2006年09月09日

姉金と小赤はどっちがお得?


20060909_1.jpgさて、皆さんはピラニア用の生き餌を買うときは、小赤(3cm〜)と姉金(5cm〜)の2種類があったら、どちらを買いますか?

私が生き餌を調達する店では、小赤100匹と姉金40匹の値段が同じくらいです。以前はピラニアたちも小さいものばかりでしたので、数の多い小赤を選んでいました。

しかしピラニアたちが20cm近くになると、姉金でも一口で食べることができます。また、姉金の方が給餌前にカーニバルを多く食べさせることができるので、さらに栄養やカロリーがプラスすることができます。

ついでに食べる瞬間の迫力は、小赤の方がちょっと劣ります。


で、体長は小赤のおよそ1.5倍の姉金ですが、体積・質量は3倍以上あるんですよね。つまり総質量でみると、姉金の方が"お得"のような気がしてなりません。

ただ、少しずつ量を調節して給餌する場合は、数の多い小赤の方がよいですね。あとはお店によって小赤の方が明らかに安い場合もあります(モンスターアクアリウムは100匹\500)。冬は成長した大き目の小赤が入ってくるので、時季によって判断するのもアリかもしれません。


ついでに、まだ関東は暑いですが、そろそろ生き餌水槽を復活させようと思います。

20060909_2.jpg入れ物は幅約80cm、奥行き約45cm、高さ約40cmのベランダストッカー。日陰になる家の裏に置く予定。外に置くためエアレーションは無しになりますが、なんとか工夫して、長期的に小赤100匹以上をストックできるようにしたいです。



冷凍アジ食べてくれないかなぁ〜
posted by sato at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。