2008年11月30日

どうぶつ奇想天外 アマゾン特集

今日の「どうぶつ奇想天外」では、アマゾン特集をやっていました!

テレビ撮影


ブルーカンディル、デンキウナギ、マユゲエイ、ピラニアナッテリーが出ていました。カンディルとナッテリーがタイガーショベルノーズキャットの死体を食い荒らす姿は、結構エグイ迫力がありました。
見逃した方は、放送内容の概要がこちらに載っています。

ナッテリーはネグロ川での撮影で、小型の個体の群れでした。ブラックピラニアとかを期待していましたが、やはりなかなかこういう機会には出てこないですよね。
Youtubeでは、乾季の時期のダイヤモンドピラニアと思われる群れの動画が紹介されていますが、こんなシーンが見てみたいです。


しかし、ピラセーマの一風景や、ピラルクーの迫力ある姿、小刻みに一瞬出てくる魚たちも結構マニアックで、なかなかアマゾン好きにはたまらない回でしたね。

DVDに録画しておきました★


そういえば最近複数のお店でブルーカンディルが入荷してたなぁ。



posted by sato at 22:53 | Comment(4) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

60cm水槽2段重ね

日曜日の朝、なんとなく行きつけの熱帯魚屋に行き、カショーロ水槽に同居できそうな魚を探しました。

各種プレコを買おうか悩んだ挙句、もうちょっと調べてからお気に入りの魚を、と我慢できた帰りに、ふと初めて行くリサイクルショップに寄ったら、水槽を発見。

安いのかどうか分からないけれども、熱帯魚屋で我慢した反動で、つい買ってしまいました。


60cm水槽2段重ね

60cm水槽2段重ね 上から

Tetra社のオールガラス水槽(60*22*25(H)cm)。2980円。中古にしては高いかなぁ。

ブラックピラニアが入っている60*45*45(H)cm水槽の上にとりあえず置いてみました。

無計画に購入したため、何を入れるのか決まってません。
しかも、ろ過設備や温度調節を全く考えてなかったので、何か飼うとしたら、まずこれらの器具を調達しないとダメですね。

地震対策もある程度必要でしょう。


何に使おうかな。
侘び草でもやるかな。。。
テラリウムにしようかな。。。
小型のピラニアを成長を気にせず飼っちゃおうかなぁ。
ビビッとくるピラニアは3匹くらいいるんだけどなぁ。

こんな暇だったら、今日まっかちん行けば良かったなぁ。


posted by sato at 01:47 | Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

フィッシュマガジン ピラニア特集(No.513)

フィッシュマガジン


今月のフィッシュマガジン(2008年12月号(No.513)) は、16ページに渡ってピラニア特集が組まれていました。しかも記事は東京都中野区のまっかちんの店長の記事なので、ありきたりな単なる飼育ポイントに留まらない内容を期待し、買っておきました!ピラニア情報に飢えている人にはおススメですね。

本には40cmオーバーのブラックが複数出てきます。
欲しいです・・・。

また、今年アラグアイア産として入って来ている「ファイヤーブラックピラニア」の写真もあります。私もネットで見て買おうか迷っていたピラニアです。美しいピラニアですね。


しばらくまっかちんには行っていません。。
久しぶりに行きたいなぁ。
ボーナスセールやってるし、でかいブラックとか見ておきたいなぁ。




オニギリピラニア 左顔

オニギリピラニア 右顔

話は変わり、、、我が家のピラニアは、先月35cmと28cmのピラヤが2匹減りましたが、設備は拡張しております。ピラニアの水槽移動のついでに、濾過槽の飼育スペースにいたオニギリピラニアを、エロンガータと交換で表に出してみました。

こいつは暗い環境の方が斑点やゼブラ柄出るので、底面などが黒い方が鑑賞に合います。見るほどに他の種のピラニアと違う柄が魅力的です。1年前にピラヤ4号に噛まれたお尻も、生存に全く問題ない回復をしております。
餌は、ワカサギを順調に食べています。アゴのコブは放置です。


posted by sato at 19:37 | Comment(5) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ブラックピラニア33cmの水槽移動実行

60*45*45(H)cm水槽にフィルターを設置し直して1週間が経ったので、ついにブラックピラニアを移動しました!


ブラックピラニア掬い捕り

例のごとくプラケースで生け捕り★。このサイズのピラニアは水ごと救いあげちゃいます。


ブラックピラニア

水合わせも特にせず移入。体高が20cm以上あるけれども、水深45cmであれば高さに余裕が見られますね。「暴れて水がこぼれるかも」という心配はなさそうです。ついでにサイズを測ってみましたが、33cmもあるかどうかというところでしたー_ー;)。飼った時から一向に大きくなっていないです。


ブラックピラニア正面顔

今は完全ベアタンクなので、体色が薄くなっています。後日、黒の塩ビ板を水槽の底面に敷きたいと思います。

思ったより大きく成長はしていなかったのですが、こうやって至近距離で見れると、迫力は感じます。
そう思うと、今までの水槽の「60cm」という奥行きサイズって、結構大きいんですね。この水槽の横幅と同等ですものね。


これで120*60*45(H)cm水槽はアルマータス専用になりました。
アルマータスたちには、ますます大きくなって欲しいと願います。


posted by sato at 16:27 | Comment(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

60×45×45(H)cm水槽設置


60×45×45(H)cm水槽を購入し、先日セッティングしました。

水槽は、いろいろ考えた結果、マーフィード社のフレームレスタンクにしました。

アクリルの方が透明感もあるし、軽くてよいのですが、この水槽の設置場所が、水換えなどのメンテナンス時に傷がつきそうな気がして、ガラス水槽に決めました。

ブラックシリコンなので、どうかなぁ、と悩みましたが、まぁ輪郭がスッキリしている感じもあって、まぁまぁ良かったと思います。


難点は、蓋の安定感の無さですね。
ブラックピラニアが暴れたときや、水換え等のメンテナンス時に蓋が落ちそうな気がします。
今後の改善点として、何らかの策を考えることとします。

水槽設置1 

水槽設置2

水槽設置3
水は、水換え後の150cm水槽から直接入れました。
フィルターは、エーハイム500。もらい物★。
ヒーターは200W。


水槽設置4




水を入れてみて、また問題。

水量が少なすぎ・・・。チョロチョロチョロ・・・。


ホースがねじれている訳でもなく、どこに問題があるか分からないのですが、インペラー部分の磨耗でしょうか。

本日エーハイムの2213が届くので、それと交換し、サブフィルター的に使ってみることも考えています。

まだピラニアは入れられません。


posted by sato at 09:17 | Comment(3) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。