2005年03月27日

ど、どじょうが〜!!!!


20050327999ae961.jpg奥さんの実家から自宅に帰ってきて、リビングの床を見たら黒い物体が...、ちょっと生臭い臭いがするし、猫が床でウ∞コをしたと思い近づいてみたら・・・!





ゲ・・・ どじょう。



そして水槽のある畳部屋を見たら、どーーん。約半数(特に大きいサイズ)のドジョウが飛び出ていました。通常生餌水槽に蓋はしてないのですが、出かける前にサランラップとダンボールで蓋をしていったのに、3cmくらいの隙間から飛び出ていました。水面は水槽の上のフチから2cmくらい下なのですが、大量に。。。金魚たちは飛び出ないのに。。

そしてまだヌメリがあるものたちを水で洗ってピラニア水槽に入れておきました。これからフタ作ろーっと。
posted by sato at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

ドジョウ大量購入


200503264a6ebebd.jpg 午前中は水槽立ち上げ買い物のついでに千葉県松戸市にあるアクアステージ518というお店に行ってきました。ここは私が最も頻繁に行くお店です。日本淡水魚から熱帯魚、海水魚を扱っているお店です。大きい店ではなく、ものすごく安かったり、超珍しい魚を扱っているわけではありませんが、私の行きつけのお店です。
 ちょっとした水槽用具や生餌はここで買っています。例えば小赤100匹で1200円。自分が知っている相場では決して極安ではないですが、親しみと"店の常連"というものになりたい気持ちでいつも通っています。まだまだ顔を覚えられていない気が。。。なので最近は120cm水槽立ち上げを機会にピラニアの入荷情報を聞いています。今日は話し掛ける前に店員さんにピラニアの情報をいただきました。すごく嬉しいものです。そしてピラニア・マクリピンニスについて問屋さんに問い合わせしていただけることになりました。

 そして今日の生餌はドジョウ。カップ1杯で800円。サイズは大小入り混じり、計50匹程度。大きさを考えると、小赤や雑魚(モツゴやタイリクバラタナゴ)よりは経済的かもしれません。

 あと、水草(アマゾンソード)買っておきました。まだ水上葉なので、今のうちから60cm水槽に入れておき、水中葉になるまで作りあげておきます。・・・で、結局水換えやらなにやらで時間がなく今週も水槽立ち上げはオアズケ★
posted by sato at 14:40 | Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水槽立ち上げようかな。。。


20050326125a6739.jpg 来週末には奥さんと赤ちゃんが実家から自宅に戻ってくる予定なので、鬼×→奥さんが帰ってくる前に、つまり明日水槽を立ち上げようと思います。とりあえず今夜は地震対策と、フィルターや蛍光灯の確認と仮設定、電源確保の確認をし、明日の購入物品の整理をしました。結構足りないものがあるものです。

 でも明日は友人の結婚式(しかも受け付け)なので、夜はそのまま奥さんの実家へ直帰。ですのであまり時間がないので朝早くからお出かけ準備をしなきゃ!それなのに夜更かし zzz・・・ 明日って言うか,もう今日ですね。

 新しいエアポンプ、音うるさい...
posted by sato at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

ピラニア・マクリピンニス

ピラニアマクリピンニス
探していたピラニアマクリピンニスを売っているお店に行ってきました。詳しくは、ピラニア探索隊【お店編】にて。かっこよかったです。。

また、3日連続家を空けて今夜戻ってきたら、ナッテリーたちの体色が激変していました。照明をずっと切っていたためだと思いますが、今度その状況を載せたいと思います。
posted by sato at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

あれからしばらく...


2005031673a8585b.jpgで、1月末に買った120cm水槽なんですが、、、まだ立ち上げていません。奥さんも実家に帰り、仕事の波も過ぎ、家では自由なのですが。

なーんかまだ補強が足りない気がします。面積がぴったり120cm×45cmで作ってもらったのも不安材料。ぴったり過ぎて水を入れたら不安定そう。しかも畳の上・・・なんか極微妙に内側に傾いてる気がしなくもないし。。リビングはダメって言われてるし、洋室のいい感じのスペースにはベビーベッドが占領しちゃったし、

ピラニアの前に家が欲しい。。
posted by sato at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

ピラニアより、命より大事なもの


20050309071d818c.jpg またまたピラニアに関係ないことなのですが、昨日我が家に新たな命が誕生しました。最近はピラニアばかりに夢中で奥さんを困らせていたのですが、無事に産まれてよかったです。ホッとしております。

 育児日記ではないですが勝手に自己満足でちっちゃい画像を…

 落ち着いてきたら、奥さんが実家に戻っている間に120cm水槽たちあげよー!!
posted by sato at 23:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

ピラニアナッテリーの体色について再考してみる。

20050306e38c0213.jpg 今日お買い物ついでにニャイルドわん!(千葉県船橋市にある、ららぽーと内)をチラッと見てきました。ちょっと特殊な形の120×45×45cm水槽で、ピラニア・ナッテリー10cmサイズが20匹程度いたのですが、いやー、かなり迫力ありますね。ナッテリー大群飼育案も捨てきれません。
 しかし全ての個体にかなりの傷がありました。ヒレがかじられてるというレベルではなく、よく生きてるなーと思うほど肉が皆えぐれていました。これを混泳成功させるというのもなかなかの難しさと面白さがありそうです。
 そして気が付いたのは、ある2〜3匹だけ体色がとても黒かったのです。それは濃い色の流木をテリトリーとしているものです。他の個体は白色に近い銀色なのですが、やはりナッテリーも周りの環境に合わせて擬態することを再確認しました。その対比を写メ撮ったのですが、光が反射して上手く取れませんでした。なんとか私の足とマフラーを使って一部が撮れたので見てください。右上が流木をテリトリーとする濃い体色のナッテリー、左下が泳いで近くに来た他のナッテリーです。

 腹部の赤みについてですが、自宅以外の様々な水槽を見て、自分の中の整理がついたのですが、これは同じ水槽にいても体色の濃さや赤色の面積の広さが個体によってかなり異なるようです。すなわちこの赤い部分については、個体本来が持つ要因がとても強いと言えるでしょう。さらに気付いて何度も確認したことですが、昼間(蛍光灯や室内灯をつけている時間)が赤みが強く、夜(電気を消している時間)は赤みが薄れます。ネオンテトラ等と同様、日較差がかなりあるようです。
 餌や水質でその個体自身が後天的にどの程度変化するかは、さらに確認が必要です。ただ、一般に言われているブラックウォーターによる変化については、実験の結果および経験上、短期的には否定できると思います。

ちなみに、ナッテリーが最も美しく発色するのは10cm前後の頃のように思います。20cmを超えるサイズで真っ赤なナッテリーを見た経験はごく少数しかありません。


 あと上の画像は、今年の1月のことですが、写真を撮ろうとしてサーモスタットとヒーターのコードが邪魔だったのでヒーターのコードを抜いて撮影、、、それをすっかり忘れそのまま放置し、水温が16℃に下がった時の画像です。3匹がぴったり寄り添ってました。そしてこの時も赤みが消えていました。活性が鈍ると個体本来の体色が薄くなるのかもしれません。このときは体を張って見せてくれてありがとう。そしてゴメン。みんな無事で良かった〜

 これらのことから、基本的にはピラニア(ナッテリー)の赤色は先天性の要因が強いので、ある程度成長したナッテリー(15cm超)を購入するならば、既に赤色の面積が広く、赤色が濃いものをはじめから購入した方がいいでしょう。
posted by sato at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

ピラニアマーケティングについて考える



 近所に色々な種類のピラニアを売っている店ってあまりないですよね。オークション(MSN&ビッターズ)で結構ピラニア出品状況をチェックしているピラニア好きの方は多いと思います。そして結構売れてるんですよね〜。全国規模では思ったよりピラニア需要はあるのだと思ってます。ただ、お店にピラニアを置いても、足を運んで買ってくれる人って、そう滅多にいないでしょう。直接お店に行くのはその地域の人がほとんどですから。だから需要がない⇒供給がない、となっているのです。

 こういうときにこそ、インターネットは役に立ちます。10年前には考えられない、売買の仕組みが変わってきています。熱帯魚店が結構数多く閉鎖する中、生き残っていくにはオンラインの世界を利用すべきと思っています。

 しかしただお店のホームページを作ったって、そのページを見てくれる人がいなければ意味がありません。どうやってより多くの人に見てもらえるか、というマーケティング的な検討をした場合、オークションはもちろんすでに確立されたシステムですが、このサイトのような個人サイトへの営業活動も行ったら、かなり効果があると思います。

 BLUE HIP(ブルーヒップ)というお店から相互リンク依頼を受け、現在(2005年)リンクを貼っていますが、私としては私が納得できる程度のそれなりのコンテンツ内容であればリンクは検討します。スポンサーとしてお金を払わずとも、ダメ元で個人サイトへ営業することも大いに効果があると思います。個人サイトでは"口コミ"という効果的なマーケティングも期待できます。実際にBLUE HIPはこのサイトから何人かの方が訪れ、チェックしていると思います。

 ただ気を付けなければならないのは、お店の方自身が、インターネット、オンラインによる売買、ある程度のHTML知識と検討能力がないと、ただ時間を浪費して作って満足するだけで、費用対効果は望めず、成功はしないでしょう。またたまに見ますが、知識無くいきなり2ちゃんねる等で自ら売り込みをするのは、大変嫌われます。
 こういう知識の習得・検討作業が面倒であれば、時間はかけないで、お店のHPを作り、地図と連絡先と扱ってる種類程度を載せておけば、私のようなアホで中途半端なマニアが訪れたり、紹介できたりするのです。


 ピラニアを扱っているお店の方!このサイトの掲示板に情報を載せるの大歓迎ですよ!!
posted by sato at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

ウィローモス水槽??


2005030308fed743.jpg ピラニア水槽の流木からウィローモスを剥ぎ取って、別の水槽に放り込んで2週間放置中の画像です。もう水槽を埋め尽くすのかっ!というほどの茂り様です。苔退治のヤマトヌマエビ10匹と主役のアベニーパファ×2、紛れ込んだアカヒレとオトシンクルスが1匹ずつです。隠れる場所がありすぎて最近フグ見てないなぁ。冷凍の赤虫はいつもカケラをポチョンと入れてるだけです。

 ちなみに120cm水槽にはまだ魚は入れていません。というか水さえもまだなんです...アンケートも作っているのですが、実行できずにすみません。。オレンジ色が強いピラヤかジャイアントイエローと、真っ黒なブラックをセパレートで分けて飼う、というのが無難に自分が満足する組み合わせでしょうか。
 ん〜、頭で考えるより実物見た方がインスピレーションが湧くのになぁ!!まだまだ悩んでみます。

 そして携帯で撮ったアベニーです。ピラニアサイトなのに中途半端なフグ好きですみません。
posted by sato at 22:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。