2005年08月31日

ナッテリーの養殖物


200508313ba17e24.jpgこのサイトを訪れる方の3割近くが学生ということで、またお子さんも夏休み最終日という方が多いのではないでしょうか。私はまだ夏休み未取得です。

ところで、ナッテリーの養殖物が出回っているのは周知の事ですが、あるお店の方から聞いた話、東南アジアのほとんどの国ではピラニアの輸入は禁止されているため、東南アジアブリードというのは考えられない、と聞きました。中国では水族館でも飼育が禁止されているのは知っていましたが、確かに暑い地域ではピラニアが逃げる・放流される場合、帰化してしまいますよね。ナッテリーの繁殖は水槽下でも結構簡単と聞きます。
今までの東南アジアから入ってくるという常識は本当なのでしょうか。というかなぜ国名ではなく東南アジアってまとめて言うのでしょう。。疑問です・・・

押してくださいね⇒
posted by sato at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

分類

後(←ダイアモンドブラック)
分類ページを作っていて、色々気付くことがあります。あのお店のピラニアはこの種かも、とか、文献と全く形状が違うのに同じ名前のピラニアとか、たくさん新鮮な感覚を味わっています。

そこで疑問に思ったのが一般で言うダイアモンドピラニア(ダイアモンドブラックを含む)、これはどの種に入るのかがよく分かりません。大抵日本ではspilopleuraに属するように書いてあるのですが、文献のものと形状や産地が異なります。実際様々な産地から入ってくるにも関わらず、同じ特徴を持ったものがまとまって入ってくることから未分類ではないと思うのですが…。
あとcalmoni、参考にしている文献のものと、日本で売られていたり雑誌でcalmoniとして紹介されているイエローピラニアの形状が全く異なるのです。特に雑誌でなぜそう紹介したかその根拠を知りたいです。

これら様々な分類情報や日本における過去の情報が欲しいところです。



押してくださいね⇒
posted by sato at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

逆引取り


20050828ad96f1b6.jpg昨日行ったお店で、尾びれがないナッテリーを見つけました。尾びれがあれば15cm弱のサイズ。お店で見たときは腹部がとても濃いオレンジ色で、一瞬ピラヤかと思ってしまいました。以前ナッテリー同士で混泳していた時にやられちゃって、2ヶ月くらい売れ残ってるやつでした。
いくらか尋ねたところ、タダでした。60cm水槽を独り占めしているので、お店の人も喜ばしいことだったのでしょう。

売り物にならなかったり個人から引き取ったりでダブついた魚は安価に仕入れることができます。いつかブラックに食われることを割り切って、とりあえずブラックのいる流木ゾーンで泳がせています。うまい具合に流木の隙間に隠れています。


押してくださいね!⇒
posted by sato at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

考えていること。。。


20050825bbd32cc9.jpg(ヤマトヌマエビ)
新しいコンテンツを考えています。やるからには自分の勉強と経験を身につけることができるコンテンツが良いです。
今考えているのは、ピラニアの分類(←なるべく最新)にそった画像集、繁殖、ピラニア料理..etc

画像集が一番難しいです。ネタは自分が撮影したものと、みなさんからの投稿しかネタがありません。お店やピラニア画像があるWebサイトの管理人に頼んでみるしかないかなぁ。繁殖については大体仕組みと実践方法を理解しているので、水槽に余裕があったら秋から冬にかけて試してみたいです。ピラニア料理は・・・変に思う人も多いと思いますが、食べてみたい!色々な南米旅行記を見ていると、おいしいという感想が多いですよね。料理も趣味なので、いつか食べてみたいです。自家繁殖させて責任持って自分で処理するかー。

あー、なかなか非現実的なものばかりだな。


今日も願いします!⇒
posted by sato at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小アジ


後飼って5日目ですが、初めてブラックに餌をあげてみました。小アジ。体長は10cmくらいのものです。
ネグロブラックの40cmを飼っている方からのアドバイスで、これならコストも下げられるし、魚自体を丸々食ってくれるので、水にも優しいかな。

2〜3日に1回のペースであげようと思います。


ポチっとお願いしますね!⇒
posted by sato at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ヨウ素検討

とりあえず白点病の症状は無いままの気配です。鷹の爪ホントに効くって思っちゃっていいのかな?
それよりも殺菌灯をつけたり、ヨウ素殺菌筒をつけた方が確実だと思うのですが。予算的にヨウ素の方しか使えないので、ちょっと検討中です。

なかなか効果に懐疑的な考えの方もいらっしゃると思いますが、ヨウ素は殺菌力が強いです。イソジンうがい薬の原料でもあるのは有名ですが、病院等での外科的消毒薬としても使われています。私がジャイアントイエローに噛まれたときもイソジン(⇒ポビドンヨード、ヨウ素濃度7.5〜10%)で消毒でした。

水槽内には浮遊した白点病菌やその他の症状を引き起こす菌等がいるのはどうしようもないことだと思うので、予算に影響が無い範囲で試してみたいです。アクア工房の商品が有名ですが、他のメーカでもヨウ素樹脂は売っているので、交換用のヨウ樹脂素材だけを買って自作してみようかな。


あと、おせっかいかもしれませんが、ブラックの壁紙用の画像を用意してみました。17インチでみると実物よりちょっと大きく、15インチだと小さくみえます。壁紙コーナーなんてあっても使わないかな...
posted by sato at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

なんと白点病

冷っとすることがありまして、昨日の朝ブラックを間近に眺めてたら、『黒いなー真っ黒だなーかっちょえーなー、、、ん?白いポチっとしたものが複数…』

はーくてーんびょー(白点病)!


げげー!マジっすかー!、エラ蓋付近と背びれに症状が出てるじゃないですか。慌てて土曜に撮った400万画素の画像で確認すると、背びれは何もなかったけれどもエラ付近に若干白い色が…(見にくいですがトップページの画像でも若干色の違いがわかります)。輸送の時20℃だったし、短期間で複数回の輸送で弱った体に追い討ちがかかったのかなー、と思いました。さて、薬浴すべきか塩水浴すべきか、水草と他のピラニアとろ過材があるこの120cm水槽ではやりたくないし、何よりもこのブラックを水槽から出すのは怖い!(まだ噛まれたトラウマが…)

そこで思い出したのが鷹の爪。以前ドジョウと金魚とモツゴでの効果とナッテリーへの影響有無の検証は自身で確認しています。民間療法は信じないタイプですが、以前の結果を信じ、鷹の爪療法を実行!量は前と同じ大サジ1杯程度をガーゼで縛り、上部フィルターの吐き出し口スペースへ投入。
水温が30℃で、白い点が外見上見えるということはシスト化が近いはず!
さて、一日半経過し、様子を見てみましょう。

後前

(出かける直前だったため白点病の方の写真なし、左画像の青く囲んだところが症状のあった場所、右側が今日撮影(頭頂部(背中)に一点白く見えますが、これは傷))

消えてる!?しかしまだこの期間で完治かは分からないです。とりあえず放っておいて、追って報告します。

ポチっとお願いしますね!⇒
posted by sato at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

新規ブラックの様子とマクリピンニスについて


20050820f73c5d6b.jpg水合わせをした後、1時間位様子を見てから出かけたので、帰ってきて無事か多少心配でしたが、問題無いようです。先ほどメジャーで測ったら31.5〜32cm位のサイズでした。

奥さんが家を空けているうちに水槽に入れて、梱包材などを片付け、そして照明を消していたので、なかなかバレませんでしたが、やはりバレテシマイマシタ。命はまだあります。テヘ★


そして2ちゃんねるにてマクリピンニス情報が!横浜のウォーターハウスにあるとのこと。早速開店前に電話して確認してみましたが、体の特徴から(エラ&腹部に赤みがない、スポットが小さい)、私が思い描いているマクリピンニスではありませんでした。店員さんも「いわゆるオニギリですよ」、と言っていましたし、なかなか見つかるものではないですね。
大体、何をもってマクリピンニスであると言えるのか?、プラゼールの店主にもそう説教されたこともありますが^^;)、私としては名前ではなく、体の特徴と産地から判断したいと思っています。種の特定が困難だったり未確定だったりすることが多いピラニアですが、私としては自分が満足するものであれば良いと思います。


ブラックとナッテリーはい、非常に満足しています。ナッテリー1匹入っちゃってます。

↓今日も押してくださいね。


posted by sato at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック来ましたー!


200508208c33f082.jpg来ましたついに。32cm産地は秘密のブラック。真っ黒だー!水槽に入れるのに汗かきまくりました。すげー疲れたー。

後日奥さん内緒計画4で水合わせの状態とかも載せたいと思います。



今日は嬉しいのでぜひ押してください⇒
posted by sato at 12:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ピラニア探索隊(パウパウアクアガーデン)


今日は銀座にあるパウパウアクアガーデンに行ってきました。ピラニアは4種(ウィンプルを入れて5種)いました。画像はそのうちの1匹のオニギリピラニア。オニギリピラニアとして1番よく見るタイプのピラニアです。

ピラニア探索隊を見る前にクリックを⇒
posted by sato at 22:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

あと2日!


200508180b56f26b.jpg明後日ブラックピラニアを迎える準備として120cm水槽内の整理を進めました。ナッテリーとジャイアントイエローを右側の水草スペースに。流木に活着したウィローモスをトリミングして流木を左端に動かしました。ネオンテトラはこの流木領域に。ブラックはスペースを空けた左側の流木領域にに入れる予定です。

そして水換えに伴い水かさが下がったところで、噛まれないようにピラニアを網ですくおうとしたのですが、これが難しい!瞬発力がすごいんです。なかなかジャストサイズの小さい網では入りません。さすが白身魚です。
やっと移し終わったと思ったら網はボロボロ・・・。さて、網を自作しようか、それとも100円SHOPにある採集用の網を買ってこようか。

あ、あとアンケートで多かった要望で、管理人の水槽やピラニアの画像をまとめたページを作ってみました。お時間があるときにヘタレな水槽たちを見てあげてください。

ピラニア好きの皆様、クリックを→
posted by sato at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

ナッテリーにブラックウォーターを!?


今日はブラックピラニアの受け入れ態勢の準備として、水槽のコケとりや、自作器具の作成、セパレータの移動、砂利や水草の整理などをしました。

ごちゃごちゃやっているついでに、いつかやろうと思っていた、ブラックウォーターでナッテリーの体色が変わるかの実験をしてみました(⇒こちら)。腹が真っ赤なナッテリーが好きです。だから巷でspとして出ている、ダイアモンドレッドピラニア(←勝手に名付けてみました)なんかは大好きなんです。

結果は・・・

ポチっとお願いします→
posted by sato at 22:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

ワクワク1週間

本日払いました。62000円が2割引きで49600円。28cmのブラックの値段を考え、どちらにするかとても悩みました。いつもは何でも値切ろうと交渉してしまう性格ですが、今回はスパッと払いました。

さて、奥さんには何て言おうかな・・・。


そして朗報が!Dionのホームページサービスを使っているのはアドレスで分かると思いますが、なんと10月以降からホームページ容量拡大!とのメールが来て、現行の20MBから100MBに!容量がすでに限界に達し、どうしようか悩んでいるところでした。自動で入るバナーが嫌で、さらに有料なのも嫌だったので、ホッとしています。これでしばらくは工夫せずにグイグイ載せられますね。


(相変わらず想像図★)

クリックおねがいしまーすm(_ _)m→
posted by sato at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

ついに注文!

掲示板にも書きましたが、わたくしアクアキャットで買ってしまいました。


(想像図★)


32cmブラック。同サイズで、産地はネグロ産とお店の"オリジナル"というものがありましたが、オリジナルの産地を当てることができて店長さんからちゃんと聞けましたし(内緒ということで)、状態はオリジナルの方が良いとの言葉を信じて、あえてネグロ産にはせず"オリジナル"の方にしました。直接見ていないのですが、先月末から探りを入れていて、2割引きの今ならば何とか出せる金額でしたので、悩みに悩んだ結果買ってしまいました。発送で事故なく無事届き、奥さんに殺されることが無かったら、来週には写真をアップしたいです。

120cm水槽予想はこんな感じです。ピラニア愛好家らしからぬゆとりのない設計です。

200508143b7124e2.jpg

ぜひクリックを!→
posted by sato at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

高濃度酸素で巨大化!?

今日はネタが無いので、1年半以上前の話を蒸し返してみようと思います。2004年1月22日放送のアンビリーバボー。高気圧・高酸素濃度を保つ、太古と環境を同じにする装置の中で育てると生物が巨大化するという話。これを使ってピラニアを65cmにしたという話。

それでは拡大した画像を・・・。


200508134a096002.jpgアメリカ テキサス州、ダラスから少し南に下った所にあるグレンローズ市にある創造科学博物館(CREATIOM EVIDENCE MUSEUM)にいる巨大"ピラニア"だそうです・・・。ブラックコロソマですよね。1mを超えるサイズになる魚です。まぁピラニアをどこまでの範囲に規定するかによりますが、一般的に日本ではセルラサルムス亜科の肉食系の魚を指しますよね。最大30cmにしかならないと言っているあたり、コロソマの属するミレウス亜科を含んだ括りで言っていたとは思えません(しかもブラックピラニアならば50cm以上だし)。ピラニアやコロソマを知らない人には何の疑いも抱かない話ですが、当時からこのことについて指摘する人はいました。

せっかくピラニアサイトなので一応触れておこうかなーと...

http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p240_1.html

よければクリックを!→
posted by sato at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

独り言

お盆の季節になりました。新潟には帰らず、埼玉に来ております。かねだい久喜店を見てきましたが、45cm以上のサイズのダトニオが2匹いました。これがピラニアだったら、、、と考えると凄い迫力ですね。また、小赤が100匹780円でした。安くなってきました。そういえば出かけるついでに久々に小赤をバァーっと入れてきたら凄い光景でした・・・。生き餌好きなんですね。


そしてただいま30cm前後のブラックを買うか超悩み中!28cmと32cmでは相当な差があるのだろうとは予想できますが、2万円以上の差。どちらがいいかなぁ・・・。
直接見れてない上に本当にそのサイズなのかということや、状態の良し悪し等も店長さんの話を信じるしかないし。って言うかお金ないのに買う必要あるかな。

いやいや、15インチのモニタを見てみな。横幅が32cmあるよ。そのサイズが水槽に入っていること想像してご覧よ?

あー、でも奥さんに殺されるー。
しかもこれを買ったら内緒計画4が終了して、お店まわりの旅も終わってしまうー。寂しいー。


・・・ということで今月初めから悩み中。

クリックお願いします→
posted by sato at 21:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

34cmネグロブラック


20050810f3957f2d.jpg今日は仕事帰りにまっかちんに寄ってきました。HPで半額セールをやっていたのもありましたが、34cmのブラックピラニアが入ったようで、画像がまだ載ってなかったので"直接見てーなー!"と思って行ってきました。

そして見ました。90cmレギュラー水槽に入っていたブラックです。すっごい真っ黒。照明のせいか青紫っぽい雰囲気もあり。右目の表面が白くなっていましたが、まぁ治る程度かなぁという印象です。イメージとしては東京ベイ熱帯魚にいた30cmのブラックと同じような体型、体色でした。今後購入したいブラックの参考にしたいと思います。

また、まだまだピラニアのストックがたくさんある中でおススメなのが、奥の事務所ではなく、店頭に出ていたラインノーズです。15cm強のサイズで、とても状態がよく綺麗でした。HPだと仕入れた直後の画像が多く、やせて見えたりヒレがボロボロだったりしますが、実際はとても良い状態のものが多く、顔だちも良かったです。私が今ラインノーズを飼っていなかったら値段的(1.7万)にも絶対購入する第一位にあがるピラニアです。

日記の投稿数が100件になりました!よくまぁピラニアの話題だけでこんなに書けたなぁ。
posted by sato at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

DIY自作集


2005080881f0b4c1.jpg自作器具集みたいなページを作ってみました。大して参考にならないと思いますが、ページ末にあるリンクはためになると思います^ ^)。何かまた変なものを作ったら載せていきますね。

そして昨日メンテナンスした60cm水槽の上部式フィルター。剥げたウィローモスにヘドロが絡まっていて、笑っちゃうくらいプロペラが回りませんでした!120cm水槽の上部式フィルターのプロペラ部分も同様に見てみたら、案の定、ごっそり溜まっていました。こちらはピラニアの衝突でストレーナーが外れたのを放っておいたからでしょう。
この部分のメンテは、ドライバーなどの器具は一切使わなくてもできるので、ウィローモスやら水草を植えていて1年位経っている人は、ぜひ覗いてみてください。
posted by sato at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

ついに60cm水槽移動


200508078b1f2d8a.jpgリビングにあった60cm水槽を120cm水槽の下に移動しました。ついでにフィルターのポンプをメンテナンスしたり、ろ材のヘドロを軽く飼育水ですすいだり、付着したカルシウム分を取ったり、他にも色々やって疲れましたー。

ちなみに写真は7/20日記の案1ですが、実は今日小赤を買いに行ったついでに45×30×36cm水槽を購入してしまいました。しかし奥さんには完全に内緒なので、隠してあります。見つからないことを祈っています。
posted by sato at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンケート締め&集計


20050607c545260a.gifこちらに2005年5月から3ヶ月間のアンケート結果をまとめました。ご協力ありがとうございます。参考になります。

これをネタに後日日記で感想を書いていこうかなーと思います。
posted by sato at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピラニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。