2006年11月28日

生き餌水槽で姉金大量死


20061128_1.jpg

2ヶ月前に立ち上げた生き餌水槽は、水量の増加や今までの経験などを活かした効果もあってか、調子がよく、落ちる金魚はほとんどいませんでした。2〜3週間に1度程度、熱帯魚屋さんで購入してここでストックしています。生き餌しか食べないラインノーズや、気ままなブラックとジャイアントイエロー用の餌の1つとなっています。


しかし今日見たら写真の通り・・・


20061128_2.jpg姉金が16匹逝っていました。
この2ヶ月ちょっとで逝った金魚は計3〜4匹だったのに、この大量死にちょっと焦りました。外傷や病気の痕跡は外見では判断できませんでした。


ただ原因は何となく分かっています。たぶん酸欠か、アンモニアまたは亜硝酸濃度上昇等の水質悪化。
先週末姉金を80匹追加して、およそ100匹ストックしていました。今までは50匹までとしていたのですが、ろ過器やエアレーションも無い中、急に数を増やしたために今の環境では水がついていけなかったのでしょう。

この反省を生かし、やはり飼育数を抑えていきたいと思います。もしくは小赤にすべきかもしれません(最近ブラックとジャイアントイエローの食べ残しが酷くて・・・)。

生き餌水槽をお持ちの方の環境はいかがですか?
posted by sato at 23:31 | Comment(5) | TrackBack(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

150*90*60cmアクリル水槽(宝来屋製)到着!

昨日、ついに150cm*90cm*60cm水槽が来ました!その一部始終を日記に載せたいと思います。


20061126_0.jpg金曜日は荻窪で飲み。終電で千葉に帰り、新水槽を迎える準備ができておらず、朝早く起きて準備!
しかし朝から家事を押し付ける奥さんとケンカしながら、150cm水槽が載るスペースを確保するために、水槽台の上に置いてあった120*30*25cm水槽からピラニアをどかし、下段に移動させます。


20061126_1.jpgピラニアを移動させて水を抜いて急げ急げ!とせっぱつまっているのに、甘える子どもと怒る奥さんと格闘しながら作業していたら、

ピーンポーン!


間に合いませんでした・・・;_;)。しかしアクリルは軽いから1人でも大丈夫だろうと踏んでいたら、超大間違い!運送会社の人と2人で何とか家まで運び込みましたが、このサイズに唖然・・・

20061126_2.jpg何とか毛布を引きずりながら水槽部屋の前まで入れたはいいが、これはさすがに自分ではどうにもできない!
と、ケータイで都内に住む兄を呼ぶことに。運よく1時間程度で来れるとのことで、その間に120*30*25cm水槽を下段に下ろしたり、フィルターのセッティングをしようとしていたら、また問題!120cm水槽の上にコトブキの120cm上部フィルターを置こうと思っていたら、高さが足りなくてポンプが入らない!計画ではそれを考慮して水槽台の高さを105cmと高めに設定したのに・・・。仕方なく売れるように水洗いなどもしながら待ちます。


20061126_3.jpgしばらくして助っ人が来て、準備します。梱包材を解くと中から出てきました。デカイ。風呂よりデカイ。小さなアザラシが入りそうなくらいです。

2人で悩みます。これをどうやって水槽台の上にあげるか・・・。120*45*45cmのガラス水槽をアパートの2階まで1人で運んだ経験(奥さん内緒計画1)はありますが、今回は傷がつく恐れもあり、値段も自分には取り返しのつかないくらいの額です。大の大人2人が空中でああだこうだ言いながらシミュレーションします。とても異様な光景です。


20061126_4.jpg20061126_5.jpg


何とか持ち上げ、下段のアクリル水槽にも傷つけることなく載せることができました。
空の水槽の中に入り、エアーパッキンやアクリル保護シートを剥ぎながら、今後この水槽に入る魚の気分になって水槽から外を見たりします。

今回はコーナー型のオーバーフローにし、コーナーカバーは白。5mm塩ビの蓋には餌投入口や、吸水用パイプの穴もあけてもらいました。照明はADAのソーラーU。


20061126_6.jpg
とりあえずの風景。ここに飼うピラニアにはまだ出会えていませんが、この透明な状態を眺めているだけで、妄想が広がりワクワクします。


いやー疲れました。ちなみに送り状に記載されていた重量、

226kg


・・・


教訓:楽に運ぶなら4人は必要。
posted by sato at 23:28 | Comment(5) | TrackBack(8) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

真っ黒なブラックピラニアがまだら模様に!


20061123_2.jpgひさびさに我が家のブラックの話題。アクアキャットで、産地が“オリジナル”とされ、販売名はスーパーブラックピラニアとの名で売られていたものですが、確かに水槽底面だけでも黒くすれば、エラの下も腹の裏もヒレ全体も真っ黒。ただしサイズが20cm未満だとまだこの黒さは出ないようです。また“オリジナル”とあるこの産地以外のブラックでも、同様に真っ黒な個体が多くいますので、産地がどうであれ、そのピラニアそのものの魅力の方が大事だと思っています。


で、このブラックピラニアも周りの状況により、色を変化させます。特に蛍光灯の点灯直後や、突然水槽の蓋を開けたり照明を動かしたりしたときなどに変化が現れます。下の写真。

20061123_1.jpg
この変化は珍しかったので激写。頭部を中心に、かなり広範囲がマダラ模様になっています。これは先週の休日、水換えのために突然照明を点灯させ、蓋や照明をガタゴトと衝撃あたえたときに起きたものです。
これも1分ほどで元の真っ黒な姿に戻りました。こういう変化を見るのも面白いです★

ちなみに、ラインノーズのラインが消えるのは一度も見たことが無いです。


昨日は久々に冷凍アジをあげてみたら、見事に食べてくれていました。食が細いので、ただ餌を食べてくれるだけで嬉しいです。
posted by sato at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

祝★2周年

私自身、全く忘れてたのですが・・・、

このサイトを立ち上げてから満2年が経っていましたー!

去年はアクセスログをしっかりとっていたのですが、今年は怠けていてグラフ化できませんが、トップページのアクセス数は約14万3千hit!狭いジャンルでよく続くものです。

実は、本当はこんなに続くとは思っておらず、あまり手をかけずのんびりやろうと思っていたのが良かったのかもしれません。そしていつも訪問してくださる皆さんがいるので、やる気が継続できます。
そろそろ全体的にサイトの再構築なんかもやった方が良いのかもしれませんが、如何せんパワーがもう無いので、現状維持で進めていきたいと思います^^;)。




20061119_1.jpg
週末はオーバーフロー水槽の自作濾過槽のためのドライ槽を中心とした配管準備。まだ水槽本体が来ていないのでサイズが合うか分かりません。そのため作業はあまり進んでいません。こんな素人作りでダイジョブか不安です・・。
posted by sato at 20:48 | Comment(3) | TrackBack(4) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

水槽来ず・・・


20061118_1.jpg
今日は本当なら150*90*60cm水槽が来る日だったのですが、諸事情で延期になりました。まぁ、入れる魚も決まってないし、準備も中途半端だったので大きな影響はないです。来週以降の予定です。
写真はこの間ピラニアの水槽移動をちょっとする機会があったのでその時の写真。使っているケースは100円Shopダイソーの米びつ3kg用。20cm程度までのピラニアなら奥行きもあるのでちょうど良いです。


あと、2週間前の話ですが、AX Bomberに行きました。しかし、残念。シャッターが閉まっていて、聞いたところすでに1年位前に閉店・・・。確かに電話を何回かけても出ないわけですね。去年問い合わせをしたことがあり、ホームページも残っていたので直接足を運んでみましたが・・・、あのエロンガータ・ピンゲはどうなったのか気になります。

11月も終盤にさしかかり、アマゾンは乾季の終わりになるという時期なのに、新たなピラニアの話題が少ない気がします。特に大型ピラニア。
こればっかりは自分にはどうにもできないので、とりあえず水槽を迎える準備に暇を費やしたいと思います。
posted by sato at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ピラニア探索隊@まっかちん

今日は新宿に立ち寄る機会があったので、久しぶりに中野にあるまっかちんに行ってきました。ここは日本一ピラニアの在庫があるSHOPです(sato調べ)。
4月から職場が東京から離れ、行く機会が減ってしまいました。常に色々な種類のピラニアがいて、時には30cm近くのピラニアが複数匹いることもあるので、ワクワクするお店です。


20061112_2.jpg

ピラニア水槽群です。この水槽以外にもピラニアはいました。前回行ったと時にいたピラニアは少し大きくなっているように感じました。


20061112_1.jpg

ペルー産のブラックピラニア。お店の水槽には26cmとありましたが、私の感覚では27〜28cmはあったように感じました。最近品薄で高騰しているピラニア相場から見て、\38,900は安いと思います。



20061112_12.jpg20061112_4.jpg
20061112_3.jpg20061112_5.jpg
20061112_6.jpg20061112_7.jpg
20061112_8.jpg20061112_9.jpg
20061112_11.jpg20061112_14.jpg
その他、今年は全国的に前年の2倍以上の価格に高騰していて、なかなか見る機会が減っているジャイアントイエローが5匹くらいいました。15〜18cm位のサイズ。
その他、ノタートス、ブラック、ダイヤモンドイエロー、ブランドティ、ゼブラ柄のオニギリ(珍)、ワイルドナッテリー、エロンガータ、SP等々。

20061112_13.jpgお店は全国に通販可能です。今日も慣れた手つきで発送の準備をしているところに出くわしました。


しかし探しているピラヤはいませんでした。今年は特に大きいピラヤを全然見ないです。引き続きピラヤ情報をお待ちしています。手放そうとしている大型ピラヤがいましたら、ぜひ一声おかけくださいね★。
posted by sato at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

ジャイアントイエローと床下蓄熱放熱器


20061110_1.jpg
久しぶりにジャイアントイエロー20cmの写真。奥行き120cmの写真なので、遠近感の違いからジャイアントイエローとブラックのサイズ差が無いように見えちゃいます。あまりジャイアントイエローの写真を撮る機会が少ないので、ピラニア援助交遊のトップページの画像も変えてみました。
後ろのブラック32cmとともに、マジで餌食いが悪いです。引っ越してから5ヶ月、本当に悪い!最近は大きめの生き餌水槽も順調に稼動しているので、随時姉金を入れているのですが、生き餌さえ食いが悪い!食っても頭を残したり、噛んで終わり。。。一口で丸呑みできるサイズなのに。
ピラニア動画ページピラニア動画10にあるように、以前は牛ハツを入れてすぐ食いつくくらいでした。


話は変わって、最近(関東は)朝晩は冷えてきてますね。
この日記やピラニア援助交遊を昔から見ている人は知っていると思いますが、今年家を建てました。家には某ハウスメーカーが今年一押ししている"床下蓄熱放熱器"が入っています。
簡単に言うと、いわゆる床暖房とは違って、電気代が安い夜間に蓄熱した熱を日中徐々に放出して、家全体(特に1階の全体)が暖まるヤツです。

これを実際使ってみると、とてもイイ★!

水槽部屋を作ることを前提にして各ハウスメーカーを回っていたのですが、今の家を建てたメーカーを選んだのも、この床下蓄熱機のサービスがあったのがかなり大きな要因でした。これなら大型水槽でもヒーター代がかなり浮くはず!しかも水槽部屋だけ温めるのではないので、電気代が多少高くなっても水槽部屋のせいにされないので気が楽です。

20061110_2.jpgちなみに今の水槽部屋の室温は26.5℃。水温は26℃。


去年の11月に奥さん内緒計画8(最近更新滞り中^^;)を企てて、本当に家まで建ててしまいました。現実的な水槽部屋にしたので、雑誌で紹介されているマニアさんたちほど凄いものは置けませんが、いよいよ来週には150cm(W)*90cm(D)*60cm(H)水槽もきます。

何事も目標を持って計画を立てることは大事ですね。
posted by sato at 22:12 | Comment(1) | TrackBack(1) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ピラニア2匹


20061109_1.jpgちょっと忙しくて日記が滞っていたので、特にピラニア自体に変化は無いですが、ラインノーズとオニギリが同じ写真におさめることができたので載せます。こういう写真だとサイズの比較ができますね。

120*30*25cm水槽にセパレータを1つ入れて飼育しているのですが、家にはこのセパレータが合計3つあります。最大4部屋に分けることができます。そうすると、30*30*25cmの区画になるので、ウィンプルピラニア以外には狭すぎると思い、未だに使っていません。

そう思って1匹あたり60cmレギュラー水槽に単独飼育しているレベルに保っているのに、結局あまり動かないから、そんなに意味がなかったりして・・・。
posted by sato at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

27cmのラインノーズが\15000??

デジカメのSDカードが無くなったと思っていたら、マルチカードリーダのコンパクトフラッシュのスロットに入っていました。子どものイタズラなのは確実。さらに最近は水槽の蛍光灯の電源を勝手にON/OFF切り替えたりもします。水槽下段に置いてあるアクリル水槽の前面もキズがちらほら・・・。


20061103_1.jpg我が家のラインノーズです。120*30*25cm水槽の側面から撮影。先日メジャーで測ったら19cm。先週、東京に住む兄から27cm位のラインノーズが半額になって\15000になっていると聞いたので、ラインノーズ好きでもある私は、これは何とか水槽スペースを確保して仕入れなきゃ!と思ったのですが、

結局実測してもらったら22cmちょっとでした ノ_ _;)。

それでも売られているラインノーズとしては大きいサイズだと思います。しかしこの差でしたので、今のラインノーズの成長具合を鑑みて、購入するにいたりませんでした。

水槽が目線に対し高めの位置にあると、ピラニアは大きく見えます。逆に足元にあると小さく見えます。水槽の前面に出てくると大きく感じますが、水槽の奥にいると小さく感じます。この辺の人間の錯覚が働いたためだと思いますが、逆に今飼っているピラニアを大きく見せたい場合は、その錯覚を利用して、より大きく見せる、という方法もありますよね。

ちなみにお店は大田区のATLAS。その他の在庫情報としては、ピラヤ11cm\19000、ダイヤモンドイエロー20cm\24000。ラインノーズの購入を考えていた人は検討してみてはいかがでしょうか。



20061103_2.jpgオニギリピラニア。コンスタントに餌(カーニバル)を食べてくれます。体高が出てきました。1ヶ月近く姉金と同居しているので、同サイズのオニギリピラニアを追加して混泳できそうな気がしています。あぁ、また新たなピラニアが欲しくなる衝動が・・・
posted by sato at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。