2010年01月29日

アルマータスペーシュカショーロの捕食動画

ピラニア飼育者なら、少なからずその捕食シーンの迫力に魅力・醍醐味を感じていると思います。

これがピラニア以外でも、きっと給餌のときに興奮する人、もしくは癒される人は多いはず!
犬、猫に餌をあげるとき、亀に餌をあげるとき、鯉や金魚に餌をあげるとき…。

自分は、一時ピーコックバスを飼ってたときがありましたが、あの丸呑み食いも、ピラニアとはまた違った迫力がありました。
蛇に餌をあげるときの、あの獲物を狙う姿と、瞬時に巻きつく素早さと、通常じゃ考えられないくらいのサイズの餌を飲み込む姿には、日常にはない刺激があります。
リスザルに餌をあげたときは、あの小さくてやわらかい手にときめいちゃいました★


まー、そうは言っても、餌を食べることはほぼ毎日のことなので、慣れてくれば日常生活の一部になります。そのために、その刺激に慣れてしまい、飼育自体に飽きてきちゃう人もいると思います。人それぞれなので自分はそれを決して否定はしません。


そんな中、自分をまだまだ楽しませてくれるピラニア達とはまた違う魅力を持った牙魚(きばざかな)の捕食動画を紹介します。


ピラニア集団の餌食いをマシンガンに例えると、アルマータスはライフル、いや、日本刀かな!?

大姉は15cm前後のサイズです。アルマータスは1匹が1日で大姉を3匹は食います。たまに大量の水しぶきを蓋と水槽の隙間からぶっかけてくれます。
餌を毎日大量にあげ続けても、結構すぐにお腹はぺちゃんこになるので、80cmのアルマータスを飼われているMEGUさんのアドバイスも参考にして、日をちょっと空けたりしてコントロールしながら給餌しています。

ちなみに水面に浮かんでいるのは、フィルターから溢れちゃったドライボール。。。面倒くさくて何ヶ月も放置。。。


ふ〜〜、直にこの捕食シーンを見れることが幸せ〜〜 (´ ▽`).。o♪♪

こんな自分はヘンタイ??

いや、このサイトを見てる人はみんなヘンタイ仲間だ!!!/(。△。*)(笑)

ヘンタイ万歳!

posted by sato at 23:11 | Comment(16) | アルマータス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ピラニア混泳水槽動画 ただ泳いでるだけ。

昨日の水換え後に流木立ててみました。もう倒れちゃってるけど。
ただ泳いでいるだけの動画です。。。
ここに1分〜2分くらいのサイズの明るめな砂利を敷きたいなぁ。
今日は豚レバーの塊をぶっ込んだら、、血でモヤモヤ〜〜っと、濁る濁る(((汗。
栄養はきっとあるんでしょう!



ようやく40cmは超えたかなぁと思われるアルマータス2匹。これも捕食シーンは無い動画です。こいつらの捕食シーンはたまりません(゚∇^d) !!
しかしよく食うやつらで、制御しないと月1万円くらいは余裕で食っちゃうなぁ。 財布に厳しい!

う〜〜ん、セパレータはずしたい。。
でもそんなことしたらヒュメラリス2匹の行き場が無くなっちゃう。。。夏の屋外飼育まで我慢!
1匹手放すかな〜。どーしよーかな。




そんで、どーでもいいですけど、所帯持ちの皆さんはお小遣い制?今月はこれでやれ系?それとも独立会計系?

うちは共働きだけど、完全お小遣い制です。しかも微々たる金額。。。バイトやってた高校生のときの方がよっぽど金持ちだったなぁ。。
今は、給与口座の通帳、カード、ハンコは抑えられています。暗証番号も分かりません( ̄ヘ ̄;)。。
まー、微々たる給与なので仕方が無いんですけどね。自分が財布を握ったら土地や家や車は買えなかったと思うし。。。個人的に大きなものを買うには、コツコツ貯めるしかありません。


でも今、どかーんとお金を使いたい。


コツコツ貯めるしかないのがイタタマレナイ!!"(/へ\*)"泣。
どかーーんとお金が欲しい!

posted by sato at 21:17 | Comment(9) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ピラニアピラヤ2号の穴あき

この前紹介したピラヤ2号の穴あき・・。 実際結構目立つんですよ。

ネットで穴あきの症状の画像を見ると、充血し、皮膚やうろこが白いただれる潰瘍を起こし、 次第にえぐられた様な穴状になって、筋の露出が見られるほどになり、腹部であれば内臓まで見えちゃうほどになる、、、そんな症状の認識があります。

ピラニアの穴あきの場合、よくあるのが、充血や潰瘍の発症はせず、ピンホールのような小さな穴が開いたり、皮膚が裂けるような症状を起こしたりすることがあります。 これが熱帯魚一般にいう穴あき病(A・サルモニシダ菌、A・ハイドロフィラ菌)によるものか、ちょっとよく分からないのですが、 このピラヤ2号、、、




2007年3月。右から2番目がピラヤ2号。もちろん何も症状はありません。


2008年10月。何も症状はありません。むしろ今の場所と違う、より前方の箇所に穴が開いています。


2009年3月。体表が広範囲で白く見えますが、穴は開いてなさそうに見えます。


2009年4月。一見して分かる穴が開いています。すでに結構デカイ。。。



2010年1月現在。
1円玉(直径2cm)よりは小さいとは思いますが、かなり広く、深い穴になりました。
(穴あきとは関係ないですが、顎のコブも目玉くらいデカイし。。。)
夜間など暗いときは、穴の部分は他の部分の色と違い、白い色で目立ちますが、昼間などの明るいときは、他の部分の体色と合わせる機能は残っています。


しかし、、、明らかに症状が進行中。。。

基本的に、普通に泳いでいて餌食いも良い場合は、多少の怪我や病気は放置しますが、
こうやって見ると、ヤダなぁ〜。

そんでネットで穴あき病情報を調査。こういうのって実際に自分(の飼っている魚)が経験しないと、原因とか、仕組みとか、処方とか調べたり覚えたりしないんですよね。

伊藤養魚場 穴あき病解説

伊藤養魚場 薬一覧

Rift Lake Cichlid Net Work HITH(穴あき病)に関して

Tsutomu's Homepage 頭部穴あき病へのミミズ給餌の効果

よしをのホームページ 穴あき病解説

大阪府 水生生物センター

日本動物薬品株式会社 穴あき病解説

鯉のお医者さん 穴あき病解説

C'ZONE シクリッド特有の頭部穴あき病 HLLE(Head and Lateral Line Erosion)

ミミズ販売




そんなことを調べてたら、あのナオキさんが穴あき病対策について語ってくれてるじゃないですか!?


(」〃>O<)」 << なーおーきーんーぐさーん

(」〃>O<)」 << たーすけてー

(」〃>O<)」 << なーおーしーてー



ビタミンかぁ〜。

前に人間のビタミンの錠剤を水槽に入れたら、すっごく黄ばんじゃったことがあります。
また、自家製カルキ抜き溶液にビタミン錠剤を溶かしておいたら、次の水換えの時に、ツーんと鼻に突き刺さる臭いが・・・、錠剤に糖分が含まれていたために、カルキ抜き溶液が腐敗…。

うちの場合は生き餌じゃないから、アジの腹にビタミン剤ブッコんであげるか〜。って、あげちゃって大丈夫かなぁ。

そして、顎のコブ切除ついでに、イソジンを穴に塗り付けちゃおうかなぁ。鰓に入らないようにして。局所的なイソジン効果はあるかなぁ。 
う〜〜、30cm以上のピラニアを掬い上げるのは怖くて嫌なんだよなぁ〜・・・。「(´へ`;ウーム
ついにビビッて秘めていた、秘伝の麻酔薬を使うか。。。


安く、超即効性のある技は無いかな〜〜・・・o(´^`)o ウー


とりあえず、今までの水質悪化説は否めないので、これは去年の秋以降続けている週1回の水換え(1/3〜1/2)を維持しようとは思っています。 やっぱ週1の水換え+残飯はやめに撤去で、生き餌もピラニアもみんな順調だから。

予防が一番大切なんですよね〜。

posted by sato at 21:39 | Comment(14) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ラインノーズ20cm

ラインノーズちゃん。 2週間前から餌をアジからワカサギに変えたら、ものすごい勢いで食いついてくれます。個体によって好みが違うんですね。狭い環境の中、オニギリピラニアと自作セパレータを分けて過ごしています。完全に成長を無視して鑑賞専門・維持モードです。
今のサイズは20cmくらいかなぁ。
場所とお金が無いけど、ラインノーズの混泳もいつかしてみたいです。


右から


左から


正面から


他のピラニアとはオーラが違います。シンプルなモノトーンが、何となく洗練された都会的な感じなイメージ。野生的なピラニアなのにね。

ベネズエラ(オリノコ系?)、トカンチンス川、アラグアイア川、パラナ川と、産地がかなり広範囲のようですが、入り組んだ流木や枯葉の中にひっそりいるラインノーズも見てみたいです。

posted by sato at 20:51 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

いつの間にかヒュメラリスたちが混泳

セパレータの隙間から混じってしまったのをきっかけにそのまま放置して混泳しているヒュメラリス3号と4号。
1週間弱経ちましたが、ヒレをかじり合うこともなくうまくやっています。
まったく、こーゆー意図してないときに限ってうまくいくんだもんなぁ。



飼育者しか分からないと思いますが、手前(上)がヒュメラリス4号。導入した1ヶ月前は、3号より1cmくらい小さかったのですが、ほとんどサイズに差が無くなっているようです。
画像では見えませんが、奥(下)のヒュメラリス3号は、セパレータに顔をぶつけまくってたので、上顎と下顎が削れてしまっています。下顎の骨と歯がむき出し状態です。もちろん放置。



そんで写真撮ってると邪魔してくる次女。どいて!!





そして今日、仕事から帰ってきたら、あやうく大事故が起こる危機一髪の事態が!!!

この140cm水槽に設置してあるセパレータが倒れていて、アルマータスとヒュメラリスが同じ空間にいました!!日曜にあげた大姉が2日で無くなっていたので、腹が減っていたはず。
超運がよかった〜〜。
焦りすぎて写真を撮る余裕がありませんでした。この混泳はマジ勘弁して!!

早くも吸盤が硬くなって吸着力が無くなっているので、もっと丈夫なセパレータを考えないとだめだなぁ。見た目が好きじゃないけど突っ張り棒でも使うか〜。




posted by sato at 21:12 | Comment(6) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

正月休みの共食いリスクを乗り越えた近況

もう一週間前になりますが、正月の自宅不在時に心配していた共食いは起きず、ホッと落ち着いているところです。

ただピラヤ2号にかなり醜い顎のコブができていました。目も白濁し、擦り易いのかなかなか治りません。左目がよく見えないから顎の左側にこんなにデカイコブができるのかな。
人間で言う「コメカミ」付近の穴あきもかなり広がっています。とりあえずえさ食いは問題ないので静観するつもりです。




そして先週の水換え時、やけに冷たいと思ったブラック水槽。
温度を測ってみると、20〜21℃!!

ヒーターが壊れていました。。。

サーモは無事だったので、予備のヒーターに交換。家の中は床下蓄熱器のおかげで、常時20℃くらいはあるので、無事で済みました・・・、ホっ★




そんでこの写真は冷凍ウオノエ。まっかちんで見せてもらいました。10cmくらいのピラヤだったかナッテリーの鰓の中にいたとのことです。1cm以上のサイズが10cmのピラニアの鰓の中にいるなんて・・・。たぶん入荷したときからいたのだろうとの話でした。もちろん冷凍ですから死んでいます。
鬼眼さんのピラヤの事故は残念…。




そして今年最初の大物の買い物はこれ!


ノートパソコン!

ここ2世代前のパソコンから自作パソコンを使ってきましたが、鬼嫁から、団欒の時間ぐらいリビングにいろ!!という指示がいつもある中で、夜には0才の次女が書斎のある寝室で寝るため、なかなか自由にパソコンが使えない状態でした。パソコンの性能も時代に追いついていないため、ノートパソコンを購入!


これで家中どこでもネットにつなげて作業ができます!まぁ更新頻度はそんなに変わらないとは思いますが・・・。

あ〜〜、お金がまた飛んでいきました〜〜。


パソコンのスペック
-----------------------------
【DELL Studio 15】
■CPU: インテル(R) Core(TM) 2 Duo P8700 (3MB L2、2.53GHz、1066MHz FSB)
■メモリ: 4GB(2GBx2) デュアルチャネル DDR2-SDRAM
■グラフィック: ATI Mobility Radeon(TM) HD 4570 512MB
■ハードディスク: 500GB SATA HDD (5400回転)
■OS: Windows(R) 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64bit
■内蔵ウェブカメラ: 内蔵200万画素
■ブルーレイドライブ
■ディスプレイ: 15.6インチ TFT TrueLife(TM) WXGA 光沢液晶ディスプレイ (WLED) (1366x768)
■4年保守 [出張対応による修理, 事故・盗難損害対応]
■電源:90W、バッテリ: 6セル
■Bluetooth: Dell Wireless(TM) 370 内蔵Bluetoothモジュール (V2.1+EDR)
■ワイヤレスLAN: インテル(R) WiFi Link 5100 (802.11a/b/g/n対応 - 最大理論速度300Mbps)
■無線LAN AP: Buffalo WZR-HP-G300NH
■外付HDD:LHR-DS01SAU2クレードルタイプ+LHR-DS01SAU2 Western Digital SATA 1TB WD10EACS

壁紙はアマゾン川!!(≧∇≦)b
posted by sato at 20:58 | Comment(11) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけおめ

どーも、こんばんは。

そしてあけましておめでとうございます★


カウントダウンはやっぱゆく年来る年見ながらだね!


昨年は、ファイヤーベリー、ブラックピラニア2号、ヒュメラリス1号、2号、3号、4号、5号、レッドルビーピラニアが新たに仲間に入り、半分を失いました。

140×105×45(H)cm水槽も追加し、設備も落ち着きました。


ちょっと気が急いてたかな〜。。。


今年はちょっとピラニアと距離を置いて、

別の楽しみを見つけていこーと思います。


























って、ウソ!!

相変わらずマイペースで、好きなこと書いていきまーす!

今年もよろしくでーす(^O^)★
posted by sato at 00:20 | Comment(10) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。