2009年02月28日

ピラヤ4号とジャイアントイエローとブラックピラニア1号

先週末にピラヤの幼魚が入荷しましたね。

以前ピラヤの混泳水槽に憧れ、色々なショップを巡ったことがあります。
大型のピラヤを飼うか、150cm水槽に10匹以上の混泳するかのどちらかをしようとしていました。

その年と前年は、ピラヤの入荷が少なく、結局多くの数を仕入れることができないことが分かり、そして諦めかけていた所に、今のピラヤ1号とピラヤ2号の出会いがあり、こいつらを購入し、大型ピラヤの導入ができました。
翌年度(今から2年前)には、ピラヤの幼魚の大量入荷があり、ピラヤ4号を手に入れました。


まぁー今考えると、長期的に見ると、150*90*60(H)cm水槽に10匹以上の混泳はムリです。
30cm前後のピラニアが6匹で、もうダメでしたね。
安定したテリトリーを各ピラニアが築けませんでした。


ピラニアピラヤ4号

ピラニアピラヤ4号


そしてそのピラヤ4号。7cmから飼育し、もうすぐ1年10ヶ月経ちます。
混泳させたのは昨年の3月下旬で、17〜18cmくらいと、ピラヤ1号(約35cm)の半分くらいのサイズのときでした。

今は何cmなのか・・。外からでは分かりません。。
たぶん23cmはあると思います。 25cmはない気がします。
色は濃いめの朱色です。
小さいサイズから飼育し始めて、今後も成長する可能性が十分ある、思い入れの特に強いピラニアです。

(※そういえば、今は亡きピラヤ3号と同じ日にピラヤ4号を買ったんだったなぁ〜。)


ピラニア真ん中がジャイアントイエローピラニア。手前がピラヤ1号。後ろがピラヤ4号

思い入れが強いといえば、今は一番の古株のジャイアントイエロー(写真上段)。
一体何cmになったんだろうか。28cmはあると思うけれど、30cmまではない気がします。
正確に測らないのも、想像を掻き立てて楽しいかもしれません。


ブラックピラニア1号の水槽には、3週間位前に黒の塩ビ板を敷きました。
ブラックピラニア1号

ブラックピラニア1号 フラッシュ撮影

60×45cmの黒の塩ビ板が、厚さ1mmなのに1200円弱と、予想外に高かったので、厚さ2mmの透明の同サイズの塩ビ板を購入し、100円ショップのスプレーで片面を黒く塗って、よく乾いたものを入れました。 金額は半額くらいです。

厚さ2mmですと、塩ビ板自体が自沈するので使いやすいです。ガラス面の厚さとシリコン部分を考慮し、3cm弱切り取って、62cm×42cmの面積で使用しています。
塗った面は裏側にしていますので、若干反射した姿を底面に見ることガできます。
 
やはりブラックは黒がかっこいいです!^ ^=)★。
2枚目の写真はフラッシュ撮影。


塩ビ板を入れるときに、ブラックが思いっきり暴れて、かなり体のあちこちが擦り剥けちゃいましたが、今は治っています。
それからワカサギの餌食いが落ちてしまいました・・。


明日は150cm水槽の水換えだな〜。3週間に1回のペース。


posted by sato at 23:55 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

久々ピラニア探索隊 埼玉編

週末に嫁の実家に寄ったので、埼玉の熱帯魚屋を廻りました。

ホームページのピラニア探索隊のページは、随分と更新がされておりませんね・・・。
ちょこちょこ熱帯魚屋さんには行くのですが、昔みたいにカメラを持って、ということはしてないです。。


以前よりも、お店側がインターネット上で在庫を紹介するようにもなっていますし、今後はこのブログ上でチラっと紹介する程度にしようと思います。


かねだい草加店
・ナッテリー4〜6cm:262円(在庫約20匹)
 ※3匹680円
・ホワイトピラニア9cm:2980円(在庫6匹)
 ※尻ビレとエラ付近がちょっと赤
・ジャイアントイエロー12cm:23800円
 ※ちょっと威嚇系
・ブラックピラニア15cm:15800円
 ※ベレン産
・ブラックピラニア27cm:58000円
 ※ブジャルー産 黒い!

EastAfrica
・ブラックピラニア4cm:2394円(在庫3匹)
 ※ペルー産
・エロンガータ9cm:12390円(在庫3匹)
 ※ペルー産
・ダイヤモンドイエロー19cm:14490円
 ※大きめ。顎に大きなコブあり。

ティアラ大宮店
・ピラヤ18cm:19800円
 ※今年は入荷が少ないピラヤの中サイズ
・ナッテリー8cm前後:1980円(在庫約15匹)
 ※ナッテリーにしては高めか?
・ブラックピラニア18cm:19800円
 ※タパジョス産。これから黒くなりそう。
・ダイヤモンドイエロー20cm弱:たしか19800円
 ※暗い環境だったので、イマイチ黄色の発色がよく見えませんでした。

モンスターアクアリウム大宮店
・ピラニアの在庫なし。。

モンスターアクアリウム川口店
・ブラックピラニア25cm:非売品
 ※お客さんから預かっているとのことでした。
・ナッテリー10cm:値段不明
 ※値札がありませんでした。赤かったです。

かねだい久喜店
・ジャイアントイエロー11cm:23800円
・プラチナダイヤモンドピラニア13cm:15540円
 ※プラチナ?
・イエローピラニア10cm:5800円(在庫2匹)
 ※パンタナル産の鮮やかな色のダイヤモンドイエロー
  そして威嚇系
・ブラックピラニア14cm:4980円
 ※ペルー産
・ダイヤモンドブラックピラニア13cm:39800円
 ※アラグアイア産。やっぱアラグアイア産のダイヤモンドブラックは綺麗ですね。
・アントニーピラニア8c弱:4980円(在庫2匹)
 ※尻ビレが赤
・ブラックピラニア9cm:4980円(在庫2匹)
 ※ナナイ産


あとは爬虫類倶楽部大宮店も覗いてきました。
ソロン産のグリーンパイソンのベビーが欲しくなってしまいましたが、我慢。

これだけのお店を廻るのも、結構時間がかかりました^^;)。
全体的には、今年はピラヤが少ないですね。一昨年の夏前後に小さいサイズが入ってから、あまり入ってきていないようです(→あ、去年の6月に、かねだいで4190円のセール品で出てましたね^^;)。また、ブラックピラニアの幼魚がかなり安く出ています。正月に見たダイヤモンドイエローやジャイアントイエローの幼魚(2〜3cm)は、1匹も見ませんでしたので、あっという間に売り切れたのでしょうね。
かねだい草加店で売っていたゴリアテタイガー10cmが5980円という値下がり具合は、嬉しくもあり、何か寂しい気もしちゃいます。まぁ魚は値段だけじゃないですが、希少度という面では、世の中のマニアの気持ちが落ちてまうのも分かります。




そして私が最近悩んでいるのは、新規にヒュメラリスを飼うかどうか・・・。

ヒュメラリス

お店の水槽の前で何十分も悩みました。上の写真は餌をあげる前の姿をケータイで撮った写真ですが、お店の人にお願いして餌(小赤)をあげてもらったところ、もの凄く良い食いつき方で、お腹はパンパンでもう腹には入らないのに、それでも食おうとする姿を見てしまいました。
そしてさらに水槽の前で悩んだ挙句、、、



買いませんでした。・・




なぜかというと、飼育場所の確保が厳しいからです。

@以前のようにアルマータス水槽としている120×60×45(H)cm水槽をセパレータで区切る
Aアルマータス2匹を手放す
Bピラヤたちと混泳させる 

等々、何らかの犠牲やリスクを伴うものばかりだからです。
ヒュメラリスを大型化するために必要な、ある程度の大きな水槽を新たに設置することは、私にはもう不可能です。


そもそもなぜヒュメラリスか、というと、、、

単純にカッコ良くて、前々から飼いたかったからです^^;。

水槽を新たに設置する際は、必ず飼育魚の候補に挙がっていたピラニアだったのに、結局いつも飼うに至りませんでした。
ここ何年、インターネットでヒュメラリス情報をチェックするだけです。

そんな中、4年前に10cmから飼育し始めたヒュメラリスが、30cmを超えたという情報を偶然見て、飼育欲が再燃してしまいました。

ちなみにその情報は、前からリンク集には載せていましたが、なんと、たまたま前回の日記にコメントしてくださったアイマラちゃんさんのブログTHE牙魚(タライロン&ピラニア)」でした。



長くじっくり飼うのであれば、120×60×45(H)cm水槽を大部分をヒュメラリスの飼育スペースにしてあげたいのですが、それではせっかく順調なアルマータス達の成長を阻害してしまいます。

であれば、最近アルマータスを飼育し始めた人達なら、混泳可能なアルマータスを追加したいという方もいるのではないか、そういう人たちに引き取ってもらうか、と頭によぎってしまいます。


しかし、まず第1に、一度飼ったピラニア達は手放したくないというのが自分の信念でもあります。

ただ、私自身、小さいピラニアを大きく育て上げた経験が少ないため、ぜひヒュメラリスをじっくり長く飼育して、大きくしてみたいという気持ちは変わりません。

この2つの思いによる葛藤からまだ解決はしていません。

困ったもんですね。


posted by sato at 23:55 | Comment(10) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ブラックピラニア飛び出し事故・・・。


昨日事件が・・、


先週飼い始めたばかりのブラックピラニア2号が、水槽から飛び出してしまいました・・。

気付いたときには、カピカピ・・。


きっかけは、尾ビレがなくなった金魚のチェンジをするため、

金魚を捕まえようと手で追いかけたときに、水が波打って、勢いに乗って出ちゃったと思われます・・。

フレームレス水槽の罠ですね。。



金魚を代えて、5分後くらいに水槽部屋に戻り、食ってるかなぁ〜、と思って覗いたら、どこにもいないんですもの。。



まさか、、と思い、水槽台と壁の間を見てみたら、、、

ホコリまみれだし・・。カピカピ。。。







でもっ!!


なんと、


今は復活しています!



エラが若干動いていたので、水に戻したら、フラフラ泳ぎだしました。

そして、ストレーナーのスポンジの上に止まり、呼吸は止まらず、徐々に復活!!

乾燥ワカメかっ!

今は飛び出し事故があったのも分からないくらい、普通に泳いでいます。

ピラニアの生命力の凄さに驚きました。見つけた時間がすぐだったのも幸運でした。


いやいや、焦ったー・・・

写真は撮ってないですが、元気な写真を今度載せたいと思います。


-------------


話は変わり、

アルマータス2匹の食欲に困っています。。。。

1週間に小赤100匹じゃ全然足りません。

3〜4日でほぼ完食です。

足りないなら毎週200匹買えばいいのでしょうが、、正直、ランニングコストの悪さをどうにかしたいです。

今までピラニア10匹で、一週間に200円未満(冷凍ワカサギ)だったので、、。

死魚には目もくれず、、糸で垂らして水の流れにのせて放置してもダメ。

でも絶食とかをさせて、成長を止めたくないし、、。



そこで、また市場のドジョウ生活に戻ろうかと思います。

1250円で200〜300匹(500g)入りますので、かなりお得です。


しかし、、昨年末の2ヶ月くらいは、病気に悩まされて、最終的には食われる前に全滅するという状態でした。

またこの状態になることを恐れています。



そこでこれ!

民間療法 鷹の爪(トウガラシ)作戦!


約4年前に実施した、奥さん内緒計画6を再度実施します。

洗濯用ネットと鷹の爪

洗濯用ネットと鷹の爪

洗濯用ネットと鷹の爪

洗濯機用のゴミ取りネットと鷹の爪を100円Shopで購入し、中に適当(テキトー??)な量を入れて、ネット部分を輪ゴムで縛るだけ!



これでしばらく放置し、その後、ドジョウを入れたいと思います。

これで効果があったら、ヤバイっす!感激です。


どうなることやら・・。

アルマータスを大きく成長させている人は、どんなペースで餌をあげているのかな。


posted by sato at 23:55 | Comment(10) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

一言日記

ブラックピラニア2号

前回の水換え後からこの週末で3週間が経ちます。

週末は水換えですね。


posted by sato at 22:57 | Comment(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。