2005年07月13日

シリコンボンド


2005071332a6cf95.jpg今日はシリコンボンドについて。ちょっとした自作水槽用具や水槽の補強をするのに使える一品です。ホームセンターではセメダイン社製のシリコーン系のシーリング材が結構安価(500円前後で)売っています。パッケージの裏や、本体の注意書きを見て、ガラス水槽にも使えるか、アクリルなどのプラスチックにも使えるかなど、用途によって間違えないように買いましょう。色も半透明のものやグレー、黒、白などバリエーションがあります。(画像はセメダイン社製バスコークN)

中古水槽を購入して使う場合や、昔使っていた水槽を再度使う場合などは、ガラス(アクリル)の接着面のシリコンが劣化している場合があり、これが水漏れなどの思わぬ事故につながる恐れがあります。プレコによってシリコン部が削られちゃう場合も劣化が早いです。そういう場合の対策として、事前にシリコンボンドで補強すると良いかもしれませんね。お店の水槽でも結構補強されている水槽が多いと思います。ただ、綺麗に塗るのは結構難しいんですよね〜。

また発癌性が気になる方は、塗って乾いた後、水槽に水を入れてアク抜きっぽくしてみると、水漏れの確認もできていいかもしれませんね。私は気にしないタイプですが...

これを使って自作セパレータや、上部フィルターの吸い込み口やコード・チューブ類などの防御壁作成に役立つのではないでしょうか。最近は自作水槽工具を作る際に必要な"逸品"となっております。
posted by sato at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。