2007年11月29日

お尻かじり虫

前回の日記はですね、、、

70cm〜80cmはあるかというブラックの写真を見たんです!!



パソコンの前で思わず声を出してしまったわけです。

ほんとにほんとにデカク見えたんです。



で、昨日釣り上げたご本人と電話でお話できる機会があったので、色々お聞きしたところ、
50cmちょっとのサイズだったということでした。

いやー、まぁ50cm以上でも勿論相当な大きさですし、
実際私もそんなサイズの実物を見たことが無く、50cmといわれるピラニアの写真でも、比較対象物が無かったりして、いまいちピンときていなかったのですが、

画像は大変迫力がありました。


いや、でも60cmくらいはあるんじゃないかなぁ。

ロマンが広がります。

アマゾン行きたい。。








で、話は変わり、本題。



今日、仕事から帰宅し、生き餌にカーニバルでもあげるかー、と思い水槽部屋に入り、小赤の数を確認しながら餌をあげていたところ、なんとなーく違和感が。。。


オニギリピラニア
オニギリピラニア

ぐあぁ〜〜

お尻がない!!!



内臓と背骨は無事なので、病気に感染しなければ命は大丈夫だと思います。
脂ビレも無事だし、背中は時間をかければ治るとおもいます。
尻ビレ付近は、、、この辺って肋骨あったっけな・・・。


とりあえずプラケースに隔離中



ピラヤ5号

お尻かじり虫。


サイズが逆転する前から気にはしてたんですよ。結構体表が傷ついてもいました。先週末には隔離ケースも買おうとしてたくらいだったし。

しかし月曜には、ピラヤ5号の方が、オニギリピラニアに尾ビレの下が齧られてたくらいだったので、まだまだ力は均衡しているかなぁ〜、と思っていましたが、残念。


posted by sato at 21:53 | Comment(4) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

仰天

すごいのを見てしまいました。

凄すぎるものを・・・。


・・・
posted by sato at 23:48 | Comment(3) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

サンゴ投入

先週末の事件を経て、、


とりあえずオ−バ−フロ−のパイプは無事強力な接着剤で固定しました。逆にもう取り外せないかも。。。

phについては、日曜日に、フィッシュレットの代わりに、ミニプラケ−スにミニ底面フィルタを設置し、サンゴ(約700g)を入れました。翌日のphは6.5、現在のphは7.2。餌を控えているので、今後の給餌を考えると、ちょうど良い量かと思っています。


サンゴ底面フィルタ
サンゴ底面フィルタ

ブラックの目は、以前より結構よくなりましたが、まだ濃い白い部分があります。どうも傷っぽい感じもします。時間をかけてでもいいので治ることを願っています。

やはりphがものすごく低いと、目に見える悪影響を与えますね。プレコやピラヤの目も白濁しましたし、肌荒れや、ヒレの先端が溶け、鰭条の先端がむき出しになるくらいになっていました。

でも、さすがはピラニア。phを調整し、時間をかければ治ります。




ピラヤ5号
ピラヤ5号。肌荒れも治り、順調に餌を食べています。コイツはワカサギよりもアジに食いつきが良いです。きっと大きい水槽でたくさん餌をあげればでかくなる素質があるんだろうと思います。


ピラヤ4号とオニギリピラニア
ピラヤ4号は、もうオニギリピラニアと同じサイズになりました。16cmくらい。小赤を切らさないよう常に小赤漬けにしています。まぁまぁ順調に成長しています。

posted by sato at 09:18 | Comment(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

事件

更新が滞ってます。すいません・・・
掲示板への返信もできず申し訳ないです。


ここ3週間水換えをしていなく、観賞もせず、餌だけ入れて放置の日々が続いていました。
先週末に入り、ブラックの背鰭の付け根が、白く潰瘍っぽくなっていたのに気付きました。そして一昨日には、ブラックの左目が真っ白、体表も擦れたような傷ができているのを発見しました。ピラヤ5号の体表も同様に擦れたような傷がありました。

原因を考え、パッと思いついたのは、残飯処理(餌はアジ)をせず放置していたことによる水質悪化。


衝突による傷かとも思いましたが、セパレーターの位置が動いている様子は全く無く、流木等も全く移動していないこと、そしていつもジッとしているのですが、ジッとしている様子が明らかに弱々しい感じ。
そしてブラックの目の白濁。。。


今日(昨夜)仕事から帰ってきたら、さらに症状が悪くなっていたので、phを測ってみたら、なんと・・・

「2.3」



ひぇぇぇ ・・・


それはさすがにあり得ないでしょう。
そう思い、他の水を測ってみると、


150cm水槽の方を測ると、「4.8」。
水道水を測ると、「5.7」。。。


ということで、約1.5くらい狂っていることが判明。
それでもphは3台というのはマズ過ぎ!!

とりあえず水換えをしましたが、弱っているので大量水換えは逆効果と思い、1/4程度のみの水換えに留めました。

先月フィルター掃除をした際に、ほとんどサンゴ砂が残っていなかったのは確認してました。やはり私の飼い方では、濾過槽にサンゴ砂を入れて中和をさせる必要がありそうです。





そしてまた事件。。




120cm水槽の水換えをしているうちに事件が起こりました。



落下パイプ

150cm水槽のオ−バ−フロ−の落下パイプが突然はずれました。


はい、大洪水。。。


サイアクです。

最悪です。。

超さいあくです。。。。


ボーぜん。呆然。唖然。




しかも冷静になってタオルで拭き取ろうとしつつも、変な行動をしてしまい、揚水ポンプを止めたことにより、揚水パイプから水が逆流し、濾過槽が溢れ再び大洪水。。


先ほど大洪水の拭き取り、濡れた電源タップの交換と落下パイプの応急処置をしておきました。
接着剤が乾く明方までは、揚水ポンプを止めておこうと思います。
寝てるときにまた外れたら取り返しがつかないので。。。

ヒ−タ−が濾過槽にあるので、温度低下を少しでも和らげようと、照明点けっぱなしで寝ます。



もう、ホント最悪でした。。



日ごろの管理は怠けたらダメですね。
posted by sato at 01:21 | Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

日記


ウオジラミ
久々の日記です。

まぁ特に変化はありませんが、先週末金魚100匹を購入したら、上の写真の奴がいました。


ウオジラミ


水の中を泳いでいたのを発見したので掬い取っときました。



他の出来事としては、、、スーパーで小アジを発泡スチロール1箱分購入したのですが、肝心の混泳ピラニア達がワカサギに慣れてしまったらしく、全然食いつきません。

仕方なく120cm水槽のピラヤ5号とブラックにあげています。あと何日持つのかな・・・。


金魚漬けにしているピラヤ4号は15〜16cm位になりました。オニギリピラニアと体長がほとんど変わらなくなっています。やっぱり大きくするには餌の量が大切だと実感しています。

posted by sato at 23:52 | Comment(2) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。