2006年07月29日

水槽追加!


20060729_1.jpg今日120cm×30m×25cmのアクリル水槽(セパレータ3つ付き)が宝来屋さんから届きました。これは水槽台と一緒に注文していたのですが、こちらの準備が整ってから、とお願いして、注文&支払いしてから3ヶ月経てついに着ました。

今はとりあえずですが、水槽台の上に120×30×25cm水槽と60×30×36cm水槽を置き、水槽台の下には120×60×45cm水槽と、120×45×45cm(←将来の濾過槽)を置いています。
将来150×90×60cm水槽を導入する際には、今日届いた水槽を、120×60×45cm水槽の上に置くようにします。


水槽を増やす計画と同時に、最近色々ピラニアを探しているのですが、30cmを超えるピラニアが全くいません。ピラニア人気なのか、その逆なのかは不明です。時季的なものもあるのでしょうか。


なにかピラニア情報があったら教えてくださいね★
posted by sato at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ジャイアントイエローピラニアの観賞

最近新入りのピラニアの話題が続いたので、今日はジャイアントイエローの話題。


20060723_1.jpg

いつも破壊的な行為をするくせに、我が家では一番神経質なピラニアです。なかなか表に出てきてくれません。写真を撮るのも難しいです。
引越し以来、ブラックはアジをよく食べるようになったのですが、ジャイアントイエローはやはり未だに食べません。昔は入れた瞬間食べる奴だったのに・・・。一回り大き目のナッテリーと混泳させたい今日この頃です。

個人的な考えですが、ジャイアントイエローって、水槽環境が明るい方が美しく見えると思います。水槽底面は白とかガラス・アクリル等の透明色で。我が家は飼い始めから水槽底面は黒い素材だったので、いつも体色が黒ずんで見えます。ピラヤやナッテリーの鮮明な体色の個体であれば、水槽底面・背面等は黒くても色が映えて重々しい感じがでて良いと思いますが、ジャイアントイエローはどちらかと言うと黄色が負けてしまう気がします。

照明はそんなに強くなくても良いのですが、ヒラリと泳いだときに反射する微妙な青紫色が混じる黄色い体色は、ジャイアントイエローの魅力です。
いつか試しにジャイアントイエロー側の底面に白い塩ビ板を敷いてみようかと思います。
posted by sato at 19:50 | Comment(2) | TrackBack(2) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ピラニアのアゴのコブ(タコ)切除・手術

昨夜、新ピラニアのアゴのコブの切除を行いましたのでご報告。

20060722_1.jpg買った当初から写真のようにコブができています。結構驚いて暴れる方の気質の上に、お店の狭めの水槽に約1年いたためでしょう。

20060722_2.jpg台の上にタオルや飼育水の入った水、ハサミ等を用意しました
→※教訓1)。
ハサミは、我が家では切れ味がよいハサミが少なく、眉毛切り用のハサミを使いました。(→教訓2
20060722_3.jpgバケツに入れた飼育水にタオルを浸します。今回はピラニアが小さいため、タオルは一枚のみ用意しました。
20060722_4.jpgびしょびしょのまま2つ折にして置きます。一方で挟む予定です。

20060722_8.jpg網で捕獲。噛まれた経験がある私には、このサイズのピラニアでも水中から出すときは超ドキドキです★



そしてタオルの上に置いて挟もうとしたら・・・

ビチビチビチっ!!


暴れまくります!焦ります。台の上に置いたことを後悔します!

20060722_5.jpg

急いで網をかぶせて、その上からタオルを載せます!写真を撮るのも必死です!


20060722_6.jpgグゥグゥ鳴いて暴れるピラニアを押さえ、いよいよハサミ投入!
しかしこれが硬い!以前からピラニアのコブは、軟骨のような芯があるとは聞いていたものの、なかなか切れません。さらにピラニアが暴れますので、思い切って切ります。

20060722_7.jpgよし!切れた!
と思って水槽に戻したら、、、ありゃりゃ、皮がつながってるし。しかもちょっと斜めに切ってしまったため、すこしコブの端が残ってしまいました。
血はちょっとだけでましたが、数分で完全に止まります。

20060722_9.jpgこのコブは、水槽内で切除をすることに。網でガラス面にピラニアを押し付けハサミで切りました。
触るととても硬いです。軟骨です。これは放っておけば自然に治る!というものでは無いことを改めて実感。



※教訓1・・・作業場所は台の上で行わないこと!暴れたときに床に落ちます!プラケースやバケツ等、暴れても落ちたり足の指を噛まれないような場所でやった方がよいです。
※教訓2・・・コブはかなり硬いです。そしてピラニアは暴れますので、刃や柄の短い小さいハサミは危険です。
※教訓3・・・大事なピラニアにハサミを入れるのは勇気がいります。水上にも出すので心配です。噛まれる危険もあって怖いです。思ったよりなかなか切れません。しかしやる時は思い切りが大切です。中途半端に躊躇しながらやる方が、ピラニアと自分自身が痛い目に合います。
※教訓4・・・私の力では、きっと15cm位のピラニアまでしか手術できません。あの跳ねる力強さはマジ怖いです。それ以上のサイズのピラニアは、水槽内で衣装ケースなどの蓋で端に追い詰め、水草用のハサミ等で切ると良いかもしれません。すでにコブがある場合は、成長する前に切った方が良いかもしれませんね。
posted by sato at 10:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

ピラニアのアゴのコブ


20060720_1.jpg

新規購入したピラニアですが、アゴのコブがかなり大きく出ています。別に大きな問題はないのですが、観賞上は無いに超したことはありません。このピラニアは照明をつけると、水槽底面に垂直になって暴れます。本当に垂直になるくらい頭を下に下げて暴れるので、たまにひっくり返ることもあります。

そのときにもコブが基点になっているようなので、今週末にでも切り取ろうかと思います。

成功するでしょうか・・・


(追記:手術経過についての記事もあります)
posted by sato at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ピラニア購入!マクリピンニス!?

トップページの画像を更新しました。

昨日、家族サービスのため八景島シーパラダイスにいったのですが、3連休中日のため、超混雑。水族館は魚より人(←ありきたり)って感じで、子どもも泣き叫ぶし、見た気がしない旅でした。

そこでせっかく横浜に行ったので、前から気になっていたお店、ウォーターハウスに行ってきました。ここは大型魚、珍魚、怪魚専門という、私好きな魚がセレクトされているお店で、ピラニアも数種、10匹くらいいました。

そこで衝動買いしたのがこの魚↓

20060717_1.jpg
販売名、ピラニアマクリピンニス。


しかし頭部の形、体表の柄から見てたぶんセルラータス(Serrasalmus serrulatus)でしょう。セルラータスをPristobrycon属と扱う書籍もあります。頭部は他のSerrasalmus属より若干鈍角ですが、Pristobrycon属特有の丸みを帯びた体系、顔立ちではないです。
世に言うオニギリピラニアですが、今まで見たものと特に違うのが、腹部や尻ビレが若干赤みを帯びている所です。店主曰く、入荷したときは色は付いていなかったとのこと。2005/8/20の日記で確認した時も同様な説明でした。ただ、スポットが小さく満遍なく入っていて、成長に伴い赤みを帯びているところが、またこれはこれで楽しみと思い、\13800で購入★アゴのコブもいつか切除にチャレンジしてみたいと思います。


また先月末、問屋さんにマクリピンニスが数匹入ってきたとの情報を得ていましたが、それでも小売価格は\10万を超えていましたので、金欠により150cm水槽も未導入の自分には無理でした・・・。でもそのうち価格は下がるでしょう。

今まで確信を得ているマクリピンニスの画像は以下のような感じです。

20060717_5.jpgBLUE-HIPさんにて

20060717_4.jpgB-BOXさんにて

20060717_4.jpgアクアラインさんにて

→いつの間にか売り切れてるし…

20060717_4.jpg夜の危険な女にて

20060717_4.jpgネット情報にて


斑点のサイズが見た感じぜんぜん違いますね。12cm〜サイズの幼魚の頃から尾びれや背びれも赤いところなんかも特徴的です。サイズが大きくなるに連れ、ゼブラキャットのように斑点が縦長になったりして!?

ただいま11cm。変化するのかしないのか、成長も楽しみですが、ただ部屋にいてくれるだけで楽しいです。
posted by sato at 13:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餌食い回復

先日ブラックとジャイアントイエロー用に、スーパーでアジを買いました。引っ越してからは生き餌を常に泳がせてはいたのですが、イマイチ食がすすんでいなかったので、前の主食に再度切り替えてみようと試みました。

20060715_1.jpg
スーパーで店員さんに鷲掴みしてもらい、5cm〜10cmのアジが約60匹入って50円!

ブラックにはちょっと小さいですが、ジャイアントイエローにも一飲みできるサイズを、大変安く仕入れることができました。
餌食いも良好で、普段は見てる前では食べないのに、入れた途端食べました。ついでに翌日には残っていた金魚もすべて食べていました。


そして3連休なので水槽内の整理。アクリル水槽の掃除は今まで同様、キッチンペーパーで擦っています。外部フィルターのホースは、引越し前の状態のまま雑然と置いていたので、長さが合っていなく大変見苦しかったのを調整。

20060715_2.jpg
上は未使用のホース。下は買ってから半年、1度もメンテナンスしていないホース(吸水側)。ホースの中は・・・


20060715_3.jpgウげ〜ヘドロだらけ。

オエ(/v\)★。

約1〜2mmのヘドロ層ができていました。半年でこれす。。。普段気にしていないのですが、これを見てしまっては、たまにメンテしないとダメですね★

まだの方はアンケートお願いします!⇒
posted by sato at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ピラニアがタナゴに食われる!?

さて、引越し以来あまり餌の食いが良くないジャイアントイエロー。ナッテリーがいなくなったせいもあるのか、餌については争いもありません。逆に、生き餌のタナゴの方が食欲があるようで、たまに写真の様にジャイアントイエローを突っついています。


20060711_1.jpg
(暗いのでコントラストを強めにしてます)

タナゴたちは、ブラックの方にはちょっかいを出しません。このタナゴサイズですとどうやらジャイアントイエローとブラックの餌とはならず、専らブランドティ用になっています。


ジャイアントイエローは体表の掃除をしてもらってる感覚なのでしょうか。全く無抵抗です。こんな関係もあるんですね。


いつもの事ながらアンケートお願いします!⇒
posted by sato at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

休日のお買い物

さすがに7月にもなると暑くなってきています。

20060708_2.jpg今日はかねだい八千代店に行って、広告の品、NISSOのぴたっとファンMを買ってきました。\1280。今年の新製品です。
この形態の品としては、昨年出たコトブキのスポットファンが同様な形態です。コトブキの方は、昨年あるお店でサンプルとして様々な冷却ファンが動いていた中で、最も音が静かで風が効率的に水面に当たると思った商品でした。NISSOは真似をしたのでしょうか。

今日は安かったので試しに買ってみました。とりあえず120×60×45cmのアクリル水槽には枠が大きすぎて取り付けられませんでしたが、風量は結構パワフルで音もあまり気になりません。自作するよりいいでしょう^^;)


20060708_3.jpgあとはテトラのエアーポンプOX-75を買いました。以前からニチドウのスーパーノンノイズW1000を使っていたのですが、奥さんから重低音を何度も指摘されていて、このポンプが\1380と安かったので試しに買ってみました。

この商品は毎分何リットルの風量か性能を書いていない優しくない商品なんですが、このシリーズで最大のモデルで、外見のサイズはニチドウのスーパーノンノイズと同じくらいです。

実際使ってみたところ、

…あまり変わらなかった^^;)

です。このサイズになると仕方が無いのかもしれませんね。若干静かになった気もするので(悔しいから?)新品のこっちを使うことにします。



20060708_4.jpgあとはネオンテトラを50匹。ジャイアントイエローとブラックはこのサイズの魚に目もくれないので大丈夫でしょう。水槽に青い魚が入ると大変綺麗で癒されます。


アンケートお願いします!⇒
posted by sato at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

自作濾過槽の一部始終

6月はいろいろ自作をしていました。しかも結構大がかりで大型のものばかり。


20060707_1.jpg
写真は塩ビ管(13mm)をハンダゴテで熱して穴をあけ、棒ヤスリで調整しながら一方コックをはめている所です。材料費は塩ビ管とコックを合わせて1200円程度。


20060707_3.jpgこれをブロワーポンプと塩ビ管で接続して、エアーを分岐させます。とりあえず10個穴を開けました。分岐したエアーは120×60×45cm水槽と、濾過槽にした120×45×45cmの底面ろ過用に使っています。


まだ全部のコックを使用しているわけではないので、ちょっとエアーが強く、また少し隙間があるところから音が漏れてうるさい感じです。今は濾過槽も実際に飼育水槽に対して稼動しているわけではないので、夜寝る前から朝にかけた時間帯だけONにしています。


20060707_2.jpg
そして以前のメイン水槽120×45×45cm水槽です。クリアケースを使って軽石数十リットルの底面ろ過にし、また自作セパレータをつくり、濾過槽内で飼育スペースを確保しています。まだ150cm水槽が無いため、Rio1400で循環して水を作っているだけです。
ちなみに写真より今はもっと改造しています。

時間があるときに、この辺の一連の作業をホームページDIYコーナーに残したいと思います。


アンケートお願いします!⇒
posted by sato at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ネットがつながったー^^!!



ネットが開通しました。つながるまでに色々問題があり、今も問題を抱えていますが、何とかつながるようになりました。


20060708_1.jpg

とりあえず残念な結果になったラインノーズ。決してカレイやヒラメではございません。


ちなみに回線速度の実測値は0.293Mbps・・・ひどい・・・


アンケートの集まり具合がイマイチです・・⇒
posted by sato at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

Mailで日記更新2

7月になり暑くなってきましたね。わが家の水槽部屋はリビングと接しているので、奥さんの指示により基本的に戸を閉めた状態です。換気扇があるとはいえ、換気が間に合っていません。ムンムン湿気があります。しかもジャイアントイエローが噛むだけで食べずに残った魚の腐敗が早く、随時取らないと部屋が
臭くなってしまいます。

その他の近況としては‥、

1.近々120×30×25cmアクリル水槽が来る予定
2.そのアクリル水槽に合わせて周辺器具の準備中
3.120×60×45cm水槽用のガラス蓋を水槽台にぶつけて割る
4.水道水を直接水槽に入れると、すぐピラニアが苦しそうにエラを広げる行動をとるので対処を検討中(水道水のphは7.2)
5.いらない水槽やプラケースを整理
6.最近のすべての水槽の水温は27℃、phは6.9で維持

こんな近況です。

ちなみに150×90×60cm水槽の導入は未定のままですが、奥さんから、
「自分の金で買うならいーんじゃん」
とのお言葉を頂戴しました!あとは金だけが問題ですが、しばらくは今の環境を楽しみたいと思います。

※画像なしですいません
posted by sato at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。