2008年06月30日

ブラジルレインボーボアとオニギリピラニア

ブラジルレインボーボア

水槽部屋にピラニア達と同居しているブラジルレインボーボア。ウンコをしたら餌をあげる、という不定期的なようで定期的なペースで給餌をしています。餌は冷凍アダルトマウス1匹。

飼育は、病気も拒食も脱走もなく、順調です。
サイズが90cmを超えてきて、給餌の際に、マウスではなく私の手に飛んでくるのが困っちゃいます。
でもこの顔を見て、カワイイと思ってしまうのは、もう常人じゃないんでしょうね(ちなみに写真は臨戦態勢^^;)。
基本的にはハンドリングはしません。週1回の掃除の際の移動時と、脱皮の後だけ軽く愛でます。

何ヶ月も前から、グリーンパイソンを追加しようとしていますが、ピラニア以上に寿命が長い生き物ですので、慎重に検討中です。






バックヤード

150cm水槽はオーバーフローろ過方式をとっておりますが、ろ過水槽は、昔のメイン水槽だった、120×45×45(H)cm水槽を使っています。写真は、いわゆるバックヤードと私が読んでいるスペースです。
このろ過水槽を使ったろ過システムは、自作で構築しました。その際に、35cm(W)×45cm(D)×45cm(H)の広さの飼育スペースを確保しております。そこに、20cm前後のサイズのピラニア1匹をローテーションを組んで待機させています。
 


オニギリピラニア

今はオニギリピラニアが待機中。もちろん餌はちゃんとあげています。このオニギリピラニアは、残飯がないので、このスペースのメンテナンスが楽です。

このスペースに入ると、完全単独隔離飼育になりますので、周りにも影響されずにセパレータやガラス面に衝突することがないので、アゴやヒレの傷が癒えます。 次のローテーションはエロンガータの予定。
去年の11月末に、ピラヤ4号に齧られたお尻は、これ以上の回復は無さそうですね。


posted by sato at 00:15 | Comment(5) | ブラジルレインボーボア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

大型ブラック探し

ブラックピラニアが、飼ってから大きくなっている感じがしないためか、やはりでかいサイズのブラックを飼ってみたい衝動が起きます。

最近お店めぐりしてないので、とりあえずネットで探してみました。


練馬区のViViDのホームページで40cm弱のブラックの在庫有りとのことなので、問い合わせてみたら、すでに売れちゃったそうです。
ちなみに28万円で出たとのことです。

大阪のキングコングのホームページでは、38cm±のブラックがいるとのことなので、問い合わせてみたら、これまたすでに売れちゃったそうです。
25万円で出たとのことです。

いやー、好きな人がいるんですね〜。
既に売れてしまっていましたが、自分には到底手の届かない金額です ^^;)。


大型ブラックがいるまっかちんにも、今月は結局行く機会を逃してしまいました。


まぁなんにせよ、40cmとか、45cm超のサイズのブラックを見てみたいです。
いつかの夢です。
大型ブラックを手放す人がいましたら、一声かけてくださいね。



ちなみに来週末かねだいでは、ピラヤがセール品で4179円で出るようです。
2年前は考えられないことです。
ピラヤ大混泳を夢見てた人はチャンスですね。






昨日はネオンテトラを100匹買ってきました。
ブラックが1匹だけの120cm水槽に泳がせました。
ネオンテトラ 水槽

小さいサイズということもあって、100匹では物足りないですね。
ブラックには食われないでしょう。
そのうちまた追加するかどうか考えましょう。

ピラヤ達の餌食いは、前にも増して良好です。




posted by sato at 12:19 | Comment(4) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

120cm水槽が広々



ピラヤ5号を混泳水槽に入れて2日目、やはり結構ダメージはあるようですが、まだ取り出さなくても大丈夫な範囲でしょう。オーバーフロー濾過槽からの揚水ポンプの下がお気に入りのようですが、ピラヤ1号の縄張りとバッティングしていて、どうもかなり攻められていたようです。

しかし、今日様子を見ていたら、逆にピラヤ5号が他のピラニアを寄せ付けないような威嚇行動をとっていました。
平和に過ごしてほしいです。。。




ブラックピラニア1

ブラックピラニア2

広くなった120*60*45(H)cm水槽。
セパレータは今後も使うかもしれないので、ヒーターや自作水中ろ過器がある右端に寄せておきました。

このブラック(33cm)は、もう大きくならないかな・・・。



1年4ヶ月前から一緒にいるアカヒレも、残り1匹となりました・・・。
次はここにネオンテトラを泳がせてみたいと思います。




posted by sato at 23:24 | Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

結局ピラヤ混泳!!


結局ピラヤ5号を混泳させてしまいました。



ピラヤ混泳準備1
10kgの米びつで生け捕ります!120*60*45(H)cm水槽の上には120*30*25(H)cm水槽がのっているため、大きいケースが入りません。そこで考えたのが米びつ!
・・・もちろんあとで洗って米を戻しておきました★

ピラヤ混泳準備2
はい!安全に生け捕り!もうこの辺はベテランの領域です!
 
ピラヤ混泳準備3
上から見ると、厚みが半端じゃないです。上から全長を測ってみたら、33cm!

ピラヤ混泳準備4
米びつにぎゅうぎゅう詰め★。

ピラヤ混泳準備5
一応水合わせをしつつ、150*90*60(H)cm水槽も水換え。

ピラヤ混泳準備6
無事でいてくれるか、、、心配になりつつ、さらに水槽の水を抜いた後、米びつから放ちます。
さらに水槽のアクリル面を擦ったりしてピラニア環境を乱します。それから水入れ。これがポイント。




ピラヤ混泳準備7
ピラヤ混泳準備8



なんとか現在も混泳中。しかしピラヤ1号に追いかけられ、水槽の底にはウロコが散らばっています。朝腹いっぱいワカサギをあげておいたので、完全な縄張り争いによるものでしょう。


このまま無事でいてくれーー!!
と願いつつ、ワカサギを追加しておいたら、みんなペロリ・・・。



これで150cm水槽には、

ピラヤ1号(35cm)
ピラヤ2号(32cm)
ピラヤ3号(26cm)
ピラヤ4号(20cm)
ピラヤ5号(33cm)
ジャイアントイエロー(26cm)   です。

なかなか迫力があります★



posted by sato at 18:44 | Comment(3) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

ピラニア混泳動画

ここのブログ(Seesaa)は、YouTubeの動画も貼り付けられるはずなのですが、うまく表示されません。
普通に埋め込みのタグを貼り付けても、タグが自動で消えるんですよね。
だれかやり方を知っている人は教えてください。;_;)

仕方がないので直リンクで。。。



http://jp.youtube.com/watch?v=iSE8YK9dzkA
http://jp.youtube.com/watch?v=_lWqSQtiRoU
http://jp.youtube.com/watch?v=00cAQ2CfJZ8

↑ こういう動画を見ていると、自分の150cm水槽にもっと追加したくなります。

今の私の飼育状況は、ピラヤ4匹とジャイアントイエロー1匹の計5匹ですが、それぞれ結構大きいサイズなので、スペースが余っているようには感じません。
でも、こういう動画と比べると、まだまだかなり余裕があります。

そこで、ピラヤ5号(32cm)を投入してみようかと、またふと考えてしまいます。
一応チビピラヤ(20cm)を追加した時点で、ピラヤ5号の混泳は止めると決めたのですが・・・。。


だいじょうぶなような気もするし、誰かがやられてしまう気もするし・・・。

少なくとも今うまくいっている混泳のバランスを崩す“可能性”が出てくるのは間違いないです。

30cm超のピラヤを失うのは、精神的にも金銭的にもダメージが大き過ぎます。

その心配を超える魅力があるかどうか、、。



ちなみに、ピラヤ5号を売りますよ〜、と周知してから半年経ちましたが、声がけはほとんどありませんでした。まぁ金額も提示してないですしね。
売り出すかどうかは、また検討します。一応当時は7万円くらいを考えていました。




あ〜、あと、YouTube見て、おっ!と思った動画を紹介 ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=U6JuK4cn8HU

たぶん乾季のダイヤモンド(ブラックダイヤモンド)の混泳。ナレーションではrhombeusと紹介されています。こんな混泳シーンはなかなか見れないので、刺激的でした。



posted by sato at 00:00 | Comment(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。