2006年12月03日

ピラニアの本(アクアライフNo.81とグレートアマゾン展のパンフ)

ピラニアの本ページを更新しました!


アクアライフ 1986年4月号(No.81)

ピラニアの本 今から20年前の巻です。全128ページ。南米大型カラシンの特集で、もちろんピラニアの情報も多く載っています。この本で使われている写真が、最近の本でも使われていたりして、実は雑誌に掲載されたピラニアの写真は少ないのではないか、と思ってしまいました。
 写真もありますが、松坂氏のピラニアの種類ごとの解説がじっくり載っていて、今では一般人でも見る機会がある種類のピラニアであるジャイアントイエローやエロンガータ、ウィンプルなどでも、この頃はごく稀にしか入荷していなかったという事実や(この頃ペーシュ・カショーロは日本に1匹しか輸入されたことがなかった!)、今やメジャーなピラニアであるピラヤやカリバ、ラインノーズ、ヒュメラリスなどが紹介されていないことには、観賞魚業界の歴史を感じます。ピラニア好きには価値のある一冊だと思います。



グレート・アマゾン (1993年8月頃)

グレートアマゾン展のパンフレット 松坂氏のグレートアマゾン展(1983年8月11日〜29日、ニューナラヤ8階)のスタンプが押してあったので、その当時のパンフレットでしょう。値段もついていないため、これは今や超希少価値が高いのではないでしょうか。全18ページ。そのうち2ページがピラニア特集です。写真の中のブラックはかなり大きそう。もし今グレートアマゾン展が開催され、各種のピラニア、特に大型ピラニアが展示されてあったら、私は絶対行っていると思います!各ページには1問ずつクイズがあったり。ピラニアは鳴くか??答えは・・・。 制作は月刊アクアライフのマリン企画。


またピラニアの本があったら紹介していきたいと思います!皆さんも何か本やビデオ等の情報があったらメールしてくださいね!


なにやら松坂氏は「日本最大の熱帯魚図鑑」を製作中で、今年発売予定とのこと。何か今までの集大成のようなネーミングです。たぶん買います^ ^)。今年ももうすぐ終わりそうだけどいつ出るのかな??

posted by sato at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。