2005年10月31日

オトシンクルス


200510314062b4d8.jpgうぉ!変換したら"音辛苦留守"って出た!なかなかいい写真が撮れたので載せてみます。いわゆる'並'オトシンですが、かわいいですよね。ピラニア水槽に入れたら食われるので入れられませんが、ぜひ好物のコケが豊富にあるので食って欲しいです。こいつもアマゾン系です。


今日もphは7.0で安定。ホ。

クリックお願いします ⇒
posted by sato at 22:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 熱帯魚一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ph急上昇!


前回の書込みに引き続き、水換え作業をしました。まず濾過槽を覗いたところ、そんなにヘドロが溜まっている感じではなかったので、ろ過材はいじらず排水口下のフィルターマットだけ交換。
そして昨日購入した貝沼産業のクリーナーフィッシュポンプDXを使って、底砂の奥底から飼育水を吸い上げました(実際は手でしっかり奥まで挿してやってます)。毎週水換えのたびに一応やっていたのに奥まで届いていなかったらしく取れる取れる。


こんなんです。真っ黒。


で、ガラス面や底面のコケをキッチンペーパーで擦り、セパレータは歯ブラシで擦り、ついでに流木をノコギリで切って整えたり、大量のウィローモスをトリミングしたり、ミクロソリウム(富栄養化の為か一部水生シダ病になっていた)をトリミングしたり、株分けしてミニ流木にまきつけて60cm水槽に入れたり、で・・・こんな時間^^;)。

そして今回の換水量は1/2くらいの量(いつもは1/4〜1/3)。1/4超の新水を入れたらphが4.4から6.7に急上昇。千葉の水道水のphは7.8でしたが、メンテナンス等をやったりした影響もあるのかな?。しかしいきなりこの差は危険(phショック)!と思って40分程放置。その後水を追加して7.0になりました。こんなに短時間で急激に変えましたが、ピラニアの呼吸や動き、体色等に特に変化無く、とりあえず無事のようです。
こんなにphが急に上がったら産卵しちゃうかも!?


深夜に水をこぼすし大変でした・・・ ⇒
posted by sato at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ピラニア水槽のph


20051030c4fdc655.jpgこの週末で兄の水草水槽のセット購入・搬入・セッティングまでを手伝い、疲れましたがとても充実感があります。左がsatoプロデュース(金は出してない^^)の立ち上げたばかりの水槽。所々工夫をしています。写真を撮りながら行ったので、時間があるときに水槽の立ち上げページに追加しようと思います。


で、買い物のついでにマーフィードphメーターを買ってもらいました(\3780)。今までGEXのリトマス紙的な物しか使ったことがなく、常に6.0以下なので試してみました。そしたら・・・


4.4!


やべー!さすがに下がり過ぎ!ピラニアたちには特に変化がないですが、水槽は最近とても汚いです...ちょっとずつ水換えとかろ過槽のメンテで対処していこうと思います。ろ過材はまだ入るので追加も検討ですね。それでもダメなら(というかそもそもろ過能力を超えてるから!?)外部フィルターも追加検討かな。ちなみに4.4は120cm水槽で、60cm水槽は7.8でした。逆にちょっと高い?小さな流木でも入れてみるかな。(さらにちなみに大田区の水道水は8.0でした★)

コントロール力無し・・・ ⇒
posted by sato at 21:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ピラニアの牙


200510299fc0e7cd.jpg先週のことですが、いつも水換え時には底砂も軽くメンテしながら水を吸い取ります。たまに砂利も一緒に吸い取っちゃうのですが、中に白いものがあり、よく見たら歯でした。右が32cmのブラックのもので、左がたぶん15cmのジャイアントイエローの歯です。

黒のみの砂利なのですが、たまに貝殻かサンゴの欠片も微量に入っているので、いつも気にせず排水していました。サイズの問題か、ブラックの方よりジャイアントイエローの歯の方が薄くて切れ味がありそうです。この歯にやられたんだな〜・・・。
歯は生え変わるとの話が多いので、じっくり観察したいのですが、どの歯が抜けたか不明です(ちなみに折れたようには見えませんでした)。

これからはコレクションしようっと ⇒
posted by sato at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

アクアジャーナル ネグロ川特集


20051025e401ca64.jpgここ数ヶ月結構がんばって頻繁に日記書いていますが、さすがにネタが尽きてきております。普通にへんなことせず飼育していたら、何事も無く過ごすので、日記のネタに困る!

そこで今日は自分が持っている数少ない本の紹介。「AQUA JOUNAL Vol.101」(アクアジャーナル 2004年3月号)。説明は不要だと思いますが、ADAが発行している月刊誌ですね。この巻はTHE AMAZON 2003という特集で、天野氏ら一同がマナウスからネグロ川を遡上し、オリノコ川につながるポイントまでの過程における、素敵な写真と記事が載っています。ネグロ川の色々な表情を見ることができ、石と砂、灌木によって作られた景色なんかは、ぜひ水槽で表現したい風景であります。

ピラニアについては小さい写真が3枚ほどしかありませんが、ブランコ川で採れた真っ黒なブラック(40cm〜50cm位?)が載っています。かと言って複数載っているすべてが真っ黒なブラックと言うわけではないですが、他の個体も濃い体色のようです。ちなみにブランコ川はネグロ川のブラックウォーターと違い、白い水だそうです。

お願いします ⇒
posted by sato at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

デンティクラータとブランドティ



今日はデンティクラータ(Pygopristis denticulata )とブランドティ(Serrasalmus brandti)について。以前デンティクラータはブランドティと表記されていました。その名残りからブランドティの販売名に“本物”・“リアル”みたいな接尾語・接頭語が付くことがあります。

んじゃいつからちゃんと表記されるようになったんだ?ということで自分の持っている本や古本屋などで見てみたら、とりあえずアクアライフの1994年11月号ではデンティクラータと表示されています。で、アクアライフ別冊熱帯魚入門(1988/03/18発行)とフィッシュマガジン新熱帯魚入門(1989/05/01発行)ではブランドティ(ブランディ)と表記されています。この間付近が境目のようですね。詳しく知っている方がいらっしゃいましたらご報告お待ちしております。

お願いします ⇒
posted by sato at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

ホーランディとクリルとワカサギ


20051022bafb05d8.jpg今日は買い物ついでにいつも行くお店に行ってきました。写真はホーランディピラニアとして売っていたピラニアです。私が今まで実際に見たホーランディの特徴をすべてあわせ持っています。しかし過去の雑誌等を見ても情報が錯綜していそうなので本当のホーランディかは不明です。


クリル わかさぎ

ついでに餌系も。期限切れのひかりFDビタミンクリル100gが280円だったので試しに購入。脂が浮きますが、たまにナッテリーにあげることにします。色が出るかな?
あとはスーパーでワカサギを購入。9〜11cmのサイズが35匹入って198円。金魚同様サイアミナーゼが含まれていると言われていますが、実際成長にどのような影響があるか不明ですので、とりあえず牛ハツ・レバー・アジと無難に併用してブラックにあげようと思います。

押してくださいね! ⇒
posted by sato at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

アクアキャット情報


200510210bea40e1.jpg(←オリジナル32cm)
10月15日付けで、アクアキャットの在庫の追加リストが送付されてきたのでピラニア部分だけ紹介します。


・スーパーブラックピラニア(オリジナル)33cm \6.2万
・スーパーブラックピラニア(オリジナル)30cm \5.5万
・スーパーブラックピラニア(オリジナル)25cm \3.0万
・スーパーブラックピラニア(オリジナル)15cm \1.4万
・スーパーブラックピラニア(オリジナル)6〜7cm \0.65万
・ブラックピラニア(ネグロ)30cm \5.8万
・ブラックピラニア(ネグロ)23cm \3.0万
・ブラックピラニア(ネグロ)17〜8cm \1.8万
------------------------
・ダイヤモンドブラック 16〜17cm \8000
・ダイヤモンドイエロー(パンタナル)15cm \6000
・ピラヤ(少々ワケ有) 12cm \5000

こんな感じです。点線から下の3匹は10/25(火)までに支払い・引取りができる方に限るそうです。詳しくは電話で聞いてみましょう。

※この3匹は過去に通販で買われた方限定で、さらに各種1匹だけのものでした。期日を過ぎてからお店に直接向かった方、期待させてしまって申し訳ございません(2005/10/26追記)

アクアキャットのリストが送られてくる限り、ここで紹介するようにしたいと思います(了承済み)。相変わらず安いですね〜。

こちらも押してね! ⇒
posted by sato at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ラインノーズがありえないことに・・・


200510207cf4d252.jpg毎朝起きてから、水槽のエアポンプのスイッチをONにするのが日課なのですが(寝室まで音がうるさいとの苦情があり深夜はOFF・・・ホントはONがいいですよ!)、様子を確認したらなんとラインノーズがヒラメのように水平になって、上部式フィルターの排出口の下をぐるぐる回っているではないですか!!

やべー!やべー!、と思ってとりあえず水温計を見ると22℃を下回っていました。最近涼しくなってきましたが、このくらい水温でも大丈夫なはず、と思いましたが(隣のブランドティは異常なしだし)、そもそもヒーターは24℃に設定しているはずなのに・・・

げげ、コンセントささってない ★


今は無事で、餌も食っとります。自分のピラニアがあんなになってるのを見たら・・・絶対みんなぶったまげます。

ホ。。。 ⇒
posted by sato at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

ピラニア探索隊(熱帯魚のチャイ)


20051019f28514ad.jpg(←ブラック32cmと混泳中)
今日は仕事帰りに熱帯魚のチャイに行ってきました。兄の水草水槽器具一式を買うため、家からの場所も近く、器具も安く魚種も私好みのものが豊富なので、事前調査。

とりあえずピラニアから簡略した値段で・・・^V^
・ノタートス約23cm4.8万
・ジャイアントイエロー@20cm強3.5万
・ジャイアントイエローA18cm強2.5万
・ピラヤ約15cm2万
・ピラヤ8〜9cm1万
って感じでした。ノタートスは前回行った時よりも症状がひどく、片エラ呼吸でエラ捲れでした。滅多に見ないサイズなので惜しいです。ジャイアントイエローは薄紫系のマットな感じのタイプ(A)(←我が家もこれ)とグレー調でラメがギラギラ系(@)の2タイプがいました。Aは今回も変わらず威圧系。前回聞いたエロンガータはあれから入っていないそうです。

水槽台とか蛍光灯が、かねだい系よりもちょっと安かったので驚きです。兄はどうしても照明を吊り下げ型にしたいらしく、金がかかる予定です・・・羨ましい。



(ここからはグチ)
前回店員さんに写真撮ってもいいとの許可を得たので、とりあえず声を掛けて撮らせてもらおうとしたら…断られました。お店の方針なのでそれはもちろんしょうがないのですが、言い方や対応がスゲー悪い・・・。
一応この前はいいよって言われたので再度確認したら、

「あぁ太ってる人に言われたの?あの人いい加減だからね」

って・・・ひぇ〜。
自分の仕事仲間で、客から見たらみな同じ"店員"ですよね。客に対して言う言葉ではないです。器具とかの質問をしてもそっけないし(聞いてる客の顔くらいは見て話しましょうよ)、売ろうという気が伺えなかったです。でもそれがこだわりの店って感じがしたりして。私にとっては安くていいものが買えれば問題は無いのですが、気分を害さずに買いたいものです。・・・おっさん化現象かな。


みなさんは接客態度を気にする方ですか? ⇒
posted by sato at 22:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

ピラニアWorldニュース(フィリピン)


200510173bec394a.jpgCNNニュース(キャッシュ)

フィリピンの首都マニラの空港で24日、南米ペルー発オランダ・アムステルダム経由の到着便の荷物を検査していた検疫検査官が、荷物の中に入っていた肉食のどう猛な魚「ピラニア」に、左手の薬指にかみつかれる事故があった。
先月末の話ですが、上記のようなニュースがありました。


貨物には、ピラニア34匹と、数種の熱帯魚が入っていた。ピラニアは、体長約13センチのものが30匹で、残り4匹は38センチと大きく、1匹の重さは1キロを超えていたという。

とのことです。ペルーのイキトスからの便で貨物名は、「装飾用の魚」と書いてあったらしく、フィリピンでは違法輸入とのことで最高で禁固8年と罰金!!だそうです。以前千葉にあるお店で養殖ナッテリーについてお話を聞いたことがあるのですが、東南アジアのほとんどの国ではピラニアの輸入を禁止しているそうです。熱帯地域ですから帰化の危険がありますものね。しかしナッテリーの養殖個体は東南アジアブリードというのが先入観です。しかし中国でも2002年末からピラニアの輸入・飼育は禁止されていますし、今は実はほとんど日本国内にて繁殖したナッテリーか、名前を偽って輸入しているかなのかもしれません。そんなに需要がないはずなので日本国内で繁殖したもので十分まかなえそうな気もします。
お店の人の話が本当だったら東南アジアブリードとの名のナッテリーは怪しいですね!ってか国名出してよっ★

ニュースのピラニアたちは発見2日後に全部が死んだそうです ↓
posted by sato at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ヒーターなどを追加購入

土曜は器具を買いに埼玉まで行きました。かねだい草加店にも寄ろうと思ったのですが時間切れでEastAfricaのみでのお買い物。
NISSOのパワーセーフセット200W(サーモとヒーター)を2000円、スドーのヒーターカバーが180円、GEX中古の45cm用上部フィルターを1000円、その他もろもろを買いました。カーニバルが809円だったのでついでに買おうかと思っちゃいました。
これで120cm用ヒーターは200W×2本ですが、2本とも各300Wまで対応したサーモなので力不足を感じたら交換を検討しようと思います。お買い得な買い物ができました★

関係ないですが、夏にADAギャラリーに行ってネイチャーアクアリウムに影響された兄の水槽のセッティングを手伝うため、今度一緒に一式買い物に行きます。一緒の買い物は子供のころ以来なので楽しみです。今までのお買い得情報知識を生かせるかな?。ちなみにピラニア水槽にはなりません^^;

土日は水換えの日 ⇒
posted by sato at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

ピラニア関連書籍


200510142ab96c75.jpg今日は熱帯魚雑誌を買いました。フィッシュマガジンの2000年2月号。ピラニアの夜に紹介されていた号を見つけたので買いました。紹介されているとおり6ページしかないのですが、特に新たな発見はなし。ラインノーズをレッドラインと呼びsp扱いしているところや、その他のピラニアの写真の命名にちょっと疑問が・・・何を基準にしたのかな?。ただこのように販売名についての注意も書いてありました。それより手前のページのガイアナ紀行とかの方が興味有り!こうゆう現地ルポ記事が好きです。

私は販売名にはこだわらないのですが(なぜなら命名基準が曖昧だから)、産地は確実に表示して欲しいと思っています。どの種にあてはまるか分かっていても分からないものでも、産地を聞いた方が興味が湧きます。何千キロも離れた産地のピラニアと同じようなピラニアがいたり、初めて見るピラニアの産地を知ったり、ピラニア飼育とはちょっと違う面白さがあり、そして所有欲が湧きます。

この記事を見たお店・問屋さんの方へ!(いないか・・・)。ピラニアを売る場合はしっかり産地を確認してください!決してアマゾン産とか言わないで下さい!!ガックリします。(さらにベレン産・マナウス産とかじゃなくて、どこの川のなんと言う名の支流かとか、上・中・下流とかまで!)

本の話と離れました ⇒
posted by sato at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

妄想だけはタダ★


2005101216fff6e2.jpg熱帯魚月間誌発売の時期ですね。フィッシュマガジン・アクアライフ両方読んだのですが、みんなすごい水槽設備だなぁ、と思いました。私は120cm水槽1本入れるのにどれだけ苦労したか・・・2m水槽だの120cm水槽8本だの20個30個の水槽だの・・・。まぁ特別な人ばかりの特集だと思いますが、うらやましい限りです。
自分が水槽部屋を持ててもっと自由にお金を使えたら・・・濃いコゲ茶と白を基調としたシックでモダンな内装とインテリアにして、ごちゃごちゃ道具が散らかってなく臭くない部屋。手をかけなくて良い浄化設備に、ピラニア水槽と4mのピラルク水槽、そして水草水槽と・・・

田舎に引っ越して収入が数倍あがらなきゃダメだなこりゃ。

あーうらやましー ⇒
posted by sato at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

やられました

(画像はエグイところを自主規制)
とうとう1匹犠牲が…ナッテリー1匹(14cm強)がやられました。やられたナッテリーは32cmブラックと一緒にいた個体ではなく、サイズが近いジャイアントイエロー1匹と他のナッテリー2匹と一緒にいたやつでした。残念です。餌は2日に1回カーニバルまたは牛ハツ等を揚げていて、前回ハツとレバーを大量にあげたときから24時間は経過していなかったと思います。

直接的な犯人はジャイアントイエローと思われます。

左の画像のような、40cm×45cmスペースに4匹混泳させていたのですが、
テリトリー状況は左のような感じで、それぞれの領域に別の個体が入ると小競り合いが度々起きていましたが、ジャイアントイエローが最もテリトリー意識が強く、しょっちゅう小突くシーンを見ていました。
で、犠牲になったナッテリーの領域は、ミクロソリウムとアマゾンソードの隙間付近、つまり一番広い領域を占めているジャイアントイエローの領域の上でした。

各ヒレや腹部は残っていて、背中付近と尾びれの付け根がやられていました。めちゃめちゃに食われていたわけではなく、またジャイアントイエローの好物を前日に大量に食べていたので、餌不足だったとは考えられないと思っています。魚を締めるときに尾の付け根を切って血抜きをしますが、その部分をやられたことによってダメージが大きかったのだと思います。

今はテリトリー的にも均衡状態なので、現在の環境のままであれば、今後この水槽に他のピラニアを入れる事は危険でしょう。混泳が成功しやすい種であっても、それぞれの個体によるテリトリー意識や餌の好みなどの性格は異なるので、みなさんの一参考例となれば幸いです。

この後簡単な解剖をしました ⇒
posted by sato at 14:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

アクアワールド・大洗

今日は茨城県のアクアワールド・大洗という水族館に行ってきました。2002年3月にリニューアルしたこともあって、とても綺麗で、ゆっくり楽しめました。水族館員の方にもピラニアを水族館に展示する際の話などを聞いたりしました(奥さんには睨まれました...)。以前はナッテリーもいたとの事ですが、現在はアマゾン系の魚種は展示されていません。しかし見所はたくさん!水族館の裏側探検ツアーや餌やり(抽選)などイベントも盛りだくさん。関東の水族館の中では規模も大きく、フードコートやお土産やも充実でしたよ。眼下に広がる海にはサーファーたちが気持ち良さげに波に乗っていました。いい休日でした。

間近に泳ぐ大型マンボウとうちの天使と魔女


4m級のシロワニ(サメです)。でかい!

コバンザメがくっ付いて離れないアオウミガメ(笑)

たまには息抜きを★ ⇒
posted by sato at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷凍の小魚の工夫


20051008be8641ff.jpg大型ピラニアの場合、小アジやワカサギ等、小魚をどこにでも売っているスーパーで購入し、冷凍して保存すると、コスト的にとても安価に済みます。


で、冷凍するときの工夫なんですけど、一袋に10何匹をつめて冷凍すると凍るまでに汁が出て、全体がくっついた状態で凍ってしまいます。そうすると、いざ餌としてあげようとしたときに1匹を取ることがとても困難で、一度解凍しざるを得ないことになりがちです。

ですのでこういった小魚を冷凍する場合は、1匹1匹をちゃんとラップで包んでから保存した方が良いです。もし全部冷凍しちゃったら、全部を融かす前にスプーンの腹で魚同士の接着部を叩くと、結構取れますので試してみてください。再冷凍は汁が出たり鮮度が落ちますので、なるべくやらないようにした方がおススメです。これは牛ハツ等にも言えることですね!

失敗談は勉強になります ⇒
posted by sato at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

オタク≒マニア?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051007-00000038-zdn_n-sci

野村総合研究所(NRI)オタク市場予測チームからオタクの特性を分析して再定義し、10月6日に発表した。(中略)主要12分野のオタク人口を172万人、市場規模を4110億円と推計した。

とのニュースが。その記事の中でオタクの定義が、「あるジャンルに強い興味を持って“はまる”と、理想に近づくために消費行動を繰り返す。消費するごとに愛着は増し、消費スピードは高まっていく。やがて自分なりのこだわりを持ち始め、他人に広めようとしたり、創造活動を行ったりして外に向かって主張を始める――」とのこと。

そして「アンケート調査の結果から、オタク層に共通する行動特性を抽出したところ、(1)他人に良さを理解してほしいと思う「共感欲求」、(2)何でもそろえたいと感じる「収集欲求」、(3)自分の意見を広めたいという「顕示欲求」、(4)自分なりの考えを持ちたいという「自律欲求」、(5)オリジナル作品を作ったり、改造したりする「創作欲求」、(6)気の合った仲間にだけ分かってもらえばいいと考える「帰属欲求」――という6つの欲求があることが分かった。」だそうです。


つまり私(sato)はピラニアオタクであり、行動特性の(1)〜(6)の欲求を持っている「家庭持ち仮面オタク」のようです^^;。記事を見て、なんか笑っちゃいました。前からアキバ系には「部品系」「アイドル系」「アニメ系」など他ジャンルから形成されていて、アキバ系って何?と思ったことがあります(←暇人)。主要分野にアクアリウム(テラリウム含)を入れてオタク人口と市場規模を出してみて欲しいですね。野村総研にメールしてみますか!?

ちなみに皆さんはどの派閥ですか?

オタク>アクアリウム>淡水魚>ピラニア
・大型派
・種類限定派
・sp派
・多種収集派
・ブリード派
・アマゾン再現派
・虐待派
・水草派
・自作派
・販売派
・剥製派
・ネット派
・無所属

あなたは何派? ⇒
posted by sato at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

ピラニアの目の症状について


2005100636cafe6d.jpg目の症状について。私の飼育経験や、お店で長期ストックされているピラニアを見た経験では、目の角膜にあたる部分の症状は回復することがほとんどです。
水槽環境が変わったり、phの急降下や急変化等でピラニアが体長を崩したときに、薄っすら白濁することがあります。またピラニア同士で小突き合ったり、暴れた拍子に流木やフィルターのストレーナーにぶつかったり擦れたりして浅い傷が付くことがあります。これらの症状が角膜のみにあった場合はほとんど治っています。

ただ内部の黒目まで傷や白濁の症状が出た場合、治るのは厳しい…というか治らないと思います。奇形か傷かで、目の黒目の面積が極端に小さかったり、極端に広かったりするピラニアを飼ったり見たりしましたが、数ヶ月では変化無かったです。この目の症状は他の熱帯魚にも同様なことが言えるでしょう。

目とヒレの付け根は大切に★ ⇒

黒くてかっちょいーな〜
posted by sato at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

掲示板過去ログ作成


2005100592ffa74c.jpg掲示板過去ログ34を更新しました。皆さんのおかげでとても有意義な情報を溜め込むことができております。掲示板を新しくしてたった4ヶ月ですが、すごい容量!なので現在画像なしでアップさせていただいています。

そして、私も毎日見ているようにしているのですが、さすがに最近みなさんの名前を全部覚えられません〜m(;∇;)m。ですので、掲示板で返信するときはなるべくピラニア探索隊投稿編を確認してからにしています。「見せるほどのものでは…」とか、「自慢するみたいで…」とか、「他のサイトで実はあげちゃってて…」なんて方がいましても、オリジナルであれば全く気にしませんので、忘れられちゃう前に画像を投稿してくださいね!

クリックお願いします⇒
posted by sato at 22:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。