるくらいなら飼育をやめちまえ!ってくらい脱走はダメなことなんです。


このブラジルレインボーボアも、うちに来て3年目になろうとしてます。多種を飼うつもりはないですが、爬虫類も好きです。
もうちょい勝手のいいケージにするまで、おとなしくしておくれ!

posted by sato at 00:47 | Comment(6) | ブラジルレインボーボア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

今日の到着物

ピラヤ6号(ダミアン)を入れた150cm水槽は、思ったよりもずっと平和に過ごしています。ピラヤ6号も徐々に餌を食べてくれています。ワカサギよりもアジが好みのようです。



さて、二日酔いの土曜の朝、ヤマト運輸の営業所へまた荷物を取りに行きました。
今回は何でしょう。
箱はデカいです。ムフフ。。。


今回はピラヤ6号(ダミアン)のときと違ってバチャバチャ音が聞こえます。オッケーオッケー。

このお店の通販は2度目なので、信頼しています。

ドキドキして中を見てみると・・・、



トロリ濁り泡; ̄ロ ̄)!

ありゃ、ちょっとマズイ雰囲気!?
力なく泳ぐ魚がチラリ・・・。


今回の中身はこれ!





フナ!
120匹!

アルマータスたちのお食事用として、10cm前後の商品で購入しましたが、実際は12〜15cm位のサイズがほとんどでした。もうけ!!
10匹で300円。送料を考えても1匹あたりの単価は35円!毎週かねだいに同サイズの大姉を買いに行っていましたが、在庫切れに出会うこともあり、また何より嫁が私が毎週買いに行くのを嫌がるので、まとめ買いしてみました。

鯨飲馬食のアルマータスにはもってこいの餌です。アルマータス1匹の給餌量を1日鮒1匹に抑えれば、2ヶ月もつ計算です。


しかしさすがにこの季節でもこの量はキツかったか。水温4℃の低温と水質悪化で、みなやや仮死状態。死着こそ数匹でしたが、屋外水槽に放ったり、アルマータス水槽に水合わせしながら合流させ、時間が経って見てみると、15匹くらいロスしてしまいました。

ロスったフナは一部をピラニア水槽に、一部を冷凍庫に。なるべく再利用。


屋外水槽120x60x45(H)cm水槽でのストックもキツそうなので、次回からは1か月分を想定して購入しよう。。。半分の60匹だな。
明日みんな浮いてたりして・・・(^▽^;)。

主役より赤く目立つ金魚より、同系色の銀色のフナの方が、見ていて落ち着きます(´ ▽`).。o♪♪


なお、金魚はもともとフナが起源ですので、栄養面ではフナはほとんど金魚と同じだと思われます。そんで、せっかくなので、サイアミナーゼを含むフナや鯉についてウンチク。

ビタミンB1欠乏症の症状は、食欲減退、行動の異常、平衡感覚の喪失、発死などだそうですが、鯉を被検体とした論文の中では、「淡水魚の組織にアノイリナーゼ(=サイアミナーゼ)は広く分布しており,その強さは腎臓で最も強く,鰓,肝臓,眼球でもかなり強い,筋肉,卵巣などは比較的弱い。」とあります。(→サイアミナーゼに関する研究)」
また、サイアミナーゼを含むフナや鯉は、組織のビタミンB1量がきわめて低い値でもB1欠乏症を示さず、B1欠乏に対して抵抗性が強いという報告があります。(→サイアミナーゼに関する研究)」。
サイアミナーゼがビタミンB1の代謝に深く関係しているらしいです。


あと、金魚のみの単食は、背骨が曲がるっていう話を聞いたことがありますが、生まれながらの奇形ではなく後天的に奇形になる魚が本当にいるのか疑問を持っています。私自身の経験としては、たとえ金魚のみを単食させていても、必ずしもビタミンB1欠乏症がでるとは感じていません。金魚も栄養のある餌を食ってるからかなぁ。体が硬いアリゲーターガーで、水槽が狭すぎて背骨が折れ曲がったものは見たことがあります。
ってことで、細かい作用は多々あるようですが、通常のピラニア飼育下においては、あまりサイアミナーゼを意識しすぎなくてもいいのかなぁ、と思います。


むしろビタミンB1分解酵素を持ったフナや鯉を、ビタミンたっぷりの餌を食べさせたあとにピラニアたちにあげると、ビタミンB1の吸収がすごく良くなるのかもしれない!?

そんなどーでもいい結論でウンチク終わり。アルマータスたちはものすごい量のウンチ君してます^^;)。

posted by sato at 00:18 | Comment(6) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ピラニアのサイズの測定方法

自分はピラニア以上に臆病ものなので、ピラニアを掬い上げてサイズを測ることがほとんどありません。
だってホントに怖いんだもの。水槽が広いとなかなか追い込めないし、やはりジャイアントイエローに噛まれた記憶も潜在的にあるし、ちゃんと測るのは、せいぜい水槽移動のときくらいです。で、水槽移動はほとんどしないから、大抵は、水槽の外からメジャーをあてて何となくで見てます。

前回アルマータスの捕食動画を載せましたが、今日、この2匹を、そのなんとなーくで測ったところ、42〜45cmくらいでした。停滞していたと思ったらいい感じでした。一度にがばっと大きい餌をがっぷり食えば、口や胃腸が餌にあわせてでかくなって、体も大きくなってくれるのかもしれません。


150cm水槽の住人は、もうぜんぜん分からない。まったく大きくなってない気がする。。。


、、、と、ずーっと思ってました。


でも、、ちょっとずつ大きくなってるかも。
そんな思いをさせてくれた動画です。



ポケットを叩いたら、住人が5ぴきになりました★




土曜の朝。昼間っから飲み会・・じゃなくて、友達の披露宴があったので、朝一でヤマトの営業所まで取りに行きました。この時期は寒いから(暑いときもですが)、なるべく自分で営業所まで取りに行ってます。


とくにバチャバチャ音を立てていない箱を開け、袋を見ると、、、

水が少ない!!
ガーン!(。□。;)!!ゴーン!(;。□。;)!!ギーン!(;。□。)!!

や〜〜ん、ガムテープだけの補強じゃだめでしょー!!!
漏れた箱内の方が水が多いし!
とりあえずソッコーで水合わせ。

恐る恐る中を見てみると・・・、


ヒ〜〜ハ〜〜っ!!


無事!!
焦った!まじ焦った(@Д@;。
冷や汗と、色んなとこから変な汁が出てきそうでした。
これだから発送は怖い!カイロ1個だったし(水浸しだけど・・・)。心臓に悪いからもぅ勘弁して…(ノ_-;)フゥ


水換えと合わせて合流。水槽の中をグダグダに混乱させてから水入れ。



夜中帰ってきたら、、無事でした。
よかった、、ブログに載せられて・・・(´▽`) ホッ。


ピラヤ6号、32cm±。

彼の名は、、、そう、、ダミアン!!!

縁があって、ブラジル→大阪→千葉→埼玉→兵庫(北)→兵庫(南)→そして千葉に帰ってきました。お帰り!もうここで落ち着いていいぞ!!


150cm水槽に入れてみたら、、、
思ったより小さい!ってか、回りのピラヤたちがデカイ!

ジャイアントイエローとピラヤ4号は、ほとんどダミアンと同じくらい!
ってことは、、こいつらもすでに30cmを超えてるってことか!

ってことで、ジャイアントイエローとピラヤ4号は、チョイ控えめに30cmってことにしときます。ピラヤ1号と2号のサイズも気になる。。。
うちの水槽は個体が小さく見えるのか!?


ってことで、タイトルの方法は、「サイズが分かってるピラニアを入れれば、他のピラニアのサイズが大体わかる」、ってことでした。(* ̄∇ ̄*)チャンチャン。

いつかまとめてちゃんと測定したいなぁ〜。

ダミアンおおきくな〜〜れ〜〜!
posted by sato at 23:42 | Comment(14) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。